取引のメリット

RSI指標とは

RSI指標とは
チャートが切り上げて上昇(下降)しているにもかかわらず、RSIの水準は以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも切り下げているような逆行現象のことをダイバージェンスといいます。

このダイバージェンスが発生した時にはその後大きくトレンドが反転し高騰&急落する可能性が高まります。 ダイバージェンスが発生するとトレンド転換の合図 、と覚えておけばいいでしょう。

テクニカル指標一覧 -->

> > This page is based on a Wikipedia article written by contributors (read/edit).
Text is available under the CC BY-SA 4.0 license; additional terms may apply.
Images, videos and audio are available under their respective licenses.

Tell your friends about Wikiwand!

Suggest as cover photo

Would you like to suggest this photo as the cover photo for this article?

Thank you for helping!

Your input will affect cover photo selection, along with input from other users.

Thanks for reporting this video!

This browser is not supported by Wikiwand :(
Wikiwand requires a browser with modern capabilities in order to provide you with the best reading experience.
Please download and use one of the following browsers:

An extension you use may RSI指標とは be preventing Wikiwand articles from loading properly.


If you're using HTTPS RSI指標とは Everywhere or you're unable to access any article on Wikiwand, please consider switching to HTTPS (https://www.wikiwand.com).

An extension you use may be preventing Wikiwand articles from loading properly.RSI指標とは

If you are using an Ad-Blocker, it might have mistakenly blocked our content. You will need RSI指標とは to temporarily disable your Ad-blocker to view this page.

Please click the "Downloads" icon in the Safari toolbar, open the first download in the list,
then click Install

オシレーター系指標「RSI」の基本から順張り・逆張り手法を解説!

RSIの見方・使い方

テクニカル指標・チャート分析

RSIとは?

RSIは「Relative RSI指標とは Strength index」の略で、日本語では相対力指数と言います。

そして多くのオシレーター系と同様に、RSIは 「現在の相場は売られすぎか、買われすぎかを判断する」 ために用いられています。

RSIをチャートに表示させた例

RSI指標とは 参考チャート:外為どっとコム

RSIの計算式

n日間の値上がり幅合計 ÷(n日間の値上がり幅合計+値下がり幅合計)× 100

RSIで上昇・下降の強さを見る

3円 ÷(3円+1円)× 100 = 75%

RSIは50%が中立で、50%以上の上昇なら上昇パワーが強く、50%以下で下降なら下降パワーが強い

RSIは70%以上が買われすぎゾーン、30%以下が売られすぎゾーン

【定番】RSIを逆張りで使う

70%以上、30%以下での反転が売買サイン

  • RSIが20〜30%以下から上昇に転じれば、買いサイン。
  • RSIが70〜80%以上から下降に転じれば、売りサイン。

RSIで相場の方向性に悩んだら、移動平均線で確認

RSIと移動平均線

RSIの注意点は?

上昇トレンドの例 下降トレンドの例

RSIとボリンジャーバンドを組み合わせて精度を高める

RSIとボリンジャーバンドの併用例

  • RSIが30%を下抜け後の反転と、ボリンジャーバンドが−2σを反転したら買いサイン。
  • RSIが70%を上抜け後の反転と、ボリンジャーバンドが+2σを反転したら売りサイン。

【トレンド分析①】RSIの変動レンジで転換点を探す

RSIの変動レンジでトレンド分析

  • 下降トレンドのとき、RSIが上限レンジを上抜けて価格も上昇していれば、上昇トレンドへの転換と判断する。
  • 上昇トレンドのとき、RSIが下限レンジを下抜けて価格も下降していれば、下降トレンドへの転換と判断する。

【トレンド分析②】トレンドラインを引いて売買ポイントを探す

レートとRSI両方にトレンドラインを描画した例

  • RSIが(RSIの)レジスタンスラインを上抜けてきたら、買いサイン。
  • RSIが(RSIの)サポートラインを下抜けてきたら、売りサイン。

RSIでダイバージェンスを見る

ダイバージェンスとは逆行現象のことで、MACDやストキャスティクスのほか、このRSIにも出現します。
これは、価格が上昇(下降)しているにも関わらず、RSIが下降(上昇)するとき、今後価格は下降(上昇)する可能性が高いことを表します。
RSIと価格の逆行するダイバージェンスは、相場の天井圏・大底圏を示唆する強い売買サイン となります。

ダイバージェンスには、ブリッシュ・ダイバージェンス(Bullish divergence)とベアリッシュ・ダイバージェンス(Bearish divergence)があります。

RSIで買いのダイバージェンス

RSI 強気のダイバージェンスは反転を示唆する買いサイン

RSIで売りのダイバージェンス

RSI 弱気のダイバージェンスは反転を示唆する売りサイン

フェイラー・スウィングズのブレイクアウト狙い

RSIのフェイラー・スウィング

  • A:RSIの高値(安値)
  • B:Fail Point≒失敗点, 反転の底(天井)
  • C:高値(安値)更新の失敗
  • D:Failure Swing Point, Bの水平ライン
  • 上昇トレンドのとき、RSI30%以下でボトム・フェイラー・スウィングが発生したら、パターン内のRSI高値を上方ブレイクアウトで買い。
  • 下降トレンドのとき、RSIが70%以上でトップ・フェイラー・スウィングが発生したら、パターン内のRSI安値を方ブレイクで売り。

RSIのヒドゥン・ダイバージェンス(リバーサル)

ダイバージェンスは反転サインですが、 ヒドゥン・ダイバージェンスは、現在のトレンドがさらに加速する可能性が高くなる、トレンドの継続を表す売買サイン となりますので、押し目買い・戻り売りのタイミングを判断するのに活用できます。

スイングトレードで勝ち続けるためのテクニカル指標の使い方

○ RSIが指し示している方向が株価の進む方向であると判断
○ 50%ラインは節目(サポート・レジスタンス)として機能する場合が多い
○ RSIが50%ラインより上にある場合は上昇トレンドと判断
○ RSIが50%ラインより下にある場合は下降トレンドと判断
○20%以下の安値圏でクィッと上昇に転じたら買いサイン
○ 80%以上の高値圏でクィッと下落に転じたら売りサイン RSI指標とは
○ RSIが50%ラインを下から上に突き抜けた時は買いサイン
○ RSIが50%ラインを上から下に突き抜けた時は売りサイン
○ 逆行現象が起こった場合は大きくトレンド転換するサインと判断

ストキャスティクスを使ってスイングトレードをする

ストキャスティクスの重要ポイント

DMIを使ってスイングトレードをする

DMIとは、『Directional Movement Index』の略で、日本語では『方向性指数』と呼ばれることが多いです。この指標は、先ほどのRSIと同じくアメリカのJ.W.ワインダー氏が考案したテクニカル指標です。

DMIの重要ポイント

○ +DIと-DIの乖離幅が最大になった所が利食いポイント
○ +DIより-DIが下にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIより-DIが上にあれば上昇トレンドと判断
○ +DIが-DIを下から上に突き抜けたら買いサイン(補助的に使用)
○ +DIが-DIを上から下に突き抜けたら売りサイン(補助的に使用)
○ ADXが上昇してきた場合は、上昇または下降トレンドの勢いが強くなってきていると判断

スイングトレード実践編

銘柄選びのポイント

○ 値上がり率ランキングから銘柄を探す
○ お気に入り銘柄、監視銘柄から銘柄を探す。
○ 5日移動平均線がクィッと上向きになっていて、きれいな陽線が出ている銘柄選ぶ
○ 前日より出来高が増えている、もしくは同じぐらいの銘柄を選ぶ
○ トレンドがはっきりしている、読みやすいきれいなチャートを選ぶ
○ グランビルの法則と同じパターンの動きの銘柄を選ぶ
○ テクニカル指標を利用して総合的にチェックする(指し示している方向を確認する)

トレードシナリオを描くポイント

○ 節目となる株価をチェックする
○ 現在の株価より、すぐ上にある節目は上値目処と判断する
○ 現在の株価より、すぐ下にある節目は下値目処と判断する
○ 週足、月足も節目として機能することが多いためチェックを忘れない

295円(5日移動平均線株価) ⇒ 300円(前日終値) ⇒ 320円(上値目処)

エントリーのポイント

○ エントリーポイントは節目付近でする
○ ギャップアップで寄り付いた場合は、前日終値付近まで下落してくるのを待ってエントリー
○ 大きくギャップアップ(上値の節目付近)で寄り付いた場合は見送り
○ 大きくギャップダウンして、5日移動平均線を割り込んで寄り付いた場合は見送り
○ ギャップアップ後も大きく上昇していく銘柄は追いかけない(高値掴みとなる)
○ 上値の節目まで到達したら一度、利益確定をする
○ エントリー後は5日移動平均線の上に乗っかるように推移していればホールドでも可
○ 株価が急上昇して5日移動平均線より大きく乖離した場合は1度、利益確定する
○ エントリー後は5日移動平均線が下向きになった場合は即撤退

RSI(相対力指数)の見方・使い方|世界で支持されるFXシグナルトレード手法

RSI(相対力指数)を使ったビットコインFXトレード手法とおすすめの組み合わせ

オシレーター系指標

有名なオシレーター系インジケーターであるRSI(相対力指数)をご紹介します。

RSIは売られすぎと買われすぎを0~100の範囲で数値化する指標 です。
仮想通貨ビットコイン月足RSIが良く機能しているので併せてみてみます。

仙人

RSI(相対力指数)とは

RSI(相対力指数)の使い方

RSI(アールエスアイ)とは「Relative Strength index」の略で、訳すと相対力指数となります。
一定期間の相場における「値上がり幅」と「値下がり幅」を使って、値動きの強弱を0から100の数値で表したオシレーター系インジケーターの代表格です。

RSIの売買シグナル判断基準

  • 25~20を割り込むと売られ過ぎ→買いシグナル
  • 70~80を上に抜けてくると買われ過ぎ→売りシグナル

RSIは逆張りのシグナル

RSIは、ある一定の期間の中での上昇幅や下落幅を基に、買われすぎ、売られすぎを判断する逆張りのシグナルです。
つまり、一定値幅の中で上下する レンジ相場・持合い相場で力を発揮します 。

RSIを使ったFXトレード戦術

RSIを使った基本トレード手法

  • RSIが25~20を割り込むと買いシグナル(売られ過ぎ)
  • 70~80を上抜けてくると売りシグナル(買われ過ぎ)

RSIを使った基本トレード

ただし、 急騰や急落など強いトレンド相場では、RSIが「100」または「0」の数値となり、横ばいで高止まりしがち です。

RSIのトレンドラインを使ったトレード手法

RSIのトレンドラインを使ったトレード手法

不思議なことに、RSIに引いたレジスタンスラインが機能し、その後大きく下落しています

RSIのダイバージェンス(逆行現象)はトレンド反転のサイン

RSIのダイバージェンス(逆行現象)

チャートが切り上げて上昇(下降)しているにもかかわらず、RSIの水準は以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも切り下げているような逆行現象のことをダイバージェンスといいます。

このダイバージェンスが発生した時にはその後大きくトレンドが反転し高騰&急落する可能性が高まります。 ダイバージェンスが発生するとトレンド転換の合図 、と覚えておけばいいでしょう。

RSIのリバーサルシグナルとの見分け方

RSIのリバーサルシグナル

ダイバージェンス は トレンド反転方向へのRSIが頭打ちになっている状態 、
リバーサルシグナル は トレンド順張り方向へのRSI頭打ち状態 、という感じです。

仮想通貨ビットコイン月足のRSIは優秀か

ビットコイン月足のRSI

2011年以降の月足RSIをビットコイン価格が高騰した過去2回の半減期と比較したところ、半減期があった年の2012年、2016年と同様に推移していることを根拠に、長期トレンドの上昇余地が現在どれほどあるか考察しています。

ビットコインの長期チャート

なるほど、ビットコインの長期チャートで見るとわかりやすく機能していますね。(BLXはBTCチャート繋ぎ足、INDEX:BTCUSDでも表示できるようになりました。)

TradingViewでRSIインジケーターの表示・期間設定方法

TradingViewでRSIを表示

TradingViewのトレード画面に表示されているチャートのグラフマーク「インジケーター&ストラテジー」をクリック、検索窓に「RSI」と入力すると「RSI(相対力指数)」が出てきます。

RSIをサブチャート表示

RSIがチャート下にサブチャートで追加されました。

RSIの設定期間を変更する方法

RSIの設定期間を変更

RSIはデフォルトで14日になっているのであまり変更する必要はない ですが、微調整することもできます。

RSIを削除する方法

RSIを消したい時

RSIを消したい時は、RSI左上の「RSI」の文字をクリックすると削除の項目が選択できます。

RSIだけで勝てる?テクニカル指標RSIシグナルチャートの使い方・見方について解説

RSIを表示したチャートの画像

テクニカル指標

当ページではテクニカル指標「RSI」の使い方・見方などについて解説しています。

株エヴァンジェリスト

アナリストが厳選する「最短即日短期急騰候補銘柄を 無料 で配信。その他、最新マーケット情報から個別銘柄の分析・展望など、豊富な投資情報を"ワンパッケージ"で利用可能!!

テクニカル指標RSI(相対力指数)とは?わかりやすく解説

「RSI」は「Relative Strength Index」の略称で、日本語だと「相対力指数」と呼ばれるオシレーター系(逆張り系指標)に分類されるテクニカル指標です。

考案したのは“テクニカル指標の父”と呼ばれる「John Welles Wilder.Jr(J.W.ワイルダー)」です。

テクニカル指標RSIの使い方・見方について

買われすぎ」か「売られすぎ」を判断する指標として用いられます。

「RSI」を表示すると、右側に「0~100」の数字が表示されるかと思いますが、一般的に“ 20~30%以下で売られ過ぎ ”、“ 70~80%以上で買われ過ぎ ”という判断材料になり、“過熱感”を見るために用いられるテクニカル指標です。

株取引を行っていると、急騰している銘柄や急落している銘柄を目にする機会があるかと思いますが、そうした際にRSIが示す数値を見ることで、“ RSIの数値が高いから売られてくるかな ”であったり、“ RSIの数値が低いからそろそろ買い時かな ”といった判断をすることが出来ます。

テクニカル指標RSIの計算式について

テクニカル指標RSIについてまとめ

今回はテクニカル指標「RSI(Relative Strength Index)」について簡単に解説してみましたが、見方・使い方について理解できましたでしょうか?

「RSI(Relative Strength Index)」は1本チャートで簡単に「買われ過ぎ」や「売られ過ぎ」を判断できるテクニカル指標です。

RSIチャートを見ると0~100の間を推移してきているのが分かるかと思いますが、RSIの数値が低いところで買って、高いところで売るよう上手くトレードすれば、“RSIだけで勝てる”かもしれません。

株エヴァンジェリスト

多数の投資メディアで活躍する「結城はるみ(RSI指標とは 旧:向後はるみ)」がストラテジー顧問として在籍する投資助言サービス。今なら、アナリストが厳選した『急騰候補株』を 無料 で配信中!!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる