通貨ペア

時価総額から考える仮想通貨トレード

時価総額から考える仮想通貨トレード
保有する暗号通貨 イーサリアム
前週からの損益 マイナス2127円
9月10日現在 1万5678円

仮想通貨の流動性とリクィディティー・

Pricing. A liquidity provider’s price offering must include 時価総額から考える仮想通貨トレード spreads which are competitive as well 時価総額から考える仮想通貨トレード as low commissions and swaps with no compromise either side.

データ・フィード。 リクィディティー・プロバイダーは安定的で信頼性のあるデータ・フィードを提供する必要があります。価格フィードは全ての関連する取引所やFXのインターバンクマーケットからのリアル・タイム価格を反映する必要があります。価格データ 供給の遅れはギャップにつながる可能性があります。

ソフトウェア。 リクィディティー・プロバイダーはFIXプロトコルや他のAPI、MT4/MT5 ブリッジ、FIXブリッジを実装すべきです。

仮想通貨の流動性を供給するB2Broker

B2Brokerが提供する仮想通貨の流動性のサービスはブローカーにとって頼もしく、簡単に実施できるソリューションとなります。B2Brokerはベスト・ビッド・オファー(BBO)を実施しており、マッチングしない注文を複数の仮想通貨取引所やリクィディティー・プロバイダーへと分散し、スリッページを最小限に抑えます。このため、スプレッドの縮小、手数料の低下 、マーケット執行スピードの向上、レジェクションがなくなる 、強力なマッチングエンジンで1秒に何万もの注文を処理することができるなどのメリットがあります。

B2BrokerはMT4、MT5、 One Zero、 Prime XM、 Integral、 B2Traderの6つの取引所と繋がっており、FIX API, Rest API, Socket APIを通じてどのシステムにも繋がることができます。どんなトレーディング・システムに対しても流動性を供給できます。CFDの流動性、現物の流動性、現物取引、そしてOTC取引を供給します。

さらに、B2Brokerは米ドルとユーロだけでなく、BTC, XRP, ETHといった仮想通貨の指定口座も供給しています。B2Brokerはまた、 主要なステーブルトークンや仮想通貨の入手金を可能にすることによって遅れを最小化し、銀行等の第三者機関を不要とします。米ドルと1対1で連動しているステーブルコインであれば速い入出金が可能となります。

テゾス (XTZ) とは

テゾス(XTZ)とは

テゾス(XTZ)はKathleen BreitmanとArthur Breitman夫妻によって開始されたプロジェクトです。暗号資産(仮想通貨)業界に進出する以前、KathleenはアクセンチュアやブロックチェーンコンソーシアムのR3で、Arthurはゴールドマン・サックスやGoogle Xでキャリアを積んでいます。Tezosは2014年8月にL M Goodmanという仮名の人物によりリリースされたポジションペーパーで最初に提案され、2014年9月に公開されたホワイトペーパーで詳細が発表されました。

テゾス (XTZ) とは

テゾス (XTZ) の特徴

リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)とは?

Liquid Proof of Stakeの前にProof of Stakeの説明を行います。プルーフ・オブ・ステーク(PoS)はStake(主にトークンの所有量)を基準にブロックを生成する権利が付与される形式で、プルーフ・オブ・ワーク(PoW)とは異なり特殊なハードウェアや大量の電力消費を必要としません。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)ではなくプルーフ・オブ・ステーク(PoS)を採用する一般的な背景には環境保護や後発プロジェクトがプルーフ・オブ・ワーク(PoW)でのセキュリティを持続的に確保することの難しさがありますが、テゾス(XTZ)の場合はブロックチェーンをXTZの所有者のものにする思想があります。プルーフ・オブ・ワーク(PoW)が採用されているビットコイン(BTC)では、BTCを保有しないマイナーがこれらのブロックチェーンに対して大きな影響力を持っていますが、テゾス(XTZ)ではブロック生成の権利はXTZの所有量によって決定されるため、ステークホルダーがプロトコルを管理している度合いが強くなります。

リキッド・プルーフ・オブ・ステーク(LPoS)とは?

オンチェーンガバナンス

オンチェーンガバナンス

テゾス (XTZ) の安全性と形式検証

テゾス(XTZ)の安全性と形式検証

ベーキング

ベーキング

テゾス (XTZ) の今後

テゾス(XTZ)の今後

テゾス(XTZ)は2020年11月にDelphiと名付けられたアップデートを行い、ガスコストの削減やパフォーマンスの改善を実施しました。このアップデートはプロトコルの開発を担うNormadic LabsやMetastate、Gabriel Alfour等によって行われました。イーサリアム(ETH)で大きな盛り上がりを見せているDeFiは構造が複雑な分、ブロックチェーン上での処理が膨大になり、その結果として多くのガスを消費します。ガス代が高騰している際にはトランザクション手数料が高くなり多くのユーザーにとって使い勝手の悪いものとなります。今回のDelphiアップデートではガス代が従来から約75%削減され、テゾス(XTZ)ブロックチェーンのインフラとしての処理能力を大幅に向上させました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる