FXとはなにか

ストップロス注文

ストップロス注文
※「スピード注文」の注文種別は 成行 のみとなります。

ロビンフッドでストップロスを設定する方法

ストップロスレベルを設定する場合、テクニカル分析が非常に役立つ場合があります。 たとえば、ロングポジションの場合、株式の下振れリスクを評価するために、株式の重要なサポートレベルを決定する必要があるかもしれません。 言い換えれば、大幅なサポートレベルが破られた場合、株式はさらに損失を被る可能性があります。 ただし、取引プラットフォームにストップロスレベルを入力する前に、誤った発生に注意し、テクニカル分析やその他のツールを利用して徹底的な調査を行ってください。

ストップロス注文を使用してロングポジションとショートポジションを保護できますか?

間違いなく、この文脈では、名前 stop-loss order 少し誤解を招くです。 ストップロス注文は、主にロングポジションとショートポジションの両方で重大な損失を防ぐことを目的としています。 ただし、証券の価格が指定されたレベルを超えて取引されたときにトリガーされるため、現在の持ち株の大幅な利益に対しても利用できます。 それでも、ストップロス注文とストップロス注文は、破られた後に成行注文に変換されるため、実際の価格執行はストップロス価格を大幅に下回るか上回る可能性があります。

あなたの株をよりよく管理する

投資家とトレーダーにさらに制御を提供するために、ストップロス注文では、各トランザクションの価格制限を設定できます。 株価がストップ価格に達すると、指値注文がアクティブになり、マーケットメーカーに指値で売買するように指示します。 このオプションは、投資家が損失を許容できないポイントを設定することにより、損失を制限します。

ストップロス注文は損失を最小限に抑えるのに役立ちますが、これらの戦略はどちらも間違いありません。 ストップロスのしきい値を超えた後は、ストップロスの注文はストップロスの価格とはかなり異なる価格で実行される場合があります。 注文する前に、必ず独自の調査を行い、このタイプの注文のメリットとデメリットを理解してください。

これまでにストップロス注文を設定したことがありますか? ロビンフッドで株を取引したことがありますか? このプラットフォームのどこが好きですか? 下のコメント欄でお知らせください!

逆指値注文の活用方法

忙しくても一度セットするだけで利益・損失をコントロール可能!「逆指値注文」

逆指値注文

こんな経験のある方におススメ

「逆指値注文」の主な活用方法

1.利益確保

注文を出すメリット 当初の予想通り上値を追いつつ、一定の利益を確保することが可能

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

注文期間

2.損失限定

注文を出すメリット 損失を一定の範囲に抑えることができ、塩漬けを回避することができる

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

3.順張り(上値追い、下値追い)

ボックス圏で動いている銘柄でテクニカル的に煮詰まってきており、今後、上下どちらか方向に弾みがつく(=トレンドが発生する)銘柄に投資する際にも逆指値注文は有効な注文となります。
例えば買いの場合、上昇トレンドが発生すると予想する株価を逆指値発動値として指定した注文を発注すれば、チャンスを逃すことなく投資することが可能です。
この注文方法は、テクニカル分析を重視した取引をされる方に有効な注文方法となります。

注文を出すメリット 株価をチェックし続けなくても、シナリオ通りの投資が可能

上記注文例の注文入力内容(日本株Web取引画面)

注文入力内容

4.日本株Web取引画面以外の注文方法

岡三かんたん発注(買いの場合)

注文入力内容

岡三ネットトレーダーWEB2(買いの場合)

注文入力内容

岡三ネットトレーダープレミアム(買いの場合)

注文入力内容

※ 岡三ネットトレーダープレミアムおよび岡三ネットトレーダーライトの注文方法は、「岡三ネットトレーダーシリーズ特設サイト」または「特殊注文マニュアル 」をあわせてご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる