FX入門

FXで使う共通単位pipsとは

FXで使う共通単位pipsとは
MT4 EAを利用したトレードでも、そのトレード成績はほとんどの場合pipsで表記されております。当社が無料でリリースしているMT4 EAに関しても、毎月ご使用者様に報告させていただくトレード成績は1部を除いてpipsで報告しております。

FXの最小値幅単位のpipsとは?初心者でも理解しやすい3分解説

FX用語集

pipsとは

通貨の最小値幅単位

Pipsは ピップス と読みます。

Percentage In Pointという英語を省略したものです。

FXの世界でpipsは 「最小値幅単位」 を表すものです。

1つ目の注意点は、pipsは最小値幅単位とはされているものの「0.1pips」という数量が存在する点です。

例えば ドル円の場合は1pips=1銭 なので、ドル=110.13円というように、小数点第2位までしか表示されません。

しかし利用するFX会社によっては ドル=110.132円 というように、小数点第3位まで表示されることがあります。

110.132円の小数第3位の部分は「0.2pips」ということです。

2つ目の注意点は、通貨ペアによって1pipsが小数点第2位の数値を表す場合と、小数点第4位の数値を表すことがある点です。

クロス円のpipsは小数点第2位で覚える

クロス円の中では、 ドル円・ユーロ円・ポンド円 の取引量が多いです。

これらのクロス円の通貨ペアは、以下のように小数点第2位までの値で表されます。

  • ドル円=109.92円
  • ユーロ円=124.44円
  • ポンド円=145.28円

この時pipsは小数点第2位の値を表します。

  • ドル円=109.94円になれば、2pips動いたことになります。
  • ドル円=110.04になれば、12pips動いたことになるわけです。

ドル円・ユーロ円・ポンド円などのクロス円の通貨ペアを考える際には、 pipsは小数点第2位を表す と覚えておいてください。

その他の通貨のpipsは小数第4位で覚える

クロス円以外の通貨ペア(ドル円を除く)を扱う際にpipsが表すのは、 小数点第2位の値ではありません。

クロス円以外の通貨ペアで有名なのはユーロドル・ポンドドル・米ドルスイスなどのドルストレートで、以下のように小数点第4位までの値で表されます。

  • ユーロドル=1.1299
  • ポンドドル=1,3204
  • 米ドルスイス=0.9914

これらのクロス円以外の通貨ペアを扱う際には、 pipsは小数第4位の値を表します。

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

取引量でオススメの業者が変わります。
少額投資ならスプレッドおすすめランキングでトップのSBIFXトレードがオススメです。SBIFXのスプレッドは1回の注文量に応じてスプレッドが変動する方式を取っているため、1注文あたり~1,FXで使う共通単位pipsとは 000通貨までならスプレッドが格段に安くなっています。一方、1,001通貨以上のトレードを1回で注文する場合には段階的にスプレッドが高くなってしまう傾向にありますので、状況に応じて取引先を切り替える方がお得です。

なお、1,001通貨以上ではGMOクリック証券を始めとした 低スプレッド+原則固定の業者をオススメ します。

  • ■全般
  • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
  • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
  • ■GMOクリック証券
  • ※注_a1: ファイナンス・マグネイト社調べ (2020年1月~2021年12月)
  • ■外為どっとコム
  • ※注_b1: 【対象期間】2022年3月7日(月)午前9時~2022年4月2日(土)午前3時 FXで使う共通単位pipsとは 【時間帯】対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
  • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌々月末まで
  • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】トルコリラ/円、ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
  • ■LINE FX(LINE証券)
  • ※注_c1: 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、外貨ex byGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
  • FXで使う共通単位pipsとは
  • ■マネーパートナーズFX
  • ※注_d1: 1回あたり3万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます。また、ポンド/円、ユーロ/円も3万通貨まで表示スプレッド、豪ドル/円は5万通貨まで表示スプレッドで取引できます。
  • ■松井証券 MATSUI FX
  • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。

FX比較&ランキング 記事一覧

手数料無料は当たり前! 実質的なコストのスプレッドは安ければ安いほどトレーダーには有利に働きます。 低スプレッドを提供しているオススメのFX取扱い業者ランキングや各社のスプレッドで1年間トレードした場合のコスト算出などを掲載しています.

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる