FXの基礎知識

上昇トレンド継続のパターン

上昇トレンド継続のパターン
日足は中段のフラッグ、4時間足は三尊天井なので、調整としては一旦の下落の一致を見ることになります。

4時間足チャートでは日足フラッグのラインはこのようになりますが、あきチャン先生は黄色○の下落を獲っています。

ブルフラッグとベアフラッグのパターン–それを見つけて使用する方法 eToro

ブルフラッグパターンは、上昇トレンド市場で最も一般的に求められているパターンです。 これは、一時的な値下げ後もトレンドが継続する機会を提供するためです。 初心者のトレーダーは通常、値下がりを見るとすぐに利益を上げますが、このパターンを知っているトレーダーはそれをポジションを購入する機会と見なします。 それで、ブルフラグとは何ですか、そしてどのように私たちはのような取引プラットフォームでそれを利用することができますか eToro?

この記事では、ブルフラッグとベアフラッグについての包括的な議論と、それを見つけて使用する方法について説明します。 外国為替と株式市場.

(注:続行する前に、 免責事項 このウェブサイトに掲載されている会社が提供する取引商品は高レベルのリスクを伴い、すべての資金を失う可能性があること。 CFDは複雑な商品であり、補足的な収益を提供することが保証されることはありません。 実際には、 全個人投資家の約68%がCFDの取引中に損失を経験しました. を使用する前に、このことを忘れないでください。 eToro 自分でプラットフォームを作成します。 このウェブサイトにあるすべての情報 は公式の取引アドバイスではなく、示されているすべての慣行はデモアカウントの使用のみを目的として参照されています。)

ブルフラッグとベアフラッグとは何ですか?

ブルフラッグとベアフラッグ

ブルフラッグパターンは、 強気市場 それは(極を表す)強い値上げと、旗を表す瞬間的な値下げから始まります。 一般的に、成功したブルフラッグパターンはXNUMX日目からXNUMX週目以降に発生します。 ブレイクアウトは、ボリュームの減少に気づいたとき、および上のトレンドラインが破られた直後に発生します。

一方、弱気相場のパターンは弱気相場で機能します。 これは強気の旗のパターンの反対であり、弱気市場の継続です。 クマの旗は、急激な値下げとそれに続くショートを表すポールで構成されています 圧密 価格帯が狭く、通常は安値が高くなります。 ブルフラッグと同様に、ベアフラッグパターンのブレイクアウトは、下のトレンドラインが破られるとすぐに発生し、パターンは少なくとも12日から2週間の日付範囲をカバーする必要があります。

強気と弱気の旗のパターンを識別する方法

チャートで強気または弱気の旗のパターンを特定する必要があるのは、一連の要因と指標が関係しているため、難しい場合があります。 これらの要因と指標は、パターンのシグナルとパターンの確認の両方として機能します。 これらの指標のいくつかは主観的かもしれませんが、多くのトレーダーは実際にそれをうまく使用し、それが機能すると主張しています。 では、チャートで強気または弱気の旗のパターンを特定する際に考慮すべき要素と指標は何ですか?

強気と弱気の旗のパターン
ポール

実際にパターンの旗に到達する前に、まずポールを持っている必要があります。 実際には、ポールが旗を保持しています。ポールの反対側には旗があります。 旗竿は、強気市場の値上げと弱気相場の値下げという一連の強力な価格変動で構成されています。 また、旗竿は常にトレンドの方向に従います。

旗竿は、トレンドの最近の底とピークからの線を結ぶことによってプロットされます。 さらに、多くのトレーダーは、トレンドの継続がどれくらい続くかを示す良い指標であるため、ポールをフラグと同じくらい重要であると考えています。 言い換えれば、一部のトレーダーは、ブレイクアウト後のトレンド継続の長さがポールの長さと同じくらい長くなると想定しています。 これはまだ理論であり、証明する必要がありますが、実際にはリスクを軽減するための良い方法であり、トレーダーに目に見える出口ポジションを提供します。

このパターンの主な構成要素はフラグ自体です。これは、ブレイクアウトまたはトレンドの継続がいつどこで発生するかを決定するためです。 ポールとは異なり、旗は反転して配置されます。 したがって、ポールが上昇トレンド市場を追いかけている場合、フラグは下降トレンド方向に向かって移動します。 条件が満たされ、ブレイクアウトが行われると、トレンドは強気の市場に続きます。

フラグをプロットできるようにするには、統合範囲中にトレンドチャネルを確立する必要があります。 トレンドチャネルには、統合範囲の高値から線を引くことによって作成される上位トレンドラインが含まれます。 一方、下のトレンドラインは、統合範囲の低い安値から線を引くことによって作成されます。

音量の変化 上昇トレンド継続のパターン

音量の変化は、フラグがいつ発生するかについての優れた確認にもなります。 パターンが形成されると、かなりのボリュームに注意する必要があります-そしてこれがポールを作るものです。 ポールの終わりで、旗が形成され始めると、ボリュームが減少し始め、統合が確立されるはずです。 音量が下がったことは、「何かが起きようとしている」、または「または大きなブレイクアウトのために少し休憩しましょう」という良い兆候であるはずです。

私たちの最後の考え

強気の旗と弱気の旗のパターンは、強い市場動向に対処する際に非常に強力な武器です。 チャート上でこれらのパターンを見つける方法を知ることができると、取引中により適切な決定を実行することができます。 これはまた、リスクを軽減し、取引の出口と入口のより良い仮定と評価を提供します。

これらのチャートパターンを最大限に活用するには、特定の市場のしっかりとしたファンダメンタル分析を行うことも素晴らしいことです。 あなたが実際に投資をする前にあなたの株を知ってください。 良いことによって ファンダメンタル分析 あなたの株の、あなたはチャートパターンを見つけるより良いチャンスを持つことができます。 そして、チャート上で強気または弱気の旗を見つける方法を習得することにより、あなたはあなたの取引におけるあなたの予測と仮定をさらに改善するでしょう。

私たちをサポートしています 使用して、 eToro サインアップフォーム 下に⬇️

etoro サインアップフォーム

さらに、あなたは 上昇トレンド継続のパターン 無料のデモアカウント! ありがとうございました! ??

4時間足は天井圏で日足は中段~転換か継続か迷う場面のチャートの分析と判断の仕方~

親波のネックラインからネックラインの範囲

あきチャン動画学習ノート

4時間足 三尊

チャートはユーロドル4時間足。黄色○の部分が三尊(ヘッド・アンド・ショルダーズ)。

天井圏であればトレンドラインを割って転換するシナリオを描くことになります。

4時間足 三尊

ところが、三尊の部分から左に親波を追ってみると(4時間足チャートを1段ズームアウト)、

親波はもっと大きいことから、天井圏というよりは中間地点であるというのが現実です。

どのトレンドを受けての上昇なのかを考える

どのトレンドを受けての上昇なのかを考える

まず、三尊を作るに至った上昇はなぜ起きたのか、何のトレンドを受けての上昇なのかを考えなければならないとしています。

赤囲みの上昇は、ダウントレンドの親波に対する切り返しの上昇なので、 親波のどのトレンドに対しての上昇なのかを見極めることになります。

ウォルフ波動と直近高値

上昇が止められたのは、

Aの戻り高値と、ウォルフ波動の①⇒④のウォルフターゲットであることはチャートから直ぐに判りますが、それだけではなく波動からも考えます。

親波のトレンドの完成度合いを分析する

親波の完成したトレンド

上のチャート画像の高値Aで止められていることから、高値Aからの親波のダウントレンドに着目してみます。

①の第1波の値幅をアキちゃんメーターで③の第3波に合わせてみると、ほぼ同じだけの値幅分の下落をしていることが判ります。

より大きな親波のトレンド(未完成)

より大きな波動で見てみると、

③の第3波は①の第1波の値幅分に到達していないことが判ります。

ダウントレンドの完成を受けての切り返し上昇

よって、切り返し上昇は、

黄色矢印の直近のダウントレンドの完成を受けての切り返し上昇だろうということになります。

そうして赤矢印の切り返し上昇は、黄色矢印のダウントレンドの起点Aまで到達。この状態は波の征服を果たしたことになるので Aは切り返し上昇の天井圏 となり、当然、切り返し上昇は天井圏Aで一旦止められるということになります。

親波のネックラインをチェックする

より大きな親波のトレンド(未完成)

上で見たように、大きな波動では第3波が完成していませんでした。

親波のネックラインからネックラインの範囲


赤水平破線は親波の大きなトレンドのネックラインとなりますが、 切り返し上昇はネックラインでも止められていることが分かります。

4時間足 三尊

ここまでをまとめると、

  • 親波の直近のダウントレンドの中で動く切り返し上昇が、直近ダウントレンドを征服
  • 親波の大きなダウントレンドのネックラインまで切り返し上昇が到達

これだけではFXは勝てない。日足を見よ

あきチャン先生は 「まずは4時間足での分析が必須、しかしそれだけやっているようではFXでは勝てない」 としています。

4時間足の天井圏 日足チャート

4時間足チャートの天井圏は、日足チャートではこのようになっています。

右端の黄色の○の部分が4時間足天井圏です。

4時間足の天井圏 日足チャート

4時間足の場合と同様に、上昇波が親波のどの部分で動いているのかを確認します。

①が第1波の値幅のアキちゃんメーターで、これを第3波に当てるとほぼ値幅分に達していることが分かります。

最後の飛び出した部分

若干の誤差とは、 アキちゃんメーターで測ったところ第3波が第1波に少し満たなかった ことなのですが、それで良しとした判断を補足するものとして、「最後の飛び出した部分がヒントになる」と、あきチャン先生は解説しています。
上昇トレンド継続のパターン
第3波は黄色水平線のところで止められてしまったが、それではちょっと足りないので赤○の「最後の飛び出した部分」はそれを調整するかの如く下へ動いたように見えるとしています。

上昇波は直近のダウントレンドの切り返し


よって、現在の赤矢印の上昇波は、親波の直近の黄色矢印のダウントレンドの切り返しの上昇と判断出来ます。

親波にフィボナッチ・リトレースメントを当てる

親波にフィボナッチ・リトレースメントを当ててみると、現在の上昇波は中段に達していることが分かります。

4時間足チャートでの天井圏は、日足ではフィボナッチ50~61.8%への半値戻しになっています。

とし、 ここでどのようなチャートパターンを作ってくるか を見ることが大事だ、としています。

日足中段と4時間足天井圏が重なると一旦調整に入る

4時間足の天井圏 日足チャート

4時間足では天井圏チャートパターンとして三尊をすでに形成していますが、 日足の方でも中段のチャートパターンを形成しようとする ことになります。

日足の黄色○で中段のチャートパターンを作るわけですが、 中段で作ろうとするチャートパターンはトレンド継続のチャートパターンということになります。

つまり4時間足では天井圏チャートパターンの三尊天井で下方向、日足では中段でトレンド継続のチャートパターンで上方向ということになり、よって「日足中段と4時間足天井圏が重なると一旦調整に入る」ということになります。

日足中段で作るチャートパターン

日足の中段のこの時点で、 上昇トレンド継続のパターン

トレンド継続のチャートパターンを形成するとしたなら、推測されるのはフラッグということになります。

日足の中段で上昇フラッグを形成して上抜けして行けば、その後は当然ならが上方向、

4時間足 三尊

4時間足天井圏の三尊から下へ大きく割っていく動きがあれば、

その後は下方向へのシナリオということになります。

日足中段のフラッグを4時間足チャートで見る

日足中段のフラッグを4時間足チャートで見てその後のトレードシナリオを描くなら、

フラッグ下限を割っていけば下方向へついて行く、フラッグの上限をブレイクして行くなら上方向へついて行く、ということになります。

参考 チャートパターンの分類

トレンド転換のチャートパターン

  • ダブルトップ、ダブルボトム
  • 三尊、逆三尊
  • ウェッジ

トレンド継続のチャートパターン

  • フラッグ(上昇、下降)
  • ペナント(上昇、下降)
  • 逆ペナント(上昇、下降)
  • トライアングル(アセンディング、ディセンディング)
  • ボックス
  • ダイアモンド

日足中段と4時間足天井圏でのトレード

日足中段と4時間足天井圏でのトレード

日足は中段のフラッグ、4時間足は三尊天井なので、調整としては一旦の下落の一致を見ることになります。

4時間足チャートでは日足フラッグのラインはこのようになりますが、あきチャン先生は黄色○の下落を獲っています。

参考 日足中段のチャートパターンのその後

日足中段のその後

4時間足ではトレンド転換のチャートパターンが出現、日足では中段に位置するためにトレンド継続のチャートパターン出現も予測しなければならないという今回の局面でしたが、その後の日足中段には何らかのチャートパターンが出現したのか、見てみましょう。

トレンドが継続するならフラッグの形成が濃厚でしたが、そうはならずトレンド転換を意味するダブルトップを形成して、その値幅分の下落を完成させています。

【今週の日経平均を考える】上昇トレンド継続中 下げそうで下げない強い動き

現状分析

きらトレ・きらストレッチ代表/トレーダーズアカデミー講師/個人投資家 現役の個人投資家。証券会社勤務の経験を経て、株式投資に目覚める。スキルアップのため、トレーダーズアカデミーに入学し【上げ相場でも・下げ相場でも利益を取る】技術を習得。見てわかるきらめきチャートを考案し、きらトレ代表として自身の長年培った知識と経験を生かした手法を伝授。どんな相場でも利益の出せる手法を学べる講義に定評がある。夕刊フジ株1グランプリ月間チャンピオンの経歴を持つ。 <保有資格>:ファイナンシャルプランナー2級 AFP 終活ライフケアプランナー

  • 【FIRE】株式投資で早期リタイアを目指す3つの投資手法
  • 【PayPay】6月の「街のお店を応援キャンペーン」は13自治体が参加予定
  • 2022年7月~楽天モバイルの「0円プラン」を廃止 今考えたい契約継続のメリット・デメリット

今参加できるセミナー

寄稿者の著書一覧 FPってなに? すまアレ 節約の達人 ふるさと納税の達人

スマートニュースグノシー ITmediaビジネスオンライン

© 2022 マネーの達人 All Rights Reserved. 無断転載を禁止します。
当サイトの提供する情報はその内容の真偽、正確性、安全性及び元本や利益を保証するものではありません。
記事に記載されている情報の実施はご自身の判断と責任において行ってください。

チャートパターン

Forex Trading MasterClass

たくり線は、下降トレンドの底値で見られる長い下ヒゲと短い実体のローソク足パターンです。たくり線は、日中に売り圧力があったものの、最終的には強い買い圧力が価格を押し上げたことを示しています。反転上昇を示唆しています。

逆トンカチ

同様に強気のパターンとして、逆トンカチがあります。下ヒゲが短く、上ヒゲが長いのが特徴です。買い圧力の後、市場価格を押し下げるほど売り圧力が強くなかったということを示しています。逆ハンマーは、買い手が強くなっていることを示唆しています。

強気の包み線

強気の包み線は、2つのローソク足で形成されています。最初のローソク足は、大きな陽線のローソク足に完全に包まれた短い陰線です。大きな陽線はその前の陰線の終値よりも若干低く開きますが、強気の相場となって価格を押し上げ、最終的にはロングポジションを建てたトレーダーに利益をもたらす結果になる可能性が高くなります。

切り込み線

切り込み線は、長い陰線のローソク足の実体に続いて、長い陽線のローソク足の実体を組み合わせたものです。陰線のローソク足の終値と陽線のローソク足の始値との間には大きなギャップがあります。前日の終値の半値以上まで押し上げられており、強い買い圧力を示しています。

明けの明星

明けの明星のローソク足のパターンは、下降トレンドの中での希望のサインと考えられています。3本のローソク足で構成され、長い陰線と長い陽線のローソク足の間に1本の実体の短いローソク足があります。 長めの陰線の後に、安値圏でコマがあらわれ、その後大きく陽線を引いて上振れすることで安値圏からの反発を示唆しています。これは、売り圧力が弱まり、強気の市場に移行する過程にあることを示しています。コマが出現するということは、売り買いが拮抗していることを示しており、投資家心理としては、直近で反発する可能性を織り込んでいます。

赤三兵

赤三兵のパターンは、3本のローソク足で構成されています。これは、小さなヒゲを持つ長い陽線のローソク足が連続しており、徐々に上昇しています。 下降トレンド後に発生する非常に強い上昇シグナルであり、買い圧力の着実な上昇を示しています。

弱気のローソク足パターン

首吊り線

首吊り線はたくり線と同じ形をしていますが、上昇トレンドの終わりに形成されます。 日中に大きな売りがあったが、買い手が再び価格を押し上げることができたことを示しています。ただし大幅な売りが出たということは、買い手が市場のコントロールを失っていることを示していると見られています。

トウバ

トウバは逆トンカチと同じ形をしていますが、上昇トレンド時に形成されます。 通常、相場のオープン時には少し上にギャップアップがありますが、長い上ヒゲは、買い手が新しい高値に価格を押し上げようとしたが、売り圧力が強くて、押し上げられなかったことを意味しています。

弱気の包み線

弱気の包み線は、上昇トレンドの終わりに発生します。最初のローソク足は、陽線の実体があり、それに続いて長い陰線のローソク足が続いて、前の陽線のローソク足を飲み込んだ形になります。 価格のピークまたは減速を意味し、近い将来の下降していく兆候です。2本目のローソクが下がれば下がるほど、トレンド転換が顕著になる可能性が高くなります。

宵の明星

宵の明星は、明けの星に相当する3本のローソク足パターンです。これは、長い陽線のローソク足と長い陰線のローソク足の間に挟まれた短いローソク足で形成されています。 上昇トレンドの反転を示しており、3番目のローソク足が1番目のローソク足を包みこんだ時に特に強くなります。

黒三兵

黒三兵のローソク足パターンは、3つの連続した長い陰線のローソク足で構成されており、ヒゲは短いか、存在しないものです。オープン時は前日と同じような価格で開きますが、相場が閉まるにつれ売りの圧力が強くなり、価格を低く押し下げています。3連続で取引日に売り圧力が買い圧力を上回ったため、弱気の下降トレンドの始まりと解釈できます。

切り込み線

切り込み線は、弱気の反転、つまり前日の楽観論の後に悲観があることを示しています。2つのローソク足で構成されており、陽線のローソク足が前の陽線の実体の上にギャップアップした後、その半値の下でクローズしています。これは、下降トレンドへの反転を示唆しており、価格が急激に下に押し下げられています。ローソク足のヒゲがより短い場合は、下降トレンドが非常に決定的であることを示唆しています。

継続ローソク足パターン

童子

市場の始値と終値がほぼ同じポイントにある場合、相場が拮抗していることを意味します。(ローソク足は、クロスまたはプラス記号に似ています。 )この場合、これ以降のローソク足で長いヒゲを持つものを探してください。 この童子は、買い手と売り手の間の拮抗を表しており、どちらの利益もありません。単独の童子は中立的な信号ですが、強気の明けの明星や弱気の宵の明星のような反転パターンを見つけるヒントとなります。

コマ

コマは、2つのローソクが同じ長さのヒゲ、実体があります。このパターンは、意味のある変化がない、市場の膠着を示しています。コマは、よく重要な上昇トレンドまたは下降トレンドの後の休息の期間と解釈されます。 コマは現在の市場圧力がコントロールを失っていることを意味すると捉えられるので、後のトレンド転換の兆候として解釈することもできます。

下げ三法

三法形成パターンは、それが弱気であっても強気であっても現在のトレンドの継続を予測するために使用されます。 弱気パターンは「下げ三法」と呼ばれています。最初に長い実体を持つ陰線ののローソク足で形成され、次に3つの小さな陽線の実体が続き、その後長い実体を持つ陰線のローソク足が陽線のローソク足を包み込んでいます。これは、買い手がトレンドを反転させるまでの十分な強さを持っていないことを示しています。

上げ三法

反対に、「上げ三法」と呼ばれる強気のパターンにも当てはまります。これは、2つの長い陽線のローソク足に挟まれた3つの短い陰線のローソク足で構成されています。このパターンは、売り圧力にもかかわらず、買い手が市場のコントロールを保持していることを示しています。

欧米式チャートパターン

日本式のローソク足のパターンと同様に、欧米式のチャートパターンも重要な指標となり、サポートとレジスタンスを示唆します。 欧米式のチャートのパターンも、反転パターンや継続パターン等があります。当たり前ですが反転パターンはトレンド反転した直後にはあまり発生せず、継続パターンはブレイクアウト、ブレイクダウンの後に発生することが多くあります。 ここでは、広く認識されている欧米のチャートパターンリストを紹介します。ローソク足チャートと同様に、パターンは膨大で、各チャートパターンはそれぞれの記事で詳しく紹介されています(リンクをクリックしてください)。以下では、必ず学ぶべきFXチャートパターンリストを紹介しています。 ローソク足のパターンと同様に、このFXチャートのパターンのロジックを理解しておけば、様々なFXチャートのパターンの意味を覚えることが格段に楽になるでしょう。

西洋の反転チャートパターン

三尊天井と逆三尊とは

三尊天井、逆三尊 、大きな高値の両側にわずかに低い高値を持っているチャートパターンです。トレーダーは、強気から弱気への反転を予測するために 三尊天井 のパターンを見ています。一般的に、1回目と3回目の高値は、2回目の高値よりも低くなり、結果としてネックラインとして知られるサポートレベルに戻されます。 3回目の高値がサポートレベルに戻ると、弱気の下降トレンドにブレイクダウンする可能性がでてきます。

ダブルトップ

ダブルトップは、トレンドの反転を判断するために使用する別のパターンです。一般的に、価格がピークに達した後、サポートレベルに戻ります。その後、下降トレンドに入る前に、再び上昇します。同じロジックがトリプルトップにも適用されます。

ダブルボトム

ダブルボトムは、価格が下落相場の底であるサポートレベルまで下落した時に発生します。一旦、レジスタンスレベルに綾戻した後、再度下落しますが、最後には、トレンドが反転し、市場が強気になり上昇を開始します。 ダブルボトムは、下降トレンドの終わりと上昇トレンドへのシフトを意味する強気の反転パターンです。同じロジックは、トリプルボトムにも適用されます。

丸め底

丸め底は、トレンドの継続または反転を意味します。上昇トレンド中、価格が再び上昇する前にわずかに下落することがあります。これは強気の継続を意味します。 強気反転丸め底の例として、以下に示すように価格が下降トレンドにあった時の丸め底は、トレンドが反転し、強気の上昇トレンド入りする前に形成されます。 トレーダーは、このFXチャートのパターンを利用して、底値圏の半値付近の安値で買いを入れ、レジスタンスを突破したら、再度買い検討しましょう。

ウェッジ

ウェッジは、値動きが2本の傾斜したトレンドラインの間で引き締まっていくことで形成されます。ウェッジには、上昇型と下降型の2種類があります。 上昇ウェッジは、上向きに傾斜した2本のサポートラインとレジスタンスラインの間に挟まれたトレンドラインで表されます。この場合、サポートはレジスタンスよりも角度があります。このパターンは一般的に、価格が最終的には長期的に下落することを示唆しています。 下降ウェッジは、2つの下向きの傾斜したレベルの間に発生します。この場合、レジスタンスラインはサポートラインよりも角度があります。下の例のように下降ウェッジは、最終的には価格が上昇し、レジスタンスラインを突破することを示しています。 上昇ウェッジと下降ウェッジはどちらも反転パターンで、上昇ウェッジは弱気相場、下降ウェッジは強気相場入りの典型的なパターンとなります。

欧米式の継続パターン

カップウィズハンドル

カップウィズハンドルは、全体的な強気のトレンドが継続する前に、短期での弱気相場を示す上昇の継続パターンです。カップは丸め底に似ており、ハンドル部分はウェッジに似ています。 丸め底に続いて、価格は一時的な調整に入る可能性が高く、この綾押しはチャートのハンドル部分として知られています。価格は最終的にはハンドルから反転し、全体的な強気トレンドを継続します。

ペナントまたはフラッグ

ペナント(フラッグ)は、価格が上昇期を経て、調整が行われる場合に発生します。一般的に、トレンドの初期段階では、大幅な上昇があった後、上下の小さな動きに入ります。 ペナントは強気の場合もあれば弱気の場合もあり、継続や反転を表す場合もあります。上のチャートは、強気の継続の例です。ペナントは継続または反転のいずれかを示します。 また、ペナントはウェッジパターンや三角保ち合いに似ているように見えるかもしれませんが、ウェッジはペナントや三角保ち合いよりも幅が狭いことに注意してください。また、ペナントは値動きが横ばいであるのに対し、ウェッジは明確に上昇または下降しているので、ペナントとは異なります。

アセンディングトライアングル

アセンディングトライアングルは、上昇トレンドの継続を意味する強気の継続パターンです。アセンディングトライアングルは、レジスタンスのある高値に沿って水平線を引き、チャートに描画することができます。その後、安値に沿って上昇トレンドラインをひきます。 アセンディングトライアングルは、多くの場合、2つ以上の同一水準の高値で水平線を引きます。水平線は、レジスタンスのレベルを示していますが、トレンドラインは、全体的な上昇トレンドを示しています。

ディセンディングトライアングル

対照的に、ディセンディングトライアングルは下降トレンドの弱気の継続を意味します。一般的に、トレーダーは、下落で利益を得るために、ディセンディングトライアングルの間にFXのショートポジションを持ちます。 ディセンディングトライアングルは、一般的に売り手によってコントロールされている相場のため、連続して安値を更新していく可能性が高く、反転する可能性は低いことを意味します。 ディセンディングトライアングルは、サポートラインの水平線とレジスタンスラインの下降線で判断することができます。最終的には、トレンドはサポートラインを突破し、下降トレンドが続きます。

継続か反転のFXチャートパターン

シンメトリカルトライアングル

シンメトリカルトライアングル(三角持ち合い)は、その後、強気になるか弱気になるかのどちらかになります。いずれの場合も、通常は継続パターンであり、パターンが形成されると、トレンドが継続していることを意味します。 シンメトリカルトライアングルは、価格が一連の安値と高値に収束するときに形成されます。下の例では、全体的なトレンドは弱気ですが、シンメトリカルトライアングルは、短期間の上昇反転があったことを示しています。 しかし、三角形のパターンが形成される前に明確なトレンドがない場合、市場はどちらかの方向にブレイクアウトし、価格が大幅に動く可能性があります。つまり明確な兆候がない相場で形成されることを意味します。シンメトリカルトライアングルの例を以下に示します。

FXチャートパターンの根底にあるロジック

これらのFXチャートのパターンはマジックではありません。これまで見てきた他のパターンと同じように、これらのパターンは不変の群集心理を表しています。このパターンが繰り返されるのは、恐怖、欲、迷いという群衆の行動が繰り返されるからです。このような感情を理解できれば、それが現在の出来事に対して市場にどう反映し、どのように解釈されているのかを知ることができるようになります。 これらのパターンを認識することで、そのパターンが作り出す可能性の高いサポート/レジスタンスを予測することができるようになります。言い換えれば、チャートパターンは、群衆が何をしそうかを予測する為のツールとなるのです。 トレードの成功の為には、何が真実で正しいかや合理的かどうかに関わらず、群衆が何をするかを予測し、それを最初に実行することがすべてであることを常に忘れないでください。

【環境認識】継続・反転チャートパターン ~環境認識の精度を高めよう!~

FXの基礎

三尊(ヘッドアンドショルダー)

逆三尊(逆ヘッドアンドショルダー)

継続・反転チャートパターンの基本

①継続・反転チャートパターンとは

継続・反転チャートパターンとは、 それまで進行していたトレンドを継続、または反転させるもの です。

例えば、上図において、上昇トレンド発生中にアセンディングトライアングルが成立したら、その上昇トレンドが継続し、さらに上昇の勢いを強めるイメージです。これが 上昇トレンド継続のパターン 継続パターン です。

逆に、上昇トレンドが発生中に、アセンディングトライアングル否定が成立したら、それまで進行していた上昇トレンドの勢いが弱まり、下降トレンドが新たに発生する可能性が高いというイメージです。これが 反転パターン です。

②成立にはトレンドが発生している必要がある

継続・反転チャートパターンとは、それまで進行していたトレンドを継続もしくは反転させるものです。なので、トレンドが一切発生していない最中に現れた継続・反転チャートパターンは、あくまでそれっぽい形になっただけで、 成立後の継続・反転の効力が弱い 傾向があります。

③パターン成立のシグナルは重要なラインのブレイク

すべての継続・反転チャートパターンが成立するための最初のシグナルは、「 重要なラインをブレイクすること 」です。

上図のディセンディングトライアングルなら、サポートライン(水色)ブレイクで、ようやく下降継続成立です。下降トレンドの最中に発生した、明らかなディセンディングトライアングルの形なのだから、「まだサポートを割っていないけれど、ガンガン売りで攻める! 」ということをするよりは、しっかりとサポートを割ってから売りに入るほうが、 下降トレンドに順張りできているので、優位性が高い というイメージです。

サポートを割るのを待ってからエントリーするよりも、早い段階で売りを入れておくほうが値幅はとれるので、やり方はもちろん人それぞれですが、初心者のうちは思惑と逆行したときの損切りが難しいと思いますので、 重要なラインのブレイクを待ち、戻りや押し目でトレンド継続成立方向に、順張りエントリーをするほうが無難 と考えられます。

④大きく、時間軸の長い形は影響力が強い

どんなトレーダーでも、 自分が狙う足よりも上位のトレンドを把握し、そのトレンドに逆らわない立ち回りをすることで、大事故をある程度防ぐ ことができます。

⑤チャートパターンは絶対ではない

” チャートパターンは絶対ではない ”ということを頭にいれておきましょう。特に、三尊などが成立すると優位性が高まるため、ロットを大きくしたくなる気持ちはわかるのですが、チャートパターンはあくまで、継続パターンが成立したらそれまでのトレンドが継続しやすい、反転パターンが成立したらそれまでのトレンドが変わりやすいというだけのものであって、 相場に100%は存在しません 。

特に、スイングトレーダーさんや兼業トレーダーさんですと、エントリー後はチャートを見ない、見られないという方も多いと思いますが、 安心しすぎずに、しっかりとストップロスは設定しておく ことが重要です。

継続・反転チャートパターンの利確目標

ここまで、継続・反転チャートパターンの基本を解説しました。そして、トレンドが継続したらどこまで狙うのか? 逆に、トレンドが反転したらどこまで狙うのか? といったことも、チャートパターンが現れたら決めなければいけません。 利確目標 です。

まず今、目の前で意識しているトレンドよりも以前に発生していた トレンドの100%地点 、つまり 起点の位置まで狙うのが基本 となります。これが 利確目標大 です。

そして、 アセンディングトライアングルの重要ラインから、100%地点の間にある目立つレジスタンス も 利確目標中 とします。これは 分割利確地点 です。アセトラの重要ラインを0%として、ざっくり50%くらいの位置にちょうどよい、上下共に意識されているラインがあれば、そこは分割利確位置としてベターです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる