暗号資産オプション取引の基本

MT4でトレイリング

MT4でトレイリング
第 MT4でトレイリング 5 位

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

ストップロスまたはテイクプロフィットを取引に追加する最初の最も簡単な方法は、新しい注文をするときにすぐにそれを行うことです。

これを行うには、ストップロスまたはテイクプロフィットフィールドに特定の価格レベルを入力するだけです。 ストップロスは市場があなたのポジションに逆らって動くときに自動的に実行され(そのため名前:ストップロス)、価格が指定された利益目標に達するとテイクプロフィットレベルが自動的に実行されることを覚えておいてください。 これは、ストップロスレベルを現在の市場価格より低く設定し、テイクプロフィットレベルを現在の市場価格より高く設定できることを意味します。

ストップロス(SL)またはテイクプロフィット(TP)は、常にオープンポジションまたは保留中の注文に関連していることを覚えておくことが重要です。 取引が開始され、市場を監視している場合は、両方を調整できます。 それはあなたの市場ポジションに対する保護命令ですが、もちろん彼らは新しいポジションを開くために必要ではありません。 後でいつでも追加できますが、常に自分の位置を保護することを強くお勧めします*。


ストップロスとテイクプロフィットレベルの追加

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

すでに開いているポジションにSL / TPレベルを追加する最も簡単な方法は、チャートのトレードラインを使用することです。 これを行うには、トレードラインを特定のレベルまで上下にドラッグアンドドロップするだけです。

SL / TPレベルを入力すると、SL / TPラインがチャートに表示されます。 このようにして、SL / TPレベルを簡単かつ迅速に変更することもできます。

下部の「ターミナル」モジュールからもこれを行うことができます。 SL / TPレベルを追加または変更するには、オープンポジションまたは保留中の注文を右クリックして、[注文の変更または削除]を選択します。

注文変更ウィンドウが表示され、正確な市場レベルで、または現在の市場価格からポイント範囲を定義することで、SL / TPを入力/変更できるようになります。

MT4でトレイリング
トレーリングストップ


ストップロスは、市場があなたのポジションに逆らったときに損失を減らすことを目的としていますが、利益を固定するのにも役立ちます。

このプロセスを自動化するには、 トレーリングストップを 使用できます これは、特に価格の変化が速い場合や市場を常に監視できない場合に、リスク管理に非常に役立つツールになります。

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

ポジションが利益を上げるとすぐに、トレーリングストップは自動的に価格に従い、以前に確立された距離を維持します。

ただし、上記の例に従うと、利益が保証される前に、トレーリングストップが始値を超えるのに十分な大きさの利益を取引が実行している必要があることに注意してください。

XM MT4でストップロス、テイクプロフィット、トレーリングストップを設定する方法

トレーリングストップを設定するには、「ターミナル」ウィンドウでオープンポジションを右クリックし、トレーリングストップメニューでTPレベルと現在の価格の間の距離の希望のピップ値を指定します。

これで、トレーリングストップがアクティブになります。これは、価格が収益性の高い市場側に変化した場合、TSはストップロスレベルが価格に自動的に従うことを保証することを意味します。

ストップロスは無料で使用でき、不利な市場の動きからアカウントを保護しますが、毎回あなたのポジションを保証できるわけではないことに注意してください。 市場が突然不安定になり、ストップレベルを超えてギャップが生じた場合(中間のレベルで取引せずにある価格から次の価格にジャンプする)、ポジションが要求よりも悪いレベルでクローズされる可能性があります。 これは価格スリッページとして知られています。

MT4トレーリングストップの操作

トレーリングストップとは、チャートを監視できない時自動でストップロスを切り上げる機能です。
トレーリングストップを設定したポジションで設定幅の利益が出たら、ストップ(S/L)をその時点の[現在価格 – トレイリングストップ値]へ自動的に切り上げます。
さらに、価格がより有利な方向に変動すると、トレイリングストップはストップ(S/L)水準を自動的に価格に従って変更しますが、ポジションの利益が1度でも下がると、ストップ(S/L)は変更されません、そして再度、価格が有利な方向に変動すると、トレイリングストップはストップ(S/L)水準を自動的に価格に従って変更します。

MT4では、トレーリングストップは、指値注文にあらかじめ設定することも、オープン注文(建玉)に設定することも可能です。
トレーリングストップの設定は、ターミナルウィンドウで、注文を選択して右クリックメニューで設定できます。また、チャートに表示された注文情報からも設定できます。
ここでは、チャート上に表示された注文情報から設定を操作する方法を説明します。

2.MT4トレーリングストップの設定方法

MT4トレーリングストップ設定メニュー

全削除:複数のポジションに設定したトレーリングストップを全て解除します。
無し:選択したポジションのトレーリングストップを解除します。
40~75ポイント:選択した数字がトレーリングストップで設定する利益幅となります。
※注意:単位がポイントです。40=4Pips 75=7.5Pipsです。

MT4トレーリングストップカスタム設定

※注意:単位がポイントです。表示の例は500=50Pipsです。

※トレーリングストップはサーバーで実行される機能ではありません、パソコンを起動して、MT4が立ちあがっていることが前提となります

3.MT4トレーリングストップの解除方法

建玉注文の価格のライン、ストップロスのライン、利確価格のラインのどれかに、カーソルを近づけます、カーソルの右側に上下の矢印が表示されてから、右クリックメニューを表示します。
『トレーリングストップ』を選択すると、トレーリングストップに関する設定メニューが表示されます。
『無し』を選択すると、このポジションのトレーリングストップが解除されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる