取引プラットフォーム

利益を上げるために意識したほうがいいこと

利益を上げるために意識したほうがいいこと
CTRは、Click Through Rateの略称で、広告などがクリックされる割合を指します。
例えば、メール内容に販促URLが書かれた1万件のメールを顧客に送信し、うち100件のユーザーがURLをクリックすれば、それはクリック率1%ということになります。

利益を上げるために意識したほうがいいこと

従業員満足度は、英語のEmployee Satisfactionの訳で、ESと略されることがあります。ちなみに、顧客満足度はCustomer Satisfactionの訳であり、CSと言われます。

従業員満足度を上げる効果

従業員のモチベーション・生産性が向上する

全ての従業員の定着率が上がる

顧客満足度が上がり、企業利益に繋がる

従業員満足度が高いケース

従業員満足度が低い職場で起こること

従業員満足度を左右する要因は?

動機づけ要因:従業員の”満足”に関わる要因

衛生要因:従業員の”不満足”に関わる要因

従業員満足度調査・アンケートで分析する

従業員満足度を調べると、何がわかるの?

■経営層の評価:会社の理念が浸透しているか、トップは情報を適切に開示しているか、会社の組織や風土はどうか

■制度の評価:評価は適当か、給料に満足しているか、成長の機会を与えられているか

■仕事への満足度:仕事に意義ややりがいを感じているか、仕事の負荷は適切か、成長している実感があるか

上司の評価:上司のマネジメントについてどう感じているか、相談しやすい雰囲気があるか

職場の状態:目標は共有されているか、自分の部署のチームワークは良好か、他の部署との適切なつながりはあるか、コミュニケーションは機能しているか、職場のルールに不満はないか

福利厚生の充足度:職場環境に満足しているか、福利厚生に満足しているか

従業員満足度調査・アンケートの実施

調査の次のアクションが大事!PDCAサイクルを回そう

実際に従業員満足度を調査しても、それだけで組織が良くなるわけではありません。顕在化した問題に対してアクションし、PDCAサイクルをまわすことが重要です。

経営層を巻き込み、会社全体で取り組もう

従業員満足度調査は、主に企業の人事部門が中心となり行うケースがほとんどですが、その部門だけで完結しては意味がありません。いかに経営層にその事実を把握させ、次のアクションにつなげるかが、従業員満足度向上のポイントとなります。

中小企業が生産性向上する方法とメリットを徹底解説

中小企業が生産性向上する方法とメリットを徹底解説

近年、アジア諸国の国際競争力の向上がめまぐるしく、私たちの生活の中にも「Made in China」「Made in Korea」などと刻印された商品があふれています。
「世界経済フォーラム(WEF)」がまとめた「2019年世界競争力レポート」では、1位がシンガポール、2位がアメリカ、3位が香港で、日本は6位となりました。
前述のアジア諸国の躍進や、労働人口減少を踏まえれば、この6位の地位も将来的には危ういと言えるかもしれません。
日本企業は労働生産性を向上させることによって、高品質な商品をより安く国際市場に流通させ、国際競争力を確保していく必要があるのです。

「働き方改革」への対応

労働生産性を向上させる方法

従業員のスキルアップ

労働環境の整備

業務の効率化

アウトソーシング

ITの積極導入

生産性向上施策を実施する際の注意点

すべての業務を可視化する

意思統一を図る

長期的視野で取り組む

生産性向上施策の効果の算出

1人当たりの売り上げ高

年間総労働時間/総残業時間

コスト削減率

生産性向上の為に利用できる補助金や助成金

労働生産性向上には『Knowledge Suite』を

本稿の中で、生産性向上の手段の1つとしてITツールの導入が有効であることを述べました。
最後にこのITツールについて詳しくご説明しておきましょう。
生産性向上に有効なツールはいくつかありますが、ここではSFAとCRMを取り上げてご紹介します。
SFAは営業支援システム、CRMは顧客管理システムとも呼ばれており、どちらもビジネス用PCアプリケーションのジャンル名です。
SFAは営業部門の営業マンの業務をITの力で効率化・高速化することができます。
CRMは企業が持つ顧客情報を精密に保存し、様々な観点から検索しやすくするものです。
どちらも業務の効率化に欠かせないツールとして、すでに多くの企業で導入されています。
数あるSFA、CRMの中でも本稿でおすすめしたいのは、私たちナレッジスイート株式会社が提供する総合ビジネスアプリケーション『Knowledge Suite』です。
『Knowledge Suite』はSFA、CRMに、グループウェアも加えた3つのビジネスアプリケーションがワンパッケージでお使いいただけます。
グループウェアによる、組織全体の情報共有や意思決定の迅速化も、生産性向上には欠かせません。
まさに3つのアプリケーションが互いに支えあい、貴社の生産性向上をサポートするわけです。
『Knowledge Suite』が持つ独自性を、以下にまとめさせていただきます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる