初心者バイナリオプション戦略

FXの建玉(ポジション)とは

FXの建玉(ポジション)とは
0120-63-0727

ポジション

menu

【SBI FXの建玉(ポジション)とは FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、ただし、ロシアルーブル/円およびブラジルレアル/円は10%(レバレッジ10倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第31項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【オプションFX(店頭通貨オプション取引)】
店頭通貨オプション取引は店頭外国為替証拠金取引の通貨を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。当社が提示するオプションの取引価格は、買値と売値に差があります。当社の提供する店頭通貨オプション取引の決済方法は反対売買による清算となり、また、NDO(ノンデリバラブル・オプション)であるため権利行使日に権利行使価格と実勢価格による反対売買を行います。
【暗号資産CFD(店頭暗号資産証拠金取引)】
店頭暗号資産証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。暗号資産の価格の変動によって思わぬ損失が生ずるおそれがあり、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。当社の取り扱う暗号資産は、本邦通貨または外国通貨ではありません。また、特定の国家または特定の者によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。取引価格は、買値と売値に差(スプレッド)があります。スプレッドは暗号資産の価格の急変時や流動性の低下時には拡大することがあり、お客様の意図した取引が行えない可能性があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。暗号資産の現物でのお預かり、お受取りはできません。店頭暗号資産証拠金取引を行う上で必要な証拠金の額は取り扱う暗号資産ごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(個人のお客様:50%(レバレッジ2倍)、法人のお客様:一般社団法人日本暗号資産取引業協会が毎週発表する暗号資産ごとの暗号資産リスク想定比率*(暗号資産ごとにそれぞれレバレッジが異なります))の証拠金が必要となります。証拠金の詳細については、当社ホームページでご確認ください。取引にあたり手数料が発生することがあります。手数料の詳細については、当社ホームページでご確認ください。
*暗号資産リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第51項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。
【共通】 FXの建玉(ポジション)とは
店頭暗号資産証拠金取引を除くその他のサービスは、原則、口座開設・維持費および取引手数料は無料です。ただし、当社が提供するその他の付随サービスをご利用いただく場合は、この限りではありません。また、元本及び利益が保証されるものではありません。決済方法は反対売買による差金決済又は清算となります。お取引を始めるに際しては、「契約締結前交付書面」、「取引約款」等をよくお読みのうえ、取引内容や仕組み、リスク等を十分にご理解いただき、ご自身の判断にてお取引くださるようお願いいたします。

SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者) FXの建玉(ポジション)とは
関東財務局長(金商)第2635号
加入協会:一般社団法人 金融先物取引業協会
一般社団法人 日本暗号資産取引業協会

FXの建玉(ポジション)とは

「FXのポジションについて勉強したい」

「初心者はどのくらいのポジションを持てばいいの?」

「いくらの資金でFXを始めればいいか教えて!」

・FXのポジションとは
・ポジションに関する基礎用語
・ポジションの7つの特徴
・初心者が安全に取引するために用意すべき資金
・月1万円稼ぐために必要なポジション量
・ポジション比率とは
・ポジション比率を確認できるツール
・エントリーから決済までの流れ
・損益管理がしやすい注文方法
・ポジションを保有する時の4つの注意点
・ポジション管理で収益性をアップさせる3つのコツ

FXのポジションとは

①ロングポジション
②ショートポジション
④スクエア
⑤ネットポジション

ロングポジション

ロングポジション

ロングポジションは新規で買い注文を出し、約定してから決済するまでに保有している 買い建玉 のことです。

ショートポジション

ショートポジション.jpg

ショートポジションは新規で売り注文を出し、約定してから決済するまでに保有している 売り建玉 をいいます。

スクエアとは 何もポジションを持っていない状態 です。

  • 相場のトレンドが読めない時
  • 経済指標の発表前後の時間帯
  • テクニカル指標が上昇(下落)のサインを出していない時

ネットポジション

ネットポジションは同一の通貨ペアに対して、 売りポジションと買いポジションの差 のことです。

差し引きしてプラスの場合は買い持ち、マイナスの場合は売り持ちとなります。

ポジションの3つの関連用語

ポジションの3つの関連用語.jpg

①ポジションメイク
②ポジション調整
③ショートカバー

ポジションメイク

  • 上昇トレンドに乗って米ドル円を買い方向にポジションメイクするトレーダーが増えた
  • 特段材料がなく、今週はポジションメイクが少なかった

ポジション調整

ポジション調整とは、ポジションの数量や通貨ペアのバランスを調整するために行われる取引です。

実際には連休前やクリスマス、年末年始など取引ができなくなる期間や、経済指標の発表前に、 為替変動リスクを軽減するため にポジションを減らす取引を指してよく使われます。

  • 連休前にポジション調整の売りが出て下落した
  • 政策金利の発表を控えたポジション調整により短期的にレートが大きく変動した

ショートカバー

ショートカバーとは ショートポジションを買い戻す(決済する)取引 を意味します。

この取引が行われると買い注文が増えるので、レートは上昇しやすくなります。

ポジションで覚えておくべき7つの特徴

ポジションで覚えておくべき7つの特徴.jpg

①保有期間に制限はない
②ポジション保有期間とトレードスタイルの関係
③ポジションを取るとスプレッドがかかる

④レートが変動するとポジションに含み損益が生じる
⑤損益はポジションを決済した時に発生する
⑥日をまたいでポジションを保有するとスワップポイントの受払いが生じる
⑦スワップポイントが発生するタイミングはFX会社によって異なる

保有期間に制限はない

FXのポジションの保有期間に制限はないので、 好きな時にポジションを決済して現金化できます。

そのため投資商品としての流動性が外貨預金よりも高く、相場の状況に応じた柔軟な運用が可能です。

ポジション保有期間とトレードスタイルの関係

次の理由から、 初心者にはデイトレードがおすすめ です。

  • スキャルピングは迅速な取引判断とツールの操作を繰り返し求められる
  • ポジションの長期保有は週末の価格変動リスクを受ける

【FXの4つのトレードスタイル】

取引スタイル 取引の特徴
スキャルピング 数秒〜数分間の短い取引時間で、小さな利益を積み重ねる取引スタイル
デイトレード 数時間〜1日以内で取引を繰り返し、コツコツ利益を積み重ねる取引スタイル
スイングトレード 数日〜数週間と比較的長い取引時間で、1回の取引で大きな利益を狙う取引スタイル
長期トレード 数か月~数年単位でポジションを保有し、主に金利差益を狙う取引スタイル

ポジションを取るとスプレッドがかかる

スプレッド.jpg

スプレッドとは通貨ペアの売値と買値の差のことで、 取引における実質的な手数料 です。

例えば米ドル円のスプレッドが0.2銭のLIGHT FXの取引画面を見ると、「Bid 115.123/Ask 115.125」と表示され、売値(Bid)と買値(Ask)の差である0.002円(0.2銭)がスプレッドを表します。

FXの両建てとは?具体的な使い方と取引に推奨されていない理由

「みんなのFX」では、発注画面にある注文設定で「両建」を設定することができます。この設定をOFFにすると同一通貨ペアの売り・買いポジションを同時に保有することはできません。つまり、OFFの状態で保有しているポジションの反対売買をすると、約定日時の古い建玉から順番に決済注文として注文が執行されます。たとえば、米ドル/円の買いポジションを10Lot保有している状態で、新規注文画面から米ドル/円を5Lot売った場合、自動的に買いポジション10Lotのうち5Lotが売り決済となります。この注文方式はFIFO注文(First in First out、先入れ先出し注文)とも呼ばれています。

両建ては知識として覚えておこう

タイプ別FX運用スタイル徹底比較

  • 【初心者】王道の通貨ペアでFXデビュー
  • 【初心者】スマホ1台!人気通貨で中長期投資
  • 【中級者】シストレも取り入れ高金利通貨を安定運用
  • 【中級者】貯金代わりに レバレッジを抑えて高金利通貨のスワップで資産形成
  • 【上級者】積極的な資金運用で中長期取引
  • 【上級者】ドル/円と高金利通貨を短中期で運用

FXがはじめての方

FXをもっと知る

約5分で申込完了!最短当日取引可能

今なら新規口座開設で
最大 50,000 円キャッシュバック

App Store アイコン Google Play アイコン

【取引に関する注意事項】
■店頭外国為替証拠金取引「みんなのFX」「みんなのシストレ」、店頭外国為替オプション取引「みんなのオプション」及び店頭暗号資産証拠金取引「みんなのコイン」は元本や利益を保証するものではなく、相場の変動等により損失が生ずる場合がございます。お取引にあたっては契約締結前交付書面及び約款を十分にご理解頂き、ご自身の責任と判断にてお願いいたします。
■みんなのFX、みんなのシストレにおける個人のお客様の証拠金必要額は、各通貨のレートを基に、お取引額の4%(レバレッジ25倍)となります。ただし、トルコリラ/円及びロシアルーブル/円においてはお取引額の10%(レバレッジ10倍)となります。法人のお客様の証拠金必要額は、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの為替リスク想定比率を取引の額に乗じて得た額又は当該為替リスク想定比率以上で当社が別途定める為替リスク想定比率を乗じて得た額となります。為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第 117 条第 27 項第 1 号に規定される定量的計算モデルを用い算出されるものです。
■みんなのコインにおける証拠金必要額は、各暗号資産の価格を基に、個人のお客様、法人のお客様ともにお取引額の50%(レバレッジ2倍)となります。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインはレバレッジの効果により預託する証拠金の額以上の取引が可能となりますが、預託した証拠金の額を上回る損失が発生するおそれがございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのオプション、みんなのコインの取引手数料及び口座管理費は無料です。ただし、みんなのコインにおいて建玉を翌日まで持ち越した場合、別途建玉管理料が発生します。
■みんなのシストレの投資助言報酬は片道0.2Pips(税込)でありスプレッドに含まれております。
■みんなのFX、みんなのシストレにおけるスワップポイントは金利情勢等に応じて日々変化するため、受取又は支払の金額が変動したり、受け払いの方向が逆転する可能性がございます。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおいて当社が提示する売付価格と買付価格には価格差(スプレッド)がございます。お客様の約定結果による実質的なスプレッドは当社が広告で表示しているスプレッドと必ずしも合致しない場合もございます。お取引に際して、当社が広告で表示しているスプレッドを保証するものではありません。
■みんなのFX、みんなのシストレ、みんなのコインにおけるロスカットルールは、必ずしもお客様の損失を限定するものではなく、相場変動等により、預託した証拠金以上の損失が発生するおそれがございます。
■みんなのオプションは満期時刻が到来すると自動行使されるヨーロピアンタイプのバイナリーオプション取引です。オプション料を支払うことで将来の一定の権利を購入する取引であることから、その権利が消滅した場合、支払ったオプション料の全額を失うこととなります。購入価格と売却価格は変動します。1Lotあたりの最大価格は、購入の場合990円、売却の場合1,000円です。オプション購入後の注文取消は行う事ができませんが、取引可能期間であれば売却は可能です。ただし、売却価格と購入価格には価格差(スプレッド)があり、売却時に損失を被る可能性があります。相場の変動により当社が提示する購入価格よりもお客様に不利な価格で購入が成立する場合があります。また当社の負うリスクの度合いによっては注文の一部もしくは全部を受け付けられない場合がございます。
■暗号資産は本邦通貨または外国通貨ではありません。法定通貨とは異なり、特定の国等によりその価値が保証されているものではなく、代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済に使用することができます。

日本証券業協会

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会:日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会 一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 日本暗号資産取引業協会 日本投資者保護基金
FX・バイナリーオプション・システムトレードなら、「みんエフ」でお馴染みのみんなのFX!みんなのFXは、トレイダーズホールディングス株式会社(スタンダード市場上場8704)の100%子会社であるトレイダーズ証券株式会社が運営しています。

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第123号 加入協会 日本証券業協会 金融先物取引業協会 第二種金融商品取引業協会 日本投資顧問業協会 トレイダーズ証券は、上場企業トレイダーズホールディングス(スタンダード市場上場8704)の100%子会社です。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

為替情報ツール e-profit FX / e-profit+
データ

プライスボード、テクニカルチャート、最新ニュースなど
多彩な情報を一体化した情報分析ツール

e-profit FX データ

売買建玉比率&数量

売買建玉比率&数量では、くりっく365市場における投資家のポジションの売り買いの比率が確認できます。
数量ボタンを押すと、全ポジション数量と売り買いのポジション数量がご覧いただけます。
また、2006年7月10日以降任意の日付を入力することで過去の状況もご覧いただけます。

  • 現在の投資家の売買傾向を把握する
  • 大きな偏りがある通貨ペアを把握する

売買建玉推移

  • 値動きと建玉の推移は関連性が高いため、建玉推移の傾向から価格予想の指針とする
  • 建玉の増減から変動の際に、新規が多いのか、決済が多いのかから強気か弱気かの指針とする

スワップポイントカレンダー

スワップポイントカレンダーでは、将来の付与日数と過去のの実績値が銘柄別、日毎に一か月分がご覧いただけます。
また、前月、翌月への切り替えもできますので、前月の実績値や、翌月の付与日数もご覧いただけます。 さらに、スワップポイント計算機では、銘柄ごとに任意の期間におけるスワップポイントの実績値合計と日数が計算できます。

  • 過去のスワップポイントの実績を把握する
  • 過去のスワップポイントと将来の付与日数から大凡のポジション保有収益/コストを算出する
  • スワップポイント計算機を使用して、昨年、一昨年におけるポジション保有期間における収益/コスト実績を把握する

くりっく365相関係数

くりっく365相関係数では、くりっく365の銘柄と関連する金融商品の中で、2銘柄間における価格変動がどの程度の連動性があるかを示した相関係数がご覧いただけます。
一般的に+1に近づくほど、似た価格変動となり、-1に近づくほど逆の価格変動となり、0に近づくほどでは、価格変動に連動性がないことを示します。
また、2銘柄間の相関係数をクリックすると下部に選択した2銘柄が一つのチャート上でご覧いただけます。

  • 分散投資では、一般的に相関性の無い銘柄を組み合わせることが最も良いパフォーマンスを生むと言われているため、このコンテンツで0に近い相関係数を持った組み合わせを探すことでより良いポートフォリオとなる銘柄を探す
  • さや取りでは、価格差の収束、拡大を目的に取引を行うため、相関係数の絶対値が高い銘柄の組み合わせで取引を行うことが一般的である。そのため、このコンテンツではサヤ取りにより適した相関係数が+1若しくは-1に近い銘柄の組み合わせを探すことができる

CFTC建玉明細

CFTC建玉明細では、米国商品先物委員会(CFTC)と呼ばれる米国内の先物取引を管理、監督する米国政府機関が発表している取引主体をカテゴリー化したレポートを独自に特に市場への大きい大口投機家のポジションを集計したものがご覧いただけます。
CFTCは米国時間毎週金曜日にその週の火曜日時点のデータを公開します。
グラフは大口投機家の売りポジションと買いポジションの差であるNETポジションと価格がご覧いただけます。
下部のデータには、大口投機家だけではなく、大口当業者が表示されており、それぞれの買玉、売玉も時系列でご覧いただけます。

  • 大口投機家のポジション増減と価格変動は連動することが多いため、価格変動の方向性の指標とする
  • 大口投機家のポジションはいずれ決済されることが多いため、潜在的な価格変動の指標とする
  • 大口当業者のポジションは差金決済ではなく、受け渡しが行われる可能性があるため、潜在的な価格変動の指標とする

統計カレンダー

統計カレンダーでは、各種、各国の経済指標発表のスケジュールが今年と前後1年分がご覧いただけます。
発表後には、発表内容もご覧いただけます。
通常週間カレンダーが表示されていますのが、月間統計カレンダーをクリックすると今月のスケジュール及び発表内容がご覧いただけます。
また、カテゴリを休日、経済、政治から選択すると関連した項目のみの表示にすることが設定可能です。

  • これから発表される指標を確認し、急な価格変動が起きやすい時間を把握し、対策する
  • 流動性が低下している際は、価格変動が大きくなる可能性が高くなるため、海外の休日を把握し、流動性が 低下する時間、日付を把握し、対策を練る
  • 発表された指標を時系列で追うことで、今の方向性の背景を知る

各国金利データ

各国金利データでは、主要国・地域のみならず、世界各国の政策金利が地域ごとにご覧いただけます。
政策金利は政府・中央銀行が行う金融政策の要となるもので、一般的には、物価上昇(インフレ)懸念が高まると、政策金利を引き上げ、景気後退懸念が高まると、政策金利を引き下げる傾向にあります。 政策金利の変更に伴い、その国の経済情勢が変わることや世界経済全体の動きが変わることもありますので、注意が必要です。

    FXの建玉(ポジション)とは
  • 主要国・地域の政策金利動向を把握し、世界経済の動向の指標とする
  • 地理的に近い若しくは産業的に近い地域、国の政策金利動向を把握し、該当国の経済情勢の指標とする

主要株価指数/金利

主要株価指数/金利では、各国の株価指数、金利のレートがご覧いただけます。
銘柄をクリックしますと同じ画面上にチャートが表示され、日足、週足、月足の設定可能です。
主要株価指数の更新時間は次のとおりです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる