プロが直接査定

取引ツールとマニュアル一覧

取引ツールとマニュアル一覧

ベルシス24 Research Memo(3):CRM事業を中心に事業を展開、経営資源を集中する体制を整える

1. セグメント
同社グループは、持株会社であるベルシステム24ホールディングス と、(株)ベルシステム24、CTCファーストコンタクト(株)、(株)ベル・ソレイユの子会社3社で構成されており、コールセンター業務を中心とするCRM事業を主たる事業として、全国で事業展開している。同社グループの報告セグメントは、CRM事業とその他事業の2つである。なお、2019年2月には事業再編に伴い、100%子会社であった(株)取引ツールとマニュアル一覧 BELL24・Cell Productを売却した。2019年3月には子会社の(株)ビーアイメディカルからCSO(Contract Sales Organization:医薬品販売業務受託機関)事業を譲渡し、2019年11月にはビーアイメディカルをベルシステム24が吸収合併している。また、2022年3月には、占い、気象予報、映像制作などの事業を展開していたポッケもベルシステム24が吸収合併した。このように、事業再編によってグループのコア事業であるCRM事業に経営資源を集中する体制を整えている。

(1) CRM事業
ベルシステム24(同社100%子会社)によるCRM事業には、クライアント企業の商品やサービスに関する質問などに対応するカスタマーサポート業務、クライアント企業の商品・サービスなどの販売促進をサポートするセールスサポート業務、クライアント企業のIT製品などの操作方法などに関する質問に対応するテクニカルサポート業務、クライアント企業のデータ入力やWeb制作などを請け負うBPO(Business Process Outsourcing:業務プロセスの外部委託)などがある。いずれも電話での対応を軸に、Webやメールのほか、近年は成長が著しいソーシャルメディアやチャットにも対応している。また、2020年10月には、凸版印刷が51%、同社が49%出資した(株)TBネクストコミュニケーションズが、コンタクトセンター業務を中心とするアウトソーシングサービス、コンサルティングサービス業務を開始した。

海外にも事業展開をしており、2017年7月にはベトナムのコンタクトセンター最大手であるHoa Sao Group Joint Stock Companyへ出資し(49.0%保有)、社名をBellsystem24-Hoa Sao Joint Stock Company(以下、Hoa Sao)に変更した。Hoa Saoは、ベトナム国内8拠点でコンタクトセンター事業を展開している。さらに、2020年1月にはタイのコンタクトセンター事業者大手のTrue Touchに出資し(49.99%保有)、2020年2月には台湾最大手の総合通信会社である中華電信の子会社と業務提携契約を締結するなど、CRM事業の海外展開を活発化している。

(2) その他事業
a) CTCファーストコンタクト
BPO分野でのビジネス拡大を目的に、CTC(伊藤忠テクノソリューションズ )の100%子会社でサービスデスクやコンタクトセンターなどのアウトソーシングサービスを担うCTCファーストコンタクト(以下、CTCFC)を2017年7月より合弁会社化し、同社はCTCFCの51%の株式を取得した。ITに関する専門的な知識を有するCTCFCは、これまでHDI国際認定に準拠したサービスデスク/コンタクトセンターの運用サービス、教育・研修やマニュアル作成を含めたバックオフィスサービスなどを多数展開している。

取引ツールとマニュアル一覧

  • .com .net は条件を満たす場合に限り
    表示価格でご購入いただけます。条件の詳細はこちら

.com .netの更新が国内最安値(条件あり)

初回取得割引 .com .net が1円

ロリポップ!レンタルサーバーを12ヶ月以上契約すると、ドメインずっと無料

ムームードメインが
選ばれる理由

取り扱いドメイン数
400種類以上

困ったときはすぐ解決
安心サポート

Webサイトやメールで
ドメインがすぐに使える

ドメインお申し込み総数
400 取引ツールとマニュアル一覧 万件突破

ドメインを取得して
Webサイトやメールの
準備をしましょう

400種類以上の中から、
欲しいドメインを見つけましょう。

レンタルサーバーとセットなら、
ドメイン取得・更新費用はずっと無料です。

取得したドメインで、
メールアドレスも作成できます。

ビジネスツールの導入もムームードメインで。

Word、Excel、PowerPointなど会計処理やデータ管理に欠かせないMicrosoft365 Apps for businessをムームードメインでご契約いただくと、マイクロソフトからのご契約よりお得にご利用いただけます。

契約管理システム「LegalForceキャビネ」、フラグ付け機能を正式リリース

人工知能(AI)契約管理システム「LegalForceキャビネ」を提供するLegalForceは、リスクがある契約書にフラグを付け、モニタリングを可能にする「フラグ付け」機能を正式にリリースした。 フラグ付け機能は、「LegalForceキャビネ」にアップロードをした契約書のうち、自社に特別な義務が定められるなど契約リスクがあるものに対し、目印のようにフラグを付けることができる。フラグ付けの画面では、注意事項などテキストでの記入もでき、どの契約書にどのようなリスクがあるのかも明記できる。 契約は締結して初めて法的拘束力が生じる。契約において、自社ひな形には定められていないような特別な義務が自社に課せられていた場合、その内容を把握し、適切に管理していく必要性がある。万が一、把握・管理漏れなどにより契約を順守できなかった場合、契約違反につながるおそれもあり、相手から損害の賠償を請求されたり、信用を失い取引が停止したりするなど、会社の存続に関わる深刻な問題に発展しかねない。 多くの企業では、契約締結前に法務が契約書のレビューを実施するが、審査の結果、リスクを残したまま締結するケースがある。そういった契約書については、締結後にもそのリスクを把握し、適切に管理していくことが求められる。しかし、審査時に法務が担当者に契約リスクを伝えるものの、担当者変更による引き継ぎで漏れが発生してしまったり、膨大な数の契約書の中で後からリスクのある契約書を探すことが困難になったりするなど、さまざまな課題がある。 このような背景から、LegalForceキャビネにアップロードした契約書にフラグを付けるだけで、リスクのある契約書をすぐに発見・確認できる機能を開発したと、LegalForceは述べる。 付けられたフラグは契約書の一覧画面にも表示され、その画面上でフラグが付いた契約書を絞り込んで検索することもできるため、フラグを付けた契約リスクがある契約書をすぐに見つけ出し、確認することが可能。 これにより、契約の内容に沿って事業を進められているか、契約で定められた義務を順守できているのかといった確認が容易になり、契約トラブルの発生を未然に防止することができるなど、契約締結後のリスクモニタリング機能が強化されるとLegalForceは説明する。

取引ツールとマニュアル一覧

LiteSpeed Cacheを有効にしたハイスピードプランと国内のレンタルサーバーサービスで速度比較。 従来のハイスピードプランに比べて約2倍の速さを実現し、より快適にご利用いただけるようになりました。

国内レンタルサーバー 速度比較

※4:GMOペパボ株式会社が運営するホスティングサービス「ロリポップ!」及び「ヘテムル」のユーザー数の合算の数値。 取引ツールとマニュアル一覧
「2021の日本でのウェブホスティングのマーケットシェア」 HostAdvice.com調べ。2021年11月9日時点。

200万サイト以上開設!

おかげさまで20周年。 これまでに170万人以上が ロリポップを使っています。

とんだ林蘭

pampshade

世田谷パン祭り

CIRCLE

教育機関の 授業でも。

デジタルハリウッド大学

デジタルハリウッド大学

N高等学校

N高等学校

ロリポップ100周年まであと80年

おかげさまで20周年

170万人に選ばれる 3つの理由

選ばれる理由1
やりたいことが、 すぐできる。

ロリポップはあなたを迷わせません。 WordPress簡単インストールなら、たったの60秒! ホームページ作成など、やりたいことがすぐ実現できます。

選ばれる理由2
いつも安定した レスポンスを。

表示スピードを上げて離脱を防ぎたい! そんな思いをロリポップが実現。 レンタルサーバーの安さはそのまま、 みなさまが安心できる環境づくりに日々取り組んでいます。

選ばれる理由3
困ったときは、すぐ解決。

ご利用中に、もし困ったことがあってもご安心を! 専門サポート担当が、契約前のご質問から、 技術的なご不明点まで、詳しくお答えします。 電話・メールチャットなど、いつでも気軽にお尋ねください。

「ロリポップ!レンタルサーバー」 ならではの機能

様々な便利機能で あなたのホームページを 支援します。

実はとっても簡単

ストレスのない 表示スピード

サイト訪問者に安全を

アクセス集中に備える

あの時に戻れる 7世代バックアップ

ドメイン取得から 設定までがスムーズ

新定番 正直、コレが一番おすすめです! ハイスピードプラン

プランを選びましょう!

エコノミー

スタンダード

ハイスピード

エンタープライズ

  • ※ 容量はファイル容量、メール容量、データベース容量の合算値。
  • ※ 「ブログ収益化・副業スタートパック(ベータ版)」をご利用の方は、パックのお申し込み前にハイスピードプランの12ヶ月以上ご契約が必要です。

自分にぴったりなプランが わからない方

取引ツールとマニュアル一覧 ロリポップ!マネージドクラウド

ロリポップ!マネージドクラウド

ロリポップから派生した「ロリポップ!マネージドクラウド」は、TV出演などアクセス急増が見込まれるサービスに利用されています。難しいセットアップなしにアプリケーションやWebサイトを「楽」に運営できます。 Ruby 、Golang、Pythonなど多数の言語が使用可能!

【注目トピックス 日本株】エルテス Research Memo(3):警備業界のDX化やデジタルガバメントなど新領域へも展開(2)

2. 企業特徴
(取引ツールとマニュアル一覧 1) 成長モデル
主力の「デジタルリスク事業」は、大手食品会社等の有力ブランドを持つ企業を顧客基盤としている。リスク予防の観点から継続取引を前提とした月額課金(年間契約)であるため、顧客数の拡大が業績の伸びをけん引する積み上げ型のストックビジネスを基本としている。「ソーシャルリスクサービス」(リスクモニタリング)の月額課金は40万円程度、「内部脅威検知サービス」は50万円~規模に応じて数百万円程度と見られる。なお、顧客数の拡大のためには、新規顧客の獲得と契約継続率の維持・向上が重要であるが、契約継続率は高い水準を確保している。今後は、収益性が高く、かつ需要が拡大している「内部脅威検知サービス」の拡大に注力していく考えである。

(2) 同社の優位性
a) 独自のデータ解析技術
同社の強みは、オープンソースのほか、同社固有のテクノロジーによって収集したビッグデータ(炎上データベース、リスクワードデータベースなど、リスクに特化した独自のデータベースを構築)に対して、複数の大学等との共同研究により開発した形態素解析や画像解析による機械学習(AI)・データマイニングを行うことによってリスクを高精度で検知するところにある。さらには、現状の形態素解析等のレベルでは誤検知が起こり得るため、アナリストによる分析(アナログ対応)との組み合わせにより、結果として費用対効果やリスク検知の精度を高めているところも特長となっている。また、データ解析技術は幅広い領域での活用が見込まれるため、事業の拡張性があるほか、領域を拡げることでリスクパターンの精度が高まり、同社固有の技術、ノウハウにつながる好循環も期待できる。

e) 伝統的な警備事業との連携
AIセキュリティ事業においては、新たに開発したソリューションに関し警備事業で実績のあるAnd Securityとその子会社を通じて実地検証を行っている。これにより開発速度が向上し、高い実行性を伴うと見込まれる。

3. 沿革
同社の前身の1つである旧 (株)エルテスは、現代表取締役社長である菅原貴弘(すがわらたかひろ)氏によって、2004年4月に企業のインターネット上でのブランディング支援を目的として設立された。その後、口コミサイトやブログ等がブームに乗るなかで、自ら口コミサイトを立ち上げる事業ではなく、そこに書かれている誹謗中傷等が企業経営に及ぼす影響等に着目し、2007年からその対策のためのリスクコンサルティングサービスを開始した。2010年からはTwitterやFacebook等、ソーシャルメディアの普及により新たに出現したネット炎上などのソーシャルリスクに関するデータの収集・蓄積を開始すると、2011年にはリスクモニタリングサービスを立ち上げ、順調に事業を拡大してきた。

2014年には、(株)電通(現 電通グループ<4324>)との資本業務提携により危機管理の分野におけるリアルとWebの棲み分けによる協業を開始した。2015年10月には(株)産業革新機構(現 (株)産業革新投資機構)等からの出資(534百万円)を受けると、2016年2月からは、これまでのソーシャルリスク領域からリスクインテリジェンス領域(情報漏えいなど内部脅威検知サービス)へと事業拡充を図っている。2016年11月29日に東証マザーズに上場した。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる