FX初心者

ファイナンスでは、スリッページとは何ですか

ファイナンスでは、スリッページとは何ですか
Sirius FinanceはAstar Incubation ファイナンスでは、スリッページとは何ですか Programなので、資金調達、マーケティング、流動性供給、将来のパートナーシップなど、Astarの最高のリソースでバックアップされることになります。

DeFi(分散型金融)でのMoney Legoの実践

DeFiの一番目新しいイノベーションと言える無担保融資のFlashLoanは、去年の相次いでいたアタックでブロックチェーン界隈の方々に知られて、アビトラ、異なるレンディングプロトコル間の担保品のスイッチ、同一レンディングプロトコルでの担保品のスワップ、レンディングプロトコルでの自己清算(Self Liquidation)など、色々な方面でFlashLoanが活用されています。FlashLoanはMoney Legoを戯れる最強武器だと思っています。

1.「DeFi(分散型金融)でのMoney Legoの実践」の発表資料

2.発表資料への補足

DeFiモデル

アメリカ邦準備制度理事会(FRB)の地区連邦準備銀行であるセントルイス銀行(St. Louis Fed)が、DeFiに関する調査レポートを公開しました。中央集権型の銀行側の出したDeFiのレポートだからこそ、参考価値があるかと思います。

レポートでは、DeFiエコシステムには4つの機会と6つのリスクがあると書いてあります。Efficiency(効率性)、Transparency(透明性)、Accessibility(アクセス可能性)、Composability(構成可能性)のは機会です。一方、Smart Contract Execution(スマートコントラクトの実行)、Operational Security(オペレーションセキュリティ)、Dependencies(依存性)、External Data(オラクル)、Illicit Activity(不法活動)、Scalability(安定性)はリスクとして挙げられました。DeFiのリスクをクリアできれば金融業界にパラダイムシフトを起こすと結論づけました。

DeFiレゴ(DeFi Lego)

今回のセッションでは、DeFi Legoの基本のパーツ、DEXとLending Marketを主に解説していました。アセットマネジメント、デリバティブ、アグリゲーターなどのプロトコルは時間の都合で割愛させて頂きました。

流動性プール(Liquidity Pool)

LPトークン(Liquidity Provider Token)

LPトークンがプロトコルに返却され、焼却(burn)されることと共に、流動性プロバイダーに元金と利子を送ります。ですから、有利子派生トークン(interest-bearing derivative tokens)とも呼ばれます。

債権者の嫌がらせに対処する方法

債権者の嫌がらせは、法案収集者が違法な方法で債務を回収しようとしたときに発生する可能性があります。 債権者に代わって行動する場合、これらの収集エージェントが従わなければならない特定の法的手続きがあり、通常、彼らの境界を越えることは嫌がらせと見なされます。 一般的な例には、迷惑な電話、脅迫状、またはその他の不要な通信が含まれます。 一部の債務者は、違法な債権回収の行為に対して債権者に対して法的措置を講じることができます。 債権者の嫌がらせに効果的に対処するには、自分の法的権利について自分自身を教育し、弁護士に相談することを検討する必要があります。

債権者とその代理人は、債権回収を試みる権利を持っていますが、特定のルールに従ってのみ行うことができます。 その権利の乱用は嫌がらせを構成することができます。 たとえば、請求書のコレクターは、借金を集めようとするときに、しばしば人々の家や職場に電話をかけます。 会話中にわいせつな言葉を使ったり、債務者を逮捕、物的損害、またはその他の個人的な危害で脅したりします。 徴収人に嫌がらせの声明を出すことに加えて、請求書の収集者は、返信先で単語コレクションを使用するなど、郵送用の封筒に屈辱的な情報を含めることができます。

いくつかの国では、債務者の権利を保護する法律が制定されています。 米国では、公正債務回収法と呼ばれる連邦法により、債権者の嫌がらせの被害者に一定の法的救済が認められています。 特定の債権者に代わって債務を回収することを目的とする明示的な声明が含まれていない限り、ほとんどの電話や手紙は嫌がらせと見なされます。

債権者の嫌がらせには、実際にそうするつもりがないのに訴訟を起こすと脅迫している法案コレクターなどの虚偽の陳述も含まれます。 債務者の雇用主に連絡するなどの脅迫的または扇動的な発言も禁止されています。 一般に、債権者には、第三者に債務を通知する法的権利はありません。 封筒を含む彼らの通信は、債務者を屈辱したり脅迫したりすることは想定されていません。

多くの米国の州には、州の債権者に対する嫌がらせ法もあります。 ハラスメントに対処するための1つのオプションは、弁護士に相談することです。 弁護士は、債権者または回収業者に手紙を送り、債務者とのすべての接触をやめるよう依頼することを勧めます。 場合によっては、債務者が債権者を損害賠償請求する資格がある場合があります。 徴収人からの電話を知らずに録音することが合法である州では、債務者は嫌がらせの証拠を取得し、消費者の苦情を連邦取引委員会(FTC)に提出できます。 別のオプションは、債権者と債務を決済することです。 ほとんどの場合、被害者は通常、すべての通話を記録し、書面による連絡をすべて保存することをお勧めします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる