ストラテジーの探し方

キャッシュマネージメントシステム

キャッシュマネージメントシステム
Learn more Learn more Learn more

キャッシュマネジメント・システム CMS (cash management system)

CMS(cash management service)は、コンピュータと通信技術を活用した銀行サービスとして、米国の大手銀行では1970年代半ばに相次いで投入されました。当時提供されたのは、ロックボックス、ゼロアカウントサービス(=プーリング)、ネッティング、金融・経済情報の提供などです。ロックボックスは、1947年にファースト・ナショナル・バンク・オブ・シカゴが大手電機メーカーのRCAのために開発した小切手現金化サービス(当初は人手によるもの)で、これがCMSの原点であるとされています。

(1)プーリング
プーリングとは、グループ企業の資金管理を一元化し、ある子会社の余剰資金を別の子会社の借入金返済に充てることでグループとして連結有利子負債を削減し、連結ベースの総資産を圧縮して、資金調達・運用の効率を高めることをいいます。
大手外資では、グループ各社の資金を本社またはそれに代わる金融子会社に集中させ、グループ各社の口座残高をゼロに保つモデルが見られました。子会社が売上などを自らの口座に入金すると、その資金は翌日までに本社の口座に送金されます。 逆に子会社が資金を引き出すと、子会社の口座は一時的には資金不足になりますが、翌日までに本社から同額の資金が補充されます。 こういった日中の資金不足にたいして、取引銀行による当座日中貸越枠の設定により、資金のやり繰りが可能となっています。
プーリングにより、グループ各社間の資金移動情報を集中的に一元管理できるため、子会社の財務状態などを日次で比較的正確に把握できるようになりますので、リスクマネジメントの面でも利点が見出せます。

(2)ネッティング
ネッティングとは債権と債務を相殺し、差額だけを決済する手法で、以前は商社にしか許されていませんでした。企業が銀行に支払っている為替手数料などの削減を図れるだけではなく、相殺決済後に受け取る外貨、または支払う外貨のみを為替ヘッジすればよいため、為替リスクが低減されます。
ネッティング手法としては、2国間で債権債務の相殺を行う比較的簡単なスキームであるバイラテラル・ネッティングと、多国間で相殺を行うマルチラテラル・ネッティングがあります。マルチラ テラル・ネッティングでは資金決済の参加者や取り扱う通貨がより多くなり、組織的にも決済の調整役を果たすネッティング・センターを設置することが普通です。
ネッティングを行うためには、当事者間の支払いと回収の決済日を統一すること、支払いと回収の通貨が違った場合に仕切りのための為替レートを設定すること、当事者間で同時相殺決済するために相手方に信用を供与すること、などが必要となります。そのためネッティングの多くは、そうした調整が行いやすいグループ間決済から利用され初めています。

(3)支払い代行
支払い代行は本社、またはそれに代わる金融子会社がグループ各社に代わって、グループ各社の取引先に代金を支払う手法で、取引先との間で実際に資金の移動が起こるので、振込み手数料の大幅な削減にはつながりません。
本社または金融子会社から銀行に対する支払い依頼件数が多くなるため、手数料のボリュームディスカウントを獲得でき、またグループ全体の支払い事務手続きを集中することで業務効率化を目指します。 キャッシュマネージメントシステム
CMSの導入により、一部の大手企業を除いた多くの企業では、銀行が準備したパッケージソフトをほとんどそのまま利用することが一般的です。
CMSから資金決済結果を仕訳データとして、経理システムへリンクするインターフェースを開発している企業もありますが、一般的にパッケージソフトの導入自体はさほど難しいものではありません。
CMSを提供する銀行のなかには、ASP(アプリケーション・サービス・プロバイダ)機能をネットワークを通じて提供し、企業はパソコンさえあればインターネットを通じて銀行からCMSのサービスを受けることもできます。

Ever-evolving CMS package, HeartCore

HeartCore core service provides all necessary website management and application functions.

Website technology is developing rapidly, while CMS is changing on a large scale, evolving from content management systems to systems that utilize content. With functions such as static site to dynamic site that enable information transmission with user needs, compliance to multiple devices, connection to social network service sites, multiple sites and global site management, connection to EC, CRM and big data, SEO LPO marketing function to increase sales, strengthen site security.

Core service application examples

Efficient website management

For multi-domain, multi-device, multilingual site, social network integrations, core service provides the best solution.

Bulk migration of existing websites

Other CMSs require heavy man-hours, キャッシュマネージメントシステム キャッシュマネージメントシステム while HeartCore's bulk file import capability completes migration in a very short time.

Advanced search

Searching within website is one of the important functions. HeartCore provides web searching results that perform beyond Google. Different from other CMS services, HeartCore provides a Japanese specialized search engine, which allows functions such as natural language search, thesaurus, and synonym dictionary.

Multilingual sites

By connecting to the translation engine providing over 170 languages, content with multiple languages are created automatically without having to leave HeartCore. Automatic translation and human translation are both supported.

Why HeartCore?

Simple and efficient migration process

Reduce the cost キャッシュマネージメントシステム drastically compared to other CMSs. Templates are generated キャッシュマネージメントシステム by simply loading HTML files.

Boosts traffic

Most companies invest a lot of time and money in SEO (Search Engine Optimization) to improve search result ranks, but HeartCore provides automatic SEO.

Excellent performance

Dynamic CMS has become the main trend, yet the performance is concerned. HeartCore performance has improved in キャッシュマネージメントシステム a large scale compared to other products, allowing simple server configuration.

Immediate correspondence to smartphones after migration

HeartCore supports all types of feature-phones and smartphones. Responsive web design can also be realized through settings. Operations of style sheets can be controlled by special functions.

All-in-one package providing all necessary functions

Different sites require different functions, which usually needs multiple packages combined. HeartCore provides all the necessary functions in one package.

Easy development

Different from other CMSs, with knowledge in Java developers are able to customize additional functions even without knowing the details キャッシュマネージメントシステム of HeartCore. Also, as HeartCore allows the reuse of existing programs,development time can be reduced in a large scale.

What can HeartCore do?

The function of HeartCore is separated into three main aspects: website development, marketing support, system integrations. Further details are explained as below:

Learn more キャッシュマネージメントシステム Learn more Learn more

Rapidly increasing customers

HeartCore has been adopted by major companies, government offices, and educational キャッシュマネージメントシステム institutions, and successfully introduced in over 791 companies in Japan. (as of June 2021)

CMS導入サービス

CMS(コンテンツマネージメントシステム)によるWebサイトの開発をしております。
CMSの中でも特に世界で最も採用されているDrupalを用いた開発を得意としております。
お客さまご要望の機能を実現するために、Drupalを機能拡張するためのプラグインであるモジュールにつきましては、新規作成から既存モジュールのカスタマイズまで行っております。
また、Webサイトのデザインを定義するテーマにつきましても、お客さまのご要望にあわせて当社デザイナによるデザイン提案も含めて作成いたします。

CMSを採用するメリット

  • その1 ・・・HTMLやCSSを知らなくてもコンテンツを作成できる。
  • その2 ・・・コンテンツにテンプレートが適応されサイト全体が統一される。
  • その3 ・・・携帯やモバイル等の端末を意識せずにコンテンツを作成できる。
  • その4 ・・・ワークフロー制御や時限公開設定等により運用が楽になる。
  • その5 ・・・将来的なサービス連携や国際化対応等も簡易に対応できる。

Why Intellilink?

数多くの開発経験による高い技術力と豊富な知識により、お客さまのニーズを満たすソリューションを提供いたします。
当社では、システム開発の他にクラウドなどを利用した基盤構築のソリューションも提供しており、CMSを用いたシステムの設計/開発にとどまらず、HWおよびネットワーク等の基盤まで含めたトータルなご提案が可能です。 キャッシュマネージメントシステム
また、当社ではDrupalに関する豊富な知識を蓄積しており、お客さまの導入検討支援も行っております。

次のようなご要望・課題をお持ちのお客さまに最適なサービスです

  • OSSを用いて、比較的安価なコストでWebサイトを構築したい。
  • 既存のシステムをCMSに移行し、管理コストを削減したい。
  • Drupalの拡張モジュールやテーマを作成してほしい。
  • CMS導入に関する相談をしたい。

サービス詳細

CMSによるWebサイトの構築 CMS、特にDrupalを利用したWebサイトの構築サービスです。
要件定義から設計、テスト、保守のみならず、Webサイトのデザイン、システム基盤の構築まで一貫して受託可能です。 既存システムのCMSを利用したサイトの移行 Drupal上に既存システムと同等の機能を実装し、既存のコンテンツの移行を行うサービスです。 CMS導入支援 CMSの導入を検討なさっているお客さまのご相談をお受けするサービスです。

構成例・事例紹介

当社ポータルサイト(当サイト) Drupalにて当サイトを構築し旧サイトのコンテンツを移行しました。
また、デザイナによるデザインも行いました。 某研究所様所内ポータル 某研究所内のユーザ様のポータルサイトの構築を行いました。
SSOによる認証機能や検索サーバ(Apache Solr)、スケジュールサーバ連携などを実現しました。
また、複数の独自モジュールの開発を行いました。 某研究所様所内クラウドポータル クラウド展開用の申請用ポータルサイトの構築を行いました。
ワークフローの機能などを実現しました。 某社様開発フレームワーク展開システム 某社様社内の開発フレームワーク共有システムの構築を行いました。
ログ統計機能の拡張などを行いました。 某大学機関様教育クラウドポータル 某大学機関内のクラウド管理ポータルサイトの構築を行いました。
クラウド基盤との連携やLDAP認証機能などを実現しました。 某公共機関様情報公開サイト 某公共機関様の情報展開サイトの構築を行いました。
事前・本番サーバの2環境を提供し、事前サーバに上げて確認したコンテンツを本番サーバに掲載するという仕組みを実現しました。
また、旧サイトの独自コンテンツの移行を行いました。 OSS(Splunk/VOISTAGE)公開サイト OSS(Splunk/VOISTAGE)の情報公開サイトの構築を行いました。
独自テーマの作成や旧サイトのHTMLコンテンツの移行を行いました。 B2Bでの商品情報公開 サイト B2Bでの商品情報展開Web サイトの構築を行いました。
マルチ言語でサイトの構築を行い、複雑な権限制御も実現しました。
また、GUIなどの大幅な変更を行いました。 某メーカ様商品紹介サイト 某メーカ様の店舗向け商品紹介サイトの構築を行いました。
独自認証機能の連携や他システムとの連携、Webメール機能などを実現しました。

ScreenBeam | セントラルマネジメントシステム (CMS)

ScreenBeam CMS Enterpriseは、地理的に離れた場所や複数のネットワークに分散されているScreenBeam受信機にリモートにアクセスして簡単に管理できる強力なツールです。ScreenBeam CMS Enterpriseでは、受信機の状態の監視、セキュリティポリシーの適用、問題のトラブルシューティング、デバイスのリセット、受信機の更新などを行えます。

データシートをダウンロードする

紹介ビデオ

複数のサイトと管理者による受信機の監視と管理に対応

対応している商用受信機にScreenBeam キャッシュマネージメントシステム CMSの永続ライセンスが付属しています。

複数のユーザーによるロールベースの受信機管理

柔軟でスケーラブルなアーキテクチャー

セキュリティと使い勝手が向上

新しくなったユーザーインターフェイス

CMS EnterpriseとCMSの特徴の比較

キャッシュマネージメントシステム
特徴 CMS Enterprise(1100 Plus/1100/1000に付属) CMS(960/750に付属)
プラットフォーム Webベース アプリケーションベース
ホスティング形態 セルフホステッドセルフホステッド
オペレーティングシステム Windows 10およびWindows Server 2019 Windows 10およびWindows Server 2019
管理インターフェイス Webブラウザー Windowsアプリケーション
複数の管理者の同時アクセス 対応(マルチユーザー) 非対応(シングルユーザー)
ロールベースのアクセス管理 グローバル管理者、サイト管理者、サイトモニター 非対応
ダッシュボード概要 デバイスおよびトラブルホットスポット 非対応
ScreenBeam受信機の数 最大5000 最大2500
サポートされているScreenBeam受信機 1000シリーズ 1000シリーズ、960、750
価格(表記のシステムに付属) 1000シリーズ 1000シリーズ、960、750

複数のユーザーによるロールベースの受信機管理

受信機の構造化と管理

タスクとアクションのスケジューリング

大規模なシステム構成のプロビジョニング

ScreenBeam 1100 Plus | ワイヤレスディスプレイ受信機

ScreenBeam 1100 | ワイヤレスディスプレイ受信機

ScreenBeam 1000 EDU | ワイヤレスディスプレイ受信機

ScreenBeam Transmitter 2

ScreenBeam Classroom Commander

960A |ワイヤレスディスプレイ受信機

750 |ワイヤレスディスプレイ受信機

ScreenBeam CMS I セントラルマネジメントシステム

ScreenBeam (スクリーンビーム)内蔵ソフトウェア。複数のScreenBeam (スクリーンビーム)をリモート一括管理。

ScreenBeamについて

ソリューション

ScreenBeamシリーズ

220 Devcon Drive
San Jose, CA 95112

14499 N Dale Mabry Hwy
Suite 162
Tampa, FL 33618

Unit 1B, 64 Talavera Rd.
Macquarie Park, NSW 2113
Australia

Room 1505, Building No. B3, Kexing Science Park, Keyuan Road No. 15, YueHai Sub-district, Nanshan District, Shenzhen city, Guangdong Province, 518057, China, P.R.C

2 rue d’Arlon, L-8399 キャッシュマネージメントシステム Windhof Luxembourg

Tensho Kanda Station Building 701, 3-7-21 Kanda キャッシュマネージメントシステム Kaji-cho, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan 1010045

キャッシュマネージメントシステム

PowerCMS™ PowerCMS™

PowerCMS™クラウド PowerCMS™クラウド

2022年05月24日 ブログ 画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク
2022年05月19日 ブログ PowerCMS キャッシュマネージメントシステム サポートの実績 (2022年4月)
2022年05月18日 ブログ Google 検索の結果に表示される URL を統一する
2022年05月16日 ブログ PowerSync への機能追加について
2022年05月13日 新着情報 PowerSync 1.32 / 1.26 の提供を開始
キャッシュマネージメントシステム
2022年04月28日 重要なお知らせ メンテナンスによるサイト一時停止のお知らせ
2022年04月21日 重要なお知らせPowerCMS サポートのゴールデンウィーク休業について
2021年12月16日 重要なお知らせ XMLRPC API おける OS コマンド・インジェクションの脆弱性 (JVN#17645965) 対策の修正ファイルについて
2022年05月13日 新着情報 PowerSync 1.32 / 1.26 の提供を開始
2022年04月27日 新着情報 PowerCMS 6.01 の提供を開始
2022年04月20日 新着情報 PowerCMS 6 の提供を開始
2022年05月24日 ブログ 画面遷移をより少ない操作で行うための動線の追加 - リンク
2022年05月19日 ブログ PowerCMS サポートの実績 (2022年4月)
2022年05月18日 ブログ Google 検索の結果に表示される URL を統一する
2022年05月16日 ブログ PowerSync への機能追加について
2022年05月12日 ブログ タグの入力補助機能

CMS への不満を解消。
運用しやすい CMS にカスタマイズできる PowerCMS

PowerCMS は日本国内で導入実績 3,000 サイトを超える、高性能・高機能のハイエンド CMS です。
お客様志向の CMS として発想を広げ、オリジナル管理画面の作成やメニューのカスタマイズも可能です。

最新の PowerCMS では動作の高速化やテンプレート管理機能を大幅に強化、PowerCMSクラウドなら Microsoft Azure Virtual Machines 上にパフォーマンス最適化済みのPowerCMS をすぐにご提供できます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる