初心者必読

テクニカル指標の重要性を理解する

テクニカル指標の重要性を理解する
画像はイメージです

お金にまつわるお悩みなら教えて! お金の先生

みなさま 貴重なご回答ありがとうございました

doctor21kさん、hamamatsu238さん、trader_howlさん 知恵袋の不具合で "プレビューを表示" が反映せず御礼の言葉を書くことができませんでした。 失礼しました。ありがとうございました

そのほかのみなさまも 本当にありがとうございました。 とても助かりました

今回のご回答では一人一人に愛着を感じてしまい 誰かひとりをBAに選ぶことなんてできません
なので投票にさせてください

ベストアンサーに選ばれた回答

チャート は あくまで現状分析図で未来予想図ではない
テクニカル分析はあくまで現状分析
限られた不特定多数の者が動かしている相場を予想することに意味はない

今がどう云う状況に場があるかを知る手掛かりにはなる
チャートは海図ではなく 誰も知らない世界をリアルタイムに描いているに過ぎない
だ か ら
疑問を持つのは あなたがチャートの意味をテクニカルの意味を知らないから

特典・キャンペーン中の証券会社

新規口座開設&クイズに正解で4,000円プレゼント!

トライオートETF新規口座開設キャンペーン

タイアップキャンペーンもれなく現金4000円プレゼント!

オトクなタイアップキャンペーン実施中!

新規デビュープログラム

総額1億円還元キャンペーン

運用スタートプログラム

開設後1ヶ月間取引手数料0円!

2,000円プレゼント

証券に関する悩みや疑問をキーワードから探す

その他の回答

酔っ払いで気まぐれ回答させていただくことをご容赦ください。

ハウルです。

natuwoosimuhiさんの回答について僭越ながら補足させていただきます。

夏緒オシム氏さん。いや、夏を惜しむ氏さんかな…(失礼)。
彼はgoldcoast2013 さん の気持ちをへし折るために言ってるんじゃなくて、“試している”だけだと思いますよ。一見、わかりづらいですが、goldcoast2013 さん を応援はしてます。相場の世界で、1年以内に退場する人は90%とも95%とも言われています。相場は、それほど厳しい世界です。少なくとも、中学や高校の部活の大会で決勝まで上り詰めるような、知識と知恵と根気がなければ「利益を上げ続けることはできない」ということを知っていただければ幸いです。

「簡単に心折れるぐらいならやめろ」

というのはある種の思いやりです。自分は、ホームレス生活までして、今のレベルになっています。覚悟がない人は、地獄を見て、さらに立ち上がれなくなります。

それに“絶対”は世の中ありません。確率の上での話でしかありません。確率を勉強されたければ統計学を勉強することが先決です。
でも、参加人数が常に変わる相場で一般的な統計学は通用しません。統計学は、全体の参加人数が限定されているものを前提に分析するものだからです。そういう意味ではテクニカルも確実なものではありません。

ということは、

【常に儲けられる手法が変わる】

ということが起こります。

人数が毎日30人の教室なら「テストの平均70点」とかわかりますが、「今日は30人だけど明日は500人のクラス」だったら、日によって平均点は変わりますよね。

相場がそうゆう世界です。

つまり、テクニカルとかファンダメンタルズで予想すること自体が難しいことであることを意味します。簡単に言えば、風で飛んでいる的を弓で矢を命中させることが難しいようなものです。移り変わるものに対して「こうすればうまくいく」という方法はないんです。

しいて言えば、「移り変わりを読み解く力」をつければ精度は上がります。
MT4を使って、分析ではなく“解析”をしたり、予想ではなく”統計”をとったり”検証”をします。そうすると「絶対」ではないですが、確実性は明らかにあがります。

【ウォークフォワードテスト】

を中心に勉強してみてください。“確実性の高い”実用的な、解析法が見つかります。

今に自分に言えるのはそれだけです。テクニカルもファンダメンタルズも必要と思いますが、もっと“確実性の高い知識”は統計学とデータマイニング、MT4で解析する知識だと思います。

※とは言え、この理屈が通らない天才もこのカテゴリにはいらっしゃいます。

>絶対に。絶対に。生き残るためにはテクニカル分析は必要ですか?


私は、為替相場で生き残るのにテクニカル分析は「絶対に必要だ」とまでは考えません。→テクニカル分析が必ずしも必要ではないと考えるケースはつぎの3つです。


(1)あなたが、「相場の天才」という場合。→生まれつきの天才ならば、テクニカル分析を学ばなくても相場で儲けることができるでしょう。

(2)あなたが、「価値のある情報を継続的に入手できる」場合。→あなたのお友だちに日銀幹部(または財務省幹部)がいて、あなたが、日本政府の金融政策情報をちょくちょく入手できる立場だとしたら、その情報をもとに相場を張れば簡単に儲かるでしょう。

(3)数年単位の売買(=ポジショントレード)をする場合。→下は、ドル円の1か月の値動きを1本の足(長方形)で表した、月足チャートです。
https://www.mql5.com/en/charts/2812182/usdjpy-mn1-forextime-ltd


もし、数年間、同じポジションをずっと持ち続けるのであれば、
「貿易黒字が続いている限り円高が進むよね。」→だから、円買い。
「貿易収支が赤字になったんだから円安だよね。」→だから、円売り。

このくらい大ざっぱな売買方針でも、「相場で生き残る」だけはできそうです。


>テクニカル分析できているはずの FXエコノミストの予想に反した結果が非常に多く、疑問に思うようになりました。

歴史的に、「エコノミスト」とか「アナリスト」の世界では統計データをもとにして理屈を言うのが主流です。つまり、「ファンダメンタル」を軸に為替相場を語るのが王道なのです。→だから、「FXエコノミストなんだから、テクニカル分析はできているはず…」というあなたの認識は、現実とはちょっと違うでしょうね。



【補足】

「テクニカル分析が必ずしも必要ではない。」と回答しましたが、あなたが天才ではなく、特別なコネがあるわけでもなく、数年間同じポジションをずっと持ち続けるような気長なトレードをするつもりはない…というのであれば、「テクニカル分析を学んだほうが良い」と思います。

たとえば、「フィボナッチ・リトレースメント」という、よく知られたテクニカル分析があります。これで説明しましょう。

先の月足チャートで、1995年4月につけた安値(79.75円)を0とし、1998年8月につけた高値(147.71円)を100として、「フィボナッチ・リトレースメント」を当てはめると、このようなチャートになります。↓
https://www.mql5.com/en/charts/2812186/usdjpy-mn1-forextime-ltd


61.8は「フィボナッチ」では重要な数字で、為替相場ではこのラインで跳ね返るのがしばしば見られるのですが、この場合も、61.8のラインで反転が起きています。

週足チャートで見ると、それがより明確にわかります。↓
https://www.mql5.com/en/charts/2812189/usdjpy-w1-forextime-ltd

ちなみに、38.2(=100-61.8)のラインでも跳ね返りが起きていることがわかりますね。

テクニカル分析は必要です。テクニカル分析は市場の分析を定量的、定性的に分析するということです。
テクニカル分析しないトレードは値ごろ感や主観による予想でトレードすることになります。
最初は市場に適合するテクニカル分析は無理ですが、経験値が上がると比例して市場に適合するテクニカル分析ができるようになります。
トレードルールを作ることは絶対必要ですが、
値ごろ感や主観による予想からトレードルールを作ると必ず破綻します。
テクニカル分析で使用するツールはみんな違います。
自分に合うツールを探して分析することが重要です。
トレードスタイル、価値観、思考パターンなど個々人で合うテクニカル分析方法は違います。

私は偉そうに言えるレベルではありませんが、テクニカルはやっぱり必須、基本だと思います。
ただ、基本なので、それだけでは不十分。

ゴルフやりますか?
平坦な練習場でうまくなっても、コースに出れば傾斜あり、カーブあり、谷あり山あり、木や石の障害物あり、雨・風の日ありで、実践はなかなかですね。
でも、うまい人は練習場に通ったりして、基本はしっかりしていますね。
「基本+実践(工夫)」だと思います。

テクニカルも同様。
上手な人は「たくさんチャートを見なさい」と言いますが、「基本となるテクニカルを基に、どんな時はどんな動きをするのか観察しなさい」との意味だと思います。
どのテクニカルが当たるかを探すのはちがうように感じます。

「実践FXトレーディング」という本に、簡単なフォーメーションとライン売買のテンプレートが載っています。
「次はこうなる可能性がある。なのでこんなポジションをとる。ちがってたらここで損切り」の方法がたくさんあります。
時間軸や通貨ペアが推奨されていますが、あまり気にせず、練習としていろいろやってみたらどうでしょう。
ああそーなのかと、勉強になりますよ。
そうなってから、利を伸ばす方法など、自分で工夫を加えていけばいい。

こんなことが最近になって、やっと分かってきました。

相場で生き残るために絶対必要なものは3つあります。
・資金管理
・ルール
・メンタル

テクニカル分析は、このルールの部分になります。

多くの人がテクニカル分析はしても、予想はするなと言います。
まだ初心者だとよくわからない言葉だと思いますが、
テクニカルは、こうなったら買う、こうなったら決済する、こうなったら撤退する(損切)を知らせてくれるものです。
で、テクニカルが買いを示しているので、相場は上がると予想します。
この予想はOKですが、相場はいつまでも上がり続けると予想してはいけません。
この予想は、上がるという思い込みによって心にバイアスがかかり、損切を遅らせ、損を膨らませ、破綻へ導きます。
テクニカルが撤退をしめしたら、潔く損切できるように、心をいつも中立に、予想はするなということだと思います。
テクニカル指標の重要性を理解する
短期取引であればあるほど、テクニカルは重要になります。
逆に長期であれば、エコノミストのファンダメンタルもためになると思います。
その時でも、ポジションを持つタイミングは、テクニカルです。
なぜなら、相場には織り込み済みということもありますし、また、あまりにも長期すぎて、相場がまだ反転する前で、早すぎるということもあります。

テクニカル分析がもしできていても、それから出る予想がいつも当たるとは限らない。多種多様のテクニカル分析があるし、その使いこなし様も人によって千差万別ある。 テクニカル指標の重要性を理解する

> テクニカル分析できているはずの FXエコノミストの予想に反した結果が非常に多く

テクニカル分析から予想しているかどうか分からない。むしろ、ファンダメンタル分析の方が多いのではないか?

テクニカル分析なしにファンダメンタル分析でトレードするのは、普通勝てないと言われている。普通ですので、もしかしたら、貴方はテクニカル無視してファンダメンタル分析だけでFXやっていけるのかもしれない。

ただし、資金管理だけは確実にやった方が良い。

成功を祈る。

必要だと思いますよ。
テクニカル分析できなきゃ、私はトレード出来ませんよ。


で、テクニカル分析を学ぶなら、forexfactoryってサイトが有名ですね。
ネタの宝庫です。英語が出来るなら行くべきですね。手法について、オープンに活発に議論されている場所は日本にはありません。多分
何回も見に行ったのですが、英語の能力が低くて断念しました笑

それと、初心者向けのサイトが、babypips.comというのです。
ttp://www.babypips.com/school
ttp://www.forexfactory.com
知っていたら、おせっかい申し訳ありません。

日本は、まだFXの情報が少なく、初心者から金をむしり取りたい人間が幅を聞かせている状況です。そんな輩に騙されるまえに、まともな知識をどうぞつけてください。

絶対に必要です。
現在値だけを与えられても困ります。

http://kabu.com/investment/guide/technical/02.html

テクニカルは単純に
強気になる箇所と弱気になる箇所を見極めてそのアクションに追随するもんやとおもうけどね

強気に乗っかり
弱気になったとこを叩く

そんな感じ

テクニカル分析は必要です。と自分は思います。

さまざまな意見がありますが、長期的な予測であれば、エコノミストの予想はそこそこ当たると思いますが、いくらエコノミストでも指標発表の数値やそれが相場にもたらす影響、その発表を投資家たちがどうとらえて反応するかは予測不可能と思います。
自分の意見ですが、ファンダメンタルズ分析は後付の要素が強いと考えます。
このまま円安が進むだろうと分析しても投資家たちが一回利確をし、その波に大勢が乗れば、相場はいったん下がり、そのタイミングでドルに悪い要素が発表されたりするとグッと下がったり、てのは予測不可能ですよね。後になって、みんなが利確したからだとか、GDPの数値が予想より悪かったからだと言ってることが多いですよね。
ので、自分はエコノミストの発言は無視です。(デイ、スキャルなのでもともとあまり影響ないのですが)
そしてテクニカル分析はその相場に参入する大勢の心理を反映していると考えます。 テクニカル指標の重要性を理解する
勿論、指標発表や要人発言には注意はしていますが。

natuwoosimuhiさんの回答はだいたいいつもそんな感じです。

私は結構好きですが人それぞれですね。

ただちょっと気になったので補足というかちょっと細かく説明しておくと

チャート
これは今までの動きを表したものです。
テクニカル
その動きを数式に当てはめて折れ線にしたり曲線にしたりしたものです。

おそらく彼が言いたかったのは今までこう動いたよー、だからと言って次こううごくと決まってるわけじゃない。
だから『予想』をするとそれに裏切られるよ、と言いたいのではなかろうかと思いますよ。

チャートにもテクニカルにも『未来』は観測されません。 テクニカル指標の重要性を理解する

私はこの状態でこうなったらトレードするというルールは持ってますがチャートをみて「こうなるだろうな」とは思わないんですよね。

すごく微妙な言い回しだけどわかりますか?

おそらく食えるようになるレベルから理解できると思います。

エコノミストが誰のことを指してるか知りませんが私が注目してる人でそれなりに合理的な分析をしてる人で「言ってることがおかしい人」は見たことがありません。
「予想が外れること」は多々あります。

ここも微妙ですよね。

トレーダーとして大事なのは予想を当てることではなくどういう状況でどういったトレードをするか、なのですよ。

だから予想するんだろう?っていう人は3流以下ですね。


スターウオーズのヨーダのセリフを思い出しましたw

「やるか、やらないか、試すってのはないんだ。」
Do. Or テクニカル指標の重要性を理解する do not.
There is no try.
(エピソード5「帝国の逆襲」より)

意地悪言ったみたいですけどそういうわけじゃないんですよ?
自分の分析に自身がなくなったらトレードが終わった後にココに質問を建てて見てください。
いろんな人の意見が聞けますから面白いですよ。
私も面白そうだったら回答します。
頑張ってください。

FXエコノミストを買いかぶりすぎです。
予想に反した結果って?その程度ですよ。

以前、ジョージソロスが日本の生保や銀行なんて幼稚園レベルだと
言ったとか言わないとかという噂があったけど、
ホントそんなレベルです。

でもいいところに目を付けましたね。
私がFXを始めた頃、ある方の言葉を思い出しました。
それは「すべてを疑ってかかれ」でした。
専門家の意見はもちろん既存のテクニカルもすべてです。
すべてを疑った結果、独自のものが見え始めました。
今では独自のものがすべてです。

テクニカル指標の重要性を理解する

「FXのテクニカル分析ってなに?」

「テクニカル分析をする意味は?」

「初心者でもできる簡単なテクニカル分析が知りたい」

FXのテクニカル分析は、チャート画面に表示される テクニカル指標やチャートパターンを基に相場を予測する分析手法 テクニカル指標の重要性を理解する です。

「テクニカル」という言葉から難しそうなイメージがありますが、視覚的に分析でき簡単な手法であればスグに試せる分析手法ですよ!

この記事では、私が初めて実践した移動平均線を使ったテクニカル分析のやり方を、通貨ペアや時間足選びから最後の利益確定の決済までの流れを丁寧に解説しています。

また、テクニカル分析してるけど結果が出ない人向けに、意味のあるテクニカル分析をするための6つのコツを紹介しています。

・FXのテクニカル分析とは?
・意味のあるテクニカル分析をするための6つのコツ
・初心者でもスグできる移動平均線を使ったテクニカル分析の使用手順
・視覚的にわかりやすい初心者向けテクニカル指標4選
・おすすめのテクニカル指標の組み合わせ
・FX初心者におすすめテクニカル分析の勉強手順

テクニカル分析とは?

テクニカル分析とは

テクニカル分析とは、 テクニカル指標(インジケーター)やチャートの形状(チャートパターン)から未来の相場を予測する分析手法 です。

大前提として為替の動きは、世界の投資家の集団心理を具現化した結果です。

簡単に言ってしまえば、FXは通貨売買の多い方向を見極める投資で、見極める方法の一つがテクニカル分析です。

トレンド系

トレンド系のテクニカル指標は 相場の方向感を判断できる指標 です。

トレンド系は、純粋に過去チャートの傾向から相場の流れを示しているので、トレンド相場の有無を見極めるのに有効です。

FXにはトレンド相場という、継続して価格が上昇及び下降し続ける相場があります。

次の図解のようにうまくトレンド相場に乗る手法を順張りと呼び、FXで最も稼ぎやすい手法の一つです。

順張りイメージ

トレンド系のテクニカル指標は、主に相場の方向感を確認するのに適しており、トレンド系の代表格である移動平均線を例にすると、右肩上がりだったら上昇、右肩下りなら下降トレンドと判断します。

【トレンド系の代表的なテクニカル指標】
・移動平均線
・ボリンジャーバンド
・パラボリック
・DMI(ディーエムアイ)

など

トレンド系の多くは過去チャートから算出する仕組み上、チャートに反映されるのが遅い欠点もあります。

オシレーター系

オシレーターとは、 相場の買われすぎ売られすぎを判断できるテクニカル指標 テクニカル指標の重要性を理解する テクニカル指標の重要性を理解する です

オシレーターはその瞬間の過熱度が把握できるため、相場の流れが切り替わるタイミングを確認するのに使われます。

オシレーター系はリアルタイムに反映されるため、トレンド系より瞬発力が高く短期トレードにも向いています。

【オシレーター系の代表的なテクニカル指標】
・MACD(マックディー)
・RSI(アールエスアイ)
・ストキャスティクス
・モメンタム
テクニカル指標の重要性を理解する
など

ファンダメンタルズ分析との違い

テクニカルとファンダメンタルズ

ファンダメンタルズ分析を一言でいうと、 世界経済や金融などの情報を基に相場を予測する分析手法 です

ファンダメンタルズは、アメリカの雇用統計などの定期的に行われる経済指標と、リーマンショックのような突発的なイベントの2種類あります。

テクニカル分析は意味ないのか?6つのコツ

テクニカル分析のコツ

①トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使う
②長期足での分析を優先させる
③初心者はひとつのテクニカル分析から始める
④ファンダメンタルズ分析も使う
⑤逆張りは無理に狙わない
⑥自動分析ツールも参考にする

これから解説する6つのコツは、テクニカル分析を行う上で大前提のコツなので必ず覚えましょう。

①トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使う

テクニカル指標は トレンド系とオシレーター系を組み合わせて使いましょう。

先述しましたが、トレンド系は相場の方向感オシレーター系は売買の過熱度と分析内容が異なるため、組み合わせることでそれぞれ分析できない要素を補完できます。

②長期足での分析を優先させる

テクニカル分析の時は、なるべく 長期足の分析結果を優先させましょう。

理由は、長期足の動きの方が信頼度が高いからです。

つまり、過去の世界経済・金融イベントの結果である長期足は、短期足の瞬間的な動きよりも信頼できるデータとなります。

③初心者はひとつのテクニカル分析から始める

初心者がテクニカル分析に取り組む時は、 ひとつのテクニカル指標から始めましょう。

理由はシンプルでいきなり複数取り組むと難しくて挫折するからです。

④ファンダメンタルズ分析も使う

テクニカル分析がメインでも 必ずファンダメンタル分析もしましょう。

なぜなら、ファンダメンタルズ要因の大イベント発生時は、テクニカル分析が機能しないケースがあるからです。

⑤逆張りは無理に狙わない

逆張りイメージ

初心者は 逆張りを無理に狙うのはやめましょう。

理由は、トレンドが終わる直前にエントリーする難易度もリスクも高い手法だからです。

逆張りとは、 相場が反転すると予測してエントリーする手法 で、順張りと比較して予測が外れた場合の損失が大きく、勝てたとしても利益は少ない傾向があります。

⑥自動分析ツールも参考にする

お天気シグナルイメージ

テクニカル分析のサポート役として、 自動分析ツールを使うと勝率upの可能性が高くなります。

ひとつ目は、移動平均線などの一般的なテクニカル指標の売買シグナルを知らせてくれるツールで、もうひとつは現行チャートと過去チャートを比較して未来の値動きを予測するツールがあります

私が実際に使って検証したぱっと見テクニカルは、自動分析ツールの予測に従っただけで勝率87%を叩き出しました!

7SETEPでスグ試せる!移動平均線を使った簡単順張り手法

7STEP順張り手法

STEP1:トレード環境・指標の設定
STEP2:ゴールデンクロスを探す
STEP3:長時間足で相場の流れを確認
STEP4:オシレーター系を組み合わせる
STEP5:エントリーは2回目の反発後
STEP6:損切りのサイン
STEP7:利益確定ポイントを決める

STEP1:トレード環境・指標の設定

STEP2:ゴールデンクロスを探す

ゴールデンクロスの確認

初めに15分足のチャートに5日(短期)と30日(長期)の移動平均線を表示させ、 ゴールデンクロス及びデッドクロスを探します。

ゴールデンクロスは移動平均線で使われる手法の一つで、複数期間の移動平均線を表示させ、短い期間の移動平均線が長い期間の移動平均線をクロスして貫く状態を指します。

ちなみにゴールデンクロスは下から上にクロスする上昇への転換サインで、逆の上から下にクロスする下降への転換サインをデッドクロスと呼びます。

【ゴールデンクロス・デッドクロスの例】

ゴールデン・デッドクロス例

ゴールデンクロスは、相場が下降から上昇に転換するサインなので、今後上昇すると予測して順張りを狙ってみましょう。

STEP3:長時間足で相場の流れを確認

長時間足で相場感の

順張りでエントリーする時にとても重要なのが、 長期時間足でも同方向にトレンドが発生しているか の確認です。

先述のコツでも解説しましたが、短期足よりも長期足の動きの方が信頼度が高いからです。

STEP4:オシレーター系を組み合わせる

RSIを確認

次は オシレーター系のRSIを使ってエントリーの根拠を探しましょう。

理由はコツでも解説した通り、トレンド系とオシレーター系それぞれ別の視点で根拠を見つけるためです。

今回は上昇するという根拠が欲しいため、売られすぎのサインである30ラインにタッチして反発しているかを確認します。

STEP5:エントリーは2回目の反発後

二回目の反発後にエントリー

私のエントリーのタイミングは、 上昇後の2回目の反発を確認した後 です。

なぜなら、1回目の反発後だと早すぎてトレンドに発展しない、3回目だとトレンドが終わってしまう可能性があるからです。

STEP6:損切りラインを決める

損切りラインを決める

私が順張りでエントリーした時の損切りは、 2回目の反発ラインを超えたラインに設定しています。

STEP7:利益確定ポイントを決める

利益確定ポイント

私の利益確定ポイントは 短期移動平均線が水平に推移したタイミング です。

理由は相場が均衡しトレンドが終わると判断しているからです。

初心者におすすめなテクニカル指標4選

おすすめテクニカル指標

【トレンド系】移動平均線
【トレンド系】ボリンジャーバンド
【オシレーター系】MACD(マックディー)
【オシレーター系】RSI(アールエスアイ)

【トレンド系】移動平均線

移動平均線お設定例

移動平均線とは一定期間の為替の動きを平均化した線で、 相場の流れを読み取るのに適している指標 です。

移動平均線の期間はトレーダー自身で設定でき、例えば5分足で移動平均線「10」と設定すると直近10本のローソク足の終値を平均した数値、つまり「5分 × 10本 = 50分間」の平均値が表示されます。

見方はとてもシンプルで全ての線が 右肩上がりなら上昇トレンド右肩下がりなら下降トレンド と読み取ります。

【トレンド系】ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドは、移動平均線にσ(シグマ)と呼ばれる線を加えた指標で、「 値動きが大体この帯(バンド)中に収まる 」といった情報を教えてくれるテクニカル指標です。

ボリンジャーバンドは、移動平均線1ラインに加えて上に「+σ1〜3」の3ライン、下に「-σ1〜3」の3ラインで合計7つのラインで構成されています。

各σ(シグマ)はバンド内に収まる確率を意味しており、それぞれσ1以内に収まる確率が68.35%、σ2以内が95.4%、σ3以内が99.7%と決まっています。

ボリンジャーバンドは縦幅の大きさで売買の過熱度7つのラインの方向でトレンドの有無ローソク足との位置関係で相場の異常性と、3つ相場の状態を読み取れる優れた指標です。

例えば売買の過熱度をみる場合は、上のチャート画面のように +3σにローソク足が触れたら「下がる」-3σに触れたら「上がる」 と判断してトレードします。

【オシレーター系】MACD(マックディー)

MACDイメージ

MACD(マックディー)は、 短期の移動平均線と長期の移動平均線の差分を可視化したテクニカル指標 テクニカル指標の重要性を理解する です。

簡潔にいうと通貨の「買われ過ぎ、売られ過ぎ」に加えて「相場の方向感」も見ることができる指標です。

MACDは破線のシグナルラインと山の形のような縦ラインのMACDラインの二つで構成されています。

ゴールデンクロスは、MACDラインがシグナルラインを下から上に突き上げた状態、デッドクロスは反対に上から下に突き抜ける状態を指します。

ゴールデンクロスの場合は、 上昇の勢いが強いため「買い」 でエントリー、デッドクロスは 下降の勢いが強いため「売り」 でエントリーします。

【オシレーター系】RSI(アールエスアイ)

RSI

RSI(アールエスアイ)は一言で言うと テクニカル指標の重要性を理解する テクニカル指標の重要性を理解する 買われ過ぎ、売られ過ぎの過熱度 を判断できるテクニカル指標です。

RSIは0%〜100%で表示され100%に近いほど買われ過ぎ0%に近いほど売られ過ぎと判断できます。

テクニカル分析での考え方は、RSIが 30%(売られ過ぎ)に達したら「買い」70%(買われ過ぎ)に達したら「売り」 でエントリーします。

理論もボリンジャーバンドと似ており、異常に買われすぎているから正常に戻るだろうという考え方です。

RSIのオススメの期間設定は「14」です。これはRSI考案者のJ.W.ワイルダーが提唱した標準値であり、多くの投資家が使っています。

初心者におすすめのテクニカル指標の組み合わせ

テクニカル分析のコツでも触れましたが、テクニカル分析の時に使うテクニカル指標はトレンド系とオシレーター系を組み合わせて使うのが効果的です。

①移動平均線(トレンド) + RSI(オシレーター)
②ボリンジャーバンド(トレンド) テクニカル指標の重要性を理解する + MACD(オシレーター)

①は相場の流れを見る「移動平均線」売買の過熱度を見る「RSI」、②は相場の方向感、相場の異常性を見る「ボリンジャーバンド」売買の過熱度に特化した「MACD」互いに見れないものをバランスよく補っている組み合わせ です。

FX初心者のテクニカル分析おすすめ勉強法

勉強法

【STEP1】書籍やサイトで基礎を学ぶ
【STEP2】デモトレードで試す
【STEP3】少額トレードで実践を経験する

【STEP1】書籍やサイトで基礎を学ぶ

テクニカル分析の基礎を学ぶなら 書籍やFX会社公式の解説サイトがおすすめ です。

なぜなら、書籍なら著名なFX有識者、FX会社公式サイトならFX運営者と情報の発信元が信頼できるからです

『岡安盛男のFX攻略バイブル』
著名アナリストの岡安氏が解説するFX入門書。基礎だけでなくトレードスタイル毎のコツまで解説して上級者まで愛用できる内容。

『めざせ億り人!マンガでわかる最強のFX入門』
マンガ形式でFXの基礎を学べる未経験・初心者向けの一冊。文字だけだと飽きちゃう人におすすめ。

テクニカル分析とファンダメンタル分析、株式市場ではどちらが重要か

テクニカル分析とファンダメンタル分析、株式市場ではどちらが重要か

テクニカル分析とは、過去に発生した株価や出来高等の取引実績から将来の価格を予想・分析する手法です。
ファンダメンタル分析の様に企業の業績や世界情勢はもちろん、日本や海外における政治や金融政策の変化などは一切考慮に入れず、株価や出来高で計算された数値で淡々と投資判断を行って行くのがテクニカル分析の大まかな特徴です。
価格の勢いや、売られ過ぎ・買われ過ぎという判断では、テクニカル分析はとても役に立ちます。

個人投資家はテクニカル分析が好き

  • ①取引価格の上昇トレンドと下落トレンドへの転換を見出す方法
  • ②取引価格に対する売られ過ぎや買われ過ぎを見出す方法

株は『美人投票』、テクニカル分析で充分

株価は業績が良いからと言って必ず上がるとは限りません。
株価は業績が良い銘柄が上がるのではなく、買う人が多いと上昇します。
難しいことは考えずに美人と思う投資家が多くいる株に投資することも、株式投資においては有効な手法といえるでしょう。

短期~中期投資はテクニカル分析が向いている

株式の価値という考え方ではファンダメンタル分析

ファンダメンタルが個人投資家に不人気なのは難しいから

ファンダメンタル分析で利益は重要な分析ポイントです。
しかし、最終利益がどのくらいか発表されていても、発表された利益は貸倒引当金などでお化粧をされていることも多く、きちんとしたファンダメンタル分析はプロもかなり経験が必要となります。
何よりも株価は人気投票ですので、どんなに業績が良くても買い注文が集まらなければ株価は上がりません。

中期~長期投資はファンダメンタルズ分析が向いている

テクニカル分析、ファンダメンタル分析両方勉強しよう

  • ○テクニカル分析は比較的簡単、結果も出やすい
  • ○テクニカル分析は短期~中期投資にお勧め
  • ○ファンダメンタル分析は専門知識が多く理解するまで期間と勉強が必要
  • ○ファンダメンタル分析は中期~長期投資にお勧め
  • ○どちらも重要なので苦手意識を持たずに勉強しよう
  • Tweets by manekai_pr

※当サイト内に掲載されている[PR][Sponsored]の表記がある商品は広告(アフィリエイトプログラム)により編集部のおすすめとしてご紹介させて頂いております。 ※当サイト(マネ会 by Ameba)はクレジットカードやカードローンなどのお金に関する情報を提供しており、クレジットカードの申し込みを斡旋するのではありません。 ※クレジットカードやカードローン、キャッシュレスに関する個人の相談や質問にはお答えできません。 ※当サイトはGoogleのコンテンツポリシーのガイドラインに沿ってコンテンツを製作していますが、情報の正確性や信頼性、安全性を担保するものではありません。 ※金融商品への申し込みは各公式ホームページに記載されている内容をご確認の上、自己判断で申し込みをしていただきますようお願いいたします。 ※当サイトはマネ会 by Amebaと提携している企業のPR情報が含まれています。 ※当サイトの広告から発生する収益はコンテンツ品質向上のためのコストとして使用させていただいております。

マネ会 by Amebaは、株式会社CyberOwlが運営しているサービスです。
株式会社CyberOwlは、東証一部上場企業である株式会社サイバーエージェント(証券コード:4751)のグループ企業です。

テクニカル指標の重要性を理解する

株価とは?

株価とは?

株価とは?

株価の決まり方

株価と時価総額の関係性

株価が変動する要因

株価が変動する要因

「市場要因」と「個別要因」

  • 国際情勢
    株価は、国際情勢によって大きく値動きします。分かりやすい例に挙げられるのが地政学リスクです。例えば、ある国がミサイルを発射すると世界情勢に不安が広がったり、また、米中貿易摩擦など国際的に大きな問題が起きたりすると、株価は大きく乱高下する傾向にありますから、常に確認するようにしましょう。
  • 国内情勢
    株価は国内情勢でも大きく左右されます。国内情勢で分かりやすい例として挙げられるのは、政治でしょう。例えば、政権交代が起きて新たな総理大臣が就任すると、株価は大きく乱高下する傾向にあります。記憶に新しいのは2012年に起きた政権交代でしょう。民主党から自民党に政権が変わり、その後に株価は大きく上昇しました。

  • 業績の変化
    業績の変化によって株価は大きく上下動します。特に市場予想より大きく乖離(かいり)した場合、株価は乱高下しやすくなります。また、業績が良くても市場予想に届かない場合、株価は大きく下落する傾向にあります。どちらも注意が必要です。
  • 外国投資家の影響
    日本の株価市場において外国投資家の影響は非常に大きいものです。外国投資家は大きなお金を動かすビッグプレイヤーも多いため、外国投資家の影響を日本株は受けやすいです。

株価が割高か割安かを判断するためには

株価が割高か割安かを判断するためには

株価チャートを見る(テクニカル分析)

ローソク足

出来高の棒グラフ

移動平均線

テクニカル分析のメリット

テクニカル分析のメリット

1.短期の値動きを予想できる
テクニカル分析は過去のチャートの値動きから将来のチャートの値動きを予想するもので、分析の精度が高いことが特徴の1つです。また、チャートは常に動いているため、短期の値動きも予想することができます。なお、後ほどご紹介するファンダメンタルズ分析の場合は、短期の値動きを予想することはできません。デイトレーダーなど短期で利益を上げたい方にとっては、非常にメリットが大きいでしょう。

2.経済の知識が薄くても利用できる
株式投資と聞くと、専門的な経済や金融の知識がなければ勝つことができないと思われ方がいるかもしれません。確かに経済や金融の知識は、あるに越したことはないでしょう。しかしテクニカル分析の場合、チャートの見方やテクニカル指標の使い方さえ理解できれば、経済の知識が薄くても行うことができます。そうした専門知識がなくても株価の値動きを予想できるのは、テクニカル分析の大きなメリットと言えるでしょう。

3.視覚的に株価の動きを把握しやすい
テクニカル分析はチャートを使って株価の値動きを予想します。そのため、視覚的に把握しやすいのもメリットと言えるでしょう。株価の上がり下がりが一目瞭然で分かるため、株の売買を素早く判断できます。

テクニカル分析のデメリット

テクニカル分析のデメリット

1.分析通り株価が動くとは限らない
テクニカル分析は精度が高い分析方法です。ただし株価は、百発百中で分析の通りに動くものではありません。時には、まったく逆の方向に動くこともあるでしょう。そのため、過度にテクニカル分析に頼るのは避けてください。

2.テクニカル指標を使いこなすまでに時間がかかる
テクニカル指標には、MACDやRSIなど様々な種類があります。株式投資の初心者には聞きなじみのない言葉も多く、テクニカル指標に慣れるまで時間がかかるかもしれません。しかし、一度覚えればずっと使えるものなので、勉強する価値は十分にあります。

企業の財務状況から判断する(ファンダメンタルズ分析)

企業の財務状況から判断する(ファンダメンタルズ分析)

PER(株価収益率)

PBR(株価純資産倍率)

ファンダメンタルズ分析のメリット

ファンダメンタルズ分析のメリット

1.中長期の株価予想の精度が高い
ファンダメンタルズ分析は、企業の財務状況から株価を分析するものです。そのため、中長期の株価予想ではとても高い精度となります。中長期で株式投資を行いたいのであれば、ファンダメンタルズ分析は必須と言って良いでしょう。

2.テクニカル指標の重要性を理解する 瞬間的な判断力を必要としない
ファンダメンタルズ分析は、短期で株式を売買するものではありません。テクニカル分析のように瞬間的な判断力は必要とせず、じっくり考えて投資できることはメリットと言えます。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析のデメリット

1.財務状況を読む能力が必要になる
ファンダメンタルズ分析をするには、企業の財務状況を読む能力が必要です。財務状況をしっかり把握するためにある程度の知識が必要になりますので、活用できるまで時間がかかります。テクニカル分析のように視覚的に把握できるものでない点は、デメリットとなる方もいるでしょう。

2.短期の売買には向かない
ファンダメンタルズ分析は中長期の株価を予想するもののため、デイトレードのような短期の売買には向きません。デイトレードやスキャルピングなどで利益を出したい方が活用できない点は、デメリットの1つと言えます。

まとめ

監修者プロフィール

渡辺 智(ワタナベ サトシ)
FP1級、証券アナリスト。

三角持ち合いとは?

スワップポイントってなに?

株式投資の勉強の仕方は?初心者にも分かりやすく解説

値嵩株(ねがさかぶ)ってなに?

注目のキーワード

人気記事ランキング

キャンペーン

LINE証券の公式SNS

LINE証券 LINE公式アカウントでおトクな情報を受け取ろう

LINE証券 最短3分・スマホで完結 いますぐ無料口座開設

当社でのお取引にあたっては、各商品毎に所定の手数料や諸経費等をご負担いただく場合があります。
金融商品のお取引においては、株価の変動、為替その他の指標の変動等により損失が生じるおそれがあります。
また、商品等の種類により、その損失の額が保証金等の額を上回るおそれがあります。
上記の手数料等およびリスク・ご注意事項についての詳細はこちらをよくお読みください。
お取引に際しては、契約締結前交付書面および目論見書等の内容をよくお読みください。
当社は日本国内にお住まいのお客様を対象にサービスを提供しています。

FX取引(店頭外国為替証拠金取引)は、一定の証拠金を当社に担保として差し入れ、外国通貨の売買を行う取引です。
多額の利益が得られることもある反面、多額の損失を被る危険を伴う取引です。預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、金利、通貨の価格、金融商品市場における相場その他の指標に係る変動を直接の原因として損失が生じ、その損失の額が預託した証拠金の額を上回るおそれがあります。
取引手数料は0円です。ただし、当社が提示する通貨の価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。
注文の際には、各通貨ペアとも取引金額に対して4%以上(レバレッジ25倍)の証拠金が必要になります。当社でお取引を行うに際しては、 「店頭外国為替証拠金取引の取引説明書」等をよくお読みいただき、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引ください。

CFD取引は預託した証拠金に比べて大きな金額の取引が可能なため、原資産である株式・ETF・ETN・株価指数・その他の指数・商品現物・商品先物、為替、各国の情勢・金融政策、経済指標等の変動により、差し入れた証拠金以上の損失が生じるおそれがあります。
取引金額に対して、商品CFDは5%以上、指数CFDは10%以上、株式CFD・バラエティCFDは20%以上の証拠金が必要となります。
取引手数料は無料です。手数料以外に金利調整額・配当調整額・価格調整額が発生する場合があります。
当社が提示する価格の売値と買値の間には差額(スプレッド)があります。相場急変時等にスプレッドが拡大し、意図した取引ができない可能性があります。
原資産が先物のCFDには取引期限があります。その他の銘柄でも取引期限を設定する場合があります。
当社の企業情報は、当社HP及び日本商品先物取引協会のHPで開示されています。

LINE証券株式会社/金融商品取引業者 テクニカル指標の重要性を理解する 関東財務局長(金商)第3144号、商品先物取引業者
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会

どんな株式投資のスタイルがあるの?テクニカルとファンダメンタルズを解説!

投資スタイル

移動平均線

画像はイメージです

青い線はより長い期間の平均であるため、赤い線と比べてなだらかになっていますね。

その通りで、移動平均線とは一定期間の株価推移の平均値を線にしてつなぎ合わせた株価指標です。

逆に、長期で平均をとると、大局的な相場の流れが見えることになります。

テクニカル指標はどこで確認できるの?

ともだち登録で記事の更新情報・限定記事・投資に関する個別質問ができます!

ファンダメンタルズとは

ファンダメンタルズとは国や企業の経済状態を表す指標であり、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支、雇用統計などがファンダメンタルズに当たり、企業の場合は売上高や利益といった業績、資産や負債などの財務状況が挙げられます。

ファンダメンタルズ指標にはどんなものがあるの?

ファンダメンタルズ分析とは、企業の価値を推定して、いまその本質的価値に対して株価が割安なのか割高なのか判断するために行うものです。

割安なら今買っておいた方が良い一方で、売却に適したタイミングとは言えません。

逆に割高なら、今買うのは見送るか、株を持っているなら売却のタイミングであると言えます。

ファンダメンタルズ分析

ファンダメンタルズはどこで確認できるの?

ただ、最初から決算短信に載っている損益計算書や貸借対照表を見ようとするとかなり難解かもしれません。
そこで個人投資家向け企業レポートで「ブリッジレポート」などを見ると、とても分かりやすい形で確認できます。

ファンダメンタルズ分析をしていきたいあなたは、まずは決算情報を読み解く力をつけていきましょう!

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析、どっちがおすすめ?

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析のメリット・デメリット

しかし、一般的にはテクニカルは短期的な株価の動きを予想するために使い、価格差(値ざや)を利用して収益を出そうとする売買で用いられます。

ファンダメンタルズは、中長期投資での企業価値や成長性を計るために使われます。

歴史は同じようには繰り返さないが、韻を踏む。(The past does not repeat itself, but it rhymes.)

と言ったように、「過去がこうだったから、次もこうなる」という断定は不可能であり、チャートだけでは長期で勝ち続けることが難しいという考えを持つ人も多数います。

\当サイト限定のレポート/

「いろはに投資」経由で口座開設&取引をすると、「2022年 投資戦略のいろは」を手に入れることが出来ます。
株価推移や商品価格など、2022年の投資戦略に役立てましょう!

Podcast

コメントを残す コメントをキャンセル

保険と投資 アイキャッチ

【いまさら聞けない】保険とは?保険と投資の違いを徹底解説!

米国大統領選挙と株価

【2020年アメリカ大統領選挙】選挙結果が株価に与える影響は?

アクセスランキング

限定キャンペーン

New Posts

おすすめネット証券

投資初心者

不動産投資会社ランキング

M&A総研 アイキャッチ

ウェルネス・コミュニケーションズ アイキャッチ

カテゴリー

アーカイブ

いろはにロゴ

当メディアは(株)インベストメントブリッジによって運営されています。
(株)インベストメントブリッジは中立した立場で、投資家と企業の架け橋として活動をしております。 テクニカル指標の重要性を理解する
運営会社についての詳細はこちらをご覧ください。
また、当メディアにおける記事及び情報の掲載は、投資に関連する一般的な情報提供のみを目的としたものであり、有価証券その他の金融商品の取引の勧誘を目的としたものではありません。
当メディアに掲載された記事、情報及び外部リンク先ウェブサイトに基づいて利用者が被ったいかなる損害についても、当メディア運営会社・執筆者は一切の責任を負うものではありません。
Please Follow us!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる