外為オプション取引

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは

一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したものです。江戸時代の日本で生まれた大変歴史があるものですが、現在では海外でも広く使われています。

「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠|あなたはどっち派」

テクニカル分析が無意味という人の根拠

しかし、チャートパターンだけでは将来的な値動きを完璧に予測することは困難であり、自身が立てた仮説が裏切られるケースも多いことから、「テクニカル分析は無意味」という意見を持つ方も存在しているのです。
そこで本記事では、無意味とする根拠やテクニカル分析のメリットについてを詳しく解説していきます。
一方、最初に初心者の方に注意して頂きたいのは、「無意味としているトレーダーはテクニカル分析を知った上で結論付けている」ということです。
そのため、100%勉強する必要がないという趣旨の記事ではないことを、あらかじめ押さえて読んで頂ければと思います。

「テクニカル分析が無意味」と言う人の4つの根拠

相場の動きはランダム

テクニカル分析は無意味という人の根拠として、相場の「ランダムウォーク理論」があります。
これは、どの時点であっても上昇と下降の可能性が1/2となっていて、過去のトレンドやデータで将来の値動きを予想することはできないという理論です。

すなわち、過去のチャートに似ているパターンがあるからといって同様の動きを見せるとは限らず、相場は完全なランダムであり規則性は無いという考え方を持つ方も多くなっています。

科学的な根拠がない

実際のところ、全く経験のない初心者と相場に長けた専門家がテクニカル分析を用いて売買すると、収支結果に大きな差があると言われていますが、トレンドライン等は結果が出てから後付けで引かれているものです。
したがって、テクニカル分析が有効なら「なぜ将来に対してトレンドラインを引かないのか」という懐疑的な意見が少なくありません。

機能しない相場もある

反対に、トレンド相場に強い移動平均線であってもレンジ相場には弱いことから、1つの指標であらゆる相場に適用できるテクニカル分析は存在しないのです。

誰でも手間なく見ることができる

テクニカル分析は同じ手法、ツールを用いれば誰でも同様の結果を参照することが可能であり、そういった手軽さが無意味という根拠に繋がっています。

そして、日常的にテクニカル分析を行う投資家の絶対数が増加したことで、機関投資家が裏をかいた時のインパクトも大きくなってきているかもしれません。

テクニカル分析にはメリットも

水準が可視化できる

そこでもし、チャートやローソク足が存在しなければ、直近で反発しやすいか、どこでいくらの指値を入れれば良いのかを自分自身で記録しておかななくてはなりません。
すなわち、テクニカル分析やチャートがあるからこそ、いつでも株価等の水準を知ることができるのです。

また、歴史的な株安から切り返した場合は、当面の最安値として機能してもおかしくありませんが、「その価格を割り込んで推移したら」別の戦略を取ることもできます
したがって、そういった適材適所の売買水準を可視化できる点は、テクニカル分析の存在意義として大切な要素といえるでしょう。

値動きの推移を明確にすることができる

テクニカル分析は直近の値動きだけでなく、数年前、あるいは数十年前に遡って推移を把握することができます。

それによって、自身が保有している銘柄がどんな理由で上昇トレンドを形成したかが分かるため、今後の投資家心理の予測にも役立つでしょう。
そのため、先ほど触れたランダムウォーク理論ではメリットとして考えられていませんが、必ずしも将来的な相場の分析に役立たないわけではないのです。

売買の再現性が高い

参考までに、そういった機関投資家の手法を見抜くには「ローソク足」「移動平均線」「出来高」の3つに注目する必要があります。そして、それらはテクニカル分析の基礎でもあるのです。

上手にチャートと付き合うためには

ここまでは、テクニカル分析のメリットと無意味という人の根拠について解説してきましたが、結論としては必ずしも全てが無意味とは言えないでしょう。

ただし、高すぎず安すぎない株価位置にある良好な企業に投資してくことが株式投資の基本でもあり、その際はテクニカル分析を行うのがおすすめです。

初心者は「テクニカル分析を覚えなければいけない」と難しく考えてしまうケースも少なくありませんが、分析手法は場数をこなせば確実に身についていきます。

このeBookは 直近22年分の株価データ を集計して、
・日本株がもっとも上がりやすかった月、下がりやすかった月
・時期折々の上がりやすかったセクター、下がりやすかったセクター

など、実績が豊かな注目セクター・注目銘柄を 全98ページ にわたって細かく解説しています。

西村剛(にしむらつよし)
フェアトレード株式会社 代表取締役。機関投資家出身で統計データを重視したシステムトレードに注力。2011年株-1グランドチャンピオン大会で+200.4%、2012年+160.1%、2013年157.0%を叩き出し三連覇達成。証券アナリスト検定会員。システムトレードを使った定量分析と、これまでファンドマネジャーとして培ったファンダメンタルズ分析を融合した新しい視点で株式市場を分析し、初心者でもわかりやすい言葉を使った解説に定評がある。
著書に『株3年生の教科書(総合科学出版)』、『株2年生の教科書(総合科学出版)』、『実戦 空売りトレード(明日香出版社)』

大口の株の見分け方|仕手株の手口を知って危険な罠を回避せよ

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 仕手株とは 株式投資で大きく儲けるにはできる限りボラティリティのある銘…

  • 2021年5月18日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

「時価総額など意味ない」は本当?見るべきポイントをチェック

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 時価総額の意味は投資家の使い方次第で変わる 時価総額といえば、株式をス…

  • 2022年5月2日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

逆張りスイングトレードのメリット・デメリット|効果的な活用術

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 逆張りスイングトレードで相場の転換を取る 株式投資のトレード手法には、…

  • 2022年3月21日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

売り枯れ銘柄の判断方法|チャートの見極め方を伝授

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 株式投資は売り枯れ銘柄を判断すべし これまで多くの投資家が試行錯誤して…

  • 2022年3月28日
  • 西村 剛(日本証券アナリスト協会検定会員)

機関投資家の手口と手法ルールを知って投資スタイルを見極めよ!

【注目】今が買い時の厳選銘柄! ↓↓↓↓↓ 株価が上がる銘柄を確認する 無料で銘柄及びエントリータイミングを公開しています。 機関投資家の動きを知らなければ勝つことはできない やり方次第で億万長者…

【徹底解説】 テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の違いって?

Candlestick


一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したものです。江戸時代の日本で生まれた大変歴史があるものですが、現在では海外でも広く使われています。

移動平均線

MA_USDJPY_RE


あらかじめ設定した期間の終値を平均し、その数値を一本の線でつなげたもの。 テクニカル分析とは
短期・中期・長期の交差する様子を見て、判断を行います。

オシレーター系指標

RSI (アールエスアイ)

「Relative Strength Index」の略で、日本語では、相対力指数といいます。一定期間の値動きの強弱を表した指標のことです。

ストキャスティクス

ファンダメンタル分析 の概要

テクニカル分析 をさらに詳しく!

dbb3b8d941462528a02b1ced0b3d1b27_s

テクニカル分析 はなぜ重要か

特に、FXでは売買のタイミングを計るうえで「 テクニカル分析 」の知識は欠かせません。

このとき、どうしても必要になるのが テクニカル分析 の知識です。

テクニカル分析 から理解できること

  • エントリータイミング(売買を開始するタイミング)
  • エグジットタイミング(利益を決済するタイミング)
  • ロスカット水準(損失を確定させるタイミング)

ファンダメンタル分析 をさらに詳しく!

e16eb4784afd10a48e0553162d631157_s

ファンダメンタル分析 の重要性

ファンダメンタル分析 の仕方

では、どのように ファンダメンタル分析 をすればよいのでしょうか。毎日たくさんの経済指標が発表されていますが、すべてをチェックすることはできません。特に重要な項目に絞って調査することがポイントです。

おススメの ファンダメンタル分析 は、各国の政策金利に注目する方法です。
ドル円を例に考えてみましょう。

ファンダメンタル分析 だけで勝負するのは難しい

テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の比較

37a441f39a73cb1875101fc0be6afc73_s

テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 ではどちらが稼ぎやすいか

一概には言い切れませんが、短期売買であればあるほど テクニカル分析 、長期売買になればなるほど ファンダメンタル分析 が有効といえるでしょう。

短期売買ではファンダメンタルが意識される場面は少なくなり、むしろテクニカル要因での変動が多くなります。スキャルピングトレードやデイトレードでは、エントリー・決済・ストップロスなどを決めるのは テクニカル分析 です。

メリットとデメリットを比較する

テクニカル分析 のメリット

  • 分析によっては精度を高められる
  • 視覚的に価格の動きを把握できる
  • エントリー・決済・ストップロスなどが明確に決められる

ファンダメンタルズ分析のメリット

  • 中、長期的目線で分析できる
  • 相場の大きなトレンドを形成するのはファンダメンタルが要因となるケースが多い。

テクニカル分析 のデメリット

  • シグナルが多く、ダマシが多い
  • 数々のテクニカルツールを使いこなすのは難しい
  • テクニカル分析とは
  • 過去のデータを使用しているため、将来に適用できるとは限らない

ファンダメンタル分析 のデメリット

  • 市場がニュースをどのようにとらえるか予測がつきにくい
  • 情報を知るまでにタイムラグがある

大切なのは、両者を竹馬のようにバランスを保ちながら使い分けること。
ファンダメンタル分析 をして、大まかな相場の方向性を見定めてから、 テクニカル分析 で売買ポイントを探してみましょう。両者の方向が一致したときに売買をすると、トレードの精度も向上していきます。ぜひ、試してみてください。

ここまで、 テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の特長を紹介してきました。大切なことは、どちらか一方だけではなく、どちらも併用して使い分けること。大きな視点で経済の動向を見極め、適切なタイミングを見計らってのエントリーがとても重要です。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる