外為ニュース

FXテクニカル分析 8種類

FXテクニカル分析 8種類
チャート下部に表示されるRSIの推移
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

FXで負けました…初心者がよくやる「5つの失敗」と「4つの対処法」

トレードを成功させるためには、まず失敗の原因を知らなければなりません。ここではFXの初心者が陥りがちな5つの敗因を解説していきます。 1.FXの勉強をせずにいきなりトレードを行う FXの場合、基本的な知識がなければなにもできないといっても過言ではありません。知識があってこそ実戦で活きるのであり、知識がないままどれだけ実践を重ねても、墓穴を掘ることになってしまいます。「ルール作り」がデイトレーダーの基本的な仕事なのです。 まずは、「FXの取引単位をどのくらいに設定すればいいのか」「いくら損をしたら損切りすればいいのか」この2つのルールの設定方法を学び、自分でルールを作ってみましょう。 2.分析方法を知らず、勘でトレードしてしまう FXの分析方法はさまざまですが、まずは「テクニカル分析」がおすすめです。 テクニカル分析とは、トレーダーの同意したルールを前提にトレードしていくやり方のことをいいます。どうしてこんなことが可能かというと、トレーダーたちは投資としてお金を稼ぐために、ルールの合意を行うからです。 もちろん裏をかくトレーダーも存在しますが、テクニカル分析ならばその予兆もとらえることができます。ルールに沿ってトレードを行うのにテクニカル分析は向いているのです。 FXでは「損切り」があるため、資金が膨大にない限り、勘でトレードをしてしまうとどうしても負けてしまう確率が高くなります。 3.損切りをせず、強制ロスカットをされてしまう FXテクニカル分析 8種類 損切りがなかなかできないトレーダーは、実は初心者でなくてもたくさんいます。 なぜ損切りができないのか? それは「相場の法則」に原因があります。相場は行ったり来たりを繰り返しているので、「いま損をしていてもまた利益が出るかもしれない」と思って損切りできず、そのうちに強制ロスカットされてしまうのです。 強制ロスカットというのは、「証券口座のお金が半分程度失われると強制的に決済される」という投資家を守るための措置です。 FXでは1回1回の勝負ではなく、何度もトレードをしていく前提で考えねばなりません。仮に含み損から含み益になり「今回は損切りしなくてよかった」という結果になったとしても、いつか絶対に強制ロスカットされます。そのため、損切りは必ず入れるようにしましょう。 4.「ポジポジ病」になっている 機会損失を恐れ、ポジションを常に取り続けることを「ポジポジ病」といいます。確信のないポイントでポジションをとることは無謀です。 「この手法ならば100%勝てる」と思ったところで負けてしまうのがFXです。まずは、強い自信の持てるやり方を自分で探してみましょう。そしてそのやり方だけを行い、他にチャンスと思える場所があってもすべて無視するということができれば、ポジポジ病に陥ることはありません。 5.トレード日記をつけない 日記をつけると、自分が作った手法やルールのもとにトレードできているのかを感情的・衝動的にならずに明確に確認できます。 トレードする前は、「衝動的、感情的になることなんてあるわけがない」と思うかもしれませんが、それは大きな間違いです。トレーダーはだれしも儲けるためにトレードしているので、おいしそうなポジションがあればエントリーしてしまうし、損害が出れば怖くなり、悔しがって挽回しようと思うものです。これはトレードの性質上仕方なく、防ぎようがありません。 そのため、トレード日記をつけて自分の行動を追っていくことは非常に重要です。

FXチャート分析とは? 初心者向けに分析の種類と基礎ツールを紹介

短期(黒)、中期(緑)、長期(オレンジ)の移動平均線

短期(黒)、中期(緑)、長期(オレンジ)の移動平均線
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

ゴールデンクロス

デッドクロス

ボリンジャーバンド

±1σ(緑)、±2σ(オレンジ)が急拡大しているところがトレンドスタート

±1σ(緑)、±2σ(オレンジ)が急拡大しているところがトレンドスタート
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

一目均衡表

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

基準線

(当日を含めた過去26日間の最高値+最安値)÷2を結んだ線 転換線

先行スパン1

{(転換値+基準値)÷2}を26日先行させて表示した線 先行スパン2

{(当日を含めた過去52日間の最高値+最安値)÷2}を26日先行させて表示させた線 遅行線

チャート下部に表示されるRSIの推移

チャート下部に表示されるRSIの推移 FXテクニカル分析 8種類
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

ストキャクティクス

灰色と黒色の部分が一目均衡表の「雲」

チャート下部に「スロー・ストキャスティクス」を表示
(チャートはヒロセ通商、画像はクリックすると拡大)

FXのチャート機能を比較 テクニカル分析でき初心者におすすめは?

南アフリカランド投資入門のトップ画像

時間足 12種類
ティック・1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・日足・週足・月足
トレンド系テクニカル指標 10種類
単純移動平均・指数平滑移動平均・加重移動平均・一目均衡表・ボリンジャーバンド・ピボットポイント・エンベロープ・パラボリックSAR・スパンモデル・ボリンジャーバンド
オシレータ系テクニカル指標 10種類
MACD・RCI・RSI・スローストキャスティクス・ヒストリカルボラティリティ・移動平均乖離率・モメンタム・ATR・DMI・ADX
比較チャート
チャートの比較はできません

様々な機能を使いたいFX上級者におすすめのチャート・テクニカル分析機能

DMMFXのプレミアチャートは、テクニカル指標の種類も多いのですが、詳細なパラメータ変更やカスタマイズも可能です。(プレミアと名前がついてますが、口座開設者は無料で利用できます)
例えば、移動平均線であれば、5種類まで追加して表示できます。
さらに、日経平均や原油など、通貨以外ともチャートを比較できます。
下の図はドル円に対して、5つの移動平均線と日経平均を追加したチャートです。

DMM FX チャート画面

時間足 12種類
ティック・1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・4時間足・8時間足・日足・週足・月足
トレンド系テクニカル指標 15種類
移動平均・回帰トレンド・一目均衡表・ボリンジャーバンド・HLバンド・指数平滑移動平均・エンベロープ・加重移動平均・線形回帰分析・GMMA・ピボット・フィボナッチピボット・スパンモデル・スーパーボリンジャー・パラボリック
オシレータ系テクニカル指標 14種類
モメンタム・RSI・移動平均乖離率・MACD・RCI・ストキャスティクス・ATR・CCI・ウイリアムズ%R・DMI・Aroon-Indicator・Aroon-Oscillator・ROC・RVI
比較チャート
23種類の通貨ペア・日経平均・NYダウ・ナスダック・SP500・原油・金・銀とチャートを比較可能

時間足にこだわりたい場合におすすめのチャート・テクニカル分析機能

GMOクリック証券 チャート画面

時間足 17種類
ティック・1分足・3分足・5分足・10分足・15分足・20分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・6時間足・8時間足・12時間足・日足・週足・月足・年足
トレンド系テクニカル指標 22種類
単純移動平均・線形回帰トレンド・一目均衡表・ボリンジャーバンド・HLバンド・指数平滑移動平均・エンベロープ・加重移動平均・線形回帰分析・パラボリック・ケルトナーチャネル・カオスアリゲーター・平均足・新値足・カギ足・陰陽足・ポイント&フィギュア・パラボリック・CCI・ジグザグチャート・アル―ン・バランスオブパワー
オシレータ系テクニカル指標 18種類
モメンタム・RSI・MACD・RCI・ストキャスティクス・ウイリアムズ%R・DMI・ROC・RVI・A/Dライン・ACオシレーター・オーサムオシレーター・ブルパワー・ベアパワー・デマーカー・サイコロジカルサイン・ADX・ADXR
比較チャート
18種類の通貨ペア・日経平均・TOPIX・NYダウ・原油・金・米10年債・米5年債・米2年債・日本10年債・日本5年債・日本2年債とチャートを比較可能(同時最大4本)

テクニカル指標の種類が豊富なFX会社

FXプライムbyGMOのチャート・テクニカル分析機能

FXプライムbyGMO チャート画面

時間足 13種類
ティック・1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・8時間足・日足・週足・月足
トレンド系テクニカル指標 23種類
単純移動平均・指数平滑移動平均・ボリンジャーバンド・エンベロープ・HLバンド・ケルトナーチャネル・カオスアリゲーター・パラボリック・ジグザグチャート・線形回帰トレンド・アル―ン・バランスオブパワー・一目均衡表・高安移動平均・ピボット・GMMA・スーパーボリンジャー・スパンモデル・カギ足・平均足・新値足・陰陽足・ポイント&フィギュア
オシレータ系テクニカル指標 29種類
MACD・モメンタム・A/Dライン・ACオシレーター・オーサムオシレーター・ブルパワー・ベアパワー・デマーカー・RVI・RSI・ストキャスティクス・ウイリアムズ%R・DMI・サイコロジカルサイン・ADX・ADXR・RCI・ROC・移動平均乖離率・強弱レシオ・プライスオシレータ・DPO・コボック指標・CCI・ボラティリティ・ATR・シャンデモメンタムオシレーター・チャイキンオシレーター・アルティメットオシレーター
比較チャート
チャートの比較はできません

ヒロセ通商のチャート・テクニカル分析機能

ヒロセ通商 チャート画面

時間足 14種類
ティック・1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・8時間足・12時間足・日足・週足・月足
トレンド系テクニカル指標 23種類
単純移動平均・指数平滑移動平均・一目均衡表・ボリンジャーバンド・パラボリック・エンベロープ・GMMA・スパンモデル・スーパーボリンジャー・HLバンド
オシレータ系テクニカル指標 29種類
ストキャスティクス・乖離率・サイコロジカルサイン・DMI・RCI・ROC・MACD・ウイリアムズ%R・アルティメットオシレーター・RVI・平均足
比較チャート
チャートの比較はできません

比較チャートでおすすめのFX会社

セントラル短資FX チャート画面

時間足 12種類
1分足・5分足・10分足・15分足・30分足・1時間足・2時間足・4時間足・8時間足・日足・週足・月足
トレンド系テクニカル指標 8種類
単純移動平均・一目均衡表・ボリンジャーバンド・エンベロープ・パラボリック・ケルトナーチャネル・サポート&レジスタンス・ピボットポイント
オシレータ系テクニカル指標 15種類
RSI・MACD・RCI・ストキャスティクス・スローストキャスティクス・移動平均乖離率・サイコロジカルサイン・ヒストリカルボラティリティ・DMI・EMA・モメンタム・ROC・オシレーター・CCI・アル―ン
比較チャート
25種類の通貨ペア(同時最大25本)

株・FXにおけるファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の違いとは?

また、FX投資では投資している通貨を発行する国の金融政策を分析することが必須です。具体的には金融政策の動向を予測し、どのようなポジションを持つか決めます。
金融政策を分析するためには、経済指標も分析しなければなりません。経済指標とは、その国の経済状況を構成する要因を数値化した統計です。保有している通貨にかかわらず、各国の為替に影響を与える米ドルの経済指標は必ずチェックしましょう。
さらに、中央銀行の総裁や経済政策を担っている大臣といった要人の発言も重要です。なぜなら、要人発言に応じた値動きを見せることがあるからです。FX投資をする際は、必ず要人の発言もチェックしましょう。

テクニカル分析とは?

・ローソク足
・ボリンジャーバンド
・移動平均線
・MACD(移動平均収束拡散手法)
・RSI(相対力指数)

テクニカル分析の指標

・トレンド系(移動平均線、グランビルの法則など) ・トレンドの有無(DMI.MACDなど) ・オシレーター系(RSI、ストキャスティクスなど) ・時間/波動/値幅(サイクル分析、フィボナッチなど) ・出来高系(ボリュームレシオ、逆ウォッチ曲線、価格帯別売買代金) ・市場分析(騰落レシオ、信用評価損益率、貸借倍率)

テクニカル分析の指標には複数の種類があります。
主な指標は下記の6通りです。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析って結局何が違うの?

目的:取引の対象を見つける/取引のタイミングを見つける

ファンダメンタルズ分析の目的は「何を」買うか、テクニカル分析の目的は「いつ」買うかです。
まず、ファンダメンタルズ分析の主な目的は、指標を通して取引の対象を見つけることです。つまり「何を」買うかについて決めることを目的に行います。
一方でテクニカル分析の主な目的は、指標を通してベストな取引タイミングを見つけることです。つまり「いつ」買うかについて決めることを目的に行います。
このように「何を」買うのか、「いつ」買うのかという目的に大きな違いがあります。

方法:企業価値重視/チャート重視

このように、分析する方法も大きく異なります。


ファンダメンタルズ分析のメリットとデメリットまとめ!

メリット デメリット
・重要な経済指標に対する準備ができる
・中長期な展望が見えてくる
・リスクを回避できる
・情報を知るまでにタイムラグがある FXテクニカル分析 8種類
・全てが正確な情報とは限らない
・どのようにレートが動くのか分かりづらい

ファンダメンタルズ分析のメリット

また、ファンダメンタルズ分析は中長期の予測をすることに適しています。「これからしばらくは円高になりそう」など、漠然とした中長期の展望が読めることはトレードに重要です。
さらに、ファンダメンタルズ分析はリスク回避にも役立ちます。例えば、ある国の経済状況が良くないことが分かれば、その国の通貨のトレードはやめた方が良いと判断できます。
このように、ファンダメンタルズ分析により、トレードの選択肢を広げられます。

ファンダメンタルズ分析のデメリット

ファンダメンタルズ分析にはさまざまなメリットがありますが、一方でデメリットもあります。
まず、発表時間が決まっている経済指標以外の、外国の要人による発言やニュースなどはタイムラグが生じます。そのため、為替レートが動いてから情報が入ってくることは少なくありません。このようなタイムラグがあるということは、スキャルピング(※)などの短期売買には不向きです。
また、ファンダメンタルズは人間を介して得られる情報であり、確実に正確な情報が入ってくる訳ではありません。そのため、ファンダメンタルズ分析を信じ過ぎないようにすることも大切です。
さらに、ファンダメンタルズ分析は複雑で、トレードの動きが把握しづらいというデメリットもあります。例えば、要人の発言が為替レートに影響を与えることは多々ありますが、どのタイミングで為替レートが動くかは判断が難しいです。
このように、ファンダメンタルズbにはデメリットもあることを把握しておかなければなりません。

ファンダメンタルズ分析の注意点

FXテクニカル分析 8種類
・分析に多くの時間が必要
・分析に知識が必要
・機関投資家(※)との間に情報格差がある

FXテクニカル分析 8種類
・短期トレードには不向き
・予想値にも着目する
・過去の値動きの推移を参考にする

テクニカル分析のメリットとデメリットまとめ!

FXテクニカル分析 8種類
メリット デメリット
・情報の信頼性が高い
・情報がリアルタイムで知れる
・視覚的に相場の動きを認知しやすい
・具体的なエントリーポイント、決済ポイントを明確にしやすい
・情報量が多い
・手法が多く、使いこなすのが難しい
・期待値を含みにしたトレードができない

テクニカル分析のメリット

過去の相場における推移などから統計学的な分析を行うテクニカル分析は、過去のデータを参考にするため情報の信頼性が高いというメリットがあります。
また、テクニカル分析はチャートを用います。チャートはリアルタイムで更新されるため情報をリアルタイムで確認でき、加えて視覚的に相場の動きを確認しやすいというメリットもあります。
チャートをより深く活用できれば、チャートの動きから具体的なエントリーポイントや決済ポイントを見つけやすくなります。そのため、エントリーや利益確定、損切りがしやすいというメリットもあります。

テクニカル分析のデメリット

チャートの見方は人それぞれ異なります。そのため、情報量が多すぎて迷いが生じやすいというデメリットがあります。
また、先ほどご紹介した通り、テクニカル分析にはさまざまな指標があります。そのため、どの手法を使えば良いか分からないといった迷いが生じることもあります。
さらに、過去の指標を参考にするテクニカル分析は、あくまでも過去の値動きのみを分析する手法です。そのため、ファンダメンタルズ分析のように、トレードに期待値を含めることができません。
このように、過去の推移からチャートで分析するテクニカル分析ならではのメリットとデメリットがあります。

テクニカル分析の注意点

・短期取引には不向き
・適した分析方法を選ばなければならない

まず、株式投資における注意点を確認しましょう。
テクニカル分析は、中長期的な株式投資に向いています。なぜなら、テクニカル分析で相場の上下動で利益を上げようと、短期的な取引を繰り返すと失敗が積み重なり、損失が膨大になってしまう危険があるためです。テクニカル分析を行う際は、中長期的に見ましょう。
また、テクニカル分析はさまざまな手法があり、必ずしも正解はありません。しかし、「あの相場ではこの手法が上手くいったから」と、別の相場で同じ手法を使うと失敗する恐れがあります。手法には適材適所があることを覚えておきましょう。

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析どっちを重視すべき?

ファンダメンタルズ分析の活用を解説!

テクニカル分析の活用を解説!

ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析の使い分け

ここまでご紹介した通り、ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析は特徴が全く異なるため、上手く使い分けることで投資を有利に進められます。
例えば、景気のピークやボトムではテクニカル分析を、それ以外はファンダメンタルズ分析を活用すると良いでしょう。

国の経済状況や企業の財政状況を分析するファンダメンタルズ分析と、過去の相場から統計学的な手法を用いるテクニカル分析について詳しく解説しました。
それぞれでメリットやデメリットが異なるため、目的やタイミングに合わせて上手く使い分けることが重要です。
使い分けられるように、まずはファンダメンタルズ分析とテクニカル分析について正しい知識を持ち、実際にチャレンジしてみましょう。

株式初心者入門

something

something

something

金融機関にお金を預けて貯蓄すると、金利がついてお金が増えるといった時代は過去の話です。今や超低金利時代を迎えており、預けるだけでお金を増やすことは難しくなりました。 超低金利時代は今後も続くと予測されているため、自分の将来の生活や老後に備えるためには、自分の資金を資産運用によって増やす必要があります。 今回は、初心者の方に向けて、そもそも資産運用とは何か、資産運用の種類などをご紹介します。

something

将来に必要なお金を用意するために、今のうちから資産運用を始めようという方も多いのではないでしょうか。 FXテクニカル分析 8種類 ところが、資産運用は今ある資産を使って投資するため「貯金がないと始められない」と思っている方も少なくありません。 実は、資産運用のなかには最低数百円から始められるものもあります。 そこで今回は、初心者の方におすすめの少額投資について詳しくご紹介します。

something

老後の生活や各ライフイベントに必要な資金を用意するために、資産運用を始める方が増えています。 しかし、資産運用にはさまざまな種類があるため、「どのような方法を選べばよいの?」「どんなメリットがあるの?」など疑問を抱える方も少なくありません。 そこで今回は、資産運用の基本をはじめ、資産運用の必要性、失敗しないコツなどについて詳しくご紹介します。

無料で使えるFXチャートのおすすめは?選び方や見方を紹介

FX

トライオートFXは自動売買が魅力!メリットや口コミ評判を解説

FX

FXアプリのおすすめは?スマホで使いやすいツール9選を紹介

FX

楽天FXの手数料や口コミ評価を紹介!mt4やキャンペーンも解説

FX

FX初心者におすすめの15口座を徹底比較!通貨ペアや取引手法も紹介

FX

FXのスキャルピング手法徹底解説!禁止される理由やおすすめ会社は?

本サイトで掲載する内容はクレジットカード及びローン商品、証券口座、FX、暗号資産等の一般的な情報提供を目的としております。当社は商品・サービスを提供する事業者とお客様との契約・取引に関して、いかなる関与もいたしません。
当社は第三者を含む利用者・事業者間におけるトラブルには一切責任を負わないものとします。
本サイトでは各金融機関の情報に基づき、可能な限り正確な情報を掲載しておりますが、情報の更新により、掲載内容と最新情報に相違がある場合もございます。本サイトに掲載の情報は記事の作成日または更新日時点での内容になりますので、商品・サービス等の最新情報につきましては、各金融機関の公式サイトにてご確認ください。 FXテクニカル分析 8種類 FXテクニカル分析 8種類
本サイトにて掲載の商品・サービスの詳細については、当社ではお答えできません。商品・サービスの内容や契約、申し込みに関するご質問は、商品・サービスを提供している事業者へお問い合わせください。
本サイト掲載の商品・サービスには、契約時に所定の審査が行われるものがございます。本サイトに掲載の情報は、個人の審査結果を保証するものではございません。
ローン商品の契約には利息が発生する可能性がございますので、お借り入れ条件をご確認の上、計画的なご利用をお願いいたします。
FXや株式等の金融取引は元本・利益を保証するものではなく、相場の急変動等により損失が生じる場合がございます。リスクを理解した上での取引をお願いいたします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる