ポジション取引戦略

三尊逆三尊も解説

三尊逆三尊も解説
以下のチャートはHASでのトレード例です。(クリックで拡大できます)

ターゲットライン到達後、再度上昇しているのに注目です。

ヘッドアンドショルダー(HAS)逆三尊とは?FXチャートパターン手法解説

ヘッドアンドショルダー


ヘッドアンドショルダー(Head and Shoulder)は、トレンド反転系チャートパターンです。

見た目も判断しやすく多くのトレーダーが使っているチャートパターンです。

主に相場のトレンド転換点で出現すると有効になり、
ネックラインを抜けてトレンド転換が確定すると、
一定程度の値幅まで価格が進む傾向にあるといわれています。

ヘッドアンドショルダー(三尊)とは?

三尊天井(ヘッドアンドショルダー)解説動画

2019年11月某日に収録した解説動画です。

ヘッドアンドショルダー(Head and Shoulder)とは、
価格の値動きが頭と両肩の上半身のように見える値動きから名づけられています。

fxHAS


こんな感じで頭と両肩の流れをあらわしています。

Head 三尊逆三尊も解説 三尊逆三尊も解説 and Shoulderのスペルから「HAS」と略して表記されることもあります。
(僕はよくHASと書きます)

ヘッドアンドショルダーは日本的な別名として
「三尊天井」(さんぞんてんじょう)とも呼ばれています。

fx三尊天井


こんな感じです。ありがたい気持ちになります。

ヘッドアンドショルダー

ヘッドアンドショルダーの実際の値動きとしては、以下のようになります。
(画像はクリックで拡大できます)

上記のHAS例のような形となります。

チャートパターンで意識されるヘッドアンドショルダーのネックラインは、
左肩の山と真ん中の大きな山の安値部分を引いたトレンドラインが
ヘッドアンドショルダーのネックラインとなります。

ここを切ってHASブレイクすると、
ネックラインから山の高値までの値幅と同程度の価格が進むことが多いと言われています。

HAS例3

実際のFXロウソク足チャート上では、以下のような状態がヘッドアンドショルダーと言えます。

上記は比較的キレイなヘッドアンドショルダーの例。
ネックラインをブレイクして下降していく。
ネックラインの安値を結んで斜めのトレンドラインも引けて、トレードも入りやすい。

has例


上記のHAS例は、左肩の安値がかなり低い位置で、右肩前の安値にトレンドラインが引ける例。
時間足を落としていくと、真ん中山の中でも小さいHASが形成されています。

HAS例2


上記はヘッドアンドショルダーの形はきれいで下抜けするも、
下落幅がネックラインと山の頂上分くらいまで下落せずに反転上昇した例。

教科書通りのわかりやすいキレイなヘッドアンドショルダーが出現することは稀です。

ヘッドアンドショルダーが出現する相場状況

ヘッドアンドショルダーが出現して有効な相場状況は、
基本的にはトレンドの反転時となります。

一方向に上昇していたトレンドが、一旦の山(高値)をつけて下降していき、
ネックラインを切って下降していき、ある程度まで下落するのがヘッドアンドショルダーです。
(山の高値が騙しとなって下降していく形)

HAS騙し

以下のような相場状況でのHASは、形はHASでも出現する場所があまり適切でないと考えられます。

下降トレンドの最中に通常HASが出現していくが、
上昇に向かう反転Wボトムで上昇していく形。

こういった下降トレンドの最中では、通常のHASではなく、 三尊逆三尊も解説
反転パターンの逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊天井)が出現すると、
反転上昇の根拠として強くなっていくと考えられます。

  • 下降トレンドの反転としては逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)
  • 上昇トレンド反転下降としては通常ヘッドアンドショルダー
ヘッドアンドショルダーの信憑性を高める値動き

    通常HASでネックラインのトレンドラインが下がらない

通常HAS形成時に右肩の山の直前谷安値が左肩安値よりも安い価格になると、
ネックラインとして引けるトレンドラインが右肩下がりとなり、
HASブレイクの流れが微妙になる可能性がでてくる。
(要検証して確認してください)

HAS騙し例

以下のような状況を指しています。

右肩の安値が下がりすぎると、その先がペナントになったり違うチャートパターンが見えてきたりもします。

逆ヘッドアンドショルダー(逆三尊)もそのまま逆で同様のチャートパターン

逆に反対側の、下落からの底値圏で出現して上昇に向かう場合に出現したら「インバースヘッドアンドショルダー」「逆ヘッドアンドショルダー」「逆三尊天井」と呼びます。

逆三尊

以下は下降トレンドからの逆ヘッドアンドショルダーで上昇している例です。
三尊逆三尊も解説
ネックラインを切って上昇し、安値までの比率程度以上は上昇しています。

インバースヘッドアンドショルダー

以下はインバースヘッドアンドショルダー(逆三尊)のチャート例です。

ヘッドアンドショルダーが、そのまま逆になった形です。

ヘッドアンドショルダー(三尊)を活用したFXトレード手法

ヘッドアンドショルダーのチャートパターンを利用したトレード手法は、
シンプルにネックライン切りでエントリーしていき、
目標値を設定して利益確定していけばいいのですが、
具体的なトレード手法のひとつの目安を解説しておきたいと思います。

  1. ヘッドアンドショルダーネックライン切りでエントリー
  2. 利益確定は山とネックラインのPIPS数分
  3. 損切ポイントは山のライン少し上(もしくは右肩のライン少し上)

HASトレード手法

以下のチャートはHASでのトレード例です。(クリックで拡大できます)

ターゲットライン到達後、再度上昇しているのに注目です。

トレンドは大きな時間足のものほど信憑性があり、
チャートパターンを形成して完成しても、
一定のポイントまで進むと再度反転していくことが多々あります。

短期トレードでは、利益確定ポイントと損切ポイントをどこに置いておくかが重要となります。

レジスタンスサポートラインとヘッドアンドショルダー

ダイバージェンスとヘッドアンドショルダー

ダイバージェンスhas

以下のHAS形成して下降しているチャートは、MACDがダイバージェンスを示しています。

ダイバージェンスが現れた時にネックライン切りしていくと、
高い確率で反転していく要素として判断できます。

フィボナッチを利用した利益確定方法

hasフィボナッチ

以下はHASのチャートパターンにフィボナッチを引いたチャート例です。

上昇からのHAS反転で、フィボナッチ61.8ラインで反発上昇しています。

ヘッドアンドショルダーをマスターするFXトレード教材

トレンド反転パターンを極めたロジックを公開しているFX教材。
フィボナッチリトレースメントを活用していき、
ヘッドアンドショルダー等のチャートパターンをあわせて反転系をマスターできます。

逆三尊/三尊天井/三山とは-FXで注意すべき否定(だまし)やチャートの読み方を解説

逆三尊とは

逆三尊とは、相場の底値圏などで3つの底をつけ、真ん中(2番目)の底(谷)が一番深くなっているのが特徴です。

逆三尊底となるチャートの動きに注目

逆三尊が出現する場合、相場は基本的に底値を探る展開となっており、売り圧力が強くなって価格が急落し、下げ過ぎた反動から買戻しの動きによって上昇するという動きを繰り返して自然に逆三尊が形成されます。

・価格が底値圏まで下落してくる
・すでに下落している価格がいきなり急落する
・売られすぎの反発から買戻しが入り、一時的に価格が上昇する

逆三尊のチャートの形とその後

注目すべきは、チャート上に逆三尊が出現した場合には、単なる反発ではなく、 下落トレンドから上昇トレンドに転換する 可能性が高いということです。

つまり、これでもかと下値を確認したうえでの上昇となりますので、下値不安が少なく買い安心感につながりやすく上昇トレンドが発生しやすくなります。

逆三尊のダマシ(否定)とは

逆三尊の否定(だまし)とは

多くの投資家が血眼になってその出現を監視している逆三尊ですが、逆三尊らしきパターンが出現したものの、トレンド転換することなく、つまりダマシに終わるケースもあります。

よくあるケースとしては、逆三尊から上昇トレンドに転換することなくレンジ相場に突入する形です。

最近では、逆三尊にボラティリティを組み合わせる手法がよく使われており、ボラティリティが高いままであればダマシの可能性が高く、低下していれば上昇トレンド転換の可能性が高まります

逆三尊を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

逆三尊を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

この時には、ビットコインは2018年12月の安値30万円台を目指すのではという不安もありましたが、逆三尊を知っていれば、強気に買い向かっていけたところです。

このチャートでは、ネックラインは2本あります。

しかし、すでにダブルボトムの形を成しており、逆三尊の出現を予測していた投資家も多かったのではないでしょうか?

青い矢印に注目してほしいのですが、2本目のネックラインにワンタッチして上昇しており、ここは絶好のエントリーポイントとなります。

つまり、2本目のネックラインがサポートラインとなったわけで、これでダマシの可能性も極めて少なくなり、上昇トレンド転換が大きく期待されます。

その後も緑色の矢印では押し目も比較的浅く、2020年2月に黒い矢印のある115万円弱まで上昇していくことになります。

今回の逆三尊からの上昇トレンドは2020年2月の115万円台で終了しています。底値から43万円以上の上昇ですので十分な上昇トレンドであったわけですが、この115万円というのは、フィボナッチリトレースメント61.8%の手前で頭をきれいに抑えられています。

つまり、今回の上昇トレンドが115万円で終わったことで、2019年12月の71万円台の底値は、2019年6月高値150万円からのエリオット波動修正(下落)a波の終わり、イコールb波の起点となったわけです。

2020年2月高値の115万円はc波の起点ということで、エリオット波動からはコロナショックとまではいわないまでも、下落トレンドが予想されていたのです。

三尊天井(三山)とは-3つの山を描き、2つ目の山が1番高いチャート

考え方は逆三尊とほぼ同じですが、それまでの 上昇トレンドから下落トレンドへの転換 を教えてくれますから、投資家にとっては最もおいしいサインといってもよいでしょう。

三尊天井とは

三尊天井とは

前述の通り、三尊天井とは逆三尊の逆パターンで、3つの山のうち真ん中の山が一番高いチャートの形で、高値圏内で形成されます。

三山とは

三尊天井と混同されることもありますが、三山とは、正確には3つの同じ高さの山が出現するチャートの形です。

三尊天井(三山)のチャートの形

三尊天井(三山)のチャートの形

とりわけ、エリオット波動や一目均衡表など他のテクニカル分析で高値をつけた可能性がある場合には、ネックラインブレイクから下落トレンドが始まる可能性が高くなります

三尊天井だまし(否定)とは

逆三尊同様、三尊天井にもダマシ(否定)は存在します。

三尊天井のダマシ(否定)とは、三尊天井からネックラインをブレイクしたものの、下落トレンドへ転換することなく、三尊の高値を更新し上昇トレンドが継続となります。

このようなケースで大きな損失を避けるためには、三尊の高値より少し上のところにストップロスを置くようにしましょう。

三尊天井を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

三尊天井を形成した実際の銘柄でチャートの動きを解説

デイトレードなどで利用する15分チャートにもしっかりと三尊天井が形成されています。

15分という短いチャートですが、ダブルトップとしてもトレードできますし、三尊天井形成を確認することでより精度の高いトレードとなりました。

まず、6月24日早朝時間の矢印のポイントでネックラインをブレイクしたところがエントリーポイントとなります。

つまり、ネックラインがレジスタンスラインとなったことで、このポイントは絶好のトレードチャンスとなったわけです。

仮想通貨FXなどでの逆三尊・三尊天井のエントリーポイントや注意点

仮想通貨FXなどでの逆三尊・三尊天井のエントリーポイントや注意点

エントリーの基本はネックラインをブレイクアウトしたとき

エントリーの基本はネックラインをブレイクアウトしたとき

逆三尊・三尊天井ともに、エントリーポイントは「 ネックラインをブレイクアウトしたポイント 」となります。

ダマシに注意

特に、ブレイクしたネックラインを再び上抜く(下抜く)場合には、トレンド継続の可能性がありますので、前の高値あたりでは確実にロスカットするようにしましょう。

ダマシに引っかからないために高値圏でエントリーする方法もある

高値圏でエントリーする方法

ダマシに引っかからないために高値圏・底値圏でエントリーするという方法もあります。

この方法では、山や谷で価格が反発したタイミングでエントリーします。例えば、真ん中の山や谷で高値(安値)をつけたのに、MACDなどが逆行(ダイバージェンス)している場合など、三番目の山や谷で三尊・逆三尊を想定しエントリーします。

【FX手法】三尊天井や逆三尊の出現が相場転換を示唆する本当の理由とは?

【FX手法】三尊天井や逆三尊の出現が相場転換を示唆する本当の理由とは?

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

「三尊 FX」キーワードでアクセスが激増のワケ

ところで、三尊天井Head and Shoulder(ヘッドアンドショルダー)や逆三尊=Reverse Head and Shoulder(リバース・ヘッドアンドショルダー)の出現が相場転換を示唆する本当の理由をご存知でしょうか?

【FX手法】三尊とは

「三尊」とは、相場の天井圏で比較的出現しやすいチャートパターンであり、海外ではhead and shoulder(ヘッド&ショルダー)などと呼ばれていたりします。

「三尊」の語源は、中尊仏像が両脇に脇侍を従えた三尊像からきています。

三尊(さんぞん)の語源

三尊(さんぞん)の語源

三尊天井

三尊天井

逆三尊

逆三尊

三尊天井が出現すると、上昇局面が終了して下落局面に移行する可能性が高いとされています。つまり「売りENTRY」のチャンスです。

また、下降局面で出現する3つの山は「逆三尊」と呼ばれ、やはりトレンド転換シグナルとして活用されています。

引用:三尊無双FX【検証とレビュー】

三尊|3つのポイント

  1. 3つのピークを持つチャートパターンであり、中央のピークが最も高く両サイドの山がそれに準ずる
  2. 三尊の出現は、強気から弱気へのトレンド反転を示唆するチャートパタンだ
  3. 三尊は極めて信頼度の高いトレンド転換パターンの一つである

【2022年5月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

三尊天井(トリプルトップ)と逆三尊(トリプルボトム)【ざっくり解説】

三尊天井

ざっくりテクニカル分析

三尊天井と逆三尊について

三尊天井(トリプルトップ、ヘッドアンドショルダートップ)

三尊天井

三尊天井の概略(天井付近局面、上昇トレンド→下降トレンド)

ダブルトップと同じく、 上昇トレンドの終局 に現れるチャート形式で、トレンドが転換される際のサインとされる形です。ダブルトップより頻度は少ないですが、ダブルトップより信頼度は高い(より下降トレンドに転換すると考えられる)といえます。

三尊天井 ( トリプルトップ 、 ヘッドアンドショルダートップ )とは、チャートが三度も高値をチャレンジしたが二回目の上値を超えられなかった形であり、
1. 真ん中のトップ②が最も高値であり 、かつ、
2. 三尊逆三尊も解説 トップ②がトップ➀を下回ったもの をいいます。

三尊天井の戦略

三尊天井は、三度の高値(山)に対する二つの底値(谷)を結んだネックラインが非常に意識されます。このネックラインはサポートラインとして機能していますので、 ここを割り込んだ地点で「売り」ます 。今まで上昇トレンドで高値を更新してきてこの地点で売ることが最も根拠を持って売ることができるからです。また、ネックラインを割り込んだ後は、このラインはレジスタンスラインとして機能しますので、 割り込んだ時点を逃した人は、次に上昇してきてこのレジスタンスライン付近にきたときに「売る」 ことが合理的であるといえます。

三尊天井の戦略としては、 トップ②からネックラインまでの幅と同じくらい下落すること を一つの目安とすることを多くの市場参加者が考えていますから、そのあたりを利益確定ポイントとし、レジスタンスラインとなったネックラインを損切りラインと考えていくというものになると思います。

「だまし」の回避

三尊天井もダブルトップの一種ですのでダブルトップで説明したとおり、同じく「だまし」が発生することがあります。その「だまし」を回避するために、 他の指標を確かめたり 、 ネックラインがレジスタンスラインとして変わったことを確認する (あえて初めの「売り」ポイントを見逃してレジスタンスラインで反発したのを確認してから「売り」に入る)のもよいかもしれません。また、時間が長ければ長いほど信頼性が増しますので、 月足や日足を確認 しましょう。

逆三尊(トリプルボトム、ヘッドアンドショルダーボトム)

逆三尊

逆三尊の概略(底値付近局面、下降トレンド→上昇トレンド)

ダブルボトムと同じく、 下降トレンドの終局 に現れるチャート形式で、トレンドが転換される際のサインとされる形です。ダブルボトムより頻度は少ないですが、ダブルボトムより信頼度は高い(より上昇トレンドに転換すると考えられる)といえます。

逆三尊 ( トリプルボトム 、 ヘッドアンドショルダーボトム )とは、チャートが三度も安値をチャレンジしたが二回目の安値を超えられなかった形であり、
1. 真ん中のボトム②が最も安値であり 、かつ、
2. ボトム②がボトム➀を上回ったもの をいいます。

逆三尊の戦略

逆三尊は、三度の安値(谷)に対する二つの高値(山)を結んだネックラインが非常に意識されます。このネックラインはレジスタンスラインとして機能していますので、 ここを上抜けた地点で「買い」ます 。今まで下降トレンドで安値を更新してきてこの地点で買うことが最も根拠を持って買うことができるからです。また、ネックラインを上抜けた後は、このラインはサポートラインとして機能しますので、 上抜けた時点を逃した人は、次に下落してきてこのサポートライン付近にきたときに「買う」 ことが合理的であるといえます。

逆三尊の戦略としては、 ボトム②からネックラインまでの幅と同じくらい上昇すること を一つの目安とすることを多くの市場参加者が考えていますから、そのあたりを利益確定ポイントとし、サポートラインとなったネックラインを損切りラインと考えていくというものになると思います。

「だまし」の回避

逆三尊もダブルボトムの一種ですのでダブルボトムで説明したとおり、同じく「だまし」が発生することがあります。その「だまし」を回避するために、 他の指標を確かめたり 、 ネックラインがサポートラインとして変わったことを確認する (あえて初めの「買い」ポイントを見逃してサポートラインで反発したのを確認してから「買い」に入る)のもよいかもしれません。また、時間が長ければ長いほど信頼性が増しますので、 月足や日足を確認 しましょう。

三尊天井も逆三尊も リバーサル・パターン の代表例です。

リバーサル・パターン(Reversal Pattern)とは、中長期において今までのトレンドが逆転するチャートパターンです。つまり、今まで上昇トレンドなら下降トレンドに変わるサインであり、今まで下降トレンドなら上昇トレンドに変わるサインとなります。

三尊・逆三尊のダマシを見抜く方法

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

人気の記事

【ダウ理論】押し安値・戻り高値を客観的に見つけるたった一つの方法

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回の記事ではダウ理論の重要な考え方の一つである押し安値と戻り高値をどのように見つけたら良いのか、客観的に判断する方法について解説します。 僕自身もダウ理論を学ぶ中 .

【図解】バランスシート縮小とは?テーパリングと何がどう違うの?

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、昨年2021年12月のFOMCの議事録で明らかになったバランスシートの縮小について解説したいと思います。 バランスシート縮小って何?テーパリングと .

【ダウ理論】目線付けの二つの方法と目線を可視化するTradingView用インジケーター
【エリオット波動】 ドル円の長期エリオット波動をマジで分析 / 円の過去50年の歴史を振り返る
【エリオット波動】4波は1波の終点を超えてはいけないは本当なのか?
【エリオット波動】なぜ5波狙いは難しいのか?理由と狙う場合のリスクを解説します。

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は波動の解説記事として、エリオット波動の5波狙いはなぜ難しいのか? という理由とそのリスクについて解説します。 エリオット波動を使っている人にとっては、1波や3 .

MACDのゴールデンクロスだけでも勝てることを30年のデータを使って証明してみた

こんにちは、サバイサバイFXです。 今回は、タイトルにもある通り「MACDのゴールデンクロスだけで勝てるのか?」という疑問に対して、データを使って検証した結果について共有していきたいと思います。 取引 .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる