取引ルール

口座開設をする方法

口座開設をする方法
証券口座は銀行口座と紐づけてお金を運用していくため、SBI証券と互換性のある住信SBIネット銀行口座も開設すると便利ですよ。

銀行で口座の開設を断られる5つのケースとその理由 元銀行員が解説

同じ銀行で複数の口座を開設するのはほぼ不可能です。 原則として、1つの銀行で開設できる口座は1人1口座となっているからです。 ■同じ銀行で複数の口座を開設できない理由 同じ銀行で複数の口座を開設できない最も大きな理由は、「犯罪の予防」です。 同一人物が複数の口座を持っていると、犯罪に使われる恐れがあります。 そのため、金融庁のガイドラインにもとづき、銀行が犯罪防止対策を強化しているのです。 また、他の理由として次のことも挙げられます。 ・ 同じ名義で複数の口座があると各種手続きが大変になる ・ 休眠口座が増える恐れがある 以上の理由から、銀行では原則として複数の口座を開設できません。 ■正当な理由があれば複数口座の開設が可能な場合も ただ、銀行が「正当な理由」と認め、同一銀行で複数口座を開設することが可能なケースもあります。(「正当な理由」は銀行ごとに異なります) たとえば、個人事業主の「屋号つき口座(※)」などです。 ※「屋号つき口座」は事業所最寄りの銀行窓口でのみ開設可能です。また、開業届など事業の実態を証明できる書類の提示が必要となります。

2. ペット名義の口座は開設できない

3. 勤務先に電話番号がないと口座開設できないケースも

口座開設において、キャッシュカードにカードローンやクレジットカード機能を付帯する場合に起こりうるのが、 口座開設申込書に勤務先の電話番号を記載しないと、口座が開設できない ケースです。 近年はIT系企業などを中心に、自社に固定電話を置かない、つまり「会社の電話番号がない」ケースが増えています。 そのような会社に勤める人の中には、クレジットカード機能つきキャッシュカードの発行手続きができず、銀行口座の開設自体をあきらめる人もいます。 ■勤務先電話番号の記載が必要な理由 以上の事態が起こる理由は、クレジットカードやカードローンの審査で「在籍確認」が行われるためです。 申込者が会社員の場合、銀行やクレジットカード会社などがその人が勤務する会社に電話をかけて在籍状況を確認します。それを「在籍確認」といいます。 電話以外の在籍確認がOKのケースもありますが、現在はまだ電話で在籍確認を行うケースが多いです。 そうなると、勤務先の会社に電話番号がない人は口座の開設自体が難しくなります。 ■勤務先の会社に電話番号がない場合の対処法 口座開設をする方法 そのようなケースにおいては以下の対処法が有効です。 ・ 電話「以外」の在籍確認が可能か、銀行に問い合わせる ・「キャッシュカードのみ」を作る前提で口座開設する 以上の方法でもダメな場合は、もう少し融通の利く別の銀行で口座を開設するのもアリです。

新しい家族が増えたら、その子の将来のためにも貯金をしてあげたい、と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。その方法のひとつとして、子供の口座を作るということが挙げられます。
では、実際いつから口座を作ることができるのでしょうか。
結論から言いますと、0歳からでも口座を作ることができます。戸籍があれば作ることができるのです。
とはいえ、生まれたばかりの赤ちゃんが自分で口座を作ることができる訳がありません。実際に手続きができるのは親権者法定代理人(母親、父親等)ということになります。

子供名義の口座の作り方は?

イメージ

どんなメリットがあるの?

イメージ

気をつけておきたい注意点

この記事を見たひとはこちらも見ています

家庭科で資産形成の授業をするって本当?どんな内容なの?

運用会社の人間が「投資」をテーマに川柳を綴ってみた

投資信託を買う⑪:適切な売却タイミングの見極め方とは?

同じカテゴリーの新着記事

家庭科で資産形成の授業をするって本当?どんな内容なの?

投資信託の税金~確定申告で節税できるケースとは?~

レバレッジファンドのリスクと活用方法を詳しく解説…積立投資はあり?

はじめての資産形成アシスタント 「貯める」から「育てる」へ

ロボ・アドバイザー「CAPTAIN One」

資産運用シミュレーション「シミュレーションOne」

はじめよう。あなたの未来。確定拠出年金(企業型・個人型)

本サイトについて

当サイトは、国内最大規模の運用資産残高を誇る資産運用会社 アセットマネジメントOneが運営する「おカネの健康を考えるウェブマガジン わらしべ瓦版」です。
わらしべ長者は、若者が一本のわらを色々なものに変え、最後にはお金持ちとなり幸せに暮らしたという、日本昔話です。 わらしべ瓦版には、皆さまがお持ちの資産を色々な資産に賢く投資をし、運用することで人生を豊かに、健康に過ごしてほしいという思いが込められています。このサイトで資産を育てるためのヒントになる情報をご提供したいと考えております。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる