口コミ

FXの注意点

FXの注意点

店頭FX(外国為替証拠金取引)お取引における注意点

発注可能額の範囲内で受付となります。発注可能額が、通常の取引において必要証拠金に満たない場合は、注文することができません。発注可能額は、【有効証拠金-(ポジションを維持するための)必要証拠金-発注証拠金-出金依頼額 = 新規注文余力】で算出できます。
取引画面の【情報】→【証拠金状況照会】→【発注可能額】でも確認ができます。同時に複数の指値、逆指値に到達した場合は、発注時間の古いものから約定します。

決済注文の場合

両建について

  • 初期設定では『両建なし』となっており、保有ポジションの反対売買を行うと決済注文となります。ポジションが複数ある場合は約定日時の古い順に決済となります。ただし、設定を約定日時の新しい順に変更することで約定日時の新しいポジションから決済することも可能です。また、オプション機能として決済注文が入っているポジションを「後回し」にする設定が可能です。
  • 両建をご希望の場合は取引画面『設定』→『注文設定』→『両建あり』にてデフォルトの設定を変更してください。お客さまのご利用環境によってはログアウトの際に設定が初期化されることがあり、『両建なし』となってしまう場合があります。初期設定を『両建あり』にされた場合は、パソコン版では取引画面上のお名前(ログインID)の右に『両建あり』と表示されますので、ログイン毎に取引画面上部のお名前(ログインID)の右に『両建あり』と表示されていることをご確認ください。パソコン版以外では、注文画面等にて『両建あり』の設定となっていることをご確認ください。
  • 両建設定は端末ごとの設定になります。複数のパソコンやモバイルなどでお取引をされる場合、端末ごとに設定を行ってください。モバイル端末(スマートフォン・タブレット等)で初期設定を『両建あり』にされた場合でも、端末の戻るボタンを利用するなどご利用状況によっては適用されない場合があります。必ずご注文毎に、注文画面内の両建が『あり』と表示されていることをご確認ください。
  • 既に保有しているポジションを『両建あり』でお持ちになっていたとしても、その後、反対売買となる注文を発注する際に『両建なし』の状態で発注されますと、保有ポジションの決済となります。
  • 同一通貨ペアのポジションを保有している場合『両建なし』の状態でIF-DONEやIF-OCO注文を発注された場合、IFの注文が保有ポジションの反対売買となる場合、新規のつもりであっても、新規注文にはならず、保有ポジションの決済となり、DONEで設定した決済注文は自動的に取消となり、意図した売買ができない可能性がありますので、発注の際にはよくご確認ください。パソコンのインストール版では、IF-DONE、IF-OCOのみ、初期設定で『両建あり』となっております。パソコンのインストール版以外のツールではIF-DONE、IF-OCOも通常注文と同様、初期設定で『両建なし』となっておりますので、ご注意ください。
  • 両建時の証拠金は、売ポジションと買ポジションの数量が同じ場合は片方分で計算され、数量が異なる場合は多い方で計算します。
  • 大口銘柄と通常銘柄の実質的な両建の場合、必要証拠金は不要とはなりませんので、ご注意ください

両建の設定や条件

パソコン:.NET版、Java版、Mac版

FXの注意点
初期設定 両建可・両建不可 必要証拠金 設定の変更方法
両建なし 初期設定のまま→両建不可
両建ありに変更→両建可
不要 取引画面→設定→注文&動作設定→
注文初期値設定→両建あり

パソコン:WEB版、WEB版(HTML5)

初期設定 両建可・両建不可 必要証拠金 設定の変更方法
両建あり 初期設定のまま→両建可
両建なしに変更→両建不可
不要 取引画面→設定→
システム設定→両建なし

iPadアプリ

初期設定 両建可・両建不可 必要証拠金 設定の変更方法
両建なし 初期設定のまま→両建不可
両建ありに変更→両建可
不要 取引画面→各種設定→
通貨ペア設定→両建あり

iPhone、Androidアプリ

初期設定 両建可・両建不可 必要証拠金 設定の変更方法
両建なし 初期設定のまま→両建不可
両建ありに変更→両建可
不要 取引画面→注文初期値設定→
両建あり
初期設定 両建可・両建不可 必要証拠金 設定の変更方法
両建なし 初期設定のまま→両建不可
両建ありに変更→両建可
不要 取引画面→[8]設定→
注文設定→両建あり
  • ※ 両建設定は端末ごとの設定になりますので、複数のパソコンやモバイル等でお取引をされる場合、お使いになられるパソコンやモバイル等ごとに設定を行ってください。
  • ※ 両建の注文は、両建の設定を『両建あり』へ変更し、注文設定を確認し、【レートパネル】【レート一覧】【クイック注文の売注文・買注文】などから両建したい数量を注文します。
  • ※ 【レートパネル】【レート一覧】【クイック注文の売注文・買注文】などから両建のつもりで発注された場合であっても、両建設定が『両建あり』に変更されていなければ、ポジションに対する反対売買の注文(決済注文)となり、両建にはなりません。
  • ※ 両建設定の有無、設定の初期化、誤発注等により、意図しない売買となった場合、岡三オンラインでは責任を負いかねますので、『両建あり』でご利用になられる場合、特にご注意ください。

クイック注文について

ストリーミング注文について

決済pip差注文について

決済pip差注文は、新規注文の発注時に、新規約定レートから指定したpips分を自動計算したレートで指値決済、逆指値決済(またはトレール決済)を発注する注文方法です。重要指標発表時や市場の流動性が低く、スプレッドが指定したpipsよりも広がっている場合に発注を行うと、新規約定後すぐに指値決済、逆指値決済(またはトレール決済)が成立しポジションが決済されますのでご注意ください。 例えば、新規→買い 102.000円、決済pip差注文→逆指値300pips(指定レート 101.700円)という注文を出され、このときのスプレッドが400pips開いている状態だと仮定します。発注時点のBIDレート101.600であるため即時に決済逆指値が発注され、ポジションが決済されます。

逆指値注文について

IF-DONE、IF-OCO注文について

大口注文の約定及び大口銘柄について

全決済注文、一括決済注文、通貨別全決済注文について

全決済注文、一括決済注文、通貨別全決済注文は、複数ポジションを1回の注文で決済したい場合にご利用いただく注文方法になります。発注は1回ですが、ポジションごとの約定となりますので、 時間帯等のタイミングによっては、一部のポジションが約定せず、ポジションが約定と未約定に分かれてしまう場合があります。また、すべてのポジションが約定した場合であっても、為替レートの変動等によりポジションごとに決済約定レートが異なる場合もあります。なお、ポジションごとの約定となるため、1つのポジションが分割されてしまうことはありません。
例えば、「USD/JPY」のポジションを、10Lot、20Lot、50Lotの3つ保有していると仮定します。【全決済注文】等を行った場合、10Lot、20Lotのポジションは決済されても、50Lotのポジションは決済されない場合があります。また、決済約定レートが10Lot→100.002円で決済、20Lot→ 100.003円で決済となり、決済約定レートが異なる場合があります。

ワンクリックドテン注文について

ワンクリックドテン注文は、指定したポジションを決済すると同時に反対方向の同数量のポジションを新規で持ちたい場合にご利用いただく注文方法になります。例えば、「USD/JPY・買い・10Lot」のポジションを保有している状態だと仮定します。ポジション一覧内の「ドテン」ボタンをクリックすることにより、「USD/JPY・買い・10Lot」のポジションに対して成行決済注文が発注されると同時に、新規の「USD/JPY・売り・10Lot」の成行注文も発注されます。
発注は1回の注文で行いますが、決済注文と新規注文は別々の発注となりますので、時間帯等のタイミングによっては、決済注文は約定しても新規約定が未約定となる場合があります。また、決済注文、新規注文どちらも約定した場合であっても、為替レートの変動等により決済約定レートと新規約定レートが異なる場合もあります。
「USD/JPY・買い・10Lot」のポジション→決済、新規の「USD/JPY・売り・10Lot」の成行注文→未約定となった場合、「USD/JPY・買い・10Lot」のポジションは決済されますが、新規ポジションは保有できません。
また、「USD/JPY・買い・10Lot」のポジション→100.500円で決済、新規の「USD/JPY・売り・10Lot」の成行注文→100.503円となり、決済約定レート(100.FXの注意点 500円)と新規約定レート(100.503円)が異なる場合があります。

FXのリスクとその対処法とは?初心者でもコントロール可能!

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

FXの注意点やリスク

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer 、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

掲載情報について 当サイトに掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。また、掲載されている評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。 口コミの内容はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 最新情報は各FX会社の公式サイトにてご確認ください。 『みんかぶ(FX/為替)』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。 キャンペーン・特典は各広告主において実施されるものであり、広告主による募集要綱等を十分にご確認ください。 FXの注意点 ランキング根拠について 各ランキングページに評価項目を掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。

FXのレバレッジとは?メリットや注意点|おすすめFX口座紹介

FXのレバレッジとは?メリットや注意点|おすすめFX口座紹介

FX取引の注意点 / 当サイトの内容について
・本記事では、FXを「必ず利益を生む方法」として紹介しているものではございません。FXは自己の責任において行っていただくようお願い致します。
・外国為替証拠金取引は外国為替レート金利の変動により損害を被るリスクがあり投資元本は保証されていません。
・マーケットの相場変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく状況により損失が証拠金額を上回ることもあります。
・スプレッドは指標発表時や相場が急変した際に拡大する場合があります。
・スリッページが発生することで、発注時点に比べ不利な価格で約定する場合もあります。
・市場の流動性が低下していることで、注文がリジェクトされる場合があります。
・本記事で紹介している企業は金融庁の「 免許・許可・登録等を受けている業者一覧」より抜粋しています。

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。 FXの注意点
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

FXの注意点

「FXを少額から始めるにはどうすればいい?」

「少額でFX取引を始めたら何をすればいい?」

「少額取引のメリットデメリットは?」

少額でFXを始めるための条件

少額でFXを始めるための条件

・取引通貨単位の低いFX会社を利用する
・資金は5万円以上を用意する

取引通貨単位の低いFX会社を利用する

少額取引するなら 取引通貨単位が1,000通貨以下 FXの注意点 のFX口座を選ぶのが良いでしょう。

そのため、取引通貨単位が少ないFX口座を選ばなければ少額での投資ができないのです。

FXの注意点 FXの注意点
取引通貨量 レバレッジ1倍 レバレッジ10倍 レバレッジ25倍
1通貨 110円 11円 約5円
100通貨 1万1,000円 1,100円 440円
1,000通貨 11万円 1万1,000円4,400円
10,000通貨 110万円 11万円 4万4,000円

1,000通貨単位できれば十分少額トレードが可能ですが、 MATSUI FX FXの注意点 FXの注意点 や SBI FXトレード では1通貨単位から取引ができます。

資金は5万円以上を用意する

資金は5万円以上

少額とはいえ、資金は 5万円 FXの注意点 以上 を用意しましょう。

なぜなら5万円あれば、レバレッジを低くしてロスカットのリスクを抑えられ、精神的にも余裕を持って取引できるからです。

ギリギリの資金で取引すると、精神的な余裕がなくなり冷静な判断ができない恐れがあります。

少額でFXを始めたら意識すべきこと

①レバレッジは10倍以下に
②取引スタイルの確認
③相場のクセや値動きの感覚
④相性の良いテクニカル指標を見つける

レバレッジは10倍以下に

レバレッジは 10倍以下 に抑えましょう。

なぜならハイレバレッジにしすぎると、値動きが大きくなった時にロスカットされてしまうからです。

レバレッジは最低でも10倍以下、 初心者なら2〜3倍程度が理想 です。

レバレッジを10倍以下で運用するには、 証拠金維持率250%を以上 保って取引しましょう。

取引スタイルの確認

スタイル別取引のイメージ

FXの取引スタイルには大きく分けて「スキャルピング」「デイトレード」「スイングトレード」「長期保有」の4種類です。

FXの注意点 FXの注意点
取引スタイル 取引の特徴
スキャルピング 数秒〜数分間の短い取引時間で、小さな利益を積み重ねる取引スタイル
デイトレード数時間〜1日以内で取引を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる取引スタイル
スイングトレード 数日〜数週間と比較的長い取引時間で、1回の取引で大きな利益を狙う取引スタイル
長期トレード 数か月~数年単位でポジションを保有し、主に金利差益を狙う取引スタイル

取引を始める前には、デモトレードを活用して自分に合った取引スタイルを見つけましょう。

相場のクセや値動きの感覚

相場のクセ値動きの感覚を掴んでいきましょう。

通貨ペアや時間帯によって、 相場のクセや特徴があります。

仲値のクセ

また、影響力の高い経済指標の発表前後で値動きを確認すれば、危険な相場が察知できるので、少額FXでコツを掴んでおきましょう。

相性の良いテクニカル指標を見つける

複数のテクニカル指標を使ってみて、 自分が得意な分析指標 を見つけましょう。

2〜3個をしっかり理解して使えば十分です。

ぴたんこテクニカルお天気シグナル

オススメの少額取引ができるFX口座3選

100円からできるFX「松井証券」

松井証券

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.1銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨
マイナススワップが大きい
500,000円

・ FXの注意点 1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・最安水準のスプレッド!デイトレに最適
・初心者向けセミナー動画が充実

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、 1通貨(ドル/円なら5円) から取引が可能!

レバレッジ1倍なら100円、25倍なら5円という少額で取引ができるのが最大の特徴よ。

顧客満足度 第1位! 取引コストが安い「SBI FXトレード」

SBI FXトレード

FXの注意点 FXの注意点
スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.19銭 0.40銭0.9銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1通貨 50,000円

1通貨(ドル円なら5円)からFXの取引が可能
・全通貨においてスプレッドが安く、取引コストが安い
・1000通貨までの取引は通常のスプレッドよりさらに安い

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1通貨(ドル/円なら5円)から取引が可能!

高機能チャートと為替情報が充実しているうえにスプレッドが安く、短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社と言える。

オリコンランキングで「顧客満足度 第1位」になるなど、人気の高いFX会社だ。

低スプレッド・高スワップ!「外貨ex byGMO」

外貨ex byGMO

スプレッド
(ドル/円)
ユーロ/円 ポンド/円
0.2銭 0.5銭 1.0銭
取引単位 スワップ キャッシュバック
1000通貨
マイナススワップが大きい
150,000円

1000通貨(ドル円なら5千円)からFXの取引が可能
・トルコリラなどの高金利通貨のスワップが高く、スワップ狙いの取引に最適
・スマホの取引ツールが使いやすいことで有名

最小取引単位が1万通貨が多いFX業界で、1000通貨(ドル/円なら5千円)から取引が可能!

スプレッドが安く、高スワップなので短期から中長期まで対応できる万能型のFX会社よ。

FXの少額取引が向いている人

FXの少額取引が向いている人

・資金が何十万も用意できない人
・本当にFXで稼げるようになりたい人

資金が何十万も用意できない人

まずは、資金が 何十万も用意できない人 です。

FXは1,000通貨取引で始めれば、最低でも約5,000円から始められます。

本当にFXで稼げるようになりたい人

本当にFXで稼げるようになりたい人にも向いています。

少額取引はステップアップするための手段 です。

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

FXを1,000通貨以下で始めるメリット

・損失が少ない
・プレッシャーが小さい
・利益が出た時の喜びがある
・分析指標や手法を試せる

損失が少ない

FXを1,000通貨以下で始めると損失が少ないといったメリットがあります。

1,000通貨の取引だと、 ドル円なら1pipsの値動きで約10円の損益 です。

【変動幅別の損益額】

FXの注意点
取引通貨量 1銭(1pips) 5銭(5pips) 10銭(10pips) 50銭(50pips) 1円(100pips)
1000通貨 10円 50円 100円 500円 1000円
2000通貨 20円 100円 200円 1000円 2000円
3000通貨 30円 150円 300円 1500円 3000円
5000通貨 50円 250円 500円 2500円 5000円
1万通貨 100円 500円 1000円 5000円 10000円

値動き感覚をつかめるようになるまでは、少額取引で損失を少なくしておきましょう。

プレッシャーが小さい

なぜなら、失敗しても大きな損失になりづらいからです。

利益が出た時の喜びがある

また、 小さな成功体験を積む ことで、FXに対するモチベーションも高まりますよ。

分析指標や手法を試せる

少額取引なら本番の緊張感を味わいながら、複数の分析指標や手法を試せます。

FXの少額取引3つのデメリット

FXの少額取引3つのデメリット

・利益額が小さい
・ハイレバレッジになりやすい
・相場分析がおろそかになる

利益額が小さい

1,000通貨以下で取引すると、1万通貨取引と比べて利益額が小さいです。

損失額が抑えられるメリットがある反面、利益も少ない ため、取引に勝ったとしても、なかなかお金が増えている実感が湧きにくいです。

ハイレバレッジになりやすい

なぜならレバレッジを高くすれば、少額でも大きな利益を狙えるからです。

たしかに、ハイレバレッジなら大きな利益を狙えますが、 その反面、失敗したときのリスクも大きくなります。

少額取引は、FXの取引に慣れるという目的もあるので、レバレッジは10倍以下に抑えましょう。

相場分析がおろそかになる

なぜなら、 少額なら失ってもいいと思ってしまう からです。

1度に発生する利益や損失の金額が小さいため、投資をしているという実感が薄れます。

【注意】少額だからといってハイレバレッジにしない

なぜなら レバレッジが高すぎると、証拠金の余裕がなくなり少しの為替変動でもロスカットされてしまう からです。

少額でも大きな利益を求めてハイレバレッジにするのは危険です。

FXを少額で始める方法 まとめ

・少額FXをするなら、 FXの注意点 FXの注意点 5万円以上 の資金を用意して 取引単位の低いFX会社 を選ぶ
・少額FXを始めたら、 FXの注意点 10倍以下 のレバレッジで取引する
・資金が何十万も用意できない人は、FXの少額取引に向いている
・1,000通貨以下でFXを始めるメリットは損失が少なく、プレッシャーが小さい
・少額取引は利益額が小さく、相場分析がおろそかになりやすいので注意

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる