ビギナーバイナリーオプション

シグナルをわかりやすく解説

シグナルをわかりやすく解説

白杖SOSとは?白杖使用者の声かけのポイントは何? 今更聞けない視覚障害者の使う白杖とは?③

白杖SOSとは?白杖使用者の声かけのポイントは何? 今更聞けない視覚障害者の使う白杖とは?③

皆さんこんにちは。ライターのメグです。
10月にテレビドラマとして「恋です! 〜ヤンキー君と白杖ガール〜」(https://www.ntv.co.jp/yangaru/外部サイト)がスタートしました。
前回、前々回の記事で、白杖の種類から使い方まで紹介してきました。今回からは、いよいよ実践編です。
街中で白杖を使用している視覚障害者を見かけた時の声かけのタイミングやポイント、助けてほしいときのシグナル「白杖SOS」について紹介します。

どんなときに
お手伝いすればいいの?

皆さんはどのようなときに白杖使用者に声かけしようと思いますか。
立ち止まっていた、白杖をいろいろな方向に動かしていた、様々あるかと思います。
これは、状況によって変化するためはっきりと「この時!」とは言えませんが、私のよくあるケースを3つ紹介します。

① 立ち止まって、周りを見渡している

立ち止まって、周りを見渡している

道に迷っているときにこのようなことをすることが多いです。
また、立ち止まっているだけの時は、耳をそばだてて周りの音を聞き取り、自分がどの場所にいるのか(歩道にいるのか、周りにどのようなものがあるのか)、 声をかけられる人がいないか探しています。

② 同じ道を行ったり来たりしている

同じ道を行ったり来たりしている

この場合も、道に迷っていることが多いです。
ほかの道を探したいけれど、探すこともできず困っています。
この場合は、普段使い慣れているはずの道を間違えてしまったときなどによく起こります。

③ (電車や駅で)席が空いているのに、
立ったままでいる

(電車や駅で)席が空いているのに、立ったままでいる

私は電車に乗って空いている席を探したいけれど見つけることができないため、立ったままでいることが度々あります。
このような場面に遭遇した時には、ぜひ声をかけていただきたいと思います。
ただ人によって、電車の奥の席に連れていかれると降りる時に大変なので、戸口の手すりにつかまっている場合もありますので、 座りたいかどうかを聞いてみてください。

この時のポイントは、 “声をかける” ことです。
なぜ、“声をかける”ことが大事かというと、コロナ禍になってから、席を譲る際の声かけが急激に減り、その代わりに、ジェスチャーで「どうぞ」とされることが多くなったためです。
飛沫感染を防ぐために声を発しないでジェスチャーで教えてくれているのだと思うのですが、私は ジェスチャーが見えていないため、音声情報が大切になります。
仮にジェスチャーをされたとしても、譲られていることすら気が付くことができません。
最悪の場合には、「どうして譲ったのに座らないんだろう」と思われてしまい、譲ってくれた方の気分を害してしまうかもしれないのです。

オープンシグナル、国内主要3キャリアのモバイル体験を評価

今回のレポートに関して説明した同社 分析担当バイス・プレジデントのIan Fogg氏は、同社のデータ収集や分析の対象が3G時代の「スピードおよび遅延(Speed&Latency)」から始まり、4G時代には「4G利用率(Availability)」や「ビデオ体感(Video Experience)」「音声体感(Voice App Experience)」と段階的に追加され、5G時代を迎える現在は「ゲーム体感(Games Experience)」が加わるなど、モバイルネットワークの用途が拡大するのに合わせてより多くの指標で分析・評価を行うようになった経緯を紹介した。

Opensignalの事業概要。

IT各社の中期経営計画--各社の取り組みと共通点

ざんねんなセキュリティ--流行のゼロトラストが「既に導入済」は本当か?

DeepMindが作った平凡な性能のAI「Gato」、何がすごいのか

Ziddyちゃんの「私を社食に連れてって」:働き方改革で生まれ変わった「NECスーパータワー」の社食とオフィスにワクワク編

  • 23区のテレワーク率26%、課題は社内体制--「PCなど10万円未満のみ」は厳しい
  • NTT Com、設定不要の「テレワーク用パソコン」を提供--開封から約10分で利用開始
  • マイクロソフト、ノーコードのモバイル向け「Power Apps」のベータ版を公開
  • マイクロソフト、Affirmed Networksの買収を発表--5G強化へ
  • ウィズコロナ時代の人材戦略
  • 「働く」を変える、HRテックの今
  • シグナルをわかりやすく解説
  • 量子コンピューターを知る--現状と今後
  • デジタルで変わるスポーツの未来
  • CxOメッセージ
  • DXのヒント--CxOが知っておくべきこと
  • ビジネスとテクノロジーのコンポーザビリティー
  • DXマネジメントオフィス入門
  • 顧客志向で切り拓くCOVID-19時代の変革ジャーニー
  • ビジネス視点で分かるサイバーのリスクとセキュリティ
  • 2025年に向けてDXを推進するIT部門の役割とガバナンス
  • 教育IT“本格始動”
  • ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
  • デジタル“失敗学”
  • エリック松永のデジタルIQ道場
  • 研究現場から見たAI
  • Larry Dignanの独り言
  • 大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
  • 山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
  • 田中克己「デジタル岡目八目」
  • 松岡功「一言もの申す」
  • 松岡功「今週の明言」
  • 内山悟志「デジタルジャーニーの歩き方」
  • 林雅之「デジタル未来からの手紙」
  • 谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
  • 「プロジェクトマネジメント」の解き方
  • 新潮流Device as a Serviceの世界

セキュリティ

  • スマートシティーのセキュリティを考える
  • セキュリティインシデント対応の現場
  • 企業セキュリティの歩き方

スペシャル

  • 調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題
  • マルチクラウド時代のデジタル衛生管理術
  • あなたの知らないMDMの世界
  • リテールテック最前線
  • オブザーバビリティーが変えるCX
  • ゼロトラストの基礎知識
  • マネージャーを目指すエンジニアのためのビジネスナレッジ
  • ローコード技術の衝撃
  • デジタル時代を支える顧客接点改革
  • エンタープライズAIの隆盛
  • 顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
  • 「ひとり情シス」の本当のところ
  • ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
  • 生産性向上に効くビジネスITツール最前線
  • 庭山一郎「戦略なきIT投資の行く末」
  • 課題解決のためのUI/UX
  • 10の事情
  • 座談会@ZDNet
  • 吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
  • 古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
  • 中国ビジネス四方山話
  • 企業決算
  • ピックアップソリューション : Identityマスターへの道

CNET Japan Top Story

  • アップルのAR/VRヘッドセットのうわさまとめ--発売時期、M1チップとの関連性など
  • スクエニ、「ファイナルファンタジーXVI」最新トレーラーを公開--発売時期は2023年夏に
  • シリコンバレーで起業する(3)--チーム構築から新事業立ち上げまでとこれから
  • ドワンゴ、伝統芸能と最新技術の「meme nippon project」--中村獅童さん「心をひとつに」
  • 1月に設立したCAMPFIRE ENjiNE、クラファンサイト「CAMPFIRE ENjiNE」開設

ホワイトペーパー

ランキング

カテゴリランキング

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

企業情報センター

USA シグナルをわかりやすく解説 Business Sites

International Business Sites

The Japanese edition of 'ZDNet' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'ZDNet Japan' that were originally published in the US Edition of 'ZDNet', 'CNET', and 'CNET News.com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'ZDNet', 'CNET' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。
Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

ミューテックスとは

目次1 命令ミックス2 命令ミックスの計算方法2.1 平均命令実行時間から求める場合2.2 平均クロック数から求める場合 シグナルをわかりやすく解説 命令ミックス 命令ミックス(英:instruction mix、別名:インストラクションミックス)とは、コンピュータの処理能力を測定する際に用いる命令の組み合わせのことです。 コンピュータの処理能力は、1秒間に実行できる命令の数をあらわすMIPS(英:Million Instructions Per Second)を使用することが多いが、実際には命令の種類によって所要時間は異なるため、 .

オンラインとは

目次1 オンライン(online)1.1 オンラインの意味とは?1.2 オフラインの意味とは?オンラインとの違い オンライン(online) オンラインの意味とは? オンライン(online)とは、インターネットに繋がっている状態(他のコンピュータと繋がっている状態)のことです。 インターネット上でショッピングをすることを「オンラインショッピング」、インターネット上で旅行やホテルの予約などをすることを「オンライン予約」、インターネット上でゲームをすることを「オンラインゲーム」と呼びます。 IoT(モノのイ .

サーバとは

目次1 サーバ(server)1.1 サーバとは1.2 サーバの種類 シグナルをわかりやすく解説 サーバ(server) サーバとは サーバ(英:server)とは、サービスや機能を提供しているコンピュータのことです。 一般的によく利用されている「クライアントサーバ型」のネットワークでは、サービスや機能を提供するサーバ(server)と、そのサービスや機能を利用するクライアント(client)に分かれています。 上記の図は「クライアントサーバ型」のイメージ例です。サーバには複数のクライアントが接続されており、クライアントはサーバが提 .

逐次制御方式とは

逐次制御方式 逐次制御方式(読み:ちくじせいぎょほうしき)とは、CPUの処理方式のひとつで、命令を1つずつ順番に処理していく方式です。 次の図は、逐次制御方式のイメージ例です。 「命令1」の処理が終わったら「命令2」を実行、「命令2」の処理が終わったら「命令3」を実行と3つの命令を順番に処理しています。 逐次制御方式は、1つの命令が終わるまで次の命令を実行できないため、処理効率はよくありません。 複数の命令を並行して実行する方式に「パイプライン処理」があります。 1つの命令が終わるまで次の命 .

URIとは

目次1 URI(ユーアールアイ)1.1 URIとは1.2 位置を特定するのがURL1.3 名前を特定するのがURN URI(ユーアールアイ) URIとは URI(英:Uniform Resource Identifier)とは、インターネット上に存在する情報資源(リソース)の位置や名前を特定するためのものであり、URL(英:Uniform Resource Locator)とURN(英:Uniform Resource Name)の総称のことです。 上記は、URI、URL、URNのイメージ図です。このイメ .

クロック周波数とは

目次1 クロック周波数1.1 クロックとは2 クロック周波数の計算問題2.1 CPUが1秒間に処理できる命令数2.2 平均命令実行時間 クロック周波数 クロック周波数(英:clock frequency)とは、CPUの性能をあらわすための指標値のひとつで、クロックが1秒間に繰り返される回数のことです。Hz(ヘルツ)という単位で表現します。 クロックとは クロック信号(英:clock signal)とは、複数の電子回路が信号を送受信するタイミングを揃えるために、規則正しく刻まれる電気信号のことです。 各装置 .

ラマン分光法の基礎(1) ラマン分光法とは?

物質に光を照射すると、光と物質の相互作用により反射、屈折、吸収などのほかに散乱と呼ばれる現象が起こります。散乱光のなかには入射した光と同じ波長の光が散乱されるレイリー散乱(弾性散乱)と、分子振動によって入射光とは異なる波長に散乱されるラマン散乱(非弾性散乱)があります。
ラマン散乱光はレイリー散乱よりも10 −6 倍ほど微弱な光です。その微弱な光を分光し、得られたラマンスペクトルより、分子レベルの構造を解析する手法がラマン分光法です。

ラマン散乱光とレイリー散乱光

ラマンスペクトルとは?

通常のラマン分光光度計では、励起光源として単色光のレーザーを使用し、散乱される光を分光器に通してラマンスペクトルを検出します。ここで得られたラマンスペクトルの縦軸は散乱強度(Intensity)、横軸はラマンシフト(cm −1 )として示します。入射光と散乱光のエネルギー差、すなわち振動数の差を意味します。ラマン散乱のなかで、入射光よりも低い振動数(長波長)領域に観測されるバンドをストークス散乱(ν0ν)、高い振動数(短波長)領域に観測されるバンドをアンチストークス(ν0+ν)と呼びます。例えば、硫黄を励起波長532nmのグリーンレーザーで測定したラマンスペクトルを図2に示します。非常に強いレイリー散乱を中央にして低波数側(長波長側)にストークス散乱が、高波数側(短波長側)にアンチストークス散乱が観測されます。一般的なラマンスペクトルでは、通常、強度の大きいストークス散乱光を用い解析します。

ラマン散乱光とレイリー散乱光、硫黄のラマンスペクトル

ラマン分光法と赤外分光法の違い

ラマン分光法以外にも、分子の振動情報より分子構造を解析する振動分光法に赤外分光法があります。赤外分光法は、分子の振動エネルギーに相当する光エネルギーの吸収、赤外吸収スペクトル(IRスペクトル)を検出する方法です(図3)。一方ラマン分光法は、入射光に対して分子の振動エネルギー()だけシフトしたラマン散乱を観測します。このため、赤外分光法とラマン分光法では同じ官能基の振動モードが同じ波数に検出されます。

アポトーシス(apoptosis)とは?ネクローシスとの違いも徹底解説

哺乳類のアポトーシスにおけるカスパーゼ活性化経路は、Fasや腫瘍壊死因子(tumor necrosis factor: TNF)レセプターなどによる刺激が引き金になります。Fasなどのリガンドがレセプターに結合すると、アポトーシス促進性タンパク質Bax、Bad、Bid、Bak、Bimが活性化します。これらのタンパク質にはBH3デスドメインがあり、アポトーシス阻害タンパク質Bcl-2やBcl-XLの機能を低下させることで、アポトーシスシグナルがミトコンドリアに伝達されます。ミトコンドリアからはシトクロムcが放出され、Apaf-1、Caspase-9と複合体(Apoptosome)を形成し、カスパーゼカスケードが開始されてアポトーシスが起こります。

アポトーシスとネクローシスの違い

ネクローシス様のプログラム細胞死には、RIPK3(receptor interacting protein 1 kinase)やMLKL(mixed lineage kinase domain-like)に依存するネクロトーシス(necroptosis) *8, 9 、細胞死の際に炎症性カイトサインIL-1βを放出するパイロトーシス(pyroptosis) *10, 11 などがあり、ホットな研究分野になっています。

アポトーシスの研究方法

また、組織や単一細胞におけるアポトーシスの高感度検出ではTUNEL(Terminal deoxynucleotidyl transferase [TdT]-mediated dUTP Nick End Labeling)法という手法が用いられます。

カタログのご案内

参照元
*1 三浦正幸「プログラム細胞死:その分子機序と発生における生理的な役割」領域融合レビュー. 2012;1:e002
*2 Yamaguchi Y, Shinotsuka N, Nonomura K, et al. Live imaging of apoptosis in a novel transgenic mouse highlights its role in neural tube closure. J Cell Biol. シグナルをわかりやすく解説 シグナルをわかりやすく解説 2011;195(6):1047-1060.
*3 Tseng AS, Adams DS, Qiu D, Koustubhan P, Levin M. Apoptosis is required during early stages of tail regeneration シグナルをわかりやすく解説 in Xenopus laevis. Dev Biol. 2007;301(1):62-69.
*4 Chera S, Ghila L, Dobretz K, et al. Apoptotic cells provide an unexpected source of Wnt3 signaling to drive hydra head regeneration. Dev Cell. 2009;17(2):279-289.
*5 Kerr JF, Wyllie AH, Currie AR. Apoptosis: a basic biological phenomenon with wide-ranging implications in tissue kinetics. Br J Cancer. 1972;26(4):239-257.
*6 Ellis HM, Horvitz HR. Genetic control of programmed cell death in the nematode C. elegans. Cell. 1986;44(シグナルをわかりやすく解説 6):817-829.
*7 Yuan J, Shaham S, Ledoux S, Ellis HM, Horvitz HR. The C. elegans cell death gene ced-3 encodes a protein similar to mammalian interleukin-1 beta-converting enzyme. Cell. 1993;75(4):641-652.
*8 Vanden Berghe T, Vanlangenakker N, Parthoens E, et al. Necroptosis, necrosis and シグナルをわかりやすく解説 secondary necrosis converge on similar cellular シグナルをわかりやすく解説 disintegration features. Cell Death Differ. 2010;17(6):922-930.
*9 Vanden Berghe T, Linkermann A, Jouan-Lanhouet S, et al. Regulated necrosis: the expanding network of non-apoptotic cell death pathways. Nat Rev Mol Cell Biol. 2014;15(2):135-147.
*10 Cookson BT, Brennan シグナルをわかりやすく解説 MA. Pro-inflammatory programmed cell death. Trends Microbiol. 2001;9(3):113-114.
*11 須田 貴司「パイロトーシスの分子機構と役割」(三浦正幸、清水重臣 編『細胞死 その分子機構,生理機能,病態制御』(化学同人)第10章)
細胞死全体については三浦正幸、清水重臣 編『細胞死 その分子機構,生理機能,病態制御』(化学同人)を参考にしました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる