FX口座開設

ローソク足の包み足とはらみ足とは

ローソク足の包み足とはらみ足とは
包み足の原理原則がわかったところで、実践的にバイナリーオプション取引で使う方法を見てみましょう。

【TradingView】包み足(アウトサイドバー)を自動検出するインジケーター11選!

Enable short/long Signals:チェックを入れると、包み足ブレイクアウトでのシグナル点灯を表記します
Trigger Pips:包み足を何pipsブレイクアウトすると、シグナル点灯とするか
Stop Pips:ストップロスの位置をピップスで指定。上昇ブレイクアウトでは「包み足安値-pips」、下降ブレイクアウトでは「包み足高値+pips」の位置にストップロスが表示されます
Show Stoploss:チェックを入れると、ストップロスの位置に十字マークを表記します

3.包み足検出機能付きEMA

4.包み足&はらみ足

このインジケーターは、 包み足とはらみ足 の2つのローソク足パターンを検出すると、「O」または「I」のラベルをチャートに表示します。

5.マルチプライスアクション

    ローソク足の包み足とはらみ足とは
  • ピンバー
  • 包み足
  • はらみ足
  • 進行方向にヒゲがほとんどないパワーバー

What % The wick of candle has to be:ピンバーのヒゲの長さがローソク足全体の何パーセント以上を占めているか
PBars Look Back Period to Dihine the trend of Highs and Lows:ピンバーの高値(安値)が過去何本の足の高値(安値)より高い(ローソク足の包み足とはらみ足とは 安い)と、ピンバーと認識するか

【FX手法】インサイドバー(はらみ足)取引戦略を紹介するよ! |その1

【FX手法】インサイドバー(はらみ足)取引戦略を紹介するよ! |その1

FXismデイトレ大百科

第 2 ローソク足の包み足とはらみ足とは 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

海外で人気のある『インサイドバー』とは?

日本では、米相場の時代(江戸時代)から「はらみ足」「はらみ線」などと呼ばれているローソク足パターンです。

インサイドバー(はらみ足・はらみ線)とは?

ご覧の通り、2番目のローソク足が1番目のローソク足の実体部分に完全に収まっている(含まれている)状態をインサイドバー(INSIDE BAR)と呼びます。

インサイドバー(INSIDE BAR=はらみ足)が形成されるタイミングによって、トレンドの加速や反転を示唆するチャートパターンとして知られています。

『Iロジック』

Iロジックは3本の連続したローソク足を使います。酒田五法では「はらみ足」として知られる形状をベースにしています。「はらみ足」はOロジックで使われている「つつみ足」の逆パターンです。

はらみ足

直後の足が一つ前の足の中にすっぽり入った形を「はらみ足」と呼びます。ちなみに『Global Dream FX』のロジックはもう少し複雑(細かなルールアリ)です。

引用:『Global Dream FX』は残念ながら『The Secret FX(シークレットFX)』の劣化版と言わざるを得ない

今回は、海外でも人気のあるインサイドバーを活用したプライスアクション戦略を紹介していきますね。

様々なインサイドバー(はらみ足)

形状はそれこそ無限にありますが、共通点は1番目のローソク足が2番目のローソク足を完全に飲み込んでいる点です。

【2022年6月版】優位性の高いFX商材 Best5

FXismデイトレ大百科

第 2 位

岡安盛男のFX 極

第 5 位

トレンド継続中に出現する『インサイドバー』で順張りENTRY

トレンドが継続中に出現するインサイドバーによる押し目買い&戻り売りです。トレンドが一時的に失速したタイミングでインサイドバーが現れやすく、順張り方向へ仕掛けるタイミングとしては絶好です。

  1. トレンドが継続中であること
  2. レートの伸びを阻止するサポレジラインが近接していないこと

上記2つの条件をクリアした中で「インサイドバー」が形成された場合、順張り方向へのENTRYチャンスとなります。

特に2番目の条件「レートの伸びを阻止するサポートライン・レジスタンスラインが近接していないこと」は必ずクリアしておく必要があります。

強いサポレジラインが近接しているならば、インサイドバーの出現がトレンドの終焉or反転を示唆している可能性があると考えられるため、順張り方向へのENTRYはリスクが高くなります。

上昇トレンド継続中における買いENTRY

上昇トレンド継続中に出現する『インサイドバー』

上昇トレンド継続中にインサイドバーが出現し、重要なサポレジラインが近接していないかを確認した上で、次足始値で順張り方向へ買いENTRYします。

バイナリーオプションで包み足を使ったエントリー方法をプロが伝授!

海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

まずはローソク足の基礎知識をおさらい!

包み足について理解する上では、ローソク足チャートを正しく理解して読めるようになっていることが欠かせません。包み足はローソク足のパターンの一つだからです。

そもそも「ローソク足」って何?

ローソク足とはチャートの表示方法の一つで、 一定期間の相場の4本値と呼ばれる始値・高値・安値・終値を一本の棒状の足で表現 したものです。

この ローソクを並べて相場の状況やトレンドがわかるようにしたチャートがローソク足チャート です。チャートの表示方法には色々なものがありますが、重要な4つの値を一目で理解できる点が優れています。

ローソク足の見方

始値:その期間における開始時の価格
高値:その期間中で最も高かった価格
安値:その期間で最も安かった価格
終値:その期間が終了した時の価格

ローソク足は「実体」と「ヒゲ」によって構成 されています。

ローソク足チャートではローソク足を2色で表現して値上がりしたか値下がりしたかを一目でわかるようにしているのが一般的で、 始値より終値が高いときは「陽線」、始値より終値が安いときは「陰線」 として区別します。

バイナリーオプション攻略に使える「包み足」とは

ローソク足の基本的な見方がわかったところで、包み足について理解していきましょう。

包み足は二つのローソク足の組み合わせ

包み足はローソク足を1本ずつ見るのではなく、 2本のローソク足を一組として考えます

ペアにしたローソク足を見たときに、 1本目のローソク足が2本目のローソク足によって包み込まれた状態 になっているときに包み足と呼びます。

陽線と陰線のどちらが先行していても包み足 です。ただし、陽線と陰線のペアができたときに、1本目を2本目が完全に包み込んでいない場合には包み足ではありません。

包み足の定義

条件①
陰線の高値と安値が前足の陽線の高値と安値を挟み込む形になっていること
条件②
陰線の終値が前の陽線の安値よりも低くなっていること

つまり、 包み込んでいることに加えて、次足で価格が大きく動いて終値を記録していないと包み足にはならない ということです。

バイナリーオプションにおける包み足の役割

包み足の定義がわかると使い方が気になるでしょう。その前にバイナリーオプションでの包み足の役割を簡単に解説します。

包み足は「転換のサイン」

チャートに出現した包み足は、平たく言えば 「相場転換のサイン」 です。

上昇から下降への転換サイン

このように、 高値圏で陽線から陰線に移る包み足が発生したときには、上昇から下降の方向に変わる と予想できます。レジスタンスラインを目安にすることが重要なポイントだということも頭に入れておきましょう。

下降から上昇への転換サイン

チャートを見て下降傾向があるときにサポートラインを引きます。そして、サポートライン付近の 底値圏で陰線から陽線に移る包み足が出現したときには上昇傾向に転じる と予想できるのです。

といった 意識されやすいところは反発ポイントになる 傾向があります。

包み足が転換のサインになり得る理由


図の中の青で囲んだのが包み足、黄色で囲んだ部分はイメージ上の包み足における価格推移とお考えください。

この価格推移を「ダウ理論」に基づいて考えると、 下から2本目の点線部分は「押し安値」にあたり、次足の陰線はその押し安値をブレイク して価格が下落しています。

ダウ理論の基本原則6では「押し安値をブレイクした時点が相場の転換点」 と捉えているので、理論的にも正しい解釈と言えるのです。

包み足が有効な場面

基本的な考え方として、 長期の時間足で見ていて包み足が出現したときほど信頼度が高い というのはまず押さえておきましょう。

1時間以上を目安として4時間足や1日足などで包み足が発生すると、多くの機関投資家やトレーダーが見ています。一般的に大きな為替取引をしている 機関投資家は1時間以上の長期足で判断している傾向があるため、投資家心理が強く反映されるのは長期足 だと考えられるのです。

ただ、実際にはバイナリーオプション取引の場合には短期の時間足で分析したい場合が多いでしょう。 短期の時間足で包み足が発生したときにも 長期の時間足を見て有効性を確認 するのが効果的です。

バイナリーオプションで包み足を活用したエントリー方法

包み足の原理原則がわかったところで、実践的にバイナリーオプション取引で使う方法を見てみましょう。

安値をブレイクした瞬間にエントリー

包み足が発生したときに安値を見てみます。その 次足で安値をブレイクしたときにエントリーすると予想が当たりやすい のです。安値をブレイクしたタイミングは図の横向きの矢印のポイントで、これから反発を起こすと予想することができます。

ただ、次足が始まって包み足が確定した瞬間にエントリーするのは大きなリスクを伴います。そこで、 包み足の陰線の安値をネックラインとして扱う のも効果的な方法です。

ネックラインを次足でブレイクしたときには反発が起こる ローソク足の包み足とはらみ足とは と予想されます。ここでエントリーすれば包み足が確定したタイミングでエントリーするよりも勝率が高くなるでしょう。

このようなエントリー方法では取引時間の選択が重要です。短い時間の反発を狙うエントリーになるので、長すぎても短すぎても失敗するリスクがあります。総合的に解析しないと一概には言えませんが、 5分~10分後の判定時刻を選んでおく のが無難です。

移動平均線をまたいだ瞬間にエントリー

移動平均線をローソク足が上から下にまたぎ、続く陰線が移動平均線をまたいで包み足になったときにはエントリーポイントを示唆しています。 平均的な値動きから判断して上昇傾向があったのが下降傾向に変わった と判断できるからです。

バイナリーオプションの包み足は騙しに注意!引っかからないための対策

バイナリーオプション取引では騙しによる問題がしばしば起こっています。包み足によるエントリーポイントの判断でも騙しによって失敗しているケースが多いので注意が必要です。

包み足の騙しが発生するポイント

包み足が発生したときに騙しが起こる典型例として 「レジスタンスラインやサポートラインをチャートが突破した」 というケースがあります。反発ポイントになるはずのラインだと理解している人が多いですが、トレンドが強くなったときにはレジスタンスラインやサポートラインを越えることもあり得るのです。

騙しを見抜くための対策方法

騙しを見抜くにはいくつかのアプローチがありますが、 もっとも効果的なのはインジケーターを使う方法 です。

ローソク足チャートだけ見て判断できれば簡単なのは確かですが、得られる情報は限られてしまっています。特にトレンドの転換を予測できるのが包み足のメリットとして考えると、その 根拠を固めるためにオシレーター系インジケーターを併用する のが合理的です。

オシレーター系インジケーターは転換点の予測に使いやすいものが多いので、1つか2つは見てみて根拠を増強しましょう。包み足が発生してトレンド転換が起こると考えられても、 インジケーターでサポートする情報が得られなかったときにはエントリーを控える ローソク足の包み足とはらみ足とは のが無難です。

他にもある!バイナリーオプションで使えるローソク足の組み合わせ

包み足はわかりやすいのでチャート分析ではよく用いられていますが、ローソク足の組み合わせによる分析手法は他にもたくさんあります。

包み足を理解できた人は、はらみ足も使いやすいでしょう。端的に言ってしまえば、 包み足の逆パターンがはらみ足 です。

かぶせ線・切り込み線

かぶせ線と切り込み線は包み足とはらみ足と同じようにペアで考えることができるローソク足の組み合わせパターンで、 トレンド転換が起こるサイン になります。

天井打ちを起こすと言われているのがかぶせ線の特徴で、これから価格が下がり始めることを示唆しています。今までは 上昇の勢いが強かったものの、トレンドが転じて売りの勢いが強くなった ことが読み取れます。このサインはLOWでエントリーするのが定法です。

毛抜き天井・毛抜き底

毛抜き天井と毛抜き底もペアで考えられるローソク足の組み合わせで、 トレンド転換のサイン となります。

毛抜き天井は高値圏でローソク足が同じ値の高値を示しているケースを指します。特に長期にわたって上昇トレンドがあったときには、 これ以上は高値になれない 状況が来たことを示しており、トレンドが転換して値下がりを起こすのが一般的です。バイナリーオプションならLOWエントリーのサインになります。

毛抜き底は毛抜き天井とは逆で、隣り合う2本のローソク足の安値が同値を示すものです。下降トレンドが続いた底値圏で毛抜き底が出現すると、 もうこれ以下には値下がりできない という状況であると同時に値上がりする可能性が高いことが予想されます。バイナリーオプションならHIGHエントリーのサインです。

赤三兵・黒三兵

安値圏において発生する3本の連続した陽線で、 上値も下値も徐々に上がっていく 様子を示しています。上昇傾向の初期段階なのでHIGHエントリーのサインですが、3本目の上ヒゲが伸びているときには買う動きがあまり強くないので注意が必要です。この場合には騙しになってしまうリスクが高いのでエントリーを避けましょう。

黒三兵は赤三兵の反対です。相場の高値圏で出現する3本の連続した陰線で、 高値から下がり始めている 様子を示しています。騙しの傾向も基本的には同じなので、3本目の下ヒゲが伸びていないのを確認してLOWエントリーのサインと判断しましょう。

窓は空や穴とも呼ばれているローソク足のパターンで、 隣り合うローソク足の安値と高値が離れている のが特徴です。

市場で取引されていない時間に突発的な政治経済の動きや自然災害が発生してニュースが出たときなどに出現する場合があります。特に現れやすいのは、 市場が長く閉じている週明けや重要な経済指標が発表された後 です。

星は窓の応用とも呼ばれているもので、十字線や小さなローソク足が発生していて、その前後に異なる方向の窓がある状況を指します。「明けの明星」と「宵の明星」の二つのパターンがあり、どちらも トレンド転換のサイン になります。

明けの明星は、まず陰線の後に下向きの窓が生じて星が発生し、陽線の後に上向きの窓ができて再び陽線が生じるというパターンです。安値圏で明けの明星が出ると下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示します。 3つ目の陽線が確定すると上昇トレンドが発生しやすいのでHIGHエントリーのサイン と考えられます。

宵の明星は陽線、上向きの窓、星、陰線、下向きの窓、陰線という形で、明けの明星と正反対になります。高値圏で宵の明星が出たら上昇から下落へのトレンド転換が起こるのが通例です。 3つ目の陰線が確定したら下落の可能性が高いと考えてLOWエントリー を検討しましょう。

バイナリーオプションをローソク足で攻略する最短最速の方法

今回ご紹介した包み足も含め、ローソク足チャートはテクニカル分析の基本です。その歴史はとても古く、江戸時代の米相場の予想から用いられてきたといいます。日本らしい名前の付いたローソク足の組み合わせがたくさんあるのはそのためなのです。

ただ、その奥深さゆえになかなか使いこなせない人もいます。 エントリーしていいタイミングかどうかを的確に判断できるようになるには知識も経験も必要 です。

ローソク足によるバイナリーオプション攻略法を早く確実にマスターしたいなら、 すでにテクニカル分析で成果をあげているプロのトレーダーに習う のが得策でしょう。

LINEにご登録いただけた方には、 オープンスペースでは未公開のノウハウ を特別にお教えしています。以下の画像をクリックして、ぜひ限定情報をお受け取りください。

ローソク足の包み足とはらみ足とは

為替チャートのテクニカル分析はバイナリーオプショントレーダーの必須スキルです。

歴史あるものだけに、 奥深く学びがいがあるのがローソク足 です。そのノウハウを習得したいなら、ぜひ私のLINEにご登録ください。将来的にもっと幅広い知識やテクニックを身につけられるよう、様々な情報をお届けします。

キーリバーサルとは?トレンド転換の捉え方・包み足やはらみ足との違い

キーリバーサルとはなにか解説

キー・リバーサル・デーという用語は、かなり誤解されている。

ワン・デー・リバーサルはすべて潜在的にはキー・リバーサル・デーになりうるが、実際にそうなるのはごくわずかなものである。

ワン・デー・リバーサルの多くは、トレンドの一時的な小休止にすぎず、その後はまたトレンドに沿った動きとなるものである。

キー・リバーサル・デーは重要なトレンドの転換点となるものではあるが、その事実は、実際に価格が今までのトレンドと全く逆の動きをみせたあとになって初めて事後的にわかるものなのである。

為替の値動きがわかってから後付したのがキーリバーサル

しかし実際キーリバーサルが発生してトレンド転換する確率は高いので、「トレンド転換する可能性があるかも?」と考えて問題ありません。

キーリバーサルと包み足・はらみ足の違い

包み足とは?

包み足

ローソク足のヒゲで包むという状態ではなく、実体で大きく現れている状態なので強い反発状況を捉えることができます。

はらみ足とは?

はらみ足

キーリバーサルや包み足のように強いトレンド転換のサインではなく、トレンドが弱くなってい状況を表しています。

キーリバーサルのトレンド転換サインはMT4インジケーターで検知

MT4にはキーリバーサルのようなプライスアクションを検知するインジケーターがあります。

キーリバーサル以外のプライスアクションも検知できる

プライスアクションpro

abc-FXが作った「プライスアクションPro」は7種類のプライスアクションを自動で検出することができます。

キーリバーサルはトレンド転換を読み取るサイン

年に数回起きるか起きないかレベルなので、発見した人はラッキーと思いエントリーしてみましょう

狼狽売りとは?正しい損切りとの違いや暴落した時の見極め方を解説

FXの損益計算(利益計算)方法は簡単?トレード実例から計算のやり方を初心者でも分かりやすく解説

RANKING

trayaout

  • 当サイト限定53,ローソク足の包み足とはらみ足とは 000円キャッシュバック
  • 収益率160%超
  • FX取引高世界一
    ※ファイナンス・マグネイト社調べ2020年1月~2020年12月
  • 最大30万円キャッシュバック
  • 最短即日取引

外為オンライン

gaitame

  • ユーザーの9割が利益を出す圧倒的な実績
  • 15万円キャッシュバック

Category

【免責事項・取引リスク】『ユアFX』における情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、会社やツールの評価に関する正確性・信頼性等について100%保証するものではありません。 掲載されている情報はFX投資を検討している方などに向けた有益情報の提供を目的としており、FXへの勧誘を目的としたものではありません。 また、掲載しているFX会社などの評価・ランキングは、8つの項目をもとにした総合評価を算出した上で作成しています。 ただし、ランキング上位のFX会社などの安全性を100%保証するものではありません。 当サイトは投資家が自分の意志に基づいた最適な取引を実現できることをミッションに掲げており、記事情報に基づいて被った損害に対して、弊社や情報提供者・監修者は一切の責任を負いません。また、『ユアFX』の掲載情報を複製、販売、加工、再利用することを固く禁じます。

【はらみ足】ローソク足分析サインツール|無料MT4インジケーター

はらみ足は、前足を完全に包み込んでいるわけですから、前足の高値も安値もブレイクできるほどの方向感がないことを表します
トレンド時にはトレンド終盤のサインとして度々出現し、「徐々にトレンド方向への圧力が働かなくなっている」と判断することができます。
はらみ足インジケーターでは、ローソク足1本単位でのはらみ足のみ算出していますが、強いファンダメンタルズや経済指標による影響で発生した急騰が何本かのローソク足を包み込む「チャートパターンとしてのインサイド」も存在します。

サイキックス

「Saikix-Intside.ex4」は矢印型のインジケーターなので使い方は、基本矢印に従うだけです。このサインツールはあくまでもエントリー補助用/検証用/目安としてご利用ください。

クリックするとダウンロードできます。
(サイト内完結、登録不要)

  1. インジケーターをダウンロードし、コピーする(ex4かmq4)
  2. MT4内部フォルダの「Indicator」フォルダを開き、ペーストする(MetaTrader4→MQL4→Indicators)
  3. MT4を再起動する
  4. 右上メニューバー「挿入」→「インディケーター」→「カスタム」→「いれたいインジケーター」を選択し、導入完了

インサイドバー(はらみ足)とよく一緒に使われるのが、「包み足(つつみあし、アウトサイド)」です。プロの投資家が絶対見逃さないとさえ言われています。前足を現在足がつつみかぶさっている「包み足」はレンジ相場のブレイクアウト、相場の反転を示唆します。包み足逆張りツールでは、自動で包み足の発生を検知し、教えてくれます。

サイキックス

包み足(アウトサイド)に比べ、はらみ足(インサイド)を意識している人は少ないですが、インサイドは重要なプライスアクションです。
さらに言えば、 バイナリーの場合には「はらみ足」の方が重要と考えています。 ローソク足の包み足とはらみ足とは
ぜひSaikix-Inside.ex4を使ってローソク足分析を行いましょう

サイキックスオリジナルインジケーターなので「ここをこうしてほしい」といった要望や改善点などがあればお気軽にLINEしてください
また役に立ったと思ったらブログnoteにいいねしてくれると嬉しいです。

コメントを残す コメントをキャンセル

【包み足】強いプライスアクションを描いた時にサインを出すインジ…

【高確率反発】ピンバー発生で逆張りサインを出すインジケーター|…

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる