外国為替取引とは

移動平均線の説明

移動平均線の説明

EMAもSMAと同じく、磁石のような反発・引き寄せの法則があります。ゴールデンクロスやデッドクロスも描かれますし、グランビルの法則も有効となります。
ただ、SMAよりも反応が早い、ということです。
では、SMAよりEMAを使ったほうがいいか?というと、一概のそうとも言えません。
SMAであっても、チャートが変動したときに線が傾く早さが遅いと言うだけで、トレンドの方向や力強さを見るのには最適な指標に変わりないからです。
また、EMAは使える業者が限られており、ややマイナーなところがあります。
反対にSMAは世界中のトレーダーの多くが使っていうメジャー指標です。なので、EMAよりもSMAの示す方向に動きやすいケースも多く見られます。
結論としては、EMAはスキャルやデイトレといった短期間で差益を狙うタイプのトレーダーに適しています。
スイングトレーダーやじっくりと構えて投資をしたいという人にはSMAで十分でしょう。

FX移動平均線とは?初心者でも高確率で利益を得るたった一つのコツ

FX手法

湊

FXの 移動平均線 って何?

明日香

FXの移動平均線を使った 取引手法 についても知りたい!

  • FX移動平均線とはをわかりやすく解説
  • FX移動平均線の種類は3つ
  • FX移動平均線の特徴
  • FX移動平均線の見方や使い方
  • FX移動平均線を使う際の注意点2つ
  • 移動平均線のおすすめ期間設定
  • FX移動平均線をうまく使いこなすコツは「グランビルの法則」を覚えよう

本記事を最後まで読んでいただければ、移動平均線のことや取引のやり方などを詳しく知ることができ、初心者の方でもFXで利益を上げやすくなります

FX移動平均線とはをわかりやすく解説

FXの移動平均線は、テクニカル分析の1つであり、ある一定期間の価格の終値を平均し線で結んだものです。

このように、移動平均線を表示させておけば、現在の為替チャートの方向性を 視覚的に判断 することができるため、初心者の方でも使いやすくおすすめのテクニカル分析です。

FX移動平均線の種類は3つ

  • 単純移動平均線(SMA)
  • 指数平滑移動平均線(EMA)
  • 加重移動平均線(WMA)

単純移動平均線(SMA)

単純移動平均線(SMA)は、英語で「Simple Moving Average」と表記され、略して「 SMA 」となります。

一般的に、移動平均線の中でも最も人気のある種類であるため、多くのトレーダーが使っております。

指数平滑移動平均線(EMA)

指数平滑移動平均線(EMA)は、英語で「Exponentially smoothed Moving 移動平均線の説明 Average」と表記され、略して「 EMA 」となります。

  • 1日目は、単純移動平均線と同じように一定期間の終値の平均で計算
  • 2日目は、「前日の指数平滑移動平均線+K×(当日終値-前日の指数平滑移動平均線)」で計算
  • Kは2÷(n+1)で計算をし、nは指定した期間を指す 指数平滑移動平均線の計算式は、直近の為替レートを2倍にして計算

SMAよりもEMAのほうが早く為替レートの値動きに反応するため、トレンドの初動をつかみやすくなります

加重移動平均線(WMA)

加重移動平均線(WMA)は、英語で「Weighted Moving Average」と表記され、略して「 W MA 」となります。

  • (当日値×n+前日値×(n-1)+・・n-1日前日値×1)÷(n+(n-1)+・・+1)

また、指数平滑移動平均線(EMA)と加重移動平均線(WMA)は、計算方法は異なりますが、トレンドの初動をつかみやすいというメリットがあります。

FX移動平均線の特徴

視覚的に相場状況を把握しやすく初心者におすすめ

移動平均線は、 トレンドの 流れ や 強弱 を視覚的に判断する ことができます。

移動平均線をチャート上に表示させておけば、向きや角度で相場分析を簡単に行うことができるので、初心者でも使いやすくおすすめです。

FX移動平均線の見方や使い方

サポートラインやレジスタンスラインとして使う

移動平均線は、 サポートラインレジスタンスライン として使うことができます。

  • サポートラインとは、それ以上為替レートが下がりづらくなるポイント
  • レジスタンスラインとは、それ以上為替レートが上がりづらくなるポイント

サポートラインやレジスタンスラインを抜けてしまった場合

移動平均線のサポートラインやレジスタンスラインを抜けてしまった場合は、 トレンドが大きく変わる 可能性があります。

必ず反転するわけではありませんが、これまで支えてきたレジスタンスラインやサポートラインを抜けると、逆方向に為替レートが動く可能性もあります。

異なる2つの期間の移動平均線を使う場合に起きる現象

  • ゴールデンクロス
  • デッドクロス

ゴールデンクロス

ゴールデンクロス とは、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることであり、直近の価格傾向が上向きに転じたと予測できるため、買いサインとなります。

従って、ゴールデンクロスが発生すれば、これから上昇する確率が上がるため、買いのサインになります。

デッドクロス

デッドクロス は、ゴールデンクロスとは逆に、短期移動平均線が長期移動平均線を下から上へ突き抜けることであり、直近の価格傾向が下向きに転じられたと予測できるため、売りサインとなります。

従って、デッドクロスが発生すれば、これから下落する確率が上がるため、売りのサインになります。

FX移動平均線を使う際の注意点2つ

  • だましに気をつける
  • シグナルの発生にタイムラグが生じる

「だまし」に気をつける

なぜならば、「 だまし 」と呼ばれる誤ったサインが発生する可能性もあるからです。

そのため、ゴールデンクロスの発生後に買いポジションを持ったとしても、だましにあい逆に損失を出してしまうときもあるのです。

また、「だまし」にはもう1つあり、 レンジ相場 でのクロスがあります。

レンジ相場の場合は、ゴールデンクロスをしたとしてもレンジを抜けだすことはできず、またレンジ相場に戻ってしまうことがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる