株初心者向け

テクニカル分析におけるダブルトップ

テクニカル分析におけるダブルトップ
詳しくみる

テクニカル分析

株式を分析し、それに投資するかどうかの判断を下すための分析方法として、大きく分けて次の2種類が挙げられる。それは、ファンダメンタル分析とテクニカル分析だ。ファンダメンタル分析には、対象企業の特性の分析も含まれており、それによってその企業を評価することができる。テクニカル分析はこれとは全く違った見方をする。その企業やコモディティの「評価」は全く関係しないのだ。テクニシャン (又はチャーチストとも呼ばれる) は、相場における値動きのみに注目するのである。

テクニカル分析とは?

  1. 値動きが全てを決める
  2. 株価はトレンドに沿って動く
  3. 株価変動の歴史は繰り返す傾向にある

1. 値動きが全てを決める

テクニカル分析では、どの期間における株価も、会社に影響した/影響する可能性のある事象 (ファンダメンタルズも含む) を全て反映していると考えられている。またテクニカル分析では、経済的要因、市場心理を含む企業のファンダメンタルズが全て株価に反映されていること前提としているため、各要因を分けて考慮する必要を省いている。テクニカル分析とは、市場の中の特定の株式の、需要と供給から生じる価格変動がすべてを決めると理論づけることが出来るのだ。

2. 株価はトレンドに沿って動く

3. 株価変動の歴史は繰り返される傾向にある

ファンダメンタル分析 VS テクニカル分析

チャート VS 財務諸表 (決算書)

テクニカルアナリストがチャートから株式の情報を得るのに対し、ファンダメンタルアナリストは財務諸表 (決算書) を用いる。

トレード VS 投資

テクニカル分析の分析期間がファンダメンタル分析に比べて本質的に短いだけではなく、大抵の場合それぞれが株を購入(または売却)する目的そのものが違う。通常、テクニカル分析はトレード (投機) に用いられ、ファンダメンタル分析は投資に用いられる。株式を購入する際、投資家はその出来高の上昇を見込んで投資するのに対し、トレーダーは買いの時よりも高く売れる株式に投資する。トレードと投資の区別はあまり明確ではないが、それぞれの手法の性質の違いは明らかである。

2つの手法は同時に利用できないのか

更に形式化された定義

トレンドのタイプ

トレンドの期間

トレンドライン

サポートとレジスタンス

さて、トレンドについて理解したところで、もう1つの主要なコンセプトとしてサポート (支持線) とレジスタンス (抵抗線) が挙げられる。これからテクニカル分析における断続的な強気・弱気の市場戦や、買い手(需要)と売り手(供給)間のもみ合いについて述べよう。

なぜこのような現象が起こるのか?

概数と、サポート・レジスタンス

機能の逆転

サポートとレジスタンスの重要性

このサポートとレジスタンスのポイントに注目することで、株をどのように売買するかも変わってくる。トレーダーは主要な突破ポイント (整数値など) での取引は避けたほうが良いだろう。なぜならサポートとレジスタンスが反転するポイントは通常、変動が激しくライン上で必ず反転するとは限らないからだ。もしサポートレベルあるいはレジスタンスレベル付近で売買を決心できたのなら、以下のルールに従うことが無難であろう。「サポートレベルまたはレジスタンスレベル上で直接エントリーしないこと」である。ほとんどの場合、株価は実際のところ整数値になることはなく、その数値に行くか行かないかの際どい状態になるからだ。もし株価がサポートラインに限りなく近づくと強く感じているのなら、サポートレベル上で決済はしてはならない。そのレベルから少しだけ上の数値のところで決済を行おう。もしくは、ストップ注文や空売りをする際には、サポートレベルよりも下の数値を定めるのが望ましい。

出来高とは何か?

なぜ出来高が重要なのか

出来高とチャートパターン

出来高は株価よりも優先視される

テクニカル分析では、出来高よりも株価が重視される。出来高は、この先起こり得るトレンドの反転を予測するために分析家やチャーチストに大きく注目されているのだ。もし出来高が上昇トレンドにおいて減少している時は、それは上昇する傾向が終わることを意味している。

チャートの設定

チャートのタイプ

  • ラインチャート
  • バーチャート
  • ローソク足チャート
  • ポイント・アンド・フィギュアチャート

ローソク足

ラインチャ-ト

バーチャート

ポイント・アンド・フィギュアチャート

まずポイント・アンド・フィギュアチャートを見てみると、×と○の記号が描かれているのが見えるだろう。×はトレンドの上昇を表し、○はトレンドの下降を表す。さらに下の部分に数字と英文字があるが、これはチャートの変動がどの月のものなのかを表している。記号 (○×) の数で変動の大きさを表し、記号の数はその時の株価に合わせて調節される。株価が高くなれば、高い数値のところに記号が描かれる 。株価が20ドルから100ドルを表すほとんどのチャートにおいて、記号一つは1ドルまたは1ポイントとして割り当てられている。このチャートのもう一つの要点は、反転の際の表示基準である。通常、反転するのは3ポイント以上の変化があった時だが、使用者によって任意の反転値を設定できる。反転させる基準は、新しいトレンドに切り替わるのに株価トレンドがどれだけ高値あるいは安値から動くのか、あるいは、記号が×から○に(またはその逆)なるのにどれだけ株価が動く必要があるのか、にかかってくる。トレンドが変わったとき、変化が起こったことを示すために○×記号は右側に1つ移動して新たに描かれる。

結論

チャートパターン

ヘッド&ショルダー(反転パターン)

ADVFNのチャートマッチャーでヘッド&ショルダーのチャートパターンを見るにはこちらから

MトップとWボトム(反転パターン)

ADVFNのチャートマッチャーで個人のWトップのチャートパターンを見るにはこちらから

カップ&ハンドル(保ち合いパターン)

ADVFNのチャートマッチャ―で自分のカップ&ハンドルチャートを作るにはこちらから

上の図を見ると、上昇トレンドから始まり株価のパターンがカップ (器) のような形になっているのが分かる。ハンドル (持ち手) の部分は、一般的にカップが形成されてから株価が下降、あるいは横ばいに動くことで形成される。株価が一度ハンドル部分のレジスタンスラインを越えると、上昇トレンドは続いていくと考えられる。このタイプのパターンは形成される期間が数か月から1年以上と、幅が広くとられている。

チャートパターン

チャートパターン

ローソク足チャート テクニカル分析におけるダブルトップ
トレーダーに最も人気のチャートがローソク足チャートかどうかはわかりませんが、主要なチャートのひとつであることは間違いありません。バーチャートと同様、ローソク足チャートもそれぞれの時間単位における高値と安値を表します。 (上部が高値、下部が安値です。)では、違いは何でしょう?ローソク足チャートでは、当該銘柄の終値が始値よりも高かったか安かったかを表すのに、色分けが使われます。多くの場合高ければ青、低ければ赤が使われますが、決まったルールはありません。 黒または塗りつぶされたローソクが始値より終値が低かったことを、白抜きのローソクが終値が始値より高かったことをあらわす場合もあります。 なんだか複雑だと感じていますか?もう少しだけ続けてみてください。ローソク足チャートをいくつか見てみれば、これがどんなに便利で、情報を読み取るのがどんなに簡単かが分かると思います。 こちらがWTI原油のローソク足チャートの例です。

ローソク足チャート

ドットチャートはこのように見えます テクニカル分析におけるダブルトップ フォレストチャートはこのように見えます

チャートパターンの主要なグループ

ダブルトップとダブルボトム

ダブルトップ
ダブルトップは弱気の反転パターンで、上昇トレンドの延長に見られます。2つの「トップ」は同じぐらいの大きさで、価格が超えられない一定の水準に達したときに形成される連続した頂点です。まず価格がある水準まで上昇します。その後少し下がって、また同じ水準に戻ります。それがまた反転して下がると、チャートは2つのトップを形成します。混乱しましたか?らくだのこぶを想像してみましょう。典型的なダブルトップはライン、バー、ロウソク足チャートで見られます。 理論上では、ダブルトップは通常、長期トレンドなどのある変化、強気から弱気への変換の可能性を示唆します。これが、一部の投資家たちが大きな上昇トレンドに続くダブルトップを探す理由です。 例を見てみましょう。

ダブルトップ

ダブルボトム
ダブルボトムはダブルトップとよく似ていて、反転パターンを形成し、一般的にテクニカル分析の一部として使用されます。違いは2つの「トップ」の代わりに2つの「ボトム(底)」があるということです。ダブルボトムは、ある銘柄の価格の下落とそれに続く反発、そして同程度の価格レベルまでの再下落と続く再反発で成り立ち、アルファベットのWに似ています。ボトムは、価格が「抵抗レベル」と呼ばれる特定のレベルを突破しそうにないときに形成されます。理論的にはダブルボトムはトレンドの逆転フォームとみなされるため、大幅な下落トレンドに続くダブルボトムを探す人たちもいます。例を挙げてみましょう。

覚えておきましょう: ダブルトップとダブルボトムは極めて明瞭に思えるかもしれませんが、投資家は欺瞞的な逆転に惑わされないように注意する必要があり、いつ行動を起こすべきかを学習する必要があります。この理論と意味を習得するためには、追加学習を行ってください。

その他のチャートパターン

ヘッド・アンド・ショルダー
ヘッド・アンド・ショルダーパターンも、トレンド反転のフォーメーションです。名前の由来はその形です。長い強気パターンの後、ピーク(左肩)、高いピーク(頭)、低いピーク(右肩)の順に現れます。下の例で示すように、肩の外側のいちばん低いポイントを結ぶ線を描いてみましょう。どうしてそうするのか?理論的には、このライン(「ネックライン」と呼ばれることもあります)が下り勾配である場合、このサインの信頼性が高いとみなされます。

カップアンドハンドル
「カップウィズハンドル」とも呼ばれるこのチャートパターンは、価格の下落と元の価格までの戻り、そして小さめの下降、前のピークを越える上昇と続きます。U字形とちょっと下がったハンドルで、ティーカップのようにも見えるでしょう?カップアンドハンドルは、理論上では、強気の継続パターンとみなされ、買いチャンスの見極めに使われます。このフォームは数ヶ月間継続する上昇トレンドに続いて現れたときに、重要とみなされます。カップアンドハンドルパターンを見るときテクニカル投資家は、長さ、深さ、ボリュームに注目します。たとえば、カップが長く、きれいなU字形をしていれば(V形ではなく)、より強いシグナルとみなされます。

カップアンドハンドル

ギャップ(窓)
ギャップは、単純に取引チャート上の価格の隔離で、ある銘柄の価格が急激に上下動し、その間取引が行われなかった場合に形成されます。ギャップは、雇用統計などの主要なニュースの発表に伴う場合もありますし、単なる通常の取引で形成される場合もあります。週末にニュース速報が発生して価格の急騰や暴落があった場合の市場再開時に起こることもあります。ギャップの例を見てみましょう。

ギャップ(窓)

覚えておきましょう:ギャップは金融市場ではなじみのある現象ですが、日夜取引が行われるFX市場ではそうでもありません。FX市場でギャップがもっとも発生しやすいのは1週間の取引開始時です。

トライアングル(三角保ち合い)
トライアングルチャートパターンは、あなたの想像通り、三角形です。基本的にはふたつのトレンドラインが近づいて行き、価格はその中間に移動します。トライアングルには、3つの主要パターンがあります。

FXのダブルトップ・ダブルボトムとは?だましを回避する方法も解説

ダブルトップ・ダブルボトムとは?見つけ方とダマシ対策について

ダブルトップの形

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

FXのダブルトップとは、チャートの形が「M字」に見えるのが特徴です。
ダブルトップは、上昇トレンドが終わるタイミングに現れるといわれています。

  1. 価格が上昇
  2. 一定の価格まで上昇すると、ネックライン(価格の最安値となるライン)まで下降
  3. 再び、前回上昇した価格まで上昇
  4. 同じく一定の価格まで上昇すると下降

チャートが2度天井に当たると、2度目に価格が下落してネックラインを割り込むことでダブルトップとなります。

ダブルボトムの見つけ方

ダブルボトムの形

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

一方、ダブルボトムはチャートの形が「W字」になるパターンです。
ダブルトップとは逆で、価格が上昇するタイミングに現れるといわれています。

  1. 価格が下落
  2. 価格が一旦上昇
  3. 価格がネックラインまで上昇すると、再び下降
  4. 前回下落したラインまで達すると再び上昇

1度ネックラインで上昇トレンドが押し戻され、2度目の上昇でネックラインを超えるとダブルボトムとなります。

ダブルトップ・ダブルボトムの見方・判断基準

ダブルトップは売りの判断材料

ダブルトップでは上昇トレンドから下降トレンドに変わった時に現れるため、「売り」の判断材料となります。

ネックラインを下回るとダブルトップとなるため、ネックラインを超えたらトレンドが下降すると考えていいでしょう。
そのため、ダブルトップの形が完成し、ネックラインを下回ると売りのサインというわけです。

ダブルトップの見方

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

また、ダブルトップでは、天井からネックラインまでの値幅と同じ幅まで下落するといわれています。

ダブルボトムは買いの判断材料

ダブルボトムは下降から上昇トレンドに変わるタイミングに現れるため、「買い」の判断材料となります。

ダブルボトムでは、ネックラインを超えるとダブルボトムとなり、トレンドが上昇する可能性があると分析できるというわけです。
ネックラインを下から上に超えたら買いサインとなります。

ダブルボトムの見方

出典:みんなのFX「ダブルトップとダブルボトムとは?反転パターンの見方と注意点」

ダブルボトムもダブルトップと同様に、最安値からネックラインまでの値幅と同じ分だけ上昇するといわれています。

チャートでのダブルトップ・ダブルボトムの取引方法やメリットについて、以下の動画でも詳しく解説されています。

ダブルトップ・ダブルボトムは”だまし”に注意点

FXでダブルトップまたはダブルボトムを活用する際は、“だまし”というものに注意が必要です。

だましとは、トレンドが上がったと見せかけてすぐに下降するといったフェイントをかけるようなチャートの動きのことです。

ダブルトップ・ダブルボトムのだましを回避する方法

  • ダブルポイント
    →レジスタンスライン(チャートの上昇を抑えるライン)
  • ダブルボトム
    →サポートライン(下落するチャートが反転するライン)

ダブルトップの場合、レジスタンスライン付近でダブルトップのM字が形成されているとだましが起こりにくいといわれています。

一方、ダブルボトムの場合は、サポートライン付近でダブルボトムのW字が形成されているとだましがおこりにくいといわれています。

だましを回避してダブルトップ・ダブルボトムでの勝率を高めるなら、レジスタンスライン付近とサポートライン付近での出現を狙うといいでしょう。

チャートの動きでダブルトップまたはダブルボトムを見つけることで、売りや買いのタイミグを見極めることができます。

【ダブルトップ】

  • チャートの形が「M字」になるパターン
  • 売りの判断に役立つ

【ダブルボトム】

  • チャートの形が「W字」になるパターン
  • 買いの判断に役立つ

基本的には、天井やネックラインを基準にチャートが形成する形に注目するだけのため、FXを始めたばかりの方も取り組みやすいと思います。

初心者が覚えるべき仮想通貨のテクニカル分析の指標【ローソク足やチャートパターン分析】

仮想通貨の基礎

仮想通貨(暗号資産)のテクニカル分析は非常に重要ですので、初心者がまず勉強するべきローソク足チャートパターンの分析の基礎を解説します。チャートパターンですと、三尊天井や逆三尊、ダブルトップやダブルボトムは聞いたことがある人も多いでしょう。

移動平均線やゴールデンクロスやデッドクロスに関して、又オシレーター系(加熱度分析指標)のRSIについてもまとめています。

仮想通貨は値動きが激しくファンダメンタルズの影響を大きく受けるのでテクニカル分析は意味ないとか、通用しないという声も昔はありましたが、このページで説明するおすすめのテクニカルの指標はしっかりと機能することが多いので、これから仮想通貨を始める方、始めたけどまだ初心者であるという方はしっかりと最後までご覧いただき、チャート分析の基礎中の基礎の部分を固めてしまってください。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)リップル(XRP)といった時価総額の大きい仮想通貨のチャート分析でもテクニカル分析は当然役立ちますが、時価総額が小さなコインのチャート分析でもしっかりと分析は機能します。

ローソク足の見方、分析方法

タクミ

みお

ローソク足は一定期間における値動きを表現したものです。期間に応じて、「月足」「週足」「日足」「時間足」などがあります。

ローソク足の陽線と陰線の画像

使っている暗号資産取引所によって色は違いますが、ローソク足には陽線と陰線があります。左の白い方が陽線だとすると、太い部分の一番下が始値、太い部分の一番上が終値を示します。「細いヒゲ」と呼ばれる部分に関しては、一番下の部分が安値、一番上が高値となります。

右の黒い方が陰線だとすると、始値と終値が逆になり、太い部分の一番上が始値、太い部分の一番下が終値を示します。

こちらの大陽線は、陽線のローソク足の太い部分が長く、期間内に大きく相場が値上がりしたことを意味しています。通常の陽線の5倍や6倍であることが多いですが、10倍となるようなことも仮想通貨のチャートではあります。

こちらの大陰線は反対に、陰線でローソク足の太い部分が長い状態です。期間内に大きく値下がりしたことを示しています。

上影陽線とは、上記の図のように、長い上ヒゲがある陽線のことです。チャートは一度は上に大きく上がったものの、売り方の圧力に敗れてしまったと考えられるローソク足です。一方で、売り方に押し込まれてはいるが、その期間トータルでは買い方が勝利したと解釈することも可能となります。

こちらは先とは反対でヒゲが下に伸びています。これを下影陽線と呼びます。売り方によって一度は下落をしたものの、買い方が押し戻して、期間のトータルでは勝利したということになります。

このローソク足の画像のように、上に長いヒゲの伸びた陰線を上影陰線と呼びます。買い方が一度は上に価格を持ち上げたものの、その後の売り方の圧力が強く、価格が下落して陰線になってしまった状態です。

下方向に長いヒゲがあるのが下影陰線と呼ばれるローソク足です。一度は売り方の圧力によって価格が下がったものの、買い方が盛り返したとも言えますが、その期間の最後には売り方が勝ったということになります。

こちらは十字線と呼ばれるローソク足で、買い方と売り方が互角である状態を意味しています。

チャート、ローソク足の実体とは何?

仮想通貨のテクニカル分析の記事などを見ていると「実体」という言葉がたまに出てきます。この実体とは、ローソク足の太い部分を意味しているとお考えください。

ストキャスティックス

ストキャスティックス

ストキャスティックスは、逆張りのテクニカル分析という性質を持っているため、利益確定は素早く行う必要があると考えられます。
これは、ストキャスティックスの手仕舞いのサインを待ち過ぎると利益を確定するのに出遅れてしまうリスクを意味しています。
また、オシレーター系の指標に一般的に言えることですが、強いトレンドが形成されたときに、ストキャスティックスは上下に張り付いてしまい機能できなくなることがあります。
その意味でも、ストキャスティックスは、相場の細かな波に反応して短期売買を行いトレードに向いているテクニカル指標ということがいえます。

FX初心者におすすめ!FXの基礎知識や失敗しないための方法を紹介

詳しくみる

【初心者におすすめ】FX自動売買とは?

詳しくみる

スプレッドとは

詳しくみる

【2021年】FXの税金や確定申告・税率について

詳しくみる

FX取引手法とは?初心者に役立つ分析方法を紹介

詳しくみる

【初心者向け】無料デモトレード

詳しくみる

トラッキングトレード ガチンコバトル!

詳しくみる

FX用語集

詳しくみる

FXブロードネットが選ばれる5つの理由

詳しくみる

テクニカルチャート分析

詳しくみる

【初心者から上級者に人気】ドル円予想レポート

詳しくみる

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる