オプショントレーダー

自動取引の定義

自動取引の定義

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please click on the "I 自動取引の定義 confirm that I have read and 自動取引の定義 understand the above information" link at the bottom of the page to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares 自動取引の定義 of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products 自動取引の定義 or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services in any jurisdiction in which such distribution or offer is not authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of 自動取引の定義 the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute an offer to sell or the solicitation of an offer to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website is not made or directed to any person in 自動取引の定義 the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

トレーディングプラットフォーム

img6

データ(Data)、自動化(Automation)、コントロール(Control)。これらはモダンなトレーディング業務の中心にあり、コアとなる3つの思想です。Quod Financial は適応型執行プラットフォーム(Adaptive execution platform)を導入し、執行判断に活かせるデータ、自由度の高い自動化機械取引及びこれらの機能の完全なコントロールをトレーダーに提供いたします。

データ(Data)

自動化(Automation)

コントロール(Control)

取引全体レポート(Full Execution Reports)

img9

流動性探求アルゴリズム

取引・売買執行アルゴリズム

取引・売買執行アルゴリズムは指定した取引目標や執行目標を達成するよう設計されています。市場インパクト・アルファ創出も行います。マーケットインパクト低減ストラテジー例:TWAP、VWAP、Participation/PoV、Arrival 自動取引の定義 Price、Last Look Smoothed or Pair Trading (Alpha)。取引売買執行アルゴリズムは Quod やお客様による設定やカスタマイズができます。また、Quod のアルゴと同様に、一つ一つの執行判断はクリアにアウトライン化され、リアルタイムの市況に基づき、アルゴリズムの動作修正を行います。

自動化/ワークフローアルゴリズム

img10

注文管理システム - Order Management System -

オーダールーティング

マルチアセット注文と呼値管理
ルールに基づいた検証
マルチアセット・プリトレード・リスク
ロータッチ型FIX注文管理とFIX管理
ルールベースのダイナミックルーティング:AdVに基づいたルール、市場(LP)与信限度、市場データルールなど
ブローカーアルゴリズムのフルサポート
IOI / 両サイドクォート算出・管理

ポジション管理

マルチアセット運用の日中ポジション管理:FIFO(First In, First Out)方式、LIFO(Last In, First Out)方式、時価会計
プリトレードリスク管理:NOP(Net Open Position)方式、DSL(Daily Settlement Limits)方式、ペンディング注文、注文サイズ、注文率、銘柄毎の注文レート。
サードパーティリスク/サードパーティミドルオフィスシステムとのリアルタイム連携(インテグレーション)

ETF/バスケットの設定とウェイト(値洗い方式)管理計算とリバランスの自動化
プログラムの管理
Excelとのリアルタイム連携

計らい注文管理

カスタマイズできるマルチロケーション注文管理
フォロー・ザ・サン運用の許可、注文管理の引継ぎ
自由度の高い計らいワークフロー
グループ化、分割、マッチング、マニュアル執行
注文発注

ミドルオフィス機能

複雑なアロケーションと端数管理
プリトレード/ポストトレード・アロケーション 自動取引の定義
通貨や受渡日による取引ネッティング(FX)
コンファメーション / ブッキング
手数料管理モジュール

img11

スマートオーダールーティング - Smart Order Routing -

スマートオーダールーターの役割

変数、設定値の例

価格
コスト
ブローカー・取引所選択(及び制限)
ヒット率
ボラティリティ
約定率
レイテンシ
市場別限度の設定(FX)
ポジション(デリバティブ)
ラストルック
流動性追求(見えない流動性)
市場の厚みレベル
拒否率
マーケットインパクト
取引コスト
内部クロス(インターナルとパブリックを同時に用いた執行も可能)

最良執行機能、コンプライアンスとストラテジック執行

Quod 最良執行機能は、パワフルな最良執行レポート機能を備えており、執行決定プロセスの段階ごとに詳細な説明をご提供します。また、売買執行パフォーマンスの評価のために、イベント発生時の市況、判断ごとのブレイクダウン、ベンチマークも合わせて提供いたします。規制コンプライアンスと同様に顧客やトレーダーにとって重要な情報を提供する必要不可欠なツールです。
執行ストラテジーや取引コストの継続的なレビューは、執行パフォーマンスと収益性のためのデータとインテリジェンスになります。これには市場パフォーマンスのような詳細な分析を使用しています。このデータはアルゴリズムのパフォーマンス向上にも利用されます。

ループイフダンとは?

なぜメリットがあるかと言うと、最大ポジション数×値幅で算出された値が、自分で決めた想定変動幅を満たさなかった場合、損切りなしの場合、最大ポジション数×値幅で算出された値を超えた範囲の値動きにループイフダンは対応できません。
損切りありの設定なら、価格を追従していくので、ループイフダンの運用を継続できます。
しかし、損切りが多発しないように注意しましょう。
気になる人は「リスク3 損切りが多発しないように気をつける」をチェックしましょう!

1年間で何本のループイフダンを利用したの?

自動取引の定義自動取引の定義自動取引の定義 自動取引の定義 自動取引の定義
第1位 4本 9%
第2位 2本 9%
第3位 3本 8%
第4位 5本 8%
第5位 6本 8%

1年間で何種類の通貨ペアを利用したの?

自動取引の定義
第1位 4通貨ペア 12%
第2位 3通貨ペア 11%
第3位 2通貨ペア 11%
第4位 5通貨ペア 10%
第5位 6通貨ペア 9%

複数のループイフダンを運用してリスク管理をしている人が多いニャ!

3ステップの簡単な設定

ループイフダン

① システムの種類が多すぎて何を選んでいいかわからない・・・
② 設定が複雑でどう設定したらいいかわからない・・・
③ どういうロジックなのかわからなくて不安・・・

スプレッドで差がつくコスト

ループイフダン

少額から始められる!

ループイフダン

業界最高水準のスワップポイント

ループイフダン

スワップポイントでの収益はFX取引の大きな魅力の一つです。
但し、スワップポイントを狙った運用であってもFX取引であることに変わりはないので、レートが下がると為替差損が発生します。
どうせなら、スワップポイント益と為替差益の両方を得たいですよね。そこで、スワップポイントを狙った運用を検討している方にもループイフダンはおすすめです。
なぜなら、ループイフダンは常にポジションを保有しながら、システムが自動的に利確決済を行ってくれる為、スワップポイントと為替差益の両方の利益を狙うことができるからです。
なおかつ、アイネット証券では業界最高水準のスワップポイントを提供しているので、利益に大きな差が出ます!

通貨ペア毎に異なるスワップポイント。米ドル/円の買→9円 トルコリラ/円の買→45円 メキシコペソ/円の買→80円 南アランド/円の買→100円

ループイフダンB10(MXN/JPY)を10万通貨で運用した場合、3か月の利益は為替差損益と合計で48,790円。その内スワップポイントは9,440円。運用期間が長いほど結果に大きく影響します。

  • 米ドル/円、トルコリラ/円は1万通貨あたり、メキシコペソ/円、南アランド/円は10万通貨あたりの買いスワップポイントです。売りポジションでは支払いとなります。
  • スワップポイントは各国の金融情勢等により、日々変動致します。
  • 各営業日の取引時間終了時に保有中のポジションに基づいてスワップポイントを付与致します。
  • スワップポイントが予告なく変更される場合がございますので予めご了承ください。変更により、「受取」から「支払」へ転向する可能性がございますのでご注意ください。
  • スワップポイントは2022年1月~3月の平均値です。(当社調べ・当社実績値)
  • ループイフダンB10(MXN/JPY) 10万通貨で運用した場合の実績はデモ口座で運用した結果となります。

ループイフダンをもっと詳しく

ループイフダン

ループイフダンで
デキること、デキないこと

ループイフダンを
始める前に知っておこう!

売買タイプについて
設定値幅について
選べる通貨は全部で20種類
損切り設定とは

損切設定あり 最大ポジション数を超えるポジションが発生した場合、損切して新たに買います

損切設定なし 最大ポジションに到達すると新規注文の発注が止まり、損切せずに保有し続けます

ここは気をつけたい!
ループイフダンのリスク!!

含み損は回避できない

ループイフダンBタイプは相場の下落時、Sタイプは相場の上昇時に含み損が発生します。

含み損に関する記事を見てみましょう!

ロスカットにならないように値幅の選択に気を付ける

自分の投資資金やスタイルに合った値幅を選択しましょう。
10銭幅や20銭幅など、ループイフダンで狭い値幅の場合、当初の想定と異なる相場変動があった際に、多くの含み損を抱え、ロスカットされる可能性が高まります。 リターンだけでなく、リスクも頭に入れておきましょう。

値幅設定について 積極的に取引していきたい場合は小さい値幅、余裕を持って取引していきたい場合は大きい値幅を選択しましょう。小さい値幅ですと利益が積み重なりやすいですが、下落時はロスカットのリスクが高くなります。それに対して大きい値幅ですと、利益は少ないですが、必要資金も少なくて済みます。

資金に合わせた値幅を選択しましょう!

損切りが多発しないように気をつける

直近の値動きだけに注目してしまうと長期の変動リスクに耐えられません。

変動リスクに対して必要な資金を把握しておきましょう!

ループイフダンのお取引でよく使う用語

想定変動幅

為替相場がどの位の範囲で変動するかのレンジを指します。
あらかじめ想定変動幅を決めて、その範囲でロスカットや損切りが発生しないようにするか、損切り設定をありとして相場を追従させるようにするかでリスク管理の方法が異なります。
想定変動幅を知るにあたっては、レート変動幅確認表を参考にしてください。
例えば、米ドル円の過去5年のレート変動幅は約20円です。
中長期でループイフダンを運用するなら20円の変動はありえることを知った上で、運用を開始しましょう。

必要目安資金

ループイフダンを運用するにあたり必要な運用資金の目安です。
ポジションを最大数保有した場合の取引証拠金と含み損額の合計となります。
ループイフダンの設定画面に表示されますが、事前にホームページにて確認することができます。

最大ポジション数

ループイフダンの運用中に保有するポジションの最大数のことです。
設定値幅と最大ポジション数を掛け合わせることで、ループイフダンの注文範囲を知ることができます。
例えば、ループイフダンB50(50銭間隔)で最大ポジション数を40と設定した場合は、50銭✕40=20円の範囲で注文が繰り返されることになります。
自身で決めた想定変動幅と、ループイフダンの注文範囲を比べて、想定変動幅が注文範囲以下の場合は、注文間隔を広げたり(例:B15からB50に広げる)、最大ポジション数を増やすことで想定変動幅を満たすことができます。 また、想定変動幅に満たない場合であっても損切りありの設定で価格を追従していく方法があります。

よくあるご質問

Q. 口座開設や取引をするのに手数料はいくらかかるんだろう? A. 口座開設や取引に手数料はかかりません。「0円」です! Q. いくらから始めることができるのかな? A. 1万円でもはじめることはできますが、ループイフダンで継続的に運用するには10万円位から始めるのがおすすめです! Q. ループイフダンではどんな通貨を選べばいいの? 自動取引の定義 A. 米ドル/円や豪ドル/円が人気ですが、最近は豪ドル/ニュージーランドドルは値動きがループイフダンに向いていると大人気です!また、メキシコペソ/円はスワップポイントも期待できることから人気があります! Q. ループイフダンってなに? A. ループイフダンは、FX自動売買のシステムです。一定値幅レートが動いたら自動で売買を繰り返すだけの「わかりやすい取引」です。設定はとても簡単なので、投資ノウハウがなくても、誰でも始められることができます。 Q. FX自動売買の特徴は? A. FX自動売買は、あらかじめ決められたルールをもとにシステムが自動で売買を行ってくれるものです。日々変動している為替相場ですが、FX自動売買を利用すれば、仕事中や睡眠中でもルールに従って売買をしてくれるので、取引タイミングを逃さずFX取引をすることができます。

【株式投資】人工知能(AI)による株取引のメリットと注意点

【株式投資】人工知能(AI)による株取引のメリットと注意点

・自動取引
指定した株価になったら買うまたは売る取引方法。株式投資は利益を上げると同時に、いかに損失を少なくするかが大事であり、個人の推測や情に流されずに売買を実行する方法として有益である。現在のところ、個人の行う取引において、AI(人工知能)を使った自動売買の仕組みは一般に採用されていないものの、株価の予測や動向予測においてAIを活用した分析・レポートを行い、売り時や買い時のアドバイスをしたり、ポートフォリオ構築の一助を担うサービスが導入されている。今後は取引そのものへのAI導入の可能性も注目を集めている。

・株価予想
個別銘柄の株価がこの先上がるか下がるかを予想するサービス。専用ソフトが多数リリースされている。無料で利用できるものから3万円程度かかるものまで、コストは異なる。過去の株価やチャートなどを重視する「テクニカル型」と、ファンダメンタルズやニュースなどテクニカル以外の要素を重視する「ファクター型」に分かれる。テクニカル型は予測結果が頻繁に変わる点がデメリットだ。

・顧客対応
証券会社では、チャットボットを利用して各種手続きや口座開設などへの問い合わせに対応している。コールセンターへの問い合わせは、混みあっている場合に待たされることがあるが、チャットボットならチャットで自動的に会話できるので待ち時間を短縮できる。

・不正検知
株取引で最も心配なのがセキュリティの問題である。金融業界では不正検知やサイバー攻撃防止に人工知能(AI)を活用している。人工知能(AI)が顧客のお金の流れを分析し、人間では気づかないパターンの変化を検知する仕組みだ。

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

実はカンタン!CFD解説③自動でリスク軽減!損失を限定する自動ロスカットとは?

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。 自動取引の定義
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。 自動取引の定義
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる