FXトレード

エントリーポイント

エントリーポイント
ferretさん
推定PV :3.20M(計測シミラーウェブ)
テーマ :マーケティング
人気記事:ビジネスメール、OneNote、小荷物の配送料、引き継ぎ書の作り方 計測:2021年2月19日時点

アプリケーションが始まるときに呼び出す位置(エントリポイント)を変更する

  1. ソリューションエクスプローラでエントリポイントを変更したいプロジェクトを右クリックしてポップアップメニューを表示させ、「プロパティ」をクリックします。
  2. Visual Studio 2005以降では、「アプリケーション」タブにある「スタートアップフォーム」でエントリポイントを指定し、「OK」をクリックします。なお、Sub Mainプロシージャを指定するには、「アプリケーションフレームワークを有効にする」を無効する必要があります。「アプリケーションフレームワークを有効にする」を無効すると、「スタートアップフォーム」は「スタートアップオブジェクト」と名前を変えて、Sub Mainプロシージャを指定できるようになります。

    Visual Studio 2003以前では、(プロジェクト)プロパティページダイアログにおいて、「共有プロパティ-全般」の「スタートアップの設定」でエントリポイントを指定し、「OK」をクリックします。

補足:Visual Studio 2005以降では、「アプリケーションフレームワークを有効にする」を無効にしないと、本当のエントリポイントを変更することはできません。「アプリケーションフレームワークを有効にする」を有効にしたときのエントリポイントは、MyApplicationクラスのMainメソッドとなるようです。

  1. ソリューションエクスプローラでエントリポイントを変更したいプロジェクトを右クリックしてポップアップメニューを表示させ、「プロパティ」をクリックします。
  2. Visual Studio 2005以降では、「アプリケーション」タブにある「スタートアップオブジェクト」でエントリポイントにしたいMainメソッドがあるクラスを指定します。

    Visual Studio エントリーポイント 2003以前では、(プロジェクト)プロパティページダイアログにおいて、「共有プロパティ-全般」の「スタートアップオブジェクト」でエントリポイントにしたいMainメソッドがあるクラスを指定し、「OK」をクリックします。

82.8. イベントストリームとエントリーポイント

1 つのエントリーポイント、またはストリームからのファクトは、デシジョンエンジンのワーキングメモリーにすでにあるファクトに加えて、他のエントリーポイントからのファクトに参加できます。ファクトは、常にデシジョンエンジンに入ったエントリーポイントに関連付けられたままとなっています。同じタイプのファクトは、複数のエントリーポイントからデシジョンエンジンに入ることができますが、エントリーポイント A からデシジョンエンジンに入るファクトは、エントリーポイント B からのパターンと一致することはありません。

  • ストリーム内のイベントは、タイムスタンプ別に並べられます。タイムスタンプは、ストリームごとにさまざまなセマンティクスを持つ場合もありますが、常に内部で並べ替えが行われます。
  • 通常、イベントストリームには大量のイベントがあります。
  • 通常、ストリームに含まれるアトミックなイベントは、それだけでは実用的ではなく、ストリームで集合的な場合にのみ実用的です。
  • イベントストリームは、同種 (単一タイプのイベントを含む) の場合も、異種 (異るタイプのイベントを含む) の場合もあります。

82.8.1. ルールデータのエントリーポイントの宣言

イベントのエントリーポイント (イベントストリーム) を宣言して、デシジョンエンジンがそのエントリーポイントのみからのデータを使用してルールを評価することが可能です。エントリーポイントは、DRL ルールで参照することで暗黙的に宣言することも、Java アプリケーションで明示的に宣言することもできます。

手順

DRL ルールファイルで、挿入されたファクトの from entry-point "" を指定します。

"ATM Stream" エントリーポイントで取り消しルールを認可

"Branch Stream" エントリーポイントで手数料ルールを適用

銀行取引アプリケーションにおける両方の DRL ルールのサンプルは、イベント WithdrawalRequest にファクト CheckingAccount を挿入しますが、エントリーポイントは異なります。実行時にデシジョンエンジンは、 "ATM Stream" エントリーポイントのみからのデータを使用して Authorize withdrawal ルールを評価し、 "Branch Stream" エントリーポイントのみからのデータを使用して Apply fee ルールを評価します。 "エントリーポイント ATM Stream" に挿入されたイベントは、 "Apply fee" ルールのパターンと一致することはありません。また、 "Branch Stream" に挿入されたイベントは、 "Authorize withdrawal rule" のパターンと一致することはありません。

Java アプリケーションコードで、 getEntryPoint() メソッドを使用して EntryPoint オブジェクトを指定および取得し、以下に従ってファクトをそのエントリーポイントに挿入します。

EntryPoint オブジェクトと挿入されたファクトを持つ Java アプリケーションコード

from entry-point "ATM Stream" を指定する DRL ルールはすべて、このエントリーポイントのデータのみに基づいて評価されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる