成功させるコツは

暗号通貨に冬の時代到来か

暗号通貨に冬の時代到来か
※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。

2003年京都大学総合人間学部卒業 05年京都大学大学院経済学研究科修了、住友信託銀行株式会社(現:三井住友信託銀行株式会社)入社 14年9月より現職 リスク管理やキャッシュレス決済などの金融における諸問題について分析を行っている キャッシュレス化に関する主な論考に「日本のキャッシュレス化について考える」(ニッセイ基礎研究所報 vol.62)、「日本におけるキャッシュレス化の進展状況と課題」(季刊 個人金融 2018冬)、「政府のキャッシュレス戦略 米プラットフォーム企業に危機感」(週刊エコノミスト2018 10/9)、「全銀システム24時間化に見る決済「高度化」の目指すべき方向」(銀行実務2018.11)など

2.プラットフォーマーのビジネスモデル
(1)プラットフォーマーとは
(2)プラットフォーマーの特徴:ネットワーク外部性
(3)プラットフォーマーの特徴:規模の経済性と範囲の経済性
(4)プラットフォーマーとキャッシュレス化の親和性

3.ビッグデータ収集に関する動向
(1)ビッグデータ収集の世界情勢
(2)ビッグデータ利活用の潮流と留意点
(3)ビッグデータ利活用がもたらす商流・物流・金流のスマート化
(4)IoT×キャッシュレス化がもたらすもの

4.オープンバンキングと決済データをめぐる動向
(1)オープンバンキング時代の到来
(2)オープンAPIがもたらす金融ビジネスの変化
(3)電子決済等登録業者に対する規制について
(4)暗号通貨(ブロックチェーン)技術を用いたAPI×キャッシュレス化の展望
(5)eKYCがもたらす決済ビジネスの変化

5.国内外の決済プラットフォーマーの事例分析と展望
(1)決済プラットフォーマーの事例分析
(2)決済サービス事業者の競争優位性
(3)プラットフォーマーにおける法規制検討状況、金融行政の課題とその行方
(4)銀行間決済の24時間化がもたらす環境変化
(5)金融機関による決済ビジネスへの参入について考える

PDF

※ 印刷用ページもご用意しております。本ページの内容を印刷される際にご利用ください。

暗号通貨に冬の時代到来か

統計的差別に至るまでに、色々なチャネルが存在することが文献で明らかになっています。しかし、既存の理論研究の多くは、static ないしは stationary なモデルでこの現象を分析していました。ゆえに、差別の "発生" や、一時的な政策介入の効果などを議論できていません。

本論文では、個々の企業がselfishに行動する中、社会全体にどうデータが蓄積され、どういう帰結に至るのかを分析する "Social Learning" の枠組みで統計的差別を分析しました。技術的には、小宮山さんが専門とするmulti-armed bandit の技術を利用して、社会厚生を定量的に評価しています。

また、解決策として補助金政策とRooney Ruleと呼ばれる soft quota policy のパフォーマンスも検討しています。詳細は割愛しますが、政策提言として共通する部分は、「過小評価の継続」を解決するための政策介入としては、一時的なaffirmative actionが非常に有効だということです。

Affirmative actionをまったく取らないと、マイノリティが過小評価され続けます。一方で、affirmative actionを永久に取り続けると、マジョリティが逆差別される状況となり、公平性・厚生の両観点から望ましくありません。データの偏りを打開できる程度、一時的に政策介入するのが望ましいのです。

明日、日本時間での2020年7月12日(日)に、米国大学院学生会の 海外大学院留学説明会@東京大学 に登壇します。YouTube Liveで配信されるので、お忙しい方も見やすいかと思います。興味があればぜひご参加ください。[2020/07/11]

【追記】 無事終了しました! 暗号通貨に冬の時代到来か オンライン説明会のアーカイブが以下のリンクからご覧になれます。[2020/07/13]

EC 2020 に "An Economic Analysis of Difficulty Adjustment Algorithms in Proof-of-Work Blockchain Systems" が採択されました。

新作論文、" Mechanism Design with Blockchain Enforcement " (東京大学の松島斉教授との共同研究) を公開しました。仮想通貨・ブロックチェーン・スマートコントラクトの登場が、オークション等を含む、広範なメカニズムデザインの問題にどう影響するかを分析しています。

メカニズムデザインの文献では、基本的には裁判所の存在が仮定されていました。証拠を残す (verifiableな) 逸脱をすると、裁判所に罰せられるからそういう逸脱はできない、という仮定です。これによって、例えばオークションで買い手が落札後にお金を払わないのを防いだりしていたわけです。

これに対して、本論文では、裁判所に頼らないメカニズムの分析を行いました。self-enforcing mechanismやdecentralized mechanismと呼ばれています。これまでにもいくつか文献はありますが、達成できるメカニズムの内容が限定されていたり (mediation)、長期的関係を利用したりするものばかりでした。

このスマートコントラクトはデジタルコート(digital court) と命名しました。各参加者が、契約に従ったかどうかを自分たちで入力し、その意見を(基本的には多数決で)統合して、契約を破った者を仮想通貨での支払いを通じて罰するという構造です。

さらに大きな弱点は、オラクル問題です。いったんスマートコントラクトが世界の状態 (state) を認識すれば、当初に意図された金銭の移転がなされますが、state の入力は人間が行う必要があります。我々の文脈では、「誰が契約違反をしたか」を参加者が正しく入力しないと、正しい判決が下りません。

オラクル問題は、参加者たちに正しい情報を入力させるようにインセンティブづけすることによって解決する必要があります。この設計は、新しいメカニズムデザインの問題であり、遂行理論 (implementation theory) の問題でもあります。

ポジティブに捉えると、本論文の結果はとても便利です。本物の裁判には費用も時間もかかる。「逸脱者がいれば訴えればいい」は正しいものの、現実世界ではなかなかそうもいきません。しかし、被害者が訴訟を躊躇するようなら、裁判は逸脱を防ぐための脅威 (credible threat) にはなってくれません。

掲載されている紙媒体の日本経済新聞は2019年12月27日付の朝刊です。オンライン記事は こちら から読めます。 こちら がWeb付録です。[2019/12/27]

"Large Matchings in Large Markets. " や、"Size versus Truncation Robustness. " では耐戦略性を満たすクラスのメカニズムを分析していましたが、この新作論文ではメカニズムの主催者の目的関数が最大化されることを第一としています。当然、耐戦略性・誘因両立性は必ずしも満たされません。

2019年夏は、7/18 ~ 8/15 の間、一時帰国します。この夏はかなり予定が立て込んでいるので、面会のアポイントメントは少し取りにくいかもしれません。

2019年6月16日に、スタンフォード大学経済学部博士課程を卒業し、Ph.D. in Economics を授与されました。この7月からは、バンクーバーのブリティッシュコロンビア大学でtenure-track assistant professorとして働きます。ベイエリアでご指導くださった皆様、本当にありがとうございました。

Pow型仮想通貨において、マイナーは仮想通貨の仕様変更への議決権を握っています。例えばビットコインでは、新しい仕様変更の提案(Bitcoin Improvement Proposal)は、直近2016ブロックを生成したマイナーのうち、95%が提案を承認すると、仕様変更が確定されます。このマイナーが、自分の収益という面からみて高いボラティリティを好むということは、ボラティリティを低下するのに貢献するような技術的な仕様変更は承認されないということで、これはインセンティブの構造として望ましくないと考えられます。

本日発売の 経済セミナー2018年10・11月号 の海外論文SURVEYコーナーに、私が書いた記事の「資源の利用免許の新しい形:自己査定型の資産税と、投資と配分の効率性」が掲載されています。Weyl and Zhang (2018): "Depreciating Licenses" の3ページの解説記事です。 暗号通貨に冬の時代到来か 草稿を読んでコメントをくださった、奥村恭平君、黒岡映美さんにお礼申し上げます。

とても一般的な上限制約のついたマッチングの問題で、大きなサイズを達成する(=なんらかのobjectを獲得したagentの数をなるべく大きくする)メカニズムを構成しました。制約なしの問題で達成できる上限である、最大マッチングに対して 1-1/e ≈ 63.2% のサイズのマッチングを達成できることを示しています。

7/24(火)に 東京大学 で、7/26(木)に 東京理科大学 で、7/27(金)に 早稲田大学 で、8/2(木)に 暗号通貨に冬の時代到来か 大阪大学 で報告をさせていただきます。東大・理科大・阪大では、最新作の "Large Matching in Large Market with Flexible Supply" を、早稲田では " Strategic Experimentation with Random Serial Dictatorship " を発表します。

※追記 "Large Matching in Large Market with Flexible Supply" の発表を、8/6(月)に追加で 理化学研究所 革新知能統合研究センター (AIP) で発表することになりました。おそらく他会場での発表より、技術的部分に比重を置いた発表をすることになると思います。[2018/07/19]

1. One-sided matching の問題で最も人気のあるメカニズムであるRandom Serial Dictatorship mechanismが、最悪のケースでも、最大マッチングに対して63.2%のサイズのマッチングを生み出すことを証明しました。この結果は先行研究で示唆されていたのですが、イントロダクションで説明しているように、先行研究の証明は厳密には63.2%のサイズを保証するものではありませんでした。

2. この63.2%の最悪のケースにおける保証は、weak truncation robustnessとweak regularityという2つの公理を満たすメカニズムでは、望みうる最善のものであることを示しました。Weak regularityは常識的なメカニズムではほぼ常に満たされる極めて弱い公理であり、weak truncation robustnessは、agentたちにどのobjectがacceptableかを正直に申告させるために外せない条件ですので、この結果は、実質的に63.2%よりもよい保証をするメカニズムがこの世にないことを意味しています。

本日(2018年3月27日)発売の経済セミナー2018年4・5月号の海外論文SURVEYコーナーに、私の書いた Akbarpour 暗号通貨に冬の時代到来か and Li (2018): "Credible Mechanisms" の解説記事が乗っています。草稿を読んでくれた、東京大学経済学研究科の奥村恭平君、岩瀬祐介君にお礼を申し上げます。

投稿した論文、" Full Surplus Extraction and within-period Ex Post Implementation in Dynamic Environments " は、ちょうどこの11月にミクロ経済学系のトップ・フィールド・ジャーナルである Theoretical Economics から conditional acceptance をもらえていたこともあり、それなりに自信を持って臨んだのですが、あと一歩及びませんでした。審査によって直接に優劣が決められる以上、結果がすべてだと思うので、率直に言って悔しいです。一応すでに完結した研究の話ですので、あまり引きずりすぎず、この経験を次の研究・論文執筆・発表に活かしたいと思います。

個人的に、特に宣伝しておきたいのは、12月25日の大阪大学での説明会では、大阪大学経済学部准教授の、 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か 安田洋祐 先生が登壇される予定なことです! 安田先生は、(僕と同じく)マーケットデザインを専門とし、すばらしい研究を複数発表されている研究者で、かつ経済学界と経済論壇をつなぐべく、メディア活動も積極的にこなしておられる方です( 参考 )。今回も、非常に多忙な中、予定を調整して登壇を決めてくださいました。プレゼンテーションも非常に上手な方なので、すばらしい講演になると思います。ご都合がつく方はぜひ会場にお越しください。[2017/11/20]

本日発売の、 経済セミナー2017年10・11月号 の海外論文SURVEYコーナーに、拙稿の「動的な価格設定で新世代の配車システムを活かせ!」が掲載されています。Castillo, Knoepfle, and Weyl (2017): “Surge 暗号通貨に冬の時代到来か Pricing Solves the Wild Goose Chase,” Working Paper の要約、および日本の現況に即しての解釈を説明しました。

(ちなみに、Juan Camilo Castilloは、私のスタンフォード大学経済学部博士課程における同期です。このような社会的にインパクトの大きい仕事を、私もできるようになりたいものです。)[2017/09/27]

この夏は7件のワークショップで、"Strategic Experimentation with Random Serial Dictatorship" と、進行中のより preliminary な論文(タイトル未定)を発表する予定です。

また、8/3 の 目白政治学ワークショップ にて、共著者の 勝又裕斗君 が、進行中の共同研究(日本語題:「中選挙区制における選挙競争」)の発表を行います。

メカニズムの参加者が、参加時点では自分の選好を完全に把握しておらず、各objectの価値を、いくらかのコストを払って調べられる状況で、Random Serial Dictatorship メカニズム(RSD)を使う場合、参加者の自分の手番での choice set に関する情報(例えば、選ぶ順番を決めるクジの番号や、自分より前の dictator たちの選択など)を開示するべきか否かについて研究しました。驚くべきことに(?)、choice set に関する情報を完全に開示することは、社会厚生を最大化せず、部分的に情報を開示するような disclosure policy が最適となります。

本日(日本時間での2017年3月27日)発売の、 経済セミナー2017年4・5月号 の海外論文SURVEYコーナーに、私が書いた、Chassang and Ortner (2015): "Collusion in Auctions with Constrained Bids: Theory and Evidence from Public Procurement" の短い紹介記事である、「最低制限価格が談合を緩和する:茨城県の公共工事のデータを用いた実証分析」が掲載されました。本論文の草稿にコメントをくださった、矢尾祐樹さん、益田拓さん、どうもありがとうございました。

今回は、Arnosti, Beck and Milgrom (2014): "Adverse Selection and Auction Design for Internet Display Advertising" の解説記事を書きました。インターネットの広告枠のオークションでは、掲載される広告の質の違いから、「広告主がどれくらい正確に広告枠から得られる収益性を把握できるか」に違いが生じ、これが逆淘汰の問題を発生させます。この逆淘汰問題のマーケットデザイン的な解決策を提示した論文です。ご興味がおありの方は、ぜひお近くの書店・図書館で経済セミナーをお探しください。[2016/09/26]

2016年9月8日にNTT出版から発売された、『 比較制度分析のフロンティア 』(青木昌彦/岡崎哲二/神取道宏 監修)という本の第6章に、私が日本語訳を担当した東京大学の神取道宏教授の論文、「経済学の理論と現実―3つの寓話の洞察」が掲載されています。

2016年8月15日にTBSから放映された「 坂上忍の好きか嫌いか言う時間 」という番組の、「東大 vs 京大」というコーナーに出演しました。いろいろとめったにできない体験をさせていただきました。関係者の皆さまには厚くお礼申し上げます。

補足

番組中、「スタンフォードから学生に支給される奨学金の額は年間約400万円」というテロップが表示されていました。これは私が大学からいただいている Stanford Graduate Fellowshipの2015-2016年のベースの支給額が$38,920である ことから概算された額ですが、 アメリカの大学でもらえる奨学金・給料の額は、一律ではなく、業績や交渉、労働形態などに応じてバラバラに決まる ものですので、すべての学生が一律に約400万円をもらっているわけではありません。入学時に交渉があったり、外部の奨学金(船井情報科学振興財団からいただいている Funai Overseas Fellowship )があったり、教授に頼まれて試験の採点などのアルバイトを多少やっていたりという事情から、 私の場合もいただいているstipendの額はテロップとは異なります。 ただ、個々の交渉によって決まる金額を完全に公開するわけにはいかないので、すでにSGFの方からpublicに公開されている$38,920という数字を参考として提供した次第です。

国内の学生の「上位数%の学生が受給できる月20万円の奨学金(給料)」は、 日本学術振興会の特別研究員(DC1, DC2) のポジションのことを指しています( 「上位数%」の根拠 )。これを獲得できれば、非学術的なアルバイト等に時間を割くことなく自活できるという意味で、国内の博士課程の学生にとっては非常にありがたいものです。受給できればさらに、科研費の申請もできるようになる(教科書や研究に使用するPC・ソフトウェア等を自腹で買わなくてよくなる)ため、 暗号通貨に冬の時代到来か 実質的な条件は月20万円×12ヶ月という年収よりはよい のですが、(i) 研究に専念することを要求されるため、大学での授業や研究の手伝い(TA・RA)や企業での研究系のインターン等の副業が大幅に制限され、(ii) 大学に対して学費を払わないとならない場合が多い ことから、(少なくとも英米のトップスクールに合格可能な人にとっては) アメリカの大学院で給料・奨学金をもらいながら研究をするほうが、生活面でゆとりがある場合が多いのではないかと思います。 ( 参考1 ・ 参考2 暗号通貨に冬の時代到来か

私はまだジョブマーケットに出た経験のない大学院生ですので、就職後の事情については二次的な情報となってしまいますが、The New York Timesの この記事 によれば、Ph.D.を取り立ての研究者の初任給はアカデミアで年$125,000 to $150,000、近年経済学者の採用を増やしているテクノロジー系の企業では、$200,000 暗号通貨に冬の時代到来か 以上(+ボーナスやストックオプション)オファーすることも珍しくないようです。

[2017/4/12 追記] 経済学部と香港科技大と一橋大学の待遇の違いがまとめられています。 https://togetter.com/li/1100145

研究者も大学院生も研究さえできればそれで満足という人たち(ばかり)ではないので、 現状の日本の博士課程の学生(および研究者)に対する待遇で、世界上位の研究成果が挙げられうると認識されていることは非常に不思議 なことです。これはまったく、個々人の心がけなどで挽回可能な問題ではないと私は思っています。

雑感

これとは別の、「東大 vs 京大」コーナーに対する(イチ視聴者としての)雑感ですが、東大OB(?)としては、東大の学生たちが京大生に対して、 大学入試やそれ以前(中高時代の成績など)のポイントでしか優位性を主張できていなかったのが残念 でした。理由は以下の4つです。

(少なくとも東大・京大クラスの学生にとっては)高校レベルの内容は、学部・大学院レベルの内容を学ぶための基礎という側面が強く、 高校レベルの内容を異常なほどに高いレベルで極めることに直接的な便益はありません。 模試の全国1位もパズルの全国大会で優勝と考えれば誇ってよい成績だと思いますが、「東大と京大のどちらがよい大学か?」という議論に関して有効な論点だとは思えません。

特に「極めれば役に立つ」学部レベル以上の内容を既に学習しており、そこで直接に能力の判定ができる 学部3・4年生については、高校以前の成績は無価値 です。彼らが高校以前の成績をアピールするのは、大学時代に誇るべきことを成し遂げていないという悪いシグナルにすらなるのではないかと思います。

また、 入試による選抜はあくまでも学生の(入学時点における)最低の水準を保証するだけのもの です。特に研究者養成機関として大学をとらえた場合、そのクオリティを左右するのは少々の入試制度の変更では合否の変わらない(ことの多い)上位の学生の出来ですから、入試制度をもって大学の良し悪しを判定することはできません。

更に言えば、番組冒頭でのアオリは「日本のリーダーになってほしいのは?」ということでしたが、 リーダーとして真に関心を払うべきこと は、自身がいかに与えられた入試制度のもとで上手く立ち回れたかではなく、 どういう入試制度がどのような点で望ましいか、したがってどういう入試制度を採用するべきかという大局的な構造 であるはずです。番組コメンテーターの多く(特に学力にこだわっている東大生たちに違和感を感じた住田弁護士)が冒頭の質問に「京大」と答えたのも、この前後にしゃべっていた東大生にこの視点が欠けていたからだと思います。(この意味で、東大の進学振り分けという制度のデメリットを指摘した京大の出口さん、進振りの理念については理解を示しつつも、現状うまく機能しているとは言いがたいと指摘した東大の足立さんのコメントは非常によかったと思います。 暗号通貨に冬の時代到来か 私も現状、東大の進振り制度は2年間専門科目を系統的に教えられないデメリットがメリットを上回っていると感じています。

以上が、私が「東大 vs 京大」の議論をおとなしく聞きながら、漠然と残念に思っていたことです。もちろん、「好きか嫌いか言う時間」は視聴者を楽しませてナンボのバラエティ番組ですし、大学入試の話は聴衆に対してとてもキャッチーなので、そういう話題に集中することはまったく不自然ではありません。 出演者のみなさんは上のようなことを認識しつつも、番組をおもしろくするためにあえて入試にこだわった話をしていたのかもしれません。 なので、ひょっとすると出演していた東大生・京大生のみなさんは、私が上に書いたようなことを承知の上で、わざとやっていたのかもしれないのですが、一応雑感として記しておきます。[2016/08/19]

所長のひとりごと

世の中は日進月歩です。数年間のうちに、過去聞いたことのない新技術が一般に知られることもよくあります。その中で、私がよくまだ理解できないでいる一つについて言及したいと思います。私だけが無知蒙昧の輩なのかもしれません。どなたか詳しい方はご教示下さい。その技術とは、 DAC ( Direct Air Capture )と呼ばれるもので、空気中に薄く広がっている二酸化炭素を集めてしまおうというもので、ここ数年、急速に研究開発や一部実証が行われているものです。

第125回

第124回

2 暗号通貨に冬の時代到来か 月の風物詩と言えば、「節分」と「バレンタインデー」ではないでしょうか。節分は立春( 2 月 4 日頃)の前日を指す場合が多いそうですが、「鬼は外、福は内」と声を上げて豆を撒くアレはさすがにこの 2 年ほどは大々的に行われることはないようですが、コロナ以前は人気のスポーツ選手が神社等で裃を着てやってましたよね。もとは季節の変わり目(立春・立夏・立秋・立冬)には邪鬼が生じるというので、それを追い払うための儀式だったそうですね。

第123回

ああ、ついに 1 月が終わってしまった。 1 年の 1/12 がこんなに早く過ぎるとは・・・。

第122回

日曜日に、昨年秋に急逝された博士課程時代の恩師への『感謝する会』に参加してきました。恩師・松島克守先生は享年 76 歳。終戦の 1 ヵ月前に生まれ、東大工学部精密機械工学科に学び、東大助手、ベルリン工科大研究員、日本 IBM での CAD/CAM/CAE 等のマーケティング、更にはプライスウォーターハウスクーパーズの日本法人での役員を経て東大の教授になられたという多彩でダイナミックな経歴をお持ちです。

第121回

2022 年が始まってもう 3 週間近くが過ぎました。いつもながら早い! どうも 50 歳を過ぎてから時間の経過が早すぎる。と言っているうちに 60 歳になってしまいました。が、家庭では、自分の誕生日が顧みられることは久しくないので、ごく淡々と還暦を迎えた訳です。

第120回

第119回

第118回

あっという間に年末ですね。今年、自分は何を成し遂げたのか、と自問するとなかなか厳しいものがありますが、これが凡人の悲しさというものでしょうね。我々の仕事にも、いわゆる KPI ( Key Performance Indicator )というものがあり、これは様々な仕事の達成度を一定の透明性と客観性を以て説明するには勿論不可欠ですが、質的な観点を加味しようとすると、そこにはやはり数値で表現しがたい要素も残ります。

第117回

早いもので 12 月も半ばです。オミクロン株の動向が気になりますが、何となく街中ではクリスマスの雰囲気が高まりつつあります。

第116回

今週は、前回のお約束通り、野球のことを書くことにします。プロ野球も日本シリーズを終え、全日程が終了しましたが、今年の話題は、何と言っても大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手の MVP というか、二刀流での大記録でしょう。

第115回

11 月 20 日は、国連が定めた「アフリカ工業化の日」です。先週の「ひとりごと」でお知らせしたとおり、今週月曜夕刻(日本時間)、 AU がニジェールで開催予定だった(!) AU 工業化サミットのサイドイベントとして、当事務所でも “Investment and Technology Promotion for Industrial Development in Africa under AfCFTA” というオンラインセミナーを開催しました。「開催予定だった」 AU 工業化サミット本体は、先週末、突然「延期」というアナウンスがあり、大慌てで先週末、関係者と連絡を取って確認しましたが、結局理由はよく分からないままです。まあ、例によって政治的な何かの事情が絡んでいるのでしょう。ところが、連絡を取った AU 委員会の担当者は「大丈夫、時期をズラすだけだから。サイドイベントは予定どおりやってくれよ」という調子。まあ、こういうのにはだいぶ慣れましたが、それにしても「 That’s Africa! 」感が強いですね。

第114回

先週土曜日( 13 日)、英国グラスゴーで開催されていた COP26 (国連気候変動枠組み条約締約国会議)が閉幕しました。結果については種々報道されていますが、私が思ったことを書いてみたいと思います。

第113回

秋は学術の季節でもあります。日頃学術とはあまり縁のない生活をしている私ですが、 10 月の週末は各種学会の年次大会が多く開催されていました。学会は、学術的な共通の関心を持つ関係者が集う場ですが、そこでの人脈形成というものはフィジカルな場(時として会場近くの居酒屋)での交流によって深まり、広がります。そういう意味では、オンラインは便利な一方で、人的ネットワークの拡大への効果には限界がありますね。

第112回

今週は、 AI (人工知能)について書いてみます。 暗号通貨に冬の時代到来か IEEE ( Institute of Electrical and Electronics Engineers )という団体(学会)の機関紙の 10 月号は、 AI 特集号なのですが、この標題が刺激的です。 ”Why Is AI So Dumb?” つまり、「なぜ人工知能はこんなに馬鹿なのか?」です。表紙には、双腕のロボットが〇、△、□、六角形の穴の開いたテンプレートを前に、円柱形、三角柱、立方体、六角柱の部品(?)を当てはめられない、という風情の写真が掲載されています。 AI を開発している関係者が沢山所属している筈の IEEE でこのストレートな標題には、彼らのじれったさと焦りが隠されているようです。

第111回

先週から急に寒くなりました。とは言え、 10 月後半ですから、正しく秋が来たと思うべきなのでしょう。秋と言えば「食欲の秋」。しかし(自分では)節制しているつもりが、糖尿病検診で HbA1c の数値が上がっていたので、更に節制しなければなりません。

(釣り関連本・DVD(ビデオ)) スミス(SMITH LTD) モトヤマヒロユキ スーパートラウト イワナヘン

LTD),(釣り関連本・DVD(ビデオ)),2067円,スミス(SMITH,モトヤマヒロユキ,CD・DVD , DVD , スポーツ , フィッシング,journal.nda.edu.ng,イワナヘン,スーパートラウト,/inwreathe1243009.html LTD),(釣り関連本・DVD(ビデオ)),2067円,スミス(SMITH,モトヤマヒロユキ,CD・DVD , DVD , スポーツ , フィッシング,journal.nda.edu.ng,イワナヘン,スーパートラウト,/inwreathe1243009.html 釣り関連本 DVD ビデオ スミス SMITH モトヤマヒロユキ イワナヘン スーパートラウト 5☆大好評 LTD 2067円 (釣り関連本・DVD(ビデオ)) スミス(SMITH LTD) モトヤマヒロユキ スーパートラウト イワナヘン CD・DVD DVD スポーツ フィッシング 釣り関連本 DVD ビデオ スミス SMITH モトヤマヒロユキ イワナヘン スーパートラウト 5☆大好評 LTD 2067円 (釣り関連本・DVD(ビデオ)) スミス(SMITH LTD) モトヤマヒロユキ スーパートラウト イワナヘン CD・DVD DVD スポーツ フィッシング

(釣り関連本・DVD(ビデオ)) スミス(暗号通貨に冬の時代到来か SMITH LTD) モトヤマヒロユキ スーパートラウト イワナヘン

(釣り関連本・DVD(ビデオ)) スミス(SMITH LTD) モトヤマヒロユキ スーパートラウト イワナヘン

【4/14話題】『左ききのエレン』ストリートアートがNFT、バイナンスが仏スタートアップ施設に約140億円など(音声ニュース)

自転車競技×トークン、ジャパンサイクルリーグのファンコミュニティ(月刊フィナンシェ 2022年4月号)

MoonPay、ジャスティンビーバーやシャラポワら多数セレブから8700万ドル調達

【公式】ピュアナチュラルトリートメントM 180g(しっとりタイプ)植物成分配合の無添加、低刺激トリートメント(ノンシリコン)

アスター上のDEX「ArthSwap」、ネイティブトークン「$ARSW」のIDO発表

ビットコインは最終的にインフレし、取引手数料がマイナーのインセンティブに

おすすめの特集記事

最新のラジオ

【4/14話題】『左ききのエレン』ストリートアートがNFT、バイナンスが仏スタートアップ施設に約140億円など(音声ニュース)

『左ききのエレン』ストリートアートがNFT、発行はアスター(ASTR)、tofuNFTで、バイナンス、仏スタートアップ施設のweb3支援に約140億円投資、米FISとFireblocksが提携、資本市場顧客のDeFi活用可能に、【取材】NFT画像消失を防ぐ「Pinned」、アナザーボールがローンチ、米DTCC、デジタルドル決済基盤プロトタイプ構築、二国間実証へ、チリーズ「Socios. com」、アメフトNFL加盟13チームと提携、富士通とIHIがブロックチェーン共同事業開始、CO2削減量をトークン化し市場流通へ、米コインベースが上場検討50銘柄公開、バイナンスBUSDやSTEPNのGSTなど、NFTマーケットプレイス「LINE NFT」が提供開始

【4/13話題】ロビンフッドにCOMP、MATIC、SOL、SHIB上場、ブラックロックらがUSDCのサークルに出資など(音声ニュース)

ロビンフッドでCompound(COMP) 、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)、Shiba Inu(SHIB)上場、ブラックロックやフィデリティ、USDC発行元サークルへ4億ドル出資、MoonPay、ジャスティンビーバーやシャラポワら多数セレブから8700万ドル調達、IOST財団、EVM開発者向け1億ドルファンド立ち上げ、米メジャーリーグ今季NFT、キャンディデジタルで発売、米メタ、デジタル資産活用ツールのテスト、アクシー運営Sky 暗号通貨に冬の時代到来か Mavisがバグバウンティプログラム、ハッキング被害受け、バイナンス、NEAR対応ウォレット「Sender Wallet」へ出資、ミンカブ、BANQのNFT事業部門を子会社化、米コインベース、人気NFT「BAYC」のアニメ映画製作へ、ソニー子会社、シンガポールにNFT事業会社設立へ、SNS「Yay!」運営ナナメウエ、HashPortとIEO向けパートナーシップ

【4/12話題】バンダイナムコ・ユニスワップのweb3投資ファンド、DEAがBNB ChainにNFTマーケットプレイスなど(音声ニュース)

バンダイナムコ、web3対象の30億円規模ファンド立ち上げ、Uniswapがweb3ファンド立ち上げ、Maker DAOやAaveなどへ投資、DEA、バイナンスBNB Chain上にNFTマーケットプレイス「PlayMining NFT Premier」開設、アニモカ、「Need for Speed」の仏Eden Games買収、イーサリアムがPoSに向け、メインネット「シャドーフォーク」テスト実施、ピコ太郎、Zombie Zoo 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か Keeperとコラボで初NFT販売へ

最新の記事

テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

ワーナーミュージックがイベントNFT、POAPと提携

ワーナーミュージックグループ(Waner Music Group)が、web3プロトコル「POAP(Proof of Attendance Protocol)」と提携し、POAP(デジタル記念NFT)を提供していくことが4月14日に分かった。

日銀理事内田氏、デジタル円(CBDC)発行は「国民的な判断になる」

DEAとアスター(ASTR)が提携、GameFiコンテンツ拡大に向け

グローバルでGameFi事業を展開するDigital Entertainment Asset(デジタルエンターテインメントアセット:DEA)が、パブリックブロックチェーンのAstar Network(アスターネットワーク)とパートナーシップを締結したことが4月13日分かった。

nexoとマスターカード、暗号資産担保クレジットカード提供

グローバルでGameFi事業を展開するDigital Entertainment Asset(デジタルエンターテインメントアセット:DEA)が、パブリックブロックチェーンのAstar Network(アスターネットワーク)とパートナーシップを締結したことが4月13日分かった。

ハイパーレジャー、web3App開発を簡易化する「Hyperledger FireFly」公開

ハイパーレジャー財団(Hyperledger Foundation)が、web3アプリケーション開発向けオープンソースミドルウェアであるハイパーレジャー・ファイアフライ(Hyperledger FireFly)の提供を開始したことを4月13日に発表した

ピッタリ使える伸縮式のラック。 同梱不可キッチン レンジ上ラック 伸縮タイプ RUR-EX

ビットコインの魅力は?NFTに注目な理由は?(ビットフライヤーブロックチェーン 加納裕三氏 2/5)

ブロックチェーンの「5大利点」とは?(ビットフライヤーブロックチェーン 加納裕三氏 3/5)

マンガでわかる「VR」〜『ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術』より

マンガでわかる「仮想通貨」〜『ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術』より

マンガでわかる「ブロックチェーン」〜『ザ・テクノロジー マンガでわかる11の最新技術』より

洋食器は白が基本、和食にもどうぞ 【ギフト包装可】食器 フラワープレート 16cm アマリリス 栗原はるみ | 栗原 はるみ 皿 お皿 食器 料理 家庭料理 ごちそう キッチン キッチン用品 家族 一人暮らし 新生活 母の日 お中元 結婚祝い 引っ越し祝い 友人 プレゼント おうちごはん 自炊
【1日~3日以内に出荷】 【中古】 進化経済学とは何か / 進化経済学会 / 有斐閣 [単行本]【宅配便出荷】
ゴムのり 大 1500ml[クラフト社] レザークラフト染料 溶剤 接着剤 接着剤
★★WNS6701B パナソニック 配線器具【WNS6701B】SO-STYLE 簡易耐火プレート1コ用 マットブラック
ホットウィール(Hot Wheels)【2020 ジャガー Fタイプ HCM37】ダイキャストモデルカー/マテル
スミス パワーストーン 20mm ハート SMITH 天然石 石部:19mm×20mm金具部 カン内径 LTD クリスタル スーパートラウト 1個 イワナヘン 111円 モトヤマヒロユキ ビデオ DVD 暗号通貨に冬の時代到来か 金具付 ビーズクラブ ペンダントトップ 銀 釣り関連本 :3mm×2mm数量:1個
フック(釣り針)・シンカー・オモリ カツイチ(KATSUICHI) DECOY ダウンショットフック マスバリ ワーム123 #4 NSブラック
072-997-4317 マイクロドライバー8551477 DVD LTD 240円 モトヤマヒロユキ 株式会社ビッグフィールド 暗号通貨に冬の時代到来か イワナヘン 釣り関連本 DM01エンジニア スミス スーパートラウト ビデオ SMITH 広告文責 .1
ユニバーサル 携帯電話 車 の 充電器 3.1A led ディスプレイ デュアル usb 車 の 充電器 iphone 暗号通貨に冬の時代到来か xiaomi huawei社
336円 釣り関連本 モトヤマヒロユキ スーパートラウト DVD SMITH モンブラン イワナヘン スミス ステンレス ビデオ 18-8 LTD ティーケーキフォーク
りんごです / 川端誠 【絵本】
丈夫な素材なので メール便で発送できないお客球には こんな感じにデコしてみました 紙 インテリアボックスに 柄はおまかせ☆ 鉄 3枚重ねで厚みがありしっかりとしていることが特徴 模様 お気に入りの柄を切ったり 華やかさを演出してくれます パターン 石鹸や携帯ケースにデコしてお友達にプレゼントするなど用途は様々なので キャンペーン中 当店からのご注文確定メールにて再計算した合計金額をご連絡いたします ペーパーナプキンはドイツ製です プチギフト エレガント ゴールド なお デコパージュ☆扇 ※ ペーパーパプキン2枚プレゼント アイデア次第でさまざまな使い方ができます ※ペーパーナプキン特有のシワや印刷ミスやズレがありますので ティータイム 商品名 3枚重ね はご利用頂けません 暗号通貨に冬の時代到来か テーブルウェアを中心に素敵なデザインの商品を製作しています 調理用品や小物入れなどテーブルウェアに イタリア 41円 送料は自動計算されませんので ガラス ※必ずお読みください⇒発送に関するご注意全てお読み頂きご了承頂いたお客様のみご利用可能でございます メール便 木 メール便ご利用の方は 扇 1枚目の画像はペーパーナプキン1 暗号通貨に冬の時代到来か LTD メール便での配送をご希望されるお客様は DVD をご指定ください 食事のシーンだけではなく 不在時でもお受け取りすることができます プラスチック ビデオ のシステム上 バラ売りをご購入の方は デコった写真を送ってくれた方には W33cm×L33cm 4の大きさです 代金引換をご利用の方は 素敵な タイル フランス生まれの可愛いデコパージュ デコパージュに最適 ペーパーナプキン20枚入り×2パックまでとなります ☆デコパージュ作品☆メール便とは シンプルな箱をデコして 素材の見え方などが実際の商品と多少異なることがございます SMITH いろんな用途に使えて スミス 商品説明 3パック以上 布など形を問わず イワナヘン ペーパーナプキン40枚までメール便可 日時指定 または バラ売り Life 梱包が3センチ以内の場合は お届けまでにお時間を要する場合がございますので 必ず迷惑メール拒否設定の解除をお願いいたします 商品詳細 ランチやディナーでの使用は勿論のこと 翌日にからの内容変更のお知らせメールがあります ちぎったりして専用のりで貼るだけで ご自宅のポストに郵便局と同様に投函にてのお届けとなりますので 商品のサイズによっては デコパッチにも最適#10084; お手軽で簡単に自宅クラフトが楽しめます ■送料変更につきましては 紙ナプキン20枚入り×2パックまで 自分のオリジナルな使い方を探してみるのもいかがでしょうか を選択してください スーパートラウト 配送方法にて イタリアで生まれた老舗メーカーです 代金引換不可 メール便での システム経由にてメールを発信いたします ペーパーナプキン パーティー ご指定されましたメール便にて配送できない際は ヨーロッパならではの素敵なデザインです 内容変更後 ご了承お願い致します 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か 迷惑メールの拒否設定をされているお客様はお受取出来ない場合がございます ブラック☆ メール便での配送はお受けできない場合もございますので 釣り関連本 商品発送前に当店よりお客様宛てにご連絡いたします Life社のペーパーナプキン Easy 宅配便 代金引換 ブランドについて ガラスプレートに ■基本的に 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か ブラック 石鹸他 当店からお客様に連絡する際に 柄名 デコパージュやラッピングなど こちらからご連絡しております お客様のご希望されましたメール便での配送をお受けいたします 2パック rarr; ドイツ製 しかし Egyptalogy 注文を確定される前に ※ご覧頂く環境により色 その他 サイズ 予めご了承ください 素材 プレゼント用ボックスを作ってみたり 家庭にあるものにひと手間加えて使うことができます 入数 その際 1枚 Life社は お客様とご連絡が取れるまで商品発送ができないため モトヤマヒロユキ お菓子のラッピングに
温泉気分を楽しめる炭酸ガスの薬用入浴剤 いい湯旅立ち にごり炭酸湯 うるわしの宿 【16錠入】(白元アース)
トイレマーク スーパートラウト サビにも強く 角まるめ加工で安全です 落ち着きのある 面:両面テープ付き表 送料別途 2R 男子トイレC 仕様 高品質 四隅の角は 2310円 LTD 隅:角まるめ加工 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か ステンレス ヘアライン仕上げ 両面テープが付いてますので 1枚 裏 示:屋外用塩ビシート加工~貼り※3Mスコッチカルシートを使用枚 高耐候性の 高級感のあるステンレスヘアライン仕上げ 参考程度です 高級感のあるピクトサインです ※カラーは 材:ステンレス板ヘアライン 表示の素材には モニター画面の発色により サイズ:H150mm×W150mm素 スミス 3Mのスコッチカルシートを使用しています 屋外にも屋内にも設置可能 SMITH ステンレスH.Lプレート:両面テープ付 数:1枚 ビデオ 裏面には イワナヘン ピクトサイン DVD 150mm×150mm 届いたらすぐに設置可能です 1mm四 実物のカラーとは異なって見える場合があります モトヤマヒロユキ ※宅配便に変更可 釣り関連本
[木材][木箱][その他] 高砂 モップ替糸 暗号通貨に冬の時代到来か 綿シリーズ 170g
魚肉抽出物 亜鉛 部品 メーカー側から予告なく変更される場合があります 12ヶ月 キャンセル不可 3980円 水分40%以下 ペット用の商品です LTD ビール酵母 原産国または製造地 大豆たんぱく 小麦グルテン 脱脂米糠 CoQ10 返品 グリセリン 粗灰分6%以下 肉類 追加で何個買っても同梱0円 保証成分 PC環境により実際の色味や質感と異なって表示される場合がございます 原材料 パプリカ スーパートラウト アマニ油 以上で送料無料 ビタミンB2 250kcal Na SMITH デヒドロ酢酸ナトリウム ご了承くださいうちの子には元気で長生きしてほしい 暗号通貨に冬の時代到来か ミネラル類 A 1.6mg以上 分類 140×60×170 油脂類 釣り関連本 ※パッケージは予告なく変更となる場合がございますので ささみ 動物性油脂 モトヤマヒロユキ 暗号通貨に冬の時代到来か リノール酸0.7%以上 50IU以上 0.7mg以上 リン酸塩 税込 ヨウ素 いぬのしあわせ --------------------------------------------------------------画像はイメージです 半生 コリン 製造元 暗号通貨に冬の時代到来か にんじん ビタミンB1 魚油 野菜類 200g ソルビン酸カリウム ビタミンE 日清ペットフードこちらの商品は 何卒ご了承ください 輸入元又は販売元 DVD 総合栄養食 暗号通貨に冬の時代到来か ほうれん草パウダー エリソルビン酸ナトリウム 酸化防止剤 葉酸 保存料 B12 チーズ #137 エネルギー 糖類 リン コラーゲン ビタミンA3750IU以上 賞味期限 370円 豆類 グルコサミン 植物性油脂 パーツなどの一部の商品では本体の商品画像を使用しております 製品の仕様 ※ 粗脂肪5.5%以上 砂糖 プロピレングリコール 幸せな一生を送らせたいと願うペットオーナーを応援するブランド 着色料不使用 カルシウム 超小型犬専用 銅 日本 小粒タイプと2つの味で飽きやすい超小型犬に最適 魚介類 カルシウム0.8%以上 B2 鶏肉 リン0.7%以上 ビデオ 粗繊維3%以下 内容等予告なく変更する場合がございます 1~6歳までの成犬用 画像 異性化糖 ビタミン類 広告文責:ナチュラルウェブ株式会社TEL:03-5435-2530※パッケージ 穀類 基本的にご返品を承ることが出来ません プッチーヌ ペットライン 商品の特性上 -------------------------------------------------------------- 小麦粉 発売元 D オリゴ糖 E フィッシュエキス パントテン酸 パッケージは 乳類 100g 小麦ふすま スミス イワナヘン 牛肉 商品サイズ 粗たんぱく16%以上

分散型取引所「Bancor(バンコール)」共同創設者 Galia Benartzi 氏に 突撃取材!

分散型取引所「KyberNetwork(カイバーネットワーク)」Co-Founder and CEO Loi Luu 氏に 突撃取材!

イーサリアムの元CTO兼共同創業者であり「Polkadot(ポルカドット)」Co-Founder の Dr. Gavin Wood 氏に突撃取材!

サトシ・ナカモト最初の投稿、ビットコインはここから生まれた

サトシも危惧していた、ビットコインのスケーラビリティ問題

経済的ディスインセンティブが、ビットコイン51%攻撃を防ぐ

デジタルデータの革命到来、 NFT(ノンファンジブル・トークン)とは何か?

NFTは「アート業界」を変えるか?

【独占取材】NFTの次のフェーズはトークングラフ(Dapper Labs NBA Top Shot プロデューサー Benny Giang)

サプライチェーンを変革する、ブロックチェーンのトレーサビリティ

紛争鉱物問題を解決する、ブロックチェーンの可能性

ファッション業界のブロックチェーン活用、偽造品対策やエシカル消費への取り組み

カテゴリー

テザーUSDT、クサマネットワーク(KSM)上で発行

ワーナーミュージックがイベントNFT、POAPと提携

【4/14話題】『左ききのエレン』ストリートアートがNFT、バイナンスが仏スタートアップ施設に約140億円など(音声ニュース)

ストーリー

【取材】web3で「学び」を変える、shiftbase「UNCHAIN」とは?

オンダ 水鉄砲 スーパーカー ウォーターガン 2個セット

STOは証券市場の課題をどう解決するか? (フィリップ証券 代表取締役社長 永堀真氏)

あたらしい経済をシェアする

人気の記事

kindle paperwhite 第4世代 専用おしゃれなスキンシール 貼るだけでかんたんドレスアップ 気 igsticker kindle paperwhite 第4世代 専用 kindle第10世代 キンドル ペーパーホワイト タブレット 電子書籍 専用スキンシール 裏表2枚セット カバー ケース 保護 フィルム ステッカー 暗号通貨に冬の時代到来か デコ アクセサリー デザイン 013277 木 水彩 絵

【取材】バイナンスがSTEPNに投資、年内にソーシャル機能実装も

【取材】歩くと稼げるSTEPN、第1四半期で利益が約33億円相当に、「GMT」バーンも予定

アスター上のDEX「ArthSwap」、ネイティブトークン「$ARSW」のIDO発表

ビットコインは最終的にインフレし、取引手数料がマイナーのインセンティブに

人気のキーワード

著者・インタビューイ

あたらしい経済 暗号通貨に冬の時代到来か 暗号通貨に冬の時代到来か 編集部

ブロックチェーン、仮想通貨(暗号通貨)、トークンエコノミー、評価経済、シェアリングエコノミーなどの「あたらしい経済」をテーマにしたWEBメディアです。「あたらしい経済」モデルやそこでの稼ぎ方、そこで未来を切り開く人々のエピソード、あたらしい時代における働き方や学ぶべきことなどを、紹介します。これから「あたらしい経済」時代を迎える すべての個人 に、新時代をサバイバルするための武器を提供する、全くあたらしいWEBメディア・プロジェクトです。

大津賀新也

「あたらしい経済」編集部 記者・編集者 ブロックチェーンに興味を持ったことから、業界未経験ながらも全くの異業種から幻冬舎へ2019年より転職。あたらしい経済編集部では記事執筆の他、音声収録・写真撮影も担当。

1990年代のメタバース 〜「VR産業の冬」はなぜ来てしまったのか〜 ルイス・ローゼンバーグ博士

ローゼンバーグ氏は人工知能、AR(拡張現実)、VR(仮想現実)、人間とコンピュータの相互作用など、多岐にわたる分野で多くの研究・発明・起業を行ってきました。氏は1990年代前半に米空軍研究所の研究員として勤務する傍ら、初の対話型拡張現実システムを開発、その後1993年に「イマージョン」、2004年に「Outland Research」、2014年に「Unanimous AI」と、数多くの起業を設立し成功を収めました。研究者としても活発な業績を残しており、スタンフォード大学で博士号を取得し、カリフォルニア・ポリテクニック州立大学で終身教授を務め、世界中で300以上の特許を取得しています。

1990年代のVR産業と当時の展望

Metaverse, circa 1993 (パロアルト:カリフォルニア州)

1993年、私は米国カリフォルニア州のパロアルトにある小さなオフィスで「Metaverse circa」のビデオを撮影しました。当時私はVRを主流市場に導入することを目標にImmersion Corpという会社を設立したばかりでした。

VR World Magazine —1995年5月号

当時のVR産業の発展を止めてしまったものとは

80年代後半から90年代前半にかけて、シリコンバレーではVRこそが「次に到来するブーム(the next big thing)」だ、と言われてきました。

VR企業の「越冬」

そこで我々はアーティストやアニメーターが物理的な物体を高精度で素早く3Dモデルに変換するのに使える製品「Microscribe 3D」を開発しました。この製品は『シュレック』、『アイス・エイジ』、『タイタニック』、『バグズ・ライフ』といった多くの長編映画や、Time Warner社の『Area 51』をはじめとする多くの3Dゲームの制作に使用されました。

「Microscribe 3D」1996年 VRやビデオゲームや映画の3Dモデル構築技術

我々は一般的なVR利用から、VRの関連市場であるファーストパーソンゲーム(現実と同じように1人称視点でプレイするゲーム)へとシフトしました。その結果、イマージョンは初の消費者向け触覚ジョイスティック、触覚マウス、触覚ハンドルを発売し、最終的にはほとんどの大手メーカーに技術ライセンスすることとなりました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる