外国為替取引

GMOクリック証券のバイナリーオプションの攻略方法

GMOクリック証券のバイナリーオプションの攻略方法

バイナリーオプション国内業者であるGMOクリック証券。
今回の金融庁による、国内野バイナリーオプションの規制で、GMOクリック証券は、バイナリーオプションから撤退するかもしれないという意見もちらほらと聞いて降りましたが、GMOクリック証券が、今後のバイナリーオプションについてのルール変更について、変更後の発表を行いました。
バイナリーオプション国内業者の今回の発表で、GMOクリック証券は、以前の取引内容の中で4つのルール変更を行なう様子で、GMOクリック証券、従来のバイナリーオプションの取引方法の魅力は、やはり、なくなってしまうと言う予想は当たっていました。
バイナリーオプション国内業者GMOクリック証券での、バイナリーオプション取引の変更に伴い、GMOクリック証券を利用していた方の中でも、ギャンブル感覚で利用していた方の利用者はGMOクリック証券での取引を止めてしまう傾向が高いと言われていて、金融庁が注意を呼びかけていた、賭博性、利用者の安全性と言った面では、今回の規制は、正しい方向へと向かいつつありますが、大きく顧客を失ってしまう国内証券会社は、ルール変更後も、魅力的なサービスを作り上げていくことが必要とされそうです。

バイナリーオプションで口座凍結につながる要因

バイナリーオプション口座凍結

自動ツールの使用 バイナリーオプションは基本的に短期の取引を行うもので、長期的な投資によって利益を得るということは多くありません。
その為、利益を得るためには短期間でどれだけ大量に買いを入れるか、ということが重要になってきます。
しかし、大量に買いを入れると言っても手動で行っていたのでは自ずから限界が生まれてきます。
そこで、一部のトレーダーは自動ツールを使って大量の取引を行おうとします。
そして実際、バイナリーオプションにおける取引の一定程度はこの自動ツールによって行われているという現状があります。
これはトレ―ダーにとっては当然メリットとなるわけですが、事業者からするとむしろデメリットとなっています。
と言うのも、 自動ツールを使用して大量の取引を行うと、事業者のデータサーバーに過大な負担をかける ことになってしまうのです。
その為、事業者側としては自動ツールによる取引は迷惑なものと考えられ、そうした取引を行っているトレーダーの口座が凍結されることにも繋がってしまうのです。
ただし、自動ツールによる取引を全ての事業者が禁止しているかと言えばそうではなく、中にはそうした取引を容認している会社も存在しています。
ですので、バイナリーオプションを始める際には、口座を開設しようと持っている事業者が自動ツールによる取引を禁止しているかどうかを事前に確認しておくと良いでしょう。 規約に違反している これはバイナリーオプションに限ったことではありませんが、 事業者が定めている利用規約に違反している と口座が凍結されることがあります。
既に取引を行っているトレーダーの中にも利用規約を読まずに口座を開設し取引を続けているという方がいますが、これは非常に危険なことです。
口座凍結の報せは、このようなトレーダーの下にある日突然やってくるのです。 勝ち過ぎると口座凍結の対象に? バイナリーオプションをしているトレーダーの間では、 勝ちすぎると口座を凍結される ということが言われることがあります。
しかし、これには確たる証拠があるわけではなく、ほとんど噂の域を出ない情報だと考えられています。
ですが、勝ちすぎている(利益が大きすぎる)ことが原因で不正取引を疑われ、事業者が調査を行った結果不正取引をしていることが明らかになれば、 当然口座が凍結されることになります。
ですので、不正取引をしていない限りは利益がいくら大きくても口座が凍結されることはありません。 スキャルピング取引 スキャルピング取引とは、為替レートの変動に合わせて細かく利益確定を繰り返していく取引方法のことを言います。
この取引方法は自動ツールと同様に事業者のサーバーに大きな負担をかけてしまう為、事業者によっては利用規約において禁止している場合があります。
しかし、そうした会社は全体で言えば極一部ですので、口座開設の際にそうした会社を避ければ口座が凍結される恐れもありません。

バイナリーオプション規制後のGMOクリック証券の発表とは

バイナリーオプション規制後のGMOクリック証券の発表とは


バイナリーオプション国内業者であるGMOクリック証券。
今回の金融庁による、国内野バイナリーオプションの規制で、GMOクリック証券は、バイナリーオプションから撤退するかもしれないという意見もちらほらと聞いて降りましたが、GMOクリック証券が、今後のバイナリーオプションについてのルール変更について、変更後の発表を行いました。
バイナリーオプション国内業者の今回の発表で、GMOクリック証券は、以前の取引内容の中で4つのルール変更を行なう様子で、GMOクリック証券、従来のバイナリーオプションの取引方法の魅力は、やはり、なくなってしまうと言う予想は当たっていました。
バイナリーオプション国内業者GMOクリック証券での、バイナリーオプション取引の変更に伴い、GMOクリック証券を利用していた方の中でも、ギャンブル感覚で利用していた方の利用者はGMOクリック証券での取引を止めてしまう傾向が高いと言われていて、金融庁が注意を呼びかけていた、賭博性、利用者の安全性と言った面では、今回の規制は、正しい方向へと向かいつつありますが、大きく顧客を失ってしまう国内証券会社は、ルール変更後も、魅力的なサービスを作り上げていくことが必要とされそうです。

GMOクリック証券の規制後4つのルール変更発表

GMOクリック証券の規制後4つのルール変更発表

GMOクリック証券のバイナリーオプションの攻略方法
GMOクリック証券規制後の取引時間の変更
従来のバイナリーオプション国内業者GMOクリック証券では、取引時間は10分間で、取引開始時から10分後には、取引結果が分かる仕組みだったのですが、規制後の変更は、1回の取引時間が2時間以上との変更が発表されました。
GMOクリック証券規制後の取引開始確定時の変更
バイナリーオプション国内業者GMOクリック証券ではスタート時に注文確定となっていましたが、規制後は、注文受付開始前に、確定が可能となりました。
GMOクリック証券規制後の途中購入の変更
バイナリーオプション国内業者GMOクリック証券での取引は、途中購入、転売などの行為は不可とされていましたが、規制後は、取引終了直前まで可能となりました。
GMOクリック証券規制後の口座開設時の変更
バイナリーオプション国内業者GMOクリック証券での口座開設は、必要事項を記載することで、手続きが完了されていましたが、規制後は、外為取引に関する知識、理解力を測る為のテストを合格しなければならない事になりましたが、規制前に口座開設された方は、再テストなどの心配は無いそうです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる