プロが徹底解説

キャッシュフローとは

キャッシュフローとは

ここまでキャッシュフローの基本をざっと説明してきましたが、特に経営初心者の方にお伝えしたいのは 「日々のお金の流れをチェックする習慣をつけよう」 ということです。

キャッシュ・フローとは|3分で分かるキャッシュ・フロー計算書の基本

会社にキャッシュ(現金など)が入ってくることを「キャッシュ・イン」、キャッシュが出ていくことを「キャッシュ・アウト」といいます。
そして、「キャッシュ・フロー」とは、キャッシュ・インからキャッシュ・アウトを差し引いた収支のことをいいます。
1年間の会社のお金の流れ、つまりどのような理由でお金が入ってきて、どのような理由でお金が出ていったのかをあらわした表です。
貸借対照表でも前期と比較してどのくらい現金が増えたのかは、分かります。しかし、より詳しく具体的に現金の増減を判別するためには、キャッシュ・フロー計算書を見なければなりません。

キャッシュ・フロー=キャッシュ・イン-キャッシュ・アウト

「営業活動によるキャッシュ・フロー」は商売上のお金の出入り
キャッシュ・フロー計算書の最初に記載されるのは、「営業活動によるキャッシュ・フロー」の区分です。営業キャッシュ・フロー(営業CF)と呼ばれ、商売上のお金の出入りが記載されています。

「投資活動によるキャッシュ・フロー」は資金運用上のお金の出入り
キャッシュ・フロー計算書の2番目に記載されるのが、「投資活動によるキャッシュ・フロー」です。投資キャッシュ・フロー(投資CF)と呼ばれ、固定資産の購入や売却、有価証券の購入や売却によるお金の出入りが記載されています。
資金に余裕のある会社は、それを利用して稼ぐことを試みます。株を購入したり誰かにお金を貸して利息を得たりといった事柄から生じるお金の出入りが記載されます。

「財務活動によるキャッシュ・フロー」は資金調達がらみのお金の出入り
キャッシュ・フロー計算書の3番目に記載されるのが「財務活動によるキャッシュ・フロー」です。財務キャッシュ・フロー(財務CF)と呼ばれ、銀行からの借り入れなどをした時いくら資金が増えたか、どれだけ返済して、いくら減ったかなどが記載されます。

キャッシュ・フロー計算書はなぜ重要か

それは、事業を経営するうえで、お金の動きを追うことが最も重要であり、それを行うことができるのは、キャッシュ・フロー計算書だけだからです。
損益計算書や貸借対照表で追うことができないお金の流れを補うのが、キャッシュ・フロー計算書ということです。
では、なぜお金の流れを把握することが大切なのかというと、利益が出ていても現金が足りなくなってしまう状態を防ぐためです。

非上場企業では作成しないでよい

キャッシュ・フロー計算書は、上場企業の場合には、ルールによって作成が義務づけられていますが、非上場企業の場合には作成が義務づけられていません。
しかし、前述したとおり「売上は上がっているのに手元にキャッシュはない」というような「勘定あって銭足らず」の状況が続けば、黒字倒産しかねません。
このような状況を回避するためにも、実際にキャッシュがいくら入っていくら出ていって、結果としていくら手元に残ったのかを把握できるキャッシュ・フロー計算書は作成する方がよいでしょう。

キャッシュ・フロー計算書の構造

営業活動によるキャッシュ・フロー

①税引前当期純利益
②減価償却費
③投資有価証券売却損益
④固定資産売却損益
⑤売上債権の増加額
⑥棚卸資産の減少額
⑦仕入債務の増加額
⑧そのほかの試算、負債の増加額
⑨法人税等の支払額

なお、営業活動の区分は、表示の方法として直接法と間接法がありますが、間接法の方が作成方法は簡単なので一般的です。
一方、直接法は単純に収入と支出を記載しているので読み手としては分かりやすいですが、作成に手間がかかるというデメリットがあります。
したがって、キャッシュ・フロー計算書を理解するためには、この間接法を理解することが大切ですが、まずは「お金が動く要因がそのまま書かれているとは限らない」という程度に理解しておけば問題ありません。

営業CFはプラスであることが望ましい
営業活動によるキャッシュ・フローは会社の本業を示す部分なので、プラスになっているのが望ましいといえます。

キャッシュフローとは
キャッシュ・フローマージン=「営業活動によるキャッシュ・フロー」÷「売上高」

投資活動によるキャッシュ・フロー

投資活動によるキャッシュ・フローでは、会社がどれだけ会社を成長させるために投資しているかを表します。
新たに設備を購入するなどの投資を行えばマイナスになり、設備を売却すればプラスとなります。成長に向けて積極的に投資を続けている会社であれば、通常は投資活動によるキャッシュ・フローはマイナスとなります。
したがって、投資活動によるキャッシュ・フローのマイナスは、決して悪いことではありません。会社を成長させるためには、新たな設備の導入は必要な支出といえるからです。

①定期預金の純増減額
②固定資産売却による収入
③固定資産取得による支出
④投資・有価証券取得による支出
⑤投資・有価証券売却による支出

キャッシュフローとは

営業活動によるキャッシュ・フローの「減価償却費」<投資活動によるキャッシュ・フローの「固定資産の取得による支出」

財務活動によるキャッシュ・フロー

①短期借入金の純減少額
②長期借入による収入
③長期借入金の返済による支出
④配当金の支払額

損益計算書・貸借対照表との関係

損益計算書との関係

損益計算書は、「営業活動によるキャッシュ・フロー」と密接に関係しています。
営業活動によるキャッシュ・フローは、損益計算書の税引前当期純利益をもとに減価償却費などのお金の動きに関係のない項目と除いて作成されるからです。
損益計算書の営業利益が出ているのに、営業活動によるキャッシュ・フローが赤字の会社がありますが、これは、売掛金の回収が遅れていたり在庫が社内に溜まっていたりといった状況が考えられます。
したがって、損益計算書で営業利益が出ているのに、営業活動によるキャッシュ・フローがマイナスなら、早急にその原因を調べる必要があります。
このように、キャッシュ・フロー計算書は、損益計算書を補完する役割を果たしているのです。損益計算書は、利益を稼ぐ力をあらわしたもの、キャッシュ・フロー計算書は現金を稼ぐ力をあらわしたものということができます。

貸借対照表との関係

「営業活動によるキャッシュ」の動きは、貸借対照表の流動資産や流動負債と対応します。また、「投資活動によるキャッシュ・フロー」は貸借対照表の固定資産や投資有価証券と対応します。さらに、貸借対照表の現金・預金の合計額とキャッシュ・フロー計算書の「現金及び現金同等物」はほぼ一致します
このように、キャッシュ・フロー計算書と貸借対照表との関係は深く、貸借対照表の資産や負債の増減は、キャッシュ・フロー計算書で表示されるプラス・マイナスに直結します。 キャッシュフローとは
ここで重要なのは、最終的な貸借対照表の数字が前期から会社がどのようにお金を得たり使ったりしたものなのか、という点です。

以上、キャッシュ・フロー計算書の意味や内容、損益計算書や貸借対照表との関係などについてご紹介しました。キャッシュ・フロー計算書は、どこに現金を使い、どのように現金を増やしたのかが分かる決算書です。
キャッシュ・フロー計算書は、会社の本来の営業活動以外の投資活動、財務活動に分けることによって、資金の増減という情報がより役立つ3つのキャッシュ・フローとして把握することができます。
また、キャッシュ・フロー計算書と損益計算書、貸借対照表と連動してみることによって、より正確な経営分析を行うことができ、事業の成長に役立てたり、黒字倒産を回避したりできるようになります。
決算書の見方や経営分析の指標について不明点や疑問点がある場合には、税理士に相談してアドバイスを求めましょう。

税理士をお探しの方

freee税理士検索 では2,800以上の事務所の中からキャッシュ・フロー計算書の意味や内容、損益計算書や貸借対照表との関係について相談できる税理士を検索することができます。
また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」 キャッシュフローとは もあるので併せてご利用ください。

キャッシュフローとは?キャッシュフローが大事な理由や計算方法、見方などまるっと解説します!


キャッシュフローの概要と利益との違いを理解していただいたところで、 「なぜキャッシュフローが大事なのか?」 について説明したいと思います。
もう一度、前章の具体例(B)を見てみましょう。

<利益> 200万円−100万円= 100万円
<キャッシュフロー>▲100万円

利益が出ていても倒産することがある

つまり利益ばかりに目を取られ、キャッシュフローの管理をおろそかにしてしまうと、 「いつの間にか倒産の危機!」なんてことになりかねない のです!

特に起業時は多くのキャッシュを投資に回していたり、そもそも資金的に余裕がなかったりで、この事態に陥りやすいです。 「起業時はキャッシュフローが大事」 といわれるゆえんです。

キャッシュフローの計算方法・見方

  • 月間のキャッシュフロー = 当月末キャッシュ − 前月末キャッシュ

仕入れの増加や設備投資などでもキャッシュフローはマイナスになるため、お金が減ることは必ずしも悪いことではありませんが、上述の通り 「キャッシュが無くなり支払いができなくなると倒産する」 ことになりますので、よくよく注意するようにしましょう。

キャッシュフロー計算書 会計期間中のキャッシュの増減を数値で示した計算書類。 過去のキャッシュの流れを可視化するのが目的 。貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)と合わせて「財務三表」と呼んだりする。
資金繰り表 一定期間のキャッシュの流れを把握するための資料。過去のキャッシュフローを把握する 「実績の資金繰り表」 と、これから(将来)を見る 「計画の資金繰り表」 の二つがある。

お金管理の第一歩は「会計ソフト」から!


ここまでキャッシュフローの基本をざっと説明してきましたが、特に経営初心者の方にお伝えしたいのは 「日々のお金の流れをチェックする習慣をつけよう」 ということです。

初めての会計ソフトは定番の「弥生会計」がおすすめ


数ある会計ソフトの中でお勧めしたいのが、22年連続で売上No.1を記録し、会計ソフトメーカー別販売本数シェアでも一位の 「弥生会計」 です。

弥生会計が人気の理由、それは 圧倒的な使いやすさ にあります。「借方・貸方」といった会計知識のない方でも使いやすい画面設計はもちろん、電話・メール・チャットによる徹底したサポート体制など、初めてでも簡単&安心に使い続けられる仕様になっています。

なお小規模事業向けのラインナップには、記帳のしやすさに重点を置き、初めての会計ソフトとしてお勧めの クラウド版「弥生会計 オンライン」 と、資金繰り表の作成など、より高度な資金繰り管理ができる デスクトップ版「弥生会計」 の二つがあります。やりたいことに合わせて選ぶとなお良いでしょう。

「弥生会計 オンライン」ではキャンペーンを開催中!

「弥生×創業手帳 キャンペーン」では、1年以内に会社設立される or2017年1月以降に会社設立された方を対象に、 「弥生会計 オンライン」 ベーシックプラン(電話・チャット等のサポート付プラン)の 通常30,000円(税抜)が2年間無料に。

キャッシュフローとは?初心者向けに計算書の読み方について詳しく解説!!

貸借対照表(B/S)、損益計算書(P/L)、キャッシュフロー計算書(C/F)の3つを合わせて「財務三表」と呼ばれます。これらは一般的には決算書と呼ばれますが、本記事では、このうち、キャッシュフロー計算書(C/F)を理解することに焦点を当てています。
キャッシュフロー計算書の読み方がよくわからない方はもちろん、キャッシュフローの概念があやふやだったり、そもそもキャッシュフローの考え方がよく分かっていない人でも、読み進めるだけで基礎部分が理解できるようになっていますので、じっくりと読み進めてみてください。

キャッシュフローとは

キャッシュとは何か

キャッシュフローを理解するためには、まずはキャッシュの定義を掴むことが大切です。キャッシュは、英語にすると「cash」となり、現金を意味します。会計上はよく利益が重要視されますが、キャッシュ、すなわち現金の流れや、一時点でどれだけ現金を保有しているかを把握することも、資金繰りの点から非常に重要となります。

フローとは何か

続いて、フローの定義を明確にしましょう。フローは、英語にすると「flow」となり、流れを意味します。対義語としては、ストックという言葉があります。英語にすると「stock」となり、ある一時点で保有している量を意味します。
それぞれの意味について表にまとめると、下記のようになります。

キャッシュフローとは
【名称】 【意味】 【参照する財務三表】
フロー(flow) 流れ キャッシュフロー計算書(C/F)
ストック(stock)ある一時点で保有している量 貸借対照表(B/S)

お金の流れ = キャッシュフロー

つまり、キャッシュフローという言葉の意味は、お金の流れを意味します。利益が大きいか小さいかに関わらず、現金が入ってきたらプラス、現金が流出したらマイナスになるので、キャッシュフローは、会社のお金の出入りを意味しているんだな、と考えてもらえれば、わかりやすいと思います。

キャッシュフロー計算書(C/F)とは

キャッシュフローについて、ぼんやりとでも理解して頂けたかと思います。ここからは実際に、キャッシュフロー計算書(C/F)をどのように読めば良いのかがわかるようになることを目標に、キャッシュフロー計算書(C/F)について1つずつ理解を深めていきましょう。
キャッシュフロー計算書は「C/F」と略されることが非常に多いです。ここまで読み進めてくださった皆さんであれば、これが何を表しているのかおわかりかもしれませんが、正式名称は、「cash flow statement」となります(キャッシュフローとは statementは”書類”という意味です)。
理解してしまえば非常に単純で、お金の流れを計算した結果が書いてある書類なんだな、ということがわかればOKです。

キャッシュフロー計算書(C/F)が必要な理由

ではなぜ、このキャッシュフロー計算書(C/F)が必要なのでしょうか。その最も大きな理由としては、先ほどもちらっとご説明いたしましたが、資金繰りの点にあります。

黒字企業でも倒産してしまう原因は、キャッシュフローにあった

決算書上で利益をいくら出している会社であっても、実際にその利益が現金として回収できなければ、次の利益を生み出すことができません。そのため、キャッシュフローを把握して、現金がどれだけ回収できる見込みにあるのかや、これから手元にある現金がどれだけ流出するのかの予想を立てておくことが肝要となります。
これができていない企業は、仮に利益が上がって、決算書上は黒字であったとしても、事業を継続していくための資金がショートしてしまい、倒産に追い込まれるケースがあります。このような事態を起こさない為にも、キャッシュフローを把握しておくことは非常に重要だと言えるでしょう。

各財務三表の違い

貸借対照表(B/S)

貸借対照表(B/S)は、英語の正式名称は「balance sheet」で、日本語でも「バランスシート」として呼ばれることがあります。決算日に会社が保有している資産・負債・純資産について記録しており、企業の財政状態を表す書類です。
貸借対照表』について気になる方はこちら

損益計算書(P/L)

損益計算書(P/L)は、英語の正式名称は「profit and loss statement」で、一定の会計期間における企業の収益・費用を記録しており、経営成績を表す書類です。

貸借対照表(B/S)とキャッシュフロー計算書(C/F)との違い

貸借対照表(B/S)は、決算日時点の記録に過ぎませんから、あくまでも決算日の状態を教えてくれるに過ぎません。この点をキャッシュフロー計算書(C/F)でカバーしています。
キャッシュフロー計算書(C/F)があることによって、現金の流出入が可視化され、どんな原因で増えて(流入して)、どんな原因で減って(流出して)いるかがわかるようになります。

損益計算書(P/L)とキャッシュフロー計算書(C/F)との違い

損益計算書(P/L)は、一定の会計期間のおける収益と費用の差、つまり利益がどれくらい出ているかを表しています。一見、これが黒字であればうまく会社が回っていると思ってしまいがちですが、先ほど申し上げたように、利益が出ても、それがしっかりと回収できなければ意味がありません。
損益計算書(P/L)のみでは、回収まで追うことができません。そこで、キャッシュフロー計算書(C/F)を使って、収益・費用に対する現金の流れを追うことができるようになり、黒字倒産のリスクを予め回避することができるようになります。

キャッシュフロー計算書(C/F)の見方

ここからは、実際にキャッシュフロー計算書(C/F)をどのように読み進めていけば良いのかを解説します。
キャッシュフロー計算書(C/F)を見ると、大きく3つの項目に分かれていることがわかると思います。

営業活動におけるキャッシュフロー(営業CF)

営業活動におけるキャッシュフロー(営業CF)は、企業の中心となる事業(いわゆる本業)活動における収入と支出の差額を表します。
この項目がプラスの場合は、本業によって資金を生み出せている状態となりますので、本業が順調であると判断することができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、本業で苦戦している、もしくは売掛金がきちんと回収できていないなどの原因が考えられます。
一般的には、営業CFはプラスである方が望ましいです。

投資活動におけるキャッシュフロー(投資CF)

投資活動におけるキャッシュフロー(投資CF)は、設備投資などで固定資産を購入したり、別の事業への投資などにより株式や債権などを取得した際などの現金の流れを表します。
この項目がプラスの場合は、固定資産や株式・債権などを売却して現金を得ている、と読み取ることができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、新たに固定資産を購入した、または投資を行った、と読み取ることができます。 実際に何にお金を使ったのかを見るには、貸借対照表(B/S)を前期と当期で比較してみるとわかる場合があります。
一般的には、投資CFはマイナスである方が望ましいです。投資CFがマイナスであるということが、将来的に収益を生み出す可能性につながる為です。

財務活動におけるキャッシュフロー(財務CF)

財務活動におけるキャッシュフロー(財務CF)は、現金の不足分をどのように補ったかを表します。 キャッシュフローとは
この項目がプラスの場合は、借入金や社債など、貸借対照表(B/S)上の負債となる科目 で資金調達をした、と読み取ることができます。
逆に、この項目がマイナスの場合は、貸借対照表(B/S)上の負債を返済したと読み取ることができます。
一般的には、財務CFはマイナスである方が望ましいですが、企業の経営方針などによって評価は異なります。例えば、現在成長を続けている企業で、更なる事業拡大のための資金調達をする為に、一時的に財務CFがプラスとなる企業もあります。

決算書の読み方 キャッシュ・フロー計算書

キャッシュ・フロー計算書

本業でのキャッシュの流れ を示しており、企業がキャッシュを生み出す能力である。営業活動によるキャッシュ・フローの表示は、詳細な表示である 直接法 と簡便な表示である 間接法 の2種類があるが、実務上では間接法が多く利用されているため、今回は間接法を前提としている。ただ、結果的に小計以下は同じ数値となる。企業にとって本業から得るキャッシュがマイナスとなっている場合には、投資資金を自己資本でまかなうことができず、財務面に関しても借入の返済原資がないこととなる。逆にプラスの場合は、本業から生み出したキャッシュで投資を実施し、借入金の返済原資も確保できることとなり、企業にとってはプラスであることが望ましい。与信管理上では、 マイナスの場合の内容吟味 が重要となってくる。

投資活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

固定資産および投資有価証券といった 投資に関連する分野の購入・売却によって生じたキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は投資を実施して資金が支出されるケースが多く、企業にとっては最大でも営業キャッシュから生み出された金額の範囲内での計上が望ましい。仮に営業キャッシュ以上の金額で投資を実施すると外部からの資金調達を余儀なくされ、金利を負担しなくてはならないことになる。逆にプラスの場合は、投資した資産を売却してキャッシュを捻出するケースが多く、その場合は本業でキャッシュを生み出しておらず、資金繰りが厳しいことも想定される。よって、総合的には営業で生み出したキャッシュをベースに負担とならない投資の適正額を設定し、その範囲内で毎期継続的に投資(マイナス)を行う形が望ましい。与信管理としては、マイナスの場合は 負担とならない範囲内での投資額が計上 されていること、プラスの場合は売却した資産の状況、 売却して資金が必要となった理由など が重要となってくる。

フリーキャッシュ・フローのチェックポイント!

フリーキャッシュ・フローは営業キャッシュ・フローと投資キャッシュ・フローの和であり、 企業が自由に使用できる余剰資金 のことであり、プラスであることが望ましい。与信管理においては、フリーキャッシュ・フローがマイナスの場合、 手元のキャッシュがない ことを意味し、資金捻出のため金融機関から借入金を導入するなどして負債が増加してしまう可能性があるため注意が必要である。しかし、必要に応じて金額の大きい投資を実施している場合には問題ない。また、プラスの場合でも金額が大きい場合には投資に消極的な可能性もあり、 成長性が低い ことも考えられる。

財務活動によるキャッシュ・フローのチェックポイント!

金融機関からの資金調達・返済および株式発行による資金調達・配当金の支払、社債発行による資金調達・償還などの 財務状況を示すキャッシュの流れ であり、マイナスの場合は金融機関からの借入金の返済、社債の償還が進んでいるケースが多く、逆にプラスの場合には金融機関からの借入金や社債発行で資金を調達したりするケースが多い。与信管理において、マイナスの場合には、 営業から生み出されたキャッシュの範囲 で捻出されているかを確認する必要があり、プラスの場合には 資金が必要となった理由を確認 することが重要となってくる。いずれにしても営業・投資・財務それぞれが連動しており、 総合的に判断 することが重要となってくる。

不動産用語辞典

検索

頭文字から探す

カテゴリから探す

欧米では古くからキャッシュフロー会計にもとづく「キャッシュフロー計算書」の作成が企業に義務付けられており、「キャッシュフロー計算書」は、貸借対照表・損益計算書と並ぶ重要な財務諸表のひとつとされてきた。
これに対して従来のわが国では、上場企業の財務会計を規制する証券取引法(財務諸表規則)上は、キャッシュフロー計算書を作成する必要がないものとされていた。
しかしわが国でも1997年から国際会計基準の導入が開始された(「国際会計基準」参照)。この結果、企業会計審議会の意見書により証券取引法が改正され、1999年4月より開始する事業年度からは、上場会社は財務諸表のひとつとしてキャッシュフロー計算書を作成することが法律上義務付けられた。これにより現在では、わが国の上場企業ではキャッシュフロー会計がすでに実施されている。

キャッシュフロー計算書

企業の一会計期間におけるキャッシュ・フロー(現金の出入り)の状況を明らかにする書類をいう。 英語でCash Flow Statementといわれることから、CS(またはC/S)と略されることもある。 損益計算書は、営業収益(売上高)や費用は取引が行なわれた時点で計上すること(発生主義)、設備費用を減価償却により複数年度にわたって計上することから、現実の金銭の出入りをそのまま反映したものではない。だが、取引においては、企業の支払能力が重要であることから、現金の出入りを明確に示すことが要請される。 そこで、キャッシュフロー計算書を作成して、一会計年度、半期または四半期における資金の流入・流出を表示することとされている。 キャッシュフロー計算書は、資金の出入りの原因に対応する形で、営業キャッシュフロー(営業活動に伴う現金の動き)、投資キャッシュフロー(投資活動に伴う現金の動き)、財務キャッシュフロー(財務活動に伴う現金の動き)の3つに分けて表示されている。 キャッシュフロー計算書によって、企業活動による現金の動きを把握し、事業活動の状態等を分析するための基礎的なデータを得ることができる。

国際会計基準

国際会計基準委員会(International Accounting Standards Committee、IASC)により提案された企業会計に関する基準をいい、英語ではInternational Accounting Standards(IAS)と呼ばれる。 IASは、1973年に、全世界共通の企業会計ルールを策定することを目標として9ヵ国の会計士団体が組織した委員会であるが、それ以来、企業会計のさまざまなルールについて、順次意見を表明してきた。その意見書の集まりがIASである。そして、EU等はすでにIASを国内会計基準として採用しているほか、アメリカもIASへの導入方針を表明している。日本でも、企業会計審議会が国内の企業会計基準を国際会計基準に合致させる作業を進めているが、2009年度(2010年3月期決算)からは、連結決算書について国内基準とIASとを選択して適用することを認める方針を決定した。 IASは数十の意見書で構成されているが、その原則的な考え方は、 1.会計の重点を連結決算に置くこと(単独決算から連結決算へ) 2.キャッシュフローを重視すること 3.資産や負債を時価ベースで評価すること(時価主義) などである。また、利益の捉え方等に関しても日本の基準と異なる点が多いなど、基準の移行に伴う作業は単純ではない。 なお、2001年に、IASCは国際会計基準審議会(International Accounting Standards Board、IASB)へと改組され、国際会計基準(IAS)の設定・改正もIASBが担っている。また、IASを含めて、IASBが設定する会計基準は、国際財務報告基準(International Financial Reporting Standards、IFRSs、IFRS)と総称される。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる