FX取引の利点

はじめての暗号資産はコインチェック

はじめての暗号資産はコインチェック

現在は、デジタルコンテンツばかりに注目されているNFTですが、天羽氏によると変えられるものは業界によって様々だといいます。
例えば、最近の音楽業界はサブスクリプション方式が一般的になっているため、アーティストに入ってくる印税の単価は安くなっています。一方で、NFTを使うと数量限定で曲を売り出すことができ、人気であるほど高値で売買されるようになります。
これにより、 アーティストはサブスクリプションよりはるかに高単価な収入を得ることができる ようになります。

初心者のお客さま向け〜登録からビットコインの購入まで〜

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。
暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

<暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点>

暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。
当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。
当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。
当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。
当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。
当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。

暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。
バナー広告等から遷移されてきた方におかれましては、直前にご覧頂いていたウェブサイトの情報は、当社が作成し管理するものではありませんのでご留意ください。

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

(写真=PIXTAより引用)

  • おすすめの暗号資産取引所
  • 暗号資産取引所の選び方
  • おすすめのウォレットアプリ
  • 各社のキャンペーン情報

暗号資産(仮想通貨)取引所のおすすめ一覧【13選】

コインチェック

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラッシック(ETC)
  • はじめての暗号資産はコインチェック
  • リスク(LSK)
  • ファクトム(FCT)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • アイオーエスティー(IOST)
  • エイジコイン(ENJ)
  • オーエムジー(OMG)
  • パレットトークン(PLT)

DMM Bitcoin(DMMビットコイン)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

bitFlyer(ビットフライヤー)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

トレードを円滑にする取引ツールとして「bit Flyer Lightning」があります。操作性や機能性、取引スピードに優れており、投資家にとって欠かせないツールと言えるでしょう。注文方法のバリエーションが豊富なので、アクティブな運営が可能です。

GMOコイン

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ネム(XEM)
  • ステラルーメン(XLM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • テゾス(XTZ)
  • クアンタム(QTUM)
  • エンジンコイン(ENJ)
  • ポルカドット(DOT)
  • コスモス(ATOM)
  • シンボル(XYM)

BITPOINT(ビットポイント)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

bitbank(ビットバンク)

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ステラルーメン(XLM)
  • クアンタム(QTUM)
  • ベーシックアテンショントークン(BAT)
  • オーエムジー(OMG)
  • シンボル(XYM)

LINE BITMAX

暗号資産を始めるのにおすすめの取引所13選!ビットコイン・仮想通貨取引をする際の選び方も解説!

また、LINE BITMAXでは、2020年から暗号資産貸出サービスを提供しています。暗号資産貸出サービスとは、ユーザーが保有している暗号資産をLINE BITMAXに貸し出し、貸借料を受け取るサービスです。1日から始められ、貸し出し期間中は毎日貸借料が貯まります。取引をしていないときにも、資産を増やすことができる魅力的なサービスです。

コインチェックテクノロジーズ 天羽 健介│現場から見たNFTの未来 ~第1回 – NFTとは?

天羽 健介(あもう けんすけ)
コインチェック株式会社 執行役員
コインチェックテクノロジーズ株式会社 代表取締役
日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会長
大学卒業後、商社を経て2007年株式会社リクルート入社。複数の新規事業開発を経験後、2018年コインチェック株式会社入社。主に新規事業開発や暗号資産の新規取扱、業界団体などとの渉外を担当する部門を統括し暗号資産の取扱数国内No.1を牽引。2020年より執行役員として日本の暗号資産交換業者初のNFTマーケットプレイスや日本初のIEOなどの新規事業を創出。2021年日本最大級のNFTマーケットプレイス「miime」を運営するコインチェックテクノロジーズ株式会社の代表取締役に就任。日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)NFT部会長。著書に『NFTの教科書』(朝日新聞出版)。

  • コインチェックテクノロジーズ 天羽 健介│現場から見たNFTの未来 ~第1回 – NFTとは?

誤解されているNFT、本質は?


天羽氏は、 NFT(Non-fungsible Token)はデジタルコンテンツに保有している情報を紐付けるはんこのようなもの だと表現します。
そして、コンテンツをコピーし放題だったインターネットの世界において、はんこのようなものを使うことによってデジタルコンテンツを所有することが革命的な点だと言います。

NFTには、通常何かしらのコンテンツが紐付いています。その中でも最もわかりやすい活用例が、 絵や音楽、動画といったデジタルコンテンツ です。
NFTでは、自分がNFTを持つことで、自分がそのコンテンツを持っているということを確実にすることができます。このような特性が理由で、天羽氏は NFTのことを「デジタル所有物」と表現 しています。

NFTがデジタル上でモノを所有できる状態を実現することができるのは、暗号資産のベース技術としても知られている ブロックチェーン の存在があるからです。ブロックチェーンの「価値そのものを移転させることができる」という特徴の1つによって、その コンテンツの所有者を技術的に証明することが可能 だからです。

より認知されている暗号資産で考えてみましょう。例えば、Aさんがビットコインを 2 はじめての暗号資産はコインチェック BTC持っている場合、Aさんは自分が 2 BTCを持っていることを技術的に証明することができます。
従来であれば、このような証明は銀行のような第三者組織が行っていましたが、ブロックチェーンではインターネットに繋がってさえいれば、第三者組織がなくても証明することができます。

NFTの考え方もこれとまったく一緒です。暗号資産と唯一異なる点は、それがFungsible(代替可能)であるか、Non-Fungsible(代替不可能)であるかの違いだけです。
NFTはNon-fungsible Tokenという名前の通り、後者に該当します。同じものがたくさんある暗号資産と異なり、 NFTは代替できないひとつだけの存在 だからです。そのため、NFTにとあるデジタルアートが紐付いている場合、自分がそのNFTを持っていれば、自分がアートを持っているということが確実になります。

例えば、すでにNFTとして人気を博しているデジタルアートのスクリーンショットを撮ってNFTを発行すること自体は可能です。ただしブロックチェーン上データを見た際に、NFT発行者がそのアートの作者なのか、第三者なのかを確認することができます。
つまり コンテンツを識別することができる技術 ということです。

NFTは何をどれくらい変えるのか?


現在は、デジタルコンテンツばかりに注目されているNFTですが、天羽氏によると変えられるものは業界によって様々だといいます。
例えば、最近の音楽業界はサブスクリプション方式が一般的になっているため、アーティストに入ってくる印税の単価は安くなっています。一方で、NFTを使うと数量限定で曲を売り出すことができ、人気であるほど高値で売買されるようになります。
これにより、 アーティストはサブスクリプションよりはるかに高単価な収入を得ることができる ようになります。

天羽氏が言及したことに関連した、興味深いトピックがあります。
2022年2月18日付のCoinPostのニュースによると、米ミュージシャンのスティーブ・アオキ氏が 「10年間音楽をやってきて、これまで6枚のアルバムをリリースしたけど、それらを全部合わせた収入よりも、去年のわずか一回のNFTドロップによる収入が上回ったんだ。そのおかげで、より音楽に対して一辺倒になれたんだ。」 というコメントを残しています。

アーティストが創作に集中できるということは、ファンにとっても良いコンテンツに触れる機会を増やすことにつながるため、NFTがあることで双方にWin-Winの機会をもたらすことができるようになると言えます。
また、現状のアート業界では、一次流通分しかアーティストに報酬が入ってきません。アートをNFTにすると、ブロックチェーンの追跡可能性を使うことで、 売買されるたびに二次流通分からもアーティストに報酬が入ってくる ということが実現できるようになります。

さらに、最近はNFTと3Dバーチャル空間であるメタバースの掛け合わせによって、コミュニケーション方法が変わろうとしています。
メタバースは次世代SNSになる と言われています。既に登場しているメタバースは、その多くがせいぜいコミュニケーションができる程度にとどまりますが、 将来的には経済活動が行われるようになる と言われています。

伸びしろが大きいNFT市場

<時価総額>

はじめての暗号資産はコインチェック はじめての暗号資産はコインチェック
2021年 2022年 倍率
日本の株式 (全市場) 694兆円 753兆円 1.08倍
暗号資産89兆円 264兆円2.96倍
NFT 300億円 1.9兆円 63.33倍

日本の株式の時価総額は、ほぼ横ばいで推移しているのに対して、暗号資産は約3倍と大きな伸びを見せています。
そして、暗号資産の伸びを大きく突き放すほどに驚異的な伸びを示すのがNFT市場なのです。NFT市場の時価総額は、2021年は300億円程度でした。
ところが、 わずか1年で60倍以上の時価総額に増加 しています。

市場の伸びを裏付けるかのように、日本を含む世界では様々なNFTのサービスが生まれています。
NFTを売買することができるマーケットプレイスを例にすると、日本だけでも既に20以上が存在しています。
また、大企業や昔ながらの団体もNFTの活用を発表しており、同じくブロックチェーン分野である暗号資産と異なる層がNFTの活用に乗り出しています。

コインチェックとコインチェックテクノロジーズでは、このような状況を踏まえて国内居住者向けサービスの「Coincheck NFT(β版)」や日本を含むグローバルユーザー向けの「miime」を展開しています。Coincheck NFT(β版)では、世界でも有名なメタバースゲーム「The Sandbox」の土地の販売を行っています。
以前、コインチェックで所有する土地の一部を販売した際には、わずか3秒で売り切れるほどの人気を博しています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる