株初心者向け

海外FX スリッページについて

海外FX スリッページについて
ここまで、約定力が高い業者を紹介してきましたが、 BigBoss(ビッグボス) や HotForex(ホットフォレックス) は約定速度は遅いものの、滑らずしっかりと約定するので、これら2社も安心して利用できるおすすめのFX業者です。

海外FX業者のスリッページを比較&ランキング!スリッページしにくい事のメリットやおすすめ業者も合わせて解説

海外FX比較

スリッページについて

スリッページの概要

スリッページとは、取引における 想定注文価額(注文したい値)と実際約定価額のズレ のことを指します。俗に「注文がすべる」と表現されたりもしますね。

約定した時点ではこのスリッページが有利に働くか不利に働くかはわかりませんが、少なくとも狙い通りの価格で注文ができなかったという点では、トレードの自由度を下げます。さらに 取引量が多いトレーナーほど、スリッページの影響を大きく受けやすいため 、少しのスリッページでも大きな損失につながる可能性もあるということは理解しておく必要がありますね。

スリッページ発生する原因

  1. FX業者のサーバースペック
  2. 海外FX スリッページについて
  3. 通信速度
  4. 提携しているLP(リクイディティプロバイダ)の数や質

まずサーバースペックについてですが、FX業者は常に世界各国のトレーダーから大量の注文を受けており、それらの注文をいかに捌けるかは、使用しているサーバーのスペックに左右されます。スペックの低いサーバーを使っている業者であれば、取引の活発な時間帯等では、 サーバーの処理が間に合わず、トレーダーの注文と約定までにタイムラグが発生しやすくなります

この通信速度は、トレーダーやFX業者が使用している回線と、サーバーがどこに設置されているかという地理的な問題に起因します。インターバンク市場の金融機関が設置しているサーバー、FX業者が設置しているサーバー、トレーダーのサーバーの ロケーションが近ければ近いほど、通信は早く伝達されるためタイムラグが発生しにくくなります

さらに提携しているLP(リクイディティプロバイダ)の数や質も重要です。LPとは、FX業者に対して為替レートの元となる価格を提示する金融機関などのこと。つまりLPの数が多いFX業者ほど、提供される為替レートも多くなり、流動性が高まるということですね。流動性が高まると 注文マッチングの可能性が高まりますので、高速約定につながります

スリッページの発生原因と防止対策を徹底解説!

まずはスリッページとはどんなものなのか、簡単にチェックしておきましょう。

注文レートと約定レートのズレ

スリッページはトレーダーの実質コストになる

スリッページが発生しやすい条件とは?

条件1|相場の急変時

条件2|流動性が低い相場

条件3|約定力の弱い業者を利用するとき

注文方式ごとのスリッページの違い

DD方式のスリッページ

NDD方式のスリッページ

スリッページを防止するには

NDD方式のFX会社を利用する

スリッページ許容幅を設定する

これでスリッページ許容幅の設定が完了です。

comment コメントをキャンセル

FXで「負けている」と思ったら確認したい5つの原因と改善策
勝ち組トレーダーとは?PDCAを回し期待値をプラスにする売買を繰り返す人間

海外FXは金融庁から認可を得てないから違法になる!?知らなかったでは済まされない大切なお話をします

当ページを読んで分かること 海外FX業者は本当に日本の金融庁の許可を得ていないのか 海外FX業者を利用したら違法になるのか 海外FX業者を利用する場合の注意点 海外FX業者を利用する主なメリット .

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる