内部者取引

FXトレードの本でおすすめは

FXトレードの本でおすすめは
なんとなく知っておくだけでいいと思います。ここから、 どんなときに買う、どんなときに売る、という分析をすることができます。

FXデイトレード徹底解説!おすすめの通貨ペア・取引時間帯・分析手法は?

fx,デイトレード

デイトレードは1日で取引が完了するため、マイナススワップの影響を受けにくいメリットがある。ただし、上昇トレンドに沿って取引をできている場合でも、実際には損失が出て含み損を抱えている可能性も。 また、デイトレードでは1日のなかで小さなチャンスを活かすため、高いレバレッジをかけて取引することが効率のよい取引方法だ。しかしレバレッジが高くなると、その分リスクも大きくなることもデメリットとして挙げられる。繰り返し損失を重ねると、資金がすぐに減ってしまう可能性も高い。 デイトレードで利益をコツコツと上げたいのであれば、最低限のチャート分析が必要だ。そのため、デイトレードはテクニカル分析などが苦手な方には向いてない取引スタイルになるだろう。

FXデイトレードで利益を出すポイント

FXデイトレードにおすすめの通貨ペア

FXデイトレードにおすすめの時間帯

8~10時:日本の経済指標が発表され、日本の投資家が取引を始めるため、取引が活発化する。
16~18時:ユーロ圏の経済指標が発表され、欧州市場(ロンドン市場)の取引が活発化する。
21~23時:アメリカの重要な経済指標が発表され、欧州・米国ともに取引が活発化する。

FXデイトレードの分析手法

FXデイトレードの始め方!FX口座選びのポイントは?

FX会社/通貨ペア 米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
SBI FXトレード 0.09 0.3 0.19
DMM FX 0.2 0.5 0.4
みんなのFX 0.2 0.4 0.3
LIGHT FX 0.2 0.4 0.3
セントラル短資FX 0.1 0.4 0.3
FXTF 0.1 0.3 0.2

FXデイトレード向きのおすすめのFX口座3選

SBI FXトレード

DMM FXトレードの本でおすすめは FX

みんなのFX

FXデイトレードの注意点

損切ルールを徹底する

最初は少額から始める

FXデイトレードで利益をあげるために

おさらいすると、FXのデイトレードにおいて重要なポイントは以下の通り。 ・デイトレードは1日の間に取引を数回繰り返し、1日が終わる時点ですべて決済するトレードスタイル ・「スキマ時間で効率的にトレードできる」「マイナススワップのリスクがない」という2つのメリットがある ・取引回数が多くなるため、スプレッドが狭いFX会社を選ぶことが重要である

そして、FXのデイトレードは以下2つの理由から初心者でも利益を出しやすい取引方法である。 ・テクニカル分析で利益を狙いやすい ・精神的な負担が少ない

FX取引に最適な時間帯は1日4回!各時間帯の特徴をつかみ取引しよう

FX取引に最適な時間帯は1日4回!各時間帯の特徴をつかみ取引しよう

外貨ex byGMOのサービスの特徴は、1,000通貨〜取引できる点や、業界でも狭いスプレッド(コスト)など、ユーザー目線に立ったサービスが充実していること。
特にスプレッドは、 米ドル/円で0.2銭原則固定ユーロ/米ドルで0.FXトレードの本でおすすめは 4ポイント原則固定 などで取引ができますので、少額からコストを極力おさえた取引が実現できます。
ただし午前3時~午前9時の時間帯はスプレッドが広がりやすいので、なるべく取引を避けるといいでしょう。

気になる取引時間(注文受付時間)は、 日本時間の月曜午前7時~土曜午前6時50分まで。
米国がサマータイムを適用している際は、月曜午前7時~土曜午前5:50までとなります。

平日は取引できない時間帯がほとんどありませんので、さまざまな時間帯で活用できるFX業者と言えるでしょう。

\【期間限定】150,000円のキャッシュバックキャンペーン実施中!/

LIGHT FX

LIGHT FXは、トレイダーズ証券が提供しているFX取引のひとつでこちらも1,000通貨〜取引が可能です。
スプレッドもかなり狭く提供しており、朝8時~翌日朝5時までは、 米ドル/円で0.2pipsユーロ/円で0.4pipsユーロ/米ドルで0.3pips といったスプレッドで取引できます。

取引時間は日本時間の月曜7時10分~土曜午前6時50分、サマータイム実施期間は月曜7時10分~土曜午前5時50分。
平日ほぼ24時間取引できますので、あなたのご都合にあわせて集中的に取引するといいでしょう。

\最大50,000円のキャッシュバックあり!/

auカブコムFX

auカブコムFX

auカブコムFXの通貨ペアは13種類で1,000通貨取引が可能です。取引する際のスプレッドは、 ユーロ/米ドルで0.4pips豪ドル/円で0.6銭 など、全体的に良心的なスプレッドで、投資初心者でも利用しやすいでしょう。

気になる取引時間帯は、日本時間の月曜午前7時〜土曜午前6時50分まで。 FXトレードの本でおすすめは ※火曜日の午前6時50分から午前7時10分までの20分間は取引できません。
米国のサマータイム導入時は月曜午前7時00分〜土曜日午前5時50分となります。長時間取引できますので、トレードしやすいでしょう。

\最短10分で申し込み完了!/

時間帯でのチャンスを見逃さず、安全にトレードしよう

FX取引は、平日のほぼ24時間取引できるのが大きな特徴 です。
その中でも取引が活発な時間帯や、大きなボラティリティが発生しやすい時間帯が主に4つありました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる