海外FXの始め方とは

ライントレードとは

ライントレードとは
お悩みトレーダー

トレンドラインの正しい引き方|ヒゲと実体?迷わず引ける5STEP+α

トレンドラインの引き方

お悩みトレーダー

エイク

メンター

エイク

メンター

・トレンドラインの落とし穴
・トレンドラインの使い方
・意外と知らないトレンドラインを正しく引く方法|5STEP
・教えてもらわないと気付けない間違ったトレンドラインの引き方

誰でも簡単かつ効果的!トレンドラインの引き方をルール化する方法

トレンドラインで失敗する2つの落とし穴

トレンドライン≠ご都合ライン

『ご都合ライン』とは、自分の都合だけで引いた主観的なトレンドラインのことです。

しかし、そのトレンドラインは、 どのようなルールでトレンドラインを引きましたか?

トレンドラインを引いた明確な根拠はありましか?

お悩みトレーダー

お悩みトレーダー

過去チャートではどこでも機能している『どこでもライン』

トレンドラインのもうひとつの落とし穴は、『 過去チャートを見ればどこでもトレンドラインが機能している』ように見えてしまうことです。

私はそれを、 『過去チャートのどこでもライン』 と呼んでいます。

エイク

トレンドライン①

トレンドラインを引くメリットと使い方

・トレンドの有無の確認
・エントリーポイント(サポート・レジスタンス)
・エントリーの根拠
・エグジット(利食い)の目安

2つのトレンドライン

上昇トレンドライン①

【上昇トレンドライン】
上昇トレンドラインの上にローソク足がある時は、基本的にアップトレンドで買い目線。

下降トレンドライン①

【下降トレンドライン】
下降トレンドラインの下にローソク足がある時は、基本的にダウントレンドで売り目線。

トレンドラインの正しい引き方5STEP

また、どこまでトレンドが生きていて、どこでトレンドが無効化するのかなど、 トレンドラインの正しい引き方を5STEPで解説していきますね。

メンター

エイク

STEP1 2点の高値同士(安値同士)をラインで結ぶ

トレンドラインを引くためには、
上昇トレンドの場合 ⇒ 起点となる安値と起点より切り上げた安値を結ぶ。
下降トレンドの場合 ⇒ 起点となる高値と起点より切り下げた高値を結ぶ。

つまり、 トレンドラインは、最低2点以上の高値(安値)があって初めて引けるラインです。

お悩みトレーダー

しかし、当たり前のようで、意外と知られていないのが、 高値と安値の認識方法 です。
高値と安値の認識方法が、毎回違うようであれば、もちろんトレンドラインも毎回違うラインの引き方になってしまいます。

つまり、高値と安値の認識方法が固定(ルール化)されていなければ、それこそが、なんとなく自分で主観的に引いた『ご都合ライン』というわけです。

お悩みトレーダー

まず、正しいトレンドラインを引くためには、 ライントレードとは 正しい高値と安値を認識(ルール化)する必要があります。

STEP2 結ぶ2点の高値(安値)はヒゲと実体のどちらが正しい?

結論から言うと、 『どちらでもOK』 です。

なぜなら、 ヒゲを対象にしているトレーダーもいますし、実体を重要視しているトレーダーもいるからです。
もちろん、どちらもそれなりに機能しています。

FXのライントレード手法とは?基本ラインの引き方や注意点を解説!

チャート

LINE

送る

FXライントレードは、初心者からプロまで多くのトレーダーが参考にしている手法です。

この記事では、基本のラインの引き方から実践方法、注意点やメリット、デメリットについて解説します。

FXのライントレードとは?

PC

FXのライントレード とは、テクニカル分析の1つで、相場の動向を把握する上でとても重要です。

ライントレードでは、「高値」と「安値」にラインを引いてチャートを分析します。

一見するとシンプルな分析方法ですが、 初心者からプロまで多くのトレーダーが参考にしている非常に有効な手法 です。

ラインを引く意味は?

FXライントレードは勝てる?

FXのライントレードは、練習を重ねて的確にラインを引くことができるようになれば、エントリーや決済のポイントを見つけることができます

FXの取引をしているほとんどの人が使っている手法で、世界中のトレーダーたちが同じようなラインを引き、ラインを基準に取引を行うため、その法則を知っておくはとても重要です

FXのライントレードを上手く活用すれば、他のトレード手法よりもシンプルに利益を狙い、勝っていくことができます

FXライントレードの基本ラインの引き方

ライントレード

FXライントレードの基本ラインの引き方について解説します。

水平ライン

水平ライン とは、「チャート上に水平にラインを引いたもの」です。

水平ラインは、過去の高値・安値のそれぞれ2~3個を平行になるように引いていきます。

水平ライン

水平線は、サポートとレジスタンスの役割を変えながら機能しています。

ここで、ライントレードで重要なサポートライン、レジスタンスラインについても解説します。

ライントレードでは、サポートの役割をするラインを「 サポートライン 」、レジスタンスの役割をするラインを「 レジスタンスライン 」と呼びます。

ライントレード

・サポートライン

・レジスタンスライン

トレンドライン

トレンドライン とは、トレンド(相場の流れ)に従って斜めに引くラインのことです。

トレンドラインを引くことで、相場が上昇トレンドにあるのか下降トレンドにあるのか、把握することができます。

また、トレンドラインの角度によって、トレンドの強さも確認することができます。

トレンドラインの引き方は?

上昇トレンド

上昇トレンド→安値のポイントをつなげてラインを引く

上昇トレンドの場合は、基準の安値を2点以上探し、2点の安値をつなげる形でトレンドラインを引きます

基本的に上昇トレンドのトレンドラインは、右肩上がりのラインです。

サポートラインに支えられている間は、高値が続くので買いのポジションを取ります。

下降トレンド

下降トレンド→高値のポイントをつなげる

上昇トレンドの場合とは逆で、下降トレンドの場合はチャート上の高値2点以上探し、2点の高値をつなげる形

でトレンドラインを引きます。

下降トレンドのトレンドラインは、右肩下がりのラインです。

レジスタンスラインに跳ね返されている間は、下降トレンドが続くので売りのポジションを取ります。

チャネルライン

チャネルライン

チャネルライン

チャネルライン は、2本の線で相場を挟む形で、トレンドラインに対して平行に引くラインです

この2つの線に挟まれたところをチャネルと言います。

チャネルラインは?

チャネルラインは、長さ・角度・値幅の3つで相場を判断します。

ローソク足のヒゲはラインに含める?

まず、ラインを引く前に知っておかなければならないのが、 ローソク足のヒゲの扱い です。

ローソク足には、実体とヒゲがあります。

ローソク足

ラインは、このローソク足のヒゲを含めて正確なラインにすることをおすすめします。

その場合、バーチャートの最高値・最安値はローソク足のひげに当たります。

よって、 ラインは、このローソク足のヒゲを含めたほうがよい ということになります。

ローソク足の実体だけにラインを引くと、世界中のトレーダーが引くラインと、違うラインになってしまう可能性があるので、注意が必要です。

初心者おすすめの時間足は?

チャートには、分足・時足・日足・週足・月足などがあります。

初心者の方には、程よく相場が見やすい 「1時間足」がおすすめ です。

初めてライントレードをする人は、 まず1時間足にラインを引く練習をしましょう。

FXのライントレード 5つの注意点

注意

FXのライントレードの5つの注意点を解説していきます。

1.ライントレードとは ラインを引き過ぎない

ライントレードで重要なことは、大衆の心理を理解してチャートを見ることです。

多くのトレーダーが注目している重要なラインを見落とさないようにするためにも、 厳選してラインを引きましょう。

2.ダマシに注意する

ダマシとは、「期待された方向とは反対に価格が動くこと」です。

だまされた多くのトレーダーは、含み損に耐えきれなくなり、損切りをさせられることになります。

3.ラインの正確さにこだわり過ぎない

FX会社ごとに、微妙なズレがあり、細かくラインを引いてもその通りに反発はしません。

ラインは細かく丁寧に引くのではなく、 要点を押さえて引くようにしましょう。

4.すべてのラインを活用しなくてもよい

注目度の高い、大きな値動きを重視したラインを優先して、判断に使いましょう。

5.ラインは相場状況で修正していく

ラインは、引いてから一定時間経ったら新しく引き直すようにしましょう。

FXの相場は刻々と変化しているので、引いたラインが機能しなくなることもあります。

FXライントレードの3つのメリット

メリット

FXのライントレードには、3つのメリットがあります。

1.シンプルで使いやすい

チャートを見て、安値・高値を判断してラインを引いていくだけなので、初心者でも慣ると、活用しやすい手法です。

2.相場の動きを予測できるようになる

ライントレ―ドでわかることは下記の4点です。

これらによって、トレードの戦略が立てやすくなります。

3.他の手法に活用できる

ライントレードは、他の手法と相性がよい点もメリットと言えるでしょう。

FXのライントレードのデメリット

デメリット

FXのライントレードには、2つのデメリットがあります。

1.ラインを引くポイントに個人差が出る

ラインを引く時に、高値・安値を選ぶポイントが変わり、人によって引くラインに多少違いが出てきます。

2.ダマシが起こる

ダマシとは、相場が予想に反した動くことです。

買いと売りがもみ合う場面では、チャートをよく見極めることが必要 です。

初心者がライントレードを実践する3ステップ

初心者がライントレードを始めるための、3ステップを解説していきます。

1.ラインを引く練習を重ねる

ラインの様々な状況パターンを蓄積することで、状況判断力が養われていきます。

2.複数のラインで判断する

適切なラインを引けるようになったら、複数のラインを組み合わせてトレードしてみましょう。

多角的に相場を見ることができるようになり、 より高度なレードができるようになります。

3.ブレイクアウトでトレードする

ブレイクアウト

ブレイクアウト は、値動きがレンジ相場からレジスタンスラインやサポートラインを抜けて伸びていくことです。

「FXのライントレード手法とは?基本ラインの引き方や注意点」のまとめ

この記事では、FXのライントレードとはどのようなものか、基本ラインの引き方から実践方法、ライントレードの注意点やメリット、デメリットについて解説しました。

FXのライントレードは、世界中のトレーダーに活用されている、シンプルで最も有効な手段です。

ラインの引き方は、初めは難しいと感じるかもしれませんが、練習を重ねていくと、徐々にパターンを認識できるようになります。

ライントレードとは


Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 10

PRUEBA NUESTRAS RECETAS

Crepas con yogurt y frutos rojos

Roscón de Reyes

Christmas Cookie Cocktail

Santa Clause-Mopolitan

Plumcake de frambuesas

Bizcocho de calabaza y chocolate

Agua de ライントレードとは Valencia

LOMO DE CERDO RELLENO

Chardonnay Jello Shots

Tallarines al pesto rojo


Notice: Undefined variable: Page in /home/superlosandes/public_html/wp-content/themes/Andes/index.php on line 32

FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログ

取引チャート紹介,本当に価値のある投資,利用目的とは何か?FX「投資商材」徹底分析 利益に変わるブログではFXやバイナリーオプションなどのツールの比較,分析と商材についての投資手法や評判,実践,検証など利益に変わる情報を徹底分析しブログで配信いたします。

サイト内の商材と手法を検索

サイトコンセプトと検証内容

ブログの管理人プロフィール

利益に変わるブログ管理人

投資商材ブログを分類

ブログの役割をレポート配信

無料レポート

feedlyで更新ブログを閲覧

ライントレードマスタースクールを検証|実践手法の評判

ライントレードマスタースクールの実践とは

トレンドに線を引き環境を 推測できる

スキルを身に付けるオンラインスクール

ライントレード・マスタースクールでは

相場そのものを理解するため の理論を活かし

自分で環境を 判断します。

ラインマスタートレードスクールのバナー

FX-Jin氏が伝える手法が

どのように場面で機能するか 気になりますが

手法の評判を検証します。

基本は相場の本質である

ローソク足などの動きを判断し

適切な環境がどうして発生するか ライントレードとは

理論を 学びトレードします。

手法を使い判断するラインとは

どのようなもので 環境の何がわかるかを説明します。 ライントレードとは

一般のインジケーターでレジサポラインを

引き水平線を基準に ブレイクもしくは

ライン内の状況で売買を判断します。

ライントレードマスタースクールのライントレード

※マスタースクールでは引き方を基礎から応用まで学びます

レジサポラインも一般のトレーダーが基準にする

適切なラインが存在し基準に判断しますが

環境に合った適切な線を引く練習が必要です。

ライントレードとは 線を引けない相場もある

レジサポライン(水平線)にトレンドラインを合わせ

反転するポイントやブレイクする もしくは

継続した大きなトレンドを推測するために

指標として チャート上に引きます。

最も重要なものは引き方ですが

正しく引くためには環境認識を適切に

判断する必要があります

相場の波で選ぶローソク足は

ダウ理論後の反動(波)が あるポイントを選びます。

適切な線を引くためには起点となる波に対し

チャート上に引ける適切な判断が重要になります。

ライントレードマスタースクールでマスターする内容

※マスタースクールで身に付ける内容と特徴

勝てる確率や負ける確率はFX-Jin氏が伝ている

値動きの理論で推測する 環境にあると言えます。

チャートに引く線は2本だけと決めその2本の線で

エントリーと決済の判断を行いますが

ライン、レイヤー、ゾーンの3つの手法を

合わせ 判断できる 理論と環境認識を学びます

マスタースクールで学ぶ基本知識と技術

FX-Jin氏が伝えるライントレード手法の

仕組みを理解するために 検証を繰り返します。

ライントレードマスタースクールの3つのロジック

※3つのロジックを環境に合わせマスターします

トレンドがどこから始まりどこまで続くか

動画を使い学ぶのですが

FX-Jin氏がマスタースクールで

伝える2本の線とは

チャート上にトレンドラインを

2本引き環境をわかれば エントリーと決済の

ポイントがわかるので

無理な負けトレードは行わない

環境認識を 学ぶオンラインスクールです。

金本氏がFX-Jinさんから指摘され

自分のトレードを振り返り、

教えてもらった 内容を実践する という

動画のストーリーなのですが

トレードは検証の途中で話が終わってしまいます。

ライマスで必要な実践をFX-Jin氏が説明

※マスタースクールのストーリーは専用メルマガ登録で配信されます

金本氏が3ヶ月かけて取り組んだ結果を

トレード 動画 として配信されるようです。

マスタースクールでは

トレンドとエントリーの発生を適切に

チャート上で認識 する基礎を初めに学びます。

ライントレードマスタースクールの2本のライン

※引いたラインを基準に超えた後、決済する実践します

どういった基準でトレンド、エントリーの判断を

行えばよいか伝えていますが

2本目の線をローソク足がブレイクしたら

エントリーする 方法でトレードを行います。

一般のライントレードとは

的確なエントリーのタイミングと環境認識ができる

判断力をオンラインスクールで身に付けます。

実践に必要な”ライマス”のロジックを説明

マスタースクールの3つのトレード理論を説明

※マスタースクールで身に付ける実践の仕組みをFX-Jin氏が説明

・販売業者:クロスリテイリング株式会社
・販売者: FX-Jin氏
・所在地:〒130-0013 東京都墨田区錦糸1-2-1アルカセントラル12F
・電話番号:03-5244-5377
・メールアドレス: [email protected]
・販売価格: 99,800 円

通貨ペアや時間足を気にせず実践できる

3つのロジックを当てはめ行います。

基本であるライントレードから

レイヤー、ゾーンと 更に相場に線を引き

仕組みを理解するという内容ですが

3つロジックの特徴を説明すると

ライントレードマスタースクールの未来予測ロジック

未来予測ロジック

2本の線を使うトレードと

レイヤー理論を 合わせ利益に変わる

高勝率なポイントで行い ます

ロジックですが形成されるチャート上のトレンドを

推測するため にマスターするテクニックです。

ライントレードマスタースクールの切り返しロジック

切り返し追従型ロジック

損切りを行うような場面でリスクヘッジするために

行いマイナスを取り返し利益に変えるロジックです。

環境が推測できない変動でも

複数のエントリーを組み合わせ

負けてしまうリスクを排除する仕組みを

繰り返し実践し損切り分の損失を取り返します。

ラインマスタートレードスクールのブレイクアウトロジック

戦略的ブレイクアウトロジック

エントリー時に損切りポイントを決め

ブレイクで 大きなpipsに変わる相場を狙い

利益を大幅に獲得します。

外れると大きな損失につながるリスクを軽減し

レイヤー理論で上手くいかない場合の損失を抑えます。

手法を 3つに分けチャート上のエントリーや ライントレードとは

環境認識を 細分化しています。

ライントレードマスタースクールの3つの理論

※3つの理論と手法を合わせ環境認識をマスターします

3つのトレード手法を説明すると

ライントレード

線を引くローソク足の起点とスパンを決定し、

正しい トレンドラインを引く方法を覚えます。

環境の変動に対し適切なトレードを行うための

仕組みとルールを学びます。

レイヤートレード

基本はチャート上に適切な

レジサポライン(水平線)を 引き

レイヤートレードの基本や引いた

レジサポ, トレンドラインの 有効性を合わせ

高勝率のポイントを絞ります

マスタースクールで学んだ

トレンドラインを合わせ レイヤードレード の基礎を

意識し条件に合った エントリーを行います。

ゾーントレード

エントリーの判断ができるベストなポイントを

更に絞り トレードの勝率と大きなpips獲得を目指します。

エントリーポイントを作り出し3つのトレードを

合わせトレンドの推測を正確に行います。

ロジックに相場を当てはめれば

勝てるというものでは ないので、

環境をわかり適切な トレンドでロジックを

当てはめ検証後、実践します。

相場の判断を正確に行い自分で裁量判断ができる

経験をマスターする仕組みです。

ライントレードマスタースクールの学習概念

※マスタースクールで学ぶ環境と手法の概念を説明しています

その後3つのロジックに当てはまる相場を自分で

判断を行い年間を等し利益を積み重ねます。 ライントレードとは

経験を積み重ねながら仕組みと環境認識が

理解できる評判のよい手法が身に付け

大きなトレンドが発生する相場や負けないポイントを

ロジックに当てはめ実践する内容です。

FX-Jin氏が伝えるラインを使う実践手法

自分で判断できる基礎から応用までの経験や知識を

実践を行いながら手法をマスターしますが

ライントレードマスタースクールのFX-Jin氏のトレードとは

※FX-Jin氏にポイントを教えてもらえる

マスタースクールで伝えるトレードとは

一般のトレーダーがどのような理論を活かし線などで

裁量で推測できる 経験を積み重ねるものです。

システム(サイン)で判断できない

環境の違いがある場合は 負けてしまう

と伝えています。

FX-Jin氏が伝えるライマスの引き方とは

※理論をチャートを使い実践ポイントを説明しています

手法を実践するには

チャート上のローソク足の並びや大きさ傾向などを

線を引き裁量取引を行います。

マスタースクールで学ぶ内容は

トレーダー理論を ライントレードとは 仕組みとして学び

指標であるトレンドラインや

レジサポライン(水平線)を一般のトレーダーが

引いている基準で引けるように理論を学びます。

ラインマスタートレードスクールのチャート

※チャート上に引かれた赤のラインの引き方をマスターします

取引できない相場や線を引く

起点がずれる 原因がわかり

変化を推測し決済や 損切りの

ポイントを判断できます。

実践を積み重ねながら結果をベースに

裁量判断でFX-Jin氏はトレードしています。

マスタースクールで学ぶ手法の評判を検証

ローソク足の並びではっきりと

トレンドが わかる相場を選び

トレンドラインを引く 仕組みが

重要だと伝えられています。

実践者が伝える手法の評判は

相場の見方と 変動を自分の裁量判断で

実践するための 知識と経験を身に付ける

トレードスクールだと伝えられています。

ライントレードマスタースクールの動画配信

※水平線の引き方もマスタースクール内のサイトを使い学びます

3ヶ月の間、取り組んだ実践で

どのような仕組みを学んで いったかという内容

金本氏が期間をとうし身に付けた経験が

ステップアップで動画配信される ので

金本氏の実践動画配信でどのような順序で身に付けるか

を覚えサポートを使いながら仕組みを学びます。

ライントレードマスタースクールのポータルサイト

※専用ポータルサイト内の動画やサポートを利用します

マスタースクールの評判は

ライン、レイヤー、ゾーンで分けた波が

どのように 変わるかという仕組みを学びますが

線の引き方がわかると

現在の相場の環境が変わり

トレンドがどのように続き どこで終わるか

が推測できるようになります。

マスタースクールで 伝える 裁量判断は

相場の環境を自分で理解し 実践します。

マスタースクールで身に付ける

ライントレードの違いとは

自分の好みのエントリーポイントを更に追求し

相場の根拠がわかると

勝率やpipsの獲得も 安定する 原則を

学ぶオンライン スクールです。

下記の画像をクリックすると マスタースクール

実践で使う引き方FX-Jin氏のトレード理論 がわかります

ライントレードマスタースクールの内容

無料プレゼント配布、特別情報提供

ただいま、 期間限定で無料プレゼントをお配りしております。

コメント欄に「 投資に対しての有益情報を提供 」などのコメントを

入力し フォームから メールアドレスの登録 をお願いします。

【MT4】何度も反発されて意識されるラインを自動描画するインジケーター

反発回数「4回」で設定されたチャート

EUR/USD(ユーロドル) 15分足

反発回数「3回」で設定されたチャート

ラインの許容値

AUD/USD(オージードル) 15分足

許容値「20」で設定されたチャート

ライントレードの許容値は、反発の判定の際に、どれくらい幅を持たせるかを表します。許容値のパラメーター「1あたり1pips」を表します。例えば、許容値20であれば20pipsまで反発に幅を持たせることができます。許容値が大きければ大きいほどラインを描画する基準が易しくなるため、水平線の本数が増えます。

AUD/USD(オージードル) 15分足

許容値「30」で設定されたチャート

無料ダウンロードはこちらから【MT4】

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

ライントレーダー向けおすすめインジケーター集

日時指定して過去チャートに飛べるインジケーター

サイクルや波動、エリオット向けのZigzagインジケーター

上位足を下位足に重ねて表示させるMT4インジケーター

反発ライン自動描画インジケーターまとめ

サイキックス

反発ラインインジケーターでは、過去何度も反発された、いわゆる「意識されるライン」を自動で描画してくれますが「意識されるライン」と「反発されるライン」は明確に違うので気をつけましょう。ライントレードの検証や自分が引いたラインとの照らし合わせにもお役立てください

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください。役に立ったと思ったらブログnoteのサポートをしてくれると嬉しいです。

コメントを残す コメントをキャンセル

【2022年4月】Benefit Duoの評判と戦績を洗いざら…

【MT4】上位足のローソク足を隣に設置するインジケーター

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる