初心者向けおすすめFX動画

横ばい相場でも収益をねらおう

横ばい相場でも収益をねらおう
②エッジバンド幅の調整
エッジバンド幅の調整とは、買いシグナル30%、売りシグナル70%としていたラインを拡大・縮小させることです。パラメータ(時間軸)に合わせて変化させるものと、ボラティリティの大小により変化させるものがあります。
前者は日数が長くなればなるほどバンド幅を狭く、後者はボラティリティが大きくなればなるほど幅を拡げるのが一般的といわれています。

Customer Review

ルールその1「押しで買い、ブレイクアウトで買ってはならない」
ルールその2「急落後に買い、急上昇後に買ってはならない」
ルールその3「株は200日移動平均線の上側で買い、下側で買ってはならない」
ルールその4「不安に思ったときこそ買い、欲が出たときこそ売れ」
ルールその5「ストップは痛い」
ルールその6「日中での下落を拾いオーバーナイトが儲けるコツ」
投機では上げ下げで利益を狙うので、材料はなんでもOK、むしろ材料が出ればお終いとなる。
「うわさで買って、真実で手仕舞う」のが鉄則。
投機&投資いずれも値動きだけが収益に直結する。流れに乗ることは「言うが易いが、行うは難し」、漫然とサーフを繰り返しても上達はしない。
出来高急増⇒何かが起きている。株価が上昇しても出来高が減少しているなら流入金額が減っているかも?
大出来高の4日目は特に急落に注意せよ!
株価が横ばいでも出来高急増なら売買金額は増加している。
株価下落して出来高急増なら売買金額は逃げている。
流入売買金額が最少なのは株価も最低で出来高も最低な時である。まさに深海で眠れる魚の状態である。
株価の変動がなければ資金投入の意味も価値もなし!!
とにかく出来高が盛り上がりランク入りした銘柄で値動きの大きな銘柄を狙え、前日比マイナスからプラスに転換する、投資家の心理を先に読むことだ。売り注文が少なくなり、出てきてもすぐ買いが入る底堅い動きに注目
この著者の
「プロに勝つデイトレの技術」の46、144ページ、NYが高い翌日は「寄り天」に注意は役立ちましたね。
「超実践 株式投資のプロ技 」高野譲も素晴らしいのでレヴューをお読みください。
「「5分足チャート」活用 実戦教室」小山哲も参考に
「デイトレ授業」の中でも降臨さんも場が開いてから30分はエントリーしないと書かれていました。
「2年7ヵ月で66万円を3億円にした年利1000%を目指す!株短期売買法」相良文昭はを再読せよ!
「フルタイムトレーダー完全マニュアル」は必読の価値あり。
「株デイトレ戦いの知恵―基礎編/アベノミクス相場対応版」
「機関投資家に学ぶ デイトレーダーをカモにする株式投資戦略」
「株 ケイ線・チャートで儲けるしくみ」「「1日1回15分」たのしい「株」短期トレードの本」阿部智沙子 は必読すべき名著です。
「相場に勝つローソク足チャートの読み方」小澤實
も参考に必見。
追記 2014年大晦日
ここで売ったら損だと保有し続けるのが最悪の対策!!これは、私の、失敗から学んだ。値幅整理、時間整理を仕掛けられたら、次の銘柄に乗れない。
株式市場は、日々、常にトレードされているからだ。巨額な短期資金が、いつも相場をリードしている。一旦、高値大商いで売り抜けた外資勢は資金力にものを言わせ、次々と様々な銘柄を仕掛けてくる。
だから、調整に入ったら利益が出ている株は、一旦利確して主軸銘柄に、参加できるように「待ち」の姿勢で、準備するのが良いと。「天井三日、底百日」スタイルゾーンに巻き込まれぬ事だ。
これが、失敗からの教訓です。 急騰で買い上がって売り玉を這わせ、急落売り乗せが出来るの手数料なしの外資トレダーは、信用売りができない株も売れるのだ。
こんな訳で、日本の個人投資家は、手もなく捻られてしまう。
だから、「買いで儲け、売りで儲ける」外資勢の転換点を待って狙おう。
格言 ・チャートと出来高が解かれば、相場が判る。
格言 ・山高ければ、谷深し。
6ヵ月の信用期日通過まで主要活躍株の戻りは非常に難しいことが分る。
それまで不安材料を流して株価を下げ、金利と下げ波動で稼いできた外資勢が
いよいよ、クリスマス商戦に向け、仕掛買いを始めるのでは?
これらを踏まえ、10月から相場師、黒田総裁は上昇を仕掛けたのだ。
今年の高値大商い株の人気銘柄は6ヵ月の信用期日通過まで、本格上昇は難かしい。
昨年、今年と大商いのなかった銘柄から出直ってくる銘柄を探そうと思う。
外資勢の転換点とは、
大商い高値売り抜け点!・少商い安値買戻し点。
これらは、 移動平均線乖離率として、急騰、急落時に必ず出現する。日足より週足、月足に注目!!
追記「世界を操る支配者の正体」は瞠目する必読の名著です。
所詮デイトレは「利益の多寡」を競うものではない。資金が回転して雪ダルマ式に「資金の総量」を増やすものだ。投下と回収を素速く繰り返す、即ち「どれだけ短時間に出来るだけ多くの資金回転をさせられるか」を追及する投資手法である。万一逆回転していたらあっという間に退場させられる世界である。
参考情報は「知識ゼロ、資金ゼロから億万長者になれる株入門」鈴木正剛、 「キッチンカブー」「株探」が便利
you tube:【デイトレで最も簡単に利益を上げるコツ】
you tube 動画:【全員必見】一回の取引で400万円の利益をだした凄腕トレーダーの思考回路を徹底解説します。
:【株】プロのデイトレーダーが全員実行しているデイトレで勝つ為の最も大事なトレード方法 【スキャルピング】
:【株】プロが使う禁断のスキャルピング手法公開!普通に稼げます。【明日から使える神手法】デイトレ
:【株】プロが使う逆張り手法公開!間違った逆張りしてませんか?【明日から使える神手法】デイトレ スキャルピング
:【株】期待値がめっちゃ高い逆張り手法教えます!この5分足チャートパターンは絶対覚えろ!【明日から使える神手法】5分足で説明 デイトレ スキャルピング

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる