取引プラットフォーム

ベアマーケットの定義と期間とは

ベアマーケットの定義と期間とは
3

You must read the following information before proceeding. When you have read the information set out below, please ベアマーケットの定義と期間とは click on the "I confirm that I have read and understand the above information" link at the bottom of the page ベアマーケットの定義と期間とは to acknowledge that you have read the information and to continue.

This website is directed only at residents of Japan and the information provided is not for distribution outside Japan. Shares of the NEXT FUNDS are not offered for sale or distribution outside of Japan.

Not all securities, products or services described in the website are available everywhere. The information contained in this website is for information purposes only and does not constitute a distribution, an offer to sell or the solicitation of an offer to buy any securities or provide any services ベアマーケットの定義と期間とは in any jurisdiction in which such distribution or offer is not ベアマーケットの定義と期間とは authorized. Although the information provided on this site is obtained or compiled from sources that Nomura Asset Management Co., Ltd. believes to be reliable, Nomura Asset Management Co., Ltd. cannot and does not guarantee the accuracy, certainty or completeness of the information and materials contained in this website.

The information on this website is for reference purposes only and does not constitute ベアマーケットの定義と期間とは an offer to sell or the solicitation of an offer ベアマーケットの定義と期間とは ベアマーケットの定義と期間とは to buy securities by Nomura Asset Management Co., Ltd. to any person in Japan.

Furthermore, the information on this website is ベアマーケットの定義と期間とは not made or directed to any person in the United Kingdom and under no circumstance shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any ベアマーケットの定義と期間とは person in the United Kingdom.

Furthermore, the information on this website ベアマーケットの定義と期間とは is not made or directed to any person in the United States or to any U.S. Person. Under no circumstances shall the provision of the information on this website be deemed to constitute an offer of securities or an offer to provide any services to any person in the United States or to any U.S. Person as defined under the ベアマーケットの定義と期間とは Securities Act of 1933, as amended. Residents of the United States are specifically prohibited from investing in the NEXT FUNDS and ベアマーケットの定義と期間とは no person may offer investment in these funds to residents of the United States.

ベアマーケットの定義と期間とは


株式情報専門家読本

◆Index 手掛かり材料が乏しい
カタール投資庁のプライベートエクイティ部門
外国人投資家
換金目的の売却や持ち高整理を目的とした売買 ベアマーケットの定義と期間とは
今週は米国の経済指標の発表が多い

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~~*~*~*~*~
------------------------------------------------------------------
昨日は、3日の米国市場休場で予想されていたものの、売買代金が大発会
を除いて今年2番目の少なさ。出来高は10営業日連続の20億株割れとなるな
ど、手詰まり感の強さが印象付けられた。また、値ガサの主力株が見送ら
れる中、個人などの短期売買目的の資金が値動きの軽い中低位株に向かい、
東証一部の売買単価は1305円と7月20日以来の水準に下がった。サブプライ
ム問題がやや下火になったとはいえ、手掛かり材料が乏しいため、米国市
場の動向などにより影響を受ける相場が継続するものと思われる。なお、
今晩はセントルイス連銀のプール総裁、サンフランシスコ連銀のイエレン ベアマーケットの定義と期間とは
総裁など米連邦準備理事会(FRB)関係者の講演が予定されており、米金
融政策に関する思惑も相場を左右させよう。

8月の米ISM製造業景気指数は52.9と市場予想の範囲内。金融混乱の米製
造業への影響が限定的だったことから米国株式は続伸した。特に、ナスダ
ック指数は4営業日連続高となり、ECB、FRBが緊急の資金供給を行う直前の
8月8日の水準を上回った。リスク要因の第一ハードルを通過したに過ぎな
いとはいえ、好業績銘柄への買い安心感を与えよう。依然、米国の動きか
らは目を離せないが、カタール投資庁のプライベートエクイティ部門責任
者が昨日ドバイで行なわれた会合で「米ドルのエクスポージャー引下げの
ため、アジアへの投資を拡大する計画」とコメント。対象国として、日本、
中国、ベトナム、韓国を上げた模様。国内投資家も日本企業の実力を見直
すべき時期なのではないだろうか。

米国発のサブプライム(信用力の低い個人向け)ローン問題が、最近の
日本の株式市場に大きな影響を与えている。この問題が顕在化した今年7月
第4週から8月第4週にかけて日経平均株価は18158円から16249円に下落
(騰落率▲10.5%)したが、東京証券取引所公表の同期間の外国人投資家
売買動向を見ると、1兆3768億円の売り越しとなっており、日経平均株価
の下落を主導したと考えられる。なお、同問題が顕著化する前の今年4月
から7月第3週までの間では、日経平均株価は17288円から18158円に上昇
(騰落率+5.0%)同期間における外国人投資家の売買動向は4兆6121億円
の買い越しと の日本株買いが日経平均株価の原動力の一つ
であったと考えられる。日本株式市場は外国人投資家の売買動向に大き
な影響を受けると言われてきたが、今回もその可能性が高かったと考え
られる。外国人投資家が足元で売り越しに転じた背景はサブプライムロ
ーン問題の不透明感が払拭されず、自国の株式市場が下落したことなど
に伴って従来ほどリスクを負えなくなったこと、信用収縮により流動性
確保を優先したことなどが挙げられている。ECBやFRB、日銀などの中央
銀行は、この問題の影響が株式市場や為替市場に拡大しないように、短
期金融市場への資金供給を行い、特にFRBは公定歩合の引き下げも実施し
た。現在、日本の株式市場はこれらの対策を好感し安定傾向を見せてい
るが、日本の株式市場は外国人の売買動向の影響を受けやすいことから、
サブプライム問題を引き続き注視しておく必要があると考えられる
(某投信会社)。

8月第4週(8月24日で終わる週)までの株式需給動向を概観すると「外
国人の大幅売り越し、国内投資家の買い越し」と4~7月とはまったく逆
の展開となった。外国人は現物・先物合計で5ヵ月ぶりの売り越しとなっ
た。一方、国内投資家は総じて買い越した。特に現物市場においては、
信託銀行の買い越し額が2000年10月以来の大きさに達したほか、個人現
金の買い越し額もデータ取得可能な82年7月以降で最大規模となった。週
次ベースで見ると、8月第4週の外国人動向は5週ぶりの買い越しとなった。 ベアマーケットの定義と期間とは
また、この週の外国人からの売付けと買付け(グロスの売りと買い)の
合計額は、8月第1週~第3週の平均を30%も下回った。外国人による換
金目的の売却や持ち高整理を目的とした売買は既に一巡した様子である。
今後は、国内外の株式市場が落ち着きを取り戻すにつれて外国人の買い
越し基調が復活することが期待される(某大手証券)。

足元の日本株式市場は下値模索の展開が続こうが、押し目買いを薦め
たい。現在の金融危機は3-4ヵ月間の危機であって、年末までにTOPIXは
年初来高値を更新するという見方を維持。TOPIXは、1=7月9日の高値から
の下落率が18%とベアマーケット入りの定義にならない20%未満に止まっ
ている、2=03年以降の上昇トレンドが崩れていない、3=8月、個人の日本
株現物の買い越し額が7730億円と過去20年間で最大になったなど、テク
ニカルな強気材料がある。09年3月期の東証一部予想PERは16倍まで低下
し、金利と比較したイールドスプレッドも安いが、低バリュエーション
が評価されるためには、来年の米国景気に対する見方の好転が必要だ。
まだそうした局面ではないので、しばらくはアジア関連株や高配当利回
り株を薦めたい。今週は米国の経済指標の発表が多い(某米国兼外資)。

米国の景気後退が確実な今、あえて米国株を買うなら
「リモートワーク」関連株! ただし、二番底を形成
する可能性もあるので、慌てて飛び乗る必要はなし!

facebook-share

米国の経済活動はパッタリ止まった状態となり、
新規失業保険申請件数も今後激増していく見通し

経済統計の中でこうした動きを最も早く反映するのが、毎週発表される新規失業保険申請件数です 。先週木曜日に発表された3月9日の週の新規失業保険申請件数は、28.1万件でした。

新規失業保険申請件数グラフ


拡大画像表示

ベアマーケットの定義と期間とは この数字は、まだ増え始めたばかりですが、今後、激増すると予想されています

「アメリカ国民ひとり1人に約12万円の一時金を支給」など、
2兆ドル規模の景気刺激策を週末返上で検討中!

連邦準備制度理事会(FRB)は3月の3日と15日、続けざまに2回の緊急利下げを発表し、フェデラルファンズ・レートを0~0.25%に引き下げました 。同時にFRBは、7000億ドルの量的緩和政策を行うと発表しました。

上院は上院案を、下院は下院案をそれぞれまとめている段階で、その中には、航空会社などの大企業に対する支援や中小企業への支援、アメリカ国民ひとり1人に約12万円の一時金を支給するなどの方策が盛り込まれています

株式市場はリーマンショック以来の急落を記録し、
「リセッション入り」がほぼ避けられない状態に!

先週の米国株式市場は、NYダウ(ダウ工業株価平均指数)が-17.3%、S&P500指数が-15%、ナスダック総合指数が-12.6%と、 ベアマーケットの定義と期間とは リーマンショックのあった2008年10月以来、最悪の週間パフォーマンスでした

NYダウチャート/日足・3カ月

NYダウチャート/日足・3カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます
拡大画像表示

株式市場は、2月19日の高値から-30%以上下落し、いわゆる「ベアマーケット(弱気相場)」入りしており、リセッション(景気後退)入りはほぼ避けられないと思います

■アメリカにおける1980年以降のリセッション
リセッション 直前のエクスパンション
(景気拡大)期間
開始年月 終了年月 期間
1980年1月 1980年7月 6カ月 58カ月
1981年7月 1982年11月 16カ月 12カ月
1990年7月 1991年3月 8カ月 92カ月
2001年3月 2001年11月 8カ月 120カ月
2007年12月 2009年6月 18カ月 73カ月

1980年代前半のS&P500指数とリセッション・チャート


拡大画像表示

1990年代初頭のS&P500指数とリセッション・チャート


拡大画像表示

2000年代初頭のS&P500指数とリセッション・チャート


拡大画像表示

2007年〜2009年にかけてのS&P500とリセッション・チャート


拡大画像表示

表内でオレンジ色の網がかかった時期が、NBERの定義するリセッションです。リセッションの期間は6カ月から18カ月とばらつきがありますが、 株価の動きは、リセッション期間の少なくとも前半では下落基調であることが読み取れます。そして、実際にリセッションが終わるよりも一足先に株価は大底をつけ、反転していることがわかります

「二番底」を試す場合も多いので、慌てて買う必要はなし!
強いて今買える銘柄を挙げれば「リモートワーク」関連

今は株式市場が“つるべ落とし”に落ちているところであり、まだ反発らしい反発すらありません。 まずは、反発局面が出ることが第一条件になると思います。そして通常だと、1回反発したあと後に「二番底」を試しに行くことが多いので、反発があったからといって慌てて飛び乗る必要はないでしょう。 言い換えれば、いくらでも安いところで買うチャンスはあるということです。

強いて今買える銘柄を挙げると、自宅待機や一時帰休が長期におよんだ場合でも業績に悪影響が出ない銘柄を選ぶ必要があります。それは 「リモートワーク」関連銘柄 ということになるでしょう。

【クラウドストライク】
経営陣が「新型コロナの悪影響はまったくない」とコメント

クラウドストライク(CRWD)チャート

クラウドストライク(CRWD)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ】
世界中で在宅勤務が増加していることで、需要が爆発!

ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)チャート/日足・6カ月

ベアマーケットの定義と期間とは ズーム・ビデオ・コミュニケーションズ(ZM)チャート/日足・6カ月
(出典:SBI証券公式サイト) ※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

【スラック・テクノロジーズ】
ここに来て課金ユーザーの増加ペースが加速!

スラック・テクノロジーズ(WORK)チャート/日足・6カ月

スラック・テクノロジーズ(WORK)チャート/日足・6カ月(出典:SBI証券公式サイト)
※画像をクリックすると最新のチャートへ飛びます。
拡大画像表示

ベアマーケットの定義と期間とは ベアマーケットの定義と期間とは ベアマーケットの定義と期間とは
↓今注目の「投資テーマ」の解説&銘柄はこちら!↓
●防衛 ●アンモニア ●インバウンド
●ウクライナ情勢 ●メタバース ●高配当株
●NFT ●化石燃料 ●再生可能エネルギー
●株主優待株 ●半導体材料 ●会計ソフト
●米株/旅行 ●米株/燃料電池 ●米株/EV
●米株/シェール ●米株/天然ガス ●米株/2022年戦略

証券会社(ネット証券)比較!売買手数料で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!取引ツールで比較ページへ

 つみたてNISA(積立NISA)おすすめ比較&徹底解説ページへ

証券会社(ネット証券)比較!人気の証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!株アプリで比較ページへ

 iDeCo(個人型確定拠出年金)おすすめ比較&徹底解説!詳しくはこちら!

ネット証券会社(証券会社)比較!最短で口座開設できる証券会社で比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!外国株で比較ページへ

桐谷さんの株主優待銘柄ページへ

証券会社(ネット証券)比較IPO(新規上場)比較ページへ

ネット証券会社(証券会社)比較!キャンペーンで比較ページへ

証券会社(ネット証券)比較!総合比較ページへ

「米国株」取扱数が多いおすすめ証券会社

世界投資へのパスポートの関連記事

【証券会社おすすめ比較】 外国株(米国株、中国株、ロシア株、韓国株など)の 売買手数料と取扱銘柄数で選ぶ!おすすめ証券会社 [2022年5月1日更新](2020.02.01)

【2022年】今すぐ口座開設できる証券会社【最新版】 最短“申込当日”に取引できるDMM.com証券、翌日に 取引可能なSBI証券など、今すぐ株を買う方法を解説 【2022年4月5日更新】(2019.03.01)

【2022年版】ネット証券会社の人気ランキング発表! この1年間で口座開設の申し込み数がもっとも多かった ザイ・オンラインで一番人気のおすすめ証券会社を公開(2021.06.24)

コロナショックの影響でIPO後に株価が急落した 「直近IPO銘柄」が狙い目! 暴落相場のせいで適切 に評価されてない銘柄を、中長期的スタンスで狙おう(2020.03.19)

日経平均株価は“3~4月”が底! コロナ・ショック後の 2020年の株価予測は、年末2万円超の“ベアマーケットの定義と期間とは 年末高”派と、 戻っても1万8500円前後の“一進一退”派に真っ二つ!(2020.03.21)

世界投資へのパスポート バックナンバー

【米国株】ウクライナ侵攻により「買い」のチャンスが 到来! 「売り物が出尽くす」「FRBが利上げを見送る」 ベアマーケットの定義と期間とは など、今が絶好の買いチャンスと判断する理由を解説(2022.02.24)

【米国株】「銀ETF」「鉱山会社」など“出遅れ感”が強い 「銀(シルバー)」関連株に注目! 原油価格が上がっても 横ばいが続く「銀」の価格上昇で儲かる銘柄を解説!(2022.02.21)

【米国株】「ウクライナ情勢の悪化」で注目を集める 4銘柄を紹介! 天然ガスや石油、アルミニウム、穀物 の価格高騰により、株価上昇が見込める銘柄を解説!(2022.02.14)

【米国株】従来と真逆の「成長株を売り、インフレに 強い石油株を買う」投資戦略に転換を! 石油株の中で も新高値をつけて“新波動入り”した3銘柄に注目しよう(2022.02.07)

【米国株】2022年の米国株式市場は1973年と酷似! インフレ+利上げでグロース株が下落して、石油株と 金鉱株が上がった時代を教訓に、相場を見極めよう!(2022.01.31)

太田忠の勝者のポートフォリオはこちら!

【クレジットカード・オブ・ザ・イヤー 2022年版】2人の専門家がおすすめの「最優秀カード」が決定!2021年の最強クレジットカード(全8部門)を公開! 最短翌日!口座開設が早い証券会社は? アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、 本当は“ゴールド”ではなく“プラチナ”だった!? 日本初のゴールドカードの最高水準の付帯特典とは? 高いスペック&ステータスを徹底解説!アメリカン・エキスプレスおすすめ比較 おすすめ!ネット証券を徹底比較!おすすめネット証券のポイント付き

  • 「AViC(エイビック)」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度…
  • 「マイクロアド」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析…
  • 「ヌーラボ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析、他…
  • 「M&A総合研究所」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄…
  • 「サンウェルズ」のIPO情報総まとめ!スケジュールから幹事証券、注目度、銘柄分析…
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ編集部(2022.5.25) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23) ポイ探ニュース(2022.5.29)
    ザイ・オンライン編集部(2022.5.2) ザイ・オンライン編集部(2022.5.3) ザイ・オンライン編集部(2022.5.30) ザイ編集部(2022.5.31) ザイ・オンライン編集部(2021.12.23)
  • 菱洋エレク---大幅反発、第1四半期営業益倍増で業績上振れ期待
  • ベアマーケットの定義と期間とは
  • トリケミカル---大幅反発、第1四半期大幅増益決算を好感
  • トヨタ自---大幅反発、資源高局面で高い競争力見直されるとして米系証券が格上げ
  • ACCESS---大幅反発、第1四半期営業赤字縮小に高水準の自社株買いも発表

ダイヤモンド・ザイ最新号好評発売中!

楽天で「ダイヤモンド・ザイ」最新号をご購入の場合はコチラ!Amazonで購入される方はこちら!

[つみたて投資入門/最強の割安株]

◎別冊付録
75万部売れた株の本が付録で読める!

ZAiが作った株入門ダイジェスト版!

◎巻頭特集
速報!

最新決算でわかった2022年の強い株

◎第1特集
キホンからオススメ投信まで大事なコトだけ!つみたて投資入門
●キホン編
つみたてNISAやiDeCoを徹底解説
・つみたて投資は必要?
・どうなれば儲かる?
・どんな人に向いてる?
・何を買ってつみたてるの?
・オトクな制度って?
●実践編
投信を買うならこの1本!を紹介
急落や損した時対処法を伝授!

・どの投信を買えばいい?
・口座はどこで開けばいい?
・いま始めても大丈夫なの!?
・損が出てる! ベアマーケットの定義と期間とは やめるべき?
・つみたての金額はいくらにする?
・家計が厳しいけどやめていい?
●もう始めてる5人に聞いた
つみたてデビューとリアル収支

◎第2特集
波乱や利上げで人気急騰!
割安株で値上がりと利回りゲット!

PART1: 高利回り
・高配当で株主優待も充実!利回りランキング
PART2: 10倍狙い
・不人気&売られすぎ前途有望な話題株
PART3: 底値が堅い
・安全・安心・割安な守りが堅い三安株

◎第3特集
トクするカードの序列が激変!
クレジットカード大全

・最初の1枚
・とにかく高還元
・一定利用で無料
・買物が絶対トク
・特典が魅力的
・投信積立で還元

◎人気連載もお楽しみに!
●10倍株を探せ! IPO株研究所
●自腹でガチンコ投資!AKB48ガチ株バトル
●AKB48武藤十夢のわくわくFX生活!
●株入門マンガ恋する株式相場!
●どこから来てどこへ行くのか日本国
●人気毎月分配型100本の「分配金」

IR・SR用語集

委員会設置会社【companies with committees】 監査役制度に代わって、経営の監督機能と執行機能の分離を目的として設けられた新しい企業統治制度。委員会設置会社は指名、監査、報酬の3つの委員会を設置し、各委員会はそれぞれ取締役3名以上で構成され、その過半数は社外取締役でなければならない。また取締役会で選任した執行役に業務執行の権限を委譲し、取締役会は職務執行の監督を行う。監査役委員会の構成メンバーは執行役を兼務できず、監査機能の強化を図っている。

イベント・ドリブン戦略【event driven (strategy)】 企業の合併・買収、財務リストラ、資産の売却、破産等のイベントに伴って生じるミスプライシングを利用して利益を獲得しようとするヘッジ・ファンドの代表的な運用手法の一つ。被買収企業の株式をロングし、買収企業の株式をショートするM&Aアービトラージや、破綻状態にある企業の社債・株式等に投資するディストレスト証券が一例。固有の特別な事情のある企業に投資することは市場との関連性が少ないためリスクが減少することとなる。

インカム型【income (style)】 値上がり益よりも配当収益を追求する運用スタイル。これにはグロースとバリュータイプのスタイルがあり、一般的には優良株バリュータイプのインカムスタイルが多い。インカム・タイプの投資家は、同時に債券や高配当株式へも投資する傾向がある。

インサイダー取引【insider trading】 内部者取引のこと。企業の内部情報に接する立場を利用して、情報の公表前に当該企業の株式を売買する行為。証券市場の信頼を確保し、また投資家を保護することを目的に金融商品取引法によって規制されている。

インデックス型【index (style)】 あらかじめ決められたインデックスに忠実に連動することを目標とした運用スタイル。追随させるインデックスにはTOPIXや日経平均225、S&P500といった主要株式指数のほか、業種インデックス、スタイルインデックスといったものがある。「長期的には市場平均を上回る運用成績を上げようとすることは無益である。」との仮説に立つ効率的市場理論を信奉する機関投資家が、年金性資金等をインデックス・ファンドで運用することが多い。手法には完全法、層化抽出法、最適化法があり、それぞれインデックスに対する乖離(トラッキングエラー)を最小にすることを目指す運用が行われている。

エンハンスト型【enhanced (style)】 エンハンスト運用は、トラッキングエラーをかなり抑え込みながら、超過収益獲得を目標とするアクティブ運用で、インデックスファンド+α程度のリスクリターンを目標とする。コア運用或いはアクティブ・クオンツ運用と位置づけられることも多く、年金資金等の、比較的売買回転率が小さい資金運用に採用される傾向にある。近年、独立した運用手法としての位置づけを確立しつつある。

大型株【large cap stocks】 企業規模等の大小により、大型株・中型株・小型株、もしくは、大型株・中小型株という区分がある。国や運用会社、個々のファンドにより様々な定義が存在しているが、一般的には、時価総額、あるいは売買金額が意味するところの流動性の大小を基準として用いている。ちなみに、東京証券取引所では、東証1部上場企業について大型株は、TOPIX 100の構成銘柄(時価総額・流動性の高い上位100社)と分類している。

海外ロードショー【overseas ベアマーケットの定義と期間とは IR roadshow】 海外ロードショーとは、企業のトップなどが海外の株主や投資家を直接訪問し、自社の決算内容や経営戦略などを説明する活動のことをいう。国内株式市場における外国人の影響力が強まっていることから、積極的に実施する企業が増えている。

ガバナンス・ファンド【governance fund】 企業のコーポレート・ガバナンスの状態に着目して投資を行うファンド。ガバナンスの優れた企業に投資するファンドと、ガバナンスが悪く業績が低迷している企業へ投資して、経営改革を迫り企業価値を向上させることで利益を得ることを目的とするファンドがある。

株主総会【annual general meeting (AGM)】 株式会社の最高意思決定機関であり、議決権を有する株主がこれに参加する。各社の事業年度末から3ヵ月以内に開かれる総会は、定時株主総会という。必要に応じて開催されるのが、臨時株主総会である。株主は持ち株数に応じて議決権を持ち、取締役や監査役、会計参与等の選任、定款の変更、会社の解散・合併など、会社運営に必要な重要事項が決議される。

監査役会設置会社【companies with boad of auditors】 監査役会を置く株式会社のこと。大会社である公開会社は、委員会設置会社である場合を除いて監査役の設置が義務づけられている。監査役会は3名以上の監査役で構成され、そのうち半数以上は社外監査役でなければならない。

機関投資家【institutional investor】 定義は明確ではないが、一般的に、投資顧問会社、生命保険会社、損害保険会社、信託銀行、投資信託会社、年金信託など、法人投資家のことを総称している。機関投資家はまとまった資金を運用するため、動かす金額が大きく、市場への影響も大きい。内外の投資家を区別するため、国内機関投資家、海外機関投資家などという。

議決権【voting rights】 株主の権利の1つで、株主総会において経営方針等の議案に対して投票することで意思表示を行うことができる。議決権は1人の株主につき1個ではなく、持っている株式の数で決まる。

議決権行使ガイドライン(議決権行使基準)【proxy voting guideline】 運用機関が株主総会の議決権行使の際に上程議案を評価するために用いる指針。ISSの策定した議決権行使基準が各運用会社で参考にされることが多い。

クオンツ型【quants (style)】 銘柄選別、アセット・アロケーション、ポートフォリオ構築という3つの投資決定プロセスにおいて、統計的な手法に依拠した運用を行うスタイル。システム運用、エンハンスト運用と同義の場合も多く、ファンド・マネジャーの投資判断上のサポートツールを指すこともある。計量的に重要な要素としては、資産価値、資本コスト、売上・費用・利益率の過去および将来の傾向、また、経済、短期金融市場、株式市場などのマクロ要素等が挙げられる。

グロース/クオンツ型【growth/quants (style)】 現在の株価が短期的に見れば割高であっても、将来の高い収益予想に基づいて投資を行うスタイル。長期的に見た企業の成長性や収益性を主眼に選定した企業に投資するクオンツアクティブ運用手法の一つ(グロースの項参照)。銘柄選別手法において、スクリーニングからユニバース設定、銘柄選択、ポートフォリオ構築に至るまでクオンツ手法(統計的手法)を用いるスタイルを指す(クオンツの項参照)。

グロース型【growth (style)】 成長性や収益性を主眼に選定した企業に投資するアクティブ運用の一種。成長による企業価値の増大を背景とする、長期的に見た株式の値上がり益の獲得を目的とする投資手法。現在の株価が短期的に見れば割高であっても、将来の高い収益予想に基づいて投資を行う。企業ライフサイクルで成長期にある企業に投資を行い、組入銘柄には、高PERで更なる成長へ向けた内部留保により配当性向が低い、などの傾向がある。成長性にかげりが見られると保有株式を一気に売却することもある。

グローバル・マクロ戦略【global macro (strategy)】 為替、金利等のマクロ経済のトレンド分析に基づき、グローバル市場の株式、債券、通貨、先物等に投資することで利益を獲得しようとするヘッジ・ファンドの代表的な運用手法の一つ。1990年代に世界の金融市場に大きな影響を与えたジョージ・ソロスのクオンタム・ファンドが同手法を用いたファンドとして有名。

コア型【core (style)】 一般的にはパッシブコアと呼ばれ、エンハンスト運用とほぼ同義の運用手法の一つ。インデックス運用のトラッキングエラーと比較して小幅の追加リスクをとることで超過収益を狙うのが特徴。資金回転率が比較的低い年金性資産の運用や、大型株運用で見られる傾向がある。また、ベースにはクオンツ的な手法を用いることが多い。

公的年金【public pension】 国が運営する年金の総称。全国民共通の基礎年金で自営業者が加入する「国民年金」と、上乗せ分である、民間会社員らを対象とする「厚生年金」、公務員らを対象とする「共済年金」からなる。

小型株【small cap stocks】 ベアマーケットの定義と期間とは 企業規模等の大小により、大型株・中型株・小型株、もしくは、大型株・中小型株という区分がある。国や運用会社、個々のファンドにより様々な定義が存在しているが、一般的には、時価総額、あるいは売買金額が意味するところの流動性の大小を基準として用いている。ちなみに、東京証券取引所では、東証1部上場企業について小型株は、TOPIX Smallの構成銘柄(500位~)と分類している。

コーポレート・ガバナンス【corporate governance】 「企業統治」と訳されるが、明確な定義はない。経済産業省「企業行動の開示・評価に関する研究会」が2005年7月に公開した指針においては、コーポレート・ガバナンスは「企業経営を規律するための仕組」と定義されている。

市場型【market-oriented (style)】 運用者が独自の相場観(モデル)を基に、ベンチマーク(市場)を上回るパフォーマンスの獲得を目標とする運用スタイル。システムやクオンツを用いず、運用者の裁量による古典的アクティブ運用をさすことが多く、主に大型株に投資を行う国内機関投資家に多い。アクティブ、ジャッジメンタル、或いはフリースタイルと呼ばれることもある。

システム型【system (style)ベアマーケットの定義と期間とは 】 パッシブの範疇に属し、主として投資決定プロセスの全て或いは一部において、何らかの銘柄選別システム、アロケーション決定システム等を使用し、そのアウトプットに全面的に依拠した投資を行うスタイル。何らかの投資判断システムへの依拠度合いが高く、運用者の判断が介在する余地の低いポートフォリオを指すことが多い。ときに、クオンツ、エンハンストと同義であることもある。

実質株主判明調査【shareholder identification】 機関投資家が保有する株式は、通常「信託口」ないしカストディアンの名義で株主名簿に記載される。そのため、発行会社が株主名簿を見ただけでは、実際に投資や株主としての権利を行使する「実質株主」を特定できない。実質株主判明調査は、発行会社が機関投資家株主の全体像を把握するために行う調査で、近年増加傾向にある。

社外監査役【outside corporate auditor】 社外監査役とは、就任前に会社またはその子会社の取締役・会計参与・執行役・その他の使用人となったことがない監査役をいう。なお、大会社かつ公開会社(委員会設置会社を除く)の場合、監査役会の設置と3人以上の監査役が必要となる。さらに、監査役の半数以上は社外監査役でなくてはならない。

社外取締役【outside director】 社外取締役とは、過去において会社やその子会社の使用人等でなく、現在においてもその会社の業務を執行しない取締役で、中立的な立場から主として取締役会における監視機能を担わせるものをいう。なお、委員会設置会社に移行するためには、各委員会の委員の過半数は社外取締役で構成しなければならない。

ストック・オプション【stock option】 一定数の株式を一定価額で会社から買い受けることのできる権利。株価が行使価格を上回ればその差額がそのまま報酬となるため、業績向上に向けて職務に精励させるインセンティブとなる。

絶対リターン追求戦略【absolute return (strategy)】 近年になり急速に伸びつつある投資手法の一つで、従来の資産運用が相対的なベンチマークをもった投資であるのに対し、明確な相対ベンチマークを持たずリターンの絶対追求を目指す運用スタイルである。株式の買い玉と売り玉を同時に立てるマーケット・ニュートラル或いはロングショートと呼ばれる手法が代表的でデリバティブを活用したものまで様々な手法が存在する。ヘッジ・ファンドが多用し、リスクを低く抑えながらリターンを追求する運用形態である。

第三者割当増資【allocation of new shares [stocks] to a third party 】 特定の第三者に新株引受権を与えて新株式を発行すること。業務提携先や取引先との資本関係強化や会社再建の目的が多いが、最近は買収防衛策の一環として採用する企業が増えている。ただし、既存株主の利益を損ねるような場合には、商法の規定により株主総会でその理由を明確に開示し特別決議にかける必要がある。

大量保有報告書【large shareholding report (5%rule)】 上場企業の株式等の保有者が、保有割合が発行済株式総数の5%を超えた場合、その後1%以上変動した場合、保有目的が変わった場合に、5営業日以内に、氏名、保有株数、目的などを内閣総理大臣あてに報告するために、財務省に提出する書類のこと。機関投資家には報告時期における特例規程が設けられている。

中型株【middle cap stocks】 企業規模等の大小により、大型株・中型株・小型株、もしくは、大型株・中小型株という区分がある。国や運用会社、個々のファンドにより様々な定義が存在しているが、一般的には、時価総額、あるいは売買金額が意味するところの流動性の大小を基準として用いている。ちなみに、東京証券取引所では、東証1部上場企業について中型株は、TOPIX Mid 400の構成銘柄(101~500位)と分類している。

敵対的買収【hostile takeover】 買収者が買収対象企業の取締役会の同意を得ることなく仕掛ける買収のことで、日本では通常、公開買付により実施される。買収者は、対象会社の経営権を支配できる議決権を取得するために、発行済株式総数の過半数、もしくは株主総会の特別決議を拒否できる3分の1超の取得を目指すことが多い。

投資顧問会社【investment advisory firm】 「投資顧問業」とは、株式などの有価証券に関する投資判断について、報酬を得て、専門的立場から、投資家に助言を行う業務のことで、「投資顧問会社」これを手掛ける企業のことである。なお、投資顧問業を営む業者は、「投資一任業者」と「助言業者」の2つに分類される。

投資ファンド【investment fund】 投資を目的として複数の投資家から集めた資金をひとまとめにした基金。専門家によって企業の株式や商品などに投資され、そこから得られた利益は配当や売却益として投資家に還元される。しかし最近では、特に経営に関与する目的で企業の株式を取得し、株式価値を高めた後、その株式を売却するなどして投資利益を得るファンドを意味することが多い。

東証独立役員【(TSE) independent director/auditor】 一般株主と利益相反が生じるおそれのない社外取締役または社外監査役のこと。東京証券取引所の企業行動規範の「遵守すべき事項」として、上場企業において1名以上の確保が義務付けられている。

特別決議【special resolution】 特別決議とは、総議決権の過半数を有する株主が株主総会に出席し、その出席した株主が有する議決権の3分の2以上の賛成で成立する決議のこと。ただし、別途定款定めることにより、定足数は3分の1を下回らない範囲で、また決議要件は3分の2以上の割合にのみ設定できる。

パーセプション・ギャップ【perception gap】 認識のずれのことをいう。企業が思い描く自社の認識と、投資家の企業に対する評価というのは必ずしも一致せず、IR活動を通じて認識ギャップを解消することが適正な企業価値を維持する上で重要と考えられている。

買収ファンド【buyout fund】 投資家から資金を集め、企業の株式を取得して買収企業の経営に直接関与して経営改革を行い、企業価値を高めたうえで、株式公開や転売により高いリターンを得ることを目的とするファンド。

買収防衛策【anti-takeover measure [takeover defense measure]】 敵対的買収に対して企業側が導入する防衛策。様々な手法があるが、日本では事前警告型買収防衛策が一般的。

パッシブ型【passive (style)】 アクティブ運用とは対照的に、運用者の主観を入れずに、ベンチマーク(市場)に忠実に連動させることを目標とする運用スタイル。市場やベンチマークと同じようなリスク・リターンのポートフォリオを構築して運用が行われるインデックス手法が典型例。IR活動を行なっても投資判断に影響を与えることは出来ない。議決権の行使に対する意識が高いうえ一般的に保有株数が多いため、議案の成否に対する影響力が大きい。

バランス型【balanced (style)】 広義には、株式・債券等のリスク/リウォードの異なる資産をミックスさせながら、各資産において分散投資を行い、リスクの低減を図りながら長期的なポートフォリオ運用を行う手法。各種スタイルが存在し、TAA型、DAA型、GTAA型、スタティック型等が存在する。組入資産の組み合せ、国内・海外の組み合わせにより、さらにバリエーションがある。顧客の基本資産配分(ガイドライン)或いは複合ベンチマークに対して超過収益を追求するか否かにより、アクティブ/パッシブのバランス型が存在する。クオンツのバランス型もある。

バリュー/クオンツ型【value/quants (style)】 一般的に現在の株価が理論値より割安と判断される銘柄に投資を行い、株価が理論値へ収束する際の値上がり益を狙うクオンツアクティブ運用の手法の一つ(バリューの項参照)。銘柄選別手法において、スクリーニングからユニバース設定、銘柄選択、ポートフォリオ構築に至るまでクオンツ手法(統計的手法)を用いるスタイルを指す(クオンツの項参照)。

バリュー型【value (style)】 一般的に、現在の株価が収益力や純資産などから算出する理論値より割安と判断される銘柄に投資を行い、株価が理論値へ収束する際の値上がり益を狙うアクティブ運用の一種。割安性に対する定義の仕方は投資家により異なる。極度に高いリターンを上げることを目的としたヘッジ・ファンドの一部(アクティビストなど)も究極のバリュー投資家といえる。

ファクト・ブック【fact book】 各種財務指標・経営実績に関する数値が、投資分析用に、グラフや図などと一緒に長期時系列(通常10年)でまとめられたデータ集のこと。企業の業績・財務内容を知る際に、長期ベースのデータを記載しているので、単年度ベースのアニュアル・レポートを補完する役割を果たす。

普通決議【ordinary resolution】 普通決議とは、総議決権の過半数を有する株主が株主総会に出席し、その出席した株主が有する議決権の過半数の賛成で成立する決議のこと。ただし、定款で定めることにより別段の定めを設けることができる。

フリー・キャッシュフロー【free cashflow】 企業が生み出す資金から現状生産能力維持のために必要とされる設備投資資金を差し引いた余剰金を指す。営業キャッシュフローから資本的支出を差し引いて残ったキャッシュフロー。

ブル・ベア型【bull bear (style)】 主として株価指数先物、株価指数オプションを積極的に利用して、ベンチマーク指数の動きにレバレッジを効かせることによりリターンの獲得を目指すタイプの運用手法で、広義には派生商品型の運用の範疇に属する。投資信託で運用されることが多い。具体的には、現物資産として、国債や現金といったリスクフリーの資産を保有しながら、ブル型では先物等の買建玉を、ベア型では売建玉を行い、インデックスリターンの何倍といったリターンの獲得を目指す。ベア型では相場が下がれば基準価額が上昇する。

ブレンド/クオンツ型【blend/quants (style)】 ベアマーケットの定義と期間とは 相場循環においては、その時々においてグロース銘柄主導相場、バリュー銘柄優位相場といった局面が出現する。その局面に合わせポートフォリオのグロース・バリューの構成比率を機動的に変動させるスタイル。特にその銘柄選別手法において、スクリーニングからユニバース設定、銘柄選択、ポートフォリオ構築に至るまでクオンツ手法(統計的手法)を重視するクオンツアクティブ運用手法の一つ(クオンツの項参照)。

ブレンド型【blend investment (style)】 スタイルカテゴリーでは、グロースとバリューとの混合で構成されたポートフォリオを指す。相場循環においては、その時々においてグロース銘柄主導相場、バリュー銘柄優位相場といった局面が出現する。その局面に合わせポートフォリオのグロース・バリューの構成比率を機動的に変動させるスタイル。構成比率変更や銘柄選別をファンド・マネジャーがアクティブに行う手法とクオンツ手法をベースにしたものが主流。オポチュニスティックというスタイル名で呼ばれることもある。

プロキシー・ファイト【proxy fight】 株主総会において発行体企業と株主提案を行う実質株主との間で一般株主の議決権行使の委任状獲得を巡って繰り広げられる争奪戦のこと。日本では、村上ファンドが東京スタイルを相手に行った委任状争奪戦やTBSと楽天との間で繰り広げられた事例等がある。

ヘッジ・ファンド【hedge fund】 特定少数の投資家から資金を集めて運用する私募の投資ファンドのこと。投資戦略にもよるが、概して空売りを積極的に利用することで、絶対リターンの獲得を目標とする。公募型投資信託と異なり、厳格な各種規制が要求されていないため、運用の自由度が高い。

ポイズン・ピル【poison pill】 買収防衛策の一つ。あらかじめ既存株主に新株予約権を付与しておくことで、敵対的買収者が一定割合の株式を取得した場合には、買収者以外の株主に新株が発行され、買収者の株式保有割合を低下させることにより、買収者の株主権の縮小を狙ったもの。

ビットコインベアマーケットの歴史

1月11日、Bitcoinの価格はこの弱気相場のサイクルでピークに達した。しかし2月13日には規制当局の問題で当時2番目に大きなBitcoin取引所であるTradeHillが閉鎖され、事態は確実に悪くなってしまった。 ベアマーケットの定義と期間とは Bitcoinはこの期間中合計6カ月間にわたって弱気相場となり、7月11日には4.22ドルにまで落ちこんだ。この資産の減少傾向に寄与したその他の出来事としてはBitcoinicaのハック(1万8000 BTCが失われた)やLinodeのハック(4万6600 BTCがウェブホスティングプロバイダーから盗まれた)があった。

  • 弱気相場2(2012年8月7日〜2012年12月6日):
  • 訴訟の時代
  • 所要期間:111日
  • ピーク価格:13.35ドル
  • 弱気相場安値:8.ベアマーケットの定義と期間とは 4ドル
  • 下げ幅:-37%

  • 弱気相場3(2013年11月29日〜2015年1月7日):
  • 仮想通貨の冬
  • 所要時間:415日
  • ピーク値:1149.14ドル
  • 弱気相場安値:197.24ドル
  • 下げ幅:-83%

LONGHASH

LongHash

LongHashの投稿

\ オンライン口座開設で直ぐに取引 /

ビットコイン/円レート・チャート

主要通貨レート

暗号資産(仮想通貨)注目記事

【必見】ビットコインのレバレッジ取引で利益を出すために知っておきたいポイント

STEPNショック!?中国でのサービス提供終了を発表し相場が急落

【上級者向け】暗号資産選びと同じくらい大切な銘柄選定法 | 銘柄ペア数の多さで増える投資機会

暗号資産コラム週間ランキング

1

STEPNショック!?中国でのサービス提供終了を発表し相場が急落

2

【上級者向け】暗号資産選びと同じくらい大切な銘柄選定法 | 銘柄ペア数の多さで増える投資機会

3

ビットコイン、オプションのストライクに捕まったか?

4

ビットコイン反発開始!この動きは本物か?

5

ビットコインが急騰!今すぐ投資を始めるには?即日取引できる仮想通貨取引所を紹介

暗号資産ニュース週間ランキング

1

【41%下落】STEPNが中国でのサービス提供終了を発表

2

【追記】UST、LUNAの動向まとめ | 10億枚を再分配か

3

STEPN(ステップン)第4のrealm(レルム)を募集開始

4

【ステーブルコイン崩壊】今回のUST暴落は一体何だったのか?今後を考察

5

前澤友作氏、Web3及びメタバース領域に投資する「MZ Web3ファンド」を組成【フィスコ・ビットコインニュース】

メデイア・広告掲載について

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。また、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、株式会社マネーパートナーズソリューションズ、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、株式会社FXプライムbyGMO、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、SIX ファイナンシャルインフォメーションジャパン、Dow Jones、Hang Seng Indexes、株式会社bitFlyer 等から情報の提供を受けています。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「証券取引等監視委員会への情報提供」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる