FX投資

海外FXはゼロカットシステムで追証なし

海外FXはゼロカットシステムで追証なし
ゴリ美ちゃん

iFOREXのゼロカット総まとめ!追証は本当に発生しない?

iFOREXのゼロカット

編集長オペラ

  • iFOREXは追証なしのゼロカットシステムを導入しているので、借金を背負うリスクがない
  • ロスカット水準も0%なので、海外FX業者の中で最も損失に強い
  • iFOREXのゼロカットはきちんと発動する

そんなiFOREXは、現在期間限定で初回入金100%+25%ボーナスキャンペーンを開催しています! つまり、10万入金したらそのまま10万円がもらえるため、自己資金を2倍にすることができるのです。 初回入金ボーナスは最初の一回きりしかもらえない特別なボーナスなので、最低でも初回に10万円入金することをおすすめします 。資金を倍にできる今が大チャンスです!

iFOREXのゼロカットとは?

iFOREXのゼロカットにペナルティは発生しない

iFOREXの評判

iFOREXでは本当に追証は発生しない?

iFOREXのゼロカットが発動するタイミング

iFOREXのゼロカットとロスカットの違いとは?

iFOREXのロスカット

iFOREXがゼロカットを採用する理由

iFOREXの口座開設

iFOREXのゼロカットはきちんと発動する

  • 他社口座間での両建て
  • 他人名義の口座間での両建て
  • 複数口座間での両建て

iFOREXのボーナス

海外FXバンクは、海外FX歴10年以上の資産1億超えのプロFXトレーダー オペラが編集長をしています。 → この海外FX記事を書いた編集長オペラの詳しいプロフィールはこちら 『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』というベストセラー本の著者 でもあり、ファイナンシャル・プランニング技能検定1級(日本FP協会認定国家資格)も保持しています。

著書『海外FXのハイレバレッジを利用して短期間で大きく稼ぐ方法』

サイト運営者プロフィール

海外FXバンク


海外FXバンク編集長

XMのゼロカットシステム

XMTrading(エックス エム)では、お取引をモニタリングし、お客様のリスクを早期に発見して警告を行います。通常、取引口座の証拠金維持率が50%を下回ると証拠金の減少を通知する「マージンコール」、さらに、証拠金維持率が20%を下回ると損失を最小限に抑えるための「ロスカット」(強制決済)が発動され、預け資金(入金額)以上の損失が発生しないようになっています。
しかし、相場が急変した場合など、ロスカットが間に合わずに、入金額を超える損失が発生する可能性もございます。XMでは、万が一、残高がマイナスになった場合も、 マイナス残高を"0"(ゼロ)ヘリセットするゼロカットシステム を採用しているため、お客様は安心してお取引頂くことができます。

マージンコールロスカット
証拠金維持率が50%下回った場合に発動証拠金維持率が20%を下回った場合に発動
マージンコール
証拠金維持率が50%下回った場合に発動
ロスカット
証拠金維持率が20%を下回った場合に発動

マージンコールとロスカットとは?

XMでゼロカットシステムを採用する理由

法律により残高補填(ゼロカット)が認められていない国内FX業者では、万が一、口座残高がマイナスとなってしまった場合、お客様へ 海外FXはゼロカットシステムで追証なし 追証(追加証拠金:口座残高がマイナスになった場合に追加で証拠金を支払わなければならない制度) の請求が発生するため、想定外の大きな借金を負うリスク があります。
一方、XMTrading(エックス エム)を始めとした多くの海外FX業者では、このような予想外の損失(入金額以上の損失)からお客様を保護するため、ゼロカットシステムを導入し、マイナス残高分を全額負担しています。この ゼロカットシステムにより、お客様に追証の支払い義務が発生しないため、お客様が負う損失リスクは最大でも入金額まで に抑えることができます。

XMのゼロカット

XMのゼロカットシステムの仕組み

XMのゼロカットシステムの仕組み

XMのゼロカットシステムの仕組み

「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」全口座タイプに対応

XMTrading(エックス エム)のゼロカットシステムは、XMが提供する全ての口座タイプ「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座」に対応しております。最大888倍のハイレバレッジで取引頂ける「スタンダード口座」「マイクロ口座」でも、狭小スプレッドで取引頂ける「ゼロロ座」でもお客様に追証の請求をいたしません。 全ての口座でリスクをコントロールしてトレードすることが可能 です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる