テクニカル分析指標

投資ストラテジーについて話せます

投資ストラテジーについて話せます

外資系投資銀行のクオンツに聞いてみた(1)-数学・物理博士が集まる金融世界の実態

A Quant is somebody with a strong scientific background working on the financial market. They often have an engineering, math, or physics background at a MSc or Phd level. Quants are usually 投資ストラテジーについて話せます categorized as “Ivory Tower” quants and “Crystal ball” quants. Their fundamental objectives and work environments are quite different.

クオンツは通常「アイボリー・タワー」と「クリスタル・ボール」という大きな2つのカテゴリーに分けられる。この2つの基本的な目的や仕事環境は大きく異なる。

The Ivory Tower Quants are responsible for modeling and pricing financial instruments, usually derivatives instruments. If 投資ストラテジーについて話せます the bank is creating a new, complicated 投資ストラテジーについて話せます and illiquid instrument for a client, 投資ストラテジーについて話せます the quant will typically participate in pricing the instrument and devising methods for hedging 投資ストラテジーについて話せます the risks associated with it (The notion of risk hedging and pricing are 投資ストラテジーについて話せます actually intimately linked, the price of an 投資ストラテジーについて話せます derivatives instrument being usually given by the price of covering its risks, over the life os such instrument). Their work environment can range from being on the trading floor assisting traders with existing pricing models, quickly devising pricing methods for OTC products, to a much more academic work environment, far from the trading floor (hence the name Ivory Tower), doing 投資ストラテジーについて話せます fundamental research, involving pure mathematics: stochastic calculus, probability theory, partial differential equations. One side 投資ストラテジーについて話せます of their work is about the pure theoretical modeling (think about the Black-Scholes model for option pricing), and the other side is about how to compute a price based on the model (which can 投資ストラテジーについて話せます be even more complicated than the 投資ストラテジーについて話せます model itself). This involves computer science, numerical methods for solving PDE, monte-carlo methods, and is the more practical side of their job.

アルファと呼ばれるトレーディング・シグナルを作り出したり、アービトラージの機会を見つけたり、とにかく何でも市場でお金になる何かを探すのである。

Which devisions work closely with you? Sales? Traders? ITs? 仕事上どの部署と密接に関わるのか

I work on a High Frequency desk. Because of the proprietary trading nature of our business, and of Chinese Wall policy, we do not work with other traders and sales. We do work a lot with IT on our trading infrastructure.

What quality are you looking for for a candidate? 応募者にはどんなクオリティを期待しているのか

A good candidate should have an excellent scientific background, but still be able to sometimes set aside his more theoretical 投資ストラテジーについて話せます tools to apply a pragmatic approach to high-frequency trading. He should be very comfortable with computers, and a fast learner 投資ストラテジーについて話せます at everything related to computer science.

He should also be business-oriented, and be able to actively pursue revenue opportunities.

ビジネスを中心に物事を考えられ、収益機会を積極的に追い求められる人が望まれる。

What is “投資ストラテジーについて話せます fun” of your work? 仕事の楽しみはなにか

Fun is being able to devise a trading strategy and actually see it trading live on the market (and of course seeing it making money, which is not that easy). It could be akin to a game sometimes, where your opponent is the market as a whole. Learning new computer techniques can also be fun, if you are a bit tech-savvy.

We are very independent in the sense that our business is not client-oriented, which could be good or bad depending on one’s temper. It limits outside interactions, but at the same time allows you to be more creative.

仕事の楽しい面は、トレーディング・ストラテジーを考案しそれが実際の市場で取引をするのを見ることである(もちろん、そのストラテジーが儲けているのを見るのが最大の喜びだが、そう簡単にはいかない)。

How long do you usually work? How busy are you? 労働時間と忙しさはどうか

Because 投資ストラテジーについて話せます we trade many markets in Asia, hours are pretty long. I work from 8am to 8pm most of the time. Depending on the current project and staffing, 投資ストラテジーについて話せます it can get really busy. But because of the long hours, we try to take a lunch break.

“総合系コンサル”から”PEファンド・投資チーム”への転職のステップ

スモールキャップのファンドや、「投資~バリューアップ」を一気通貫で手掛けているファンドへの転職

①直接転職する場合
②IBDもしくは戦略コンサル(チーム)を経由する
③FASへの転職を挟み実現する

IBDもしくは戦略コンサル(チーム)を経由する

FASを経由する

・監査法人における監査実務経験者
・事業会社における経理や会計財務、経営企画部門での実務経験者
・投資銀行等におけるリサーチアナリスト・財務分析業務の経験者
・FAS系ファームにおけるFAS業務経験者(M&A・再編・バリュエーション業務系)

(参考)バリューアップチームという選択肢も視野に

【必須要件】
・戦略コンサルティングファーム+事業会社でのご経験。(事業会社→コンサルでも可)
・投資先バリューアップ施策の設計~推進可能な実績+投資先とのリレーション形成力の高い方
・戦略策定に留まらず、一定期間の常駐and/or深いハンズオン支援までの経験が豊富な方
・経営基盤整備(管理会計導入・KPI設定等)に加えて、事業面における業務改善・経営支援等で実績がある方
・PEファンドの投資先支援の経験があれば尚可
・PMI等のプロジェクト経験を有する方

・事業会社でCxOや起業経験のある方 投資ストラテジーについて話せます
・事業会社の経営企画部門での管理職経験、または子会社/グループ会社のマネジメント経験
・事業再生の現場でのマネジメント又はリーダー経験のある方

>コンサルからPEファンドへのキャリアに関する記事

カテゴリー、タグで似た記事を探す

こちらの記事も合わせてご覧下さい

グロービング株式会社 代表取締役 赤羽陽一郎様、輪島総介様インタビュー/「CxOパートナー」として日本経…

グロービング株式会社 代表取締役 赤羽陽一郎様、輪島総介様インタビュー/「CxOパートナー」として日本経済の再興に挑む グロービング株式会社 大手外資系コン…

アーサー・ディ・リトル・ジャパン ヘルスケアチーム パートナー花村遼 様、プリンシパル山本洪太 様 イン…

アーサー・ディ・リトル・ジャパン 投資ストラテジーについて話せます ヘルスケアチーム パートナー花村遼 様、プリンシパル山本洪太 様 インタビュー/10年後、100年後の新産業創出を追求する少…

PwCコンサルティング 公共事業部(PS)-Digital Governmentチームインタビュー/中央省庁・地方自治体の「DX…

PwCコンサルティング 公共事業部(PS)-Digital Governmentチームインタビュー/中央省庁・地方自治体の「DX推進」を通して「社会課題」の解決を目指す PwCコン…

KPMGコンサルティング NCS(宇宙・防衛)チーム 涌井様、七森様 インタビュー/「宇宙・防衛」領域の戦略策…

KPMGコンサルティング NCS(宇宙・防衛)チーム 涌井様、七森様 インタビュー/「宇宙・防衛」領域の戦略策定から政策立案まで担うNCSチーム KPMGコンサルティン…

ファストドクター株式会社 代表取締役 水野敬志様 インタビュー/コンサル出身CEOが目指す「新しい医療イ…

ファストドクター株式会社 代表取締役 水野敬志様インタビュー/コンサル出身CEOが目指す「新しい医療インフラ」の姿と、事業の魅力に迫る ファストドクター株…

キャリア対談

若手のキャリア育成は最重要事項の一つ。
個人の成長がチームとしての最高のパフォーマンスにつながる

クライアントの変革を加速し、最高品質のコンサルティングサービスを提供するためには、コンサルタント個人が常に成長をし続け、
かつ、チームとして最高のパフォーマンスを提供することが求められます。
クライアント、コンサルタント、チーム、それぞれのBuilding a better working worldを実現するために、EYでは若手社員のキャリア育成が最重要事項の一つであると考えます。
EYでは、多様なキャリア支援制度が用意されており、ライフステージに応じた長期的なビジョンで自身のキャリアを描き、実現していくことが可能です。
今回は、EYの代表的なキャリア育成制度であるカウンセラー制度を活用し、EYでのキャリアを歩む女性社員3名に話を伺いました。

年6回の面談で、自身が希望するキャリアを形成

EYでは、プロジェクトの現場でのOJTとは別にカウンセラー制度というキャリア支援制度がありますが、 どのような制度でしょうか?

私はReimoさんのカウンセリーであると同時に、Leiさんのバディでもあります。
EYでは、新入社メンバー1名に対し、同所属・同職階・同年代のメンバー1名がバディとなり、入社後約3ヵ月間、事務的なサポートを行うバディ制度が存在しています。 投資ストラテジーについて話せます
キャリア支援のカウンセラー制度とは異なり、バディ制度は新しい職場環境に慣れるまでのサポート・相談役を身近な先輩社員が担うことで、オンボーディングを支援することが目的です。

キャリアアップに対する支援と、オンボーディング直後のキャッチアップをスムーズにする手厚い制度があるのですね。Leiさんは入社間もないですが、この2つの制度を体験されていかがでしたか?

コンサルタントの基本は「チーム一丸」。助け合う文化がある

「外資系コンサル」という言葉からは、ドライな人間関係や、いわゆるアップオアアウトの殺伐とした業務環境をイメージする方も多いですが、皆さんにはそんな印象がありませんね。

カウンセラーの丁寧なレビューでモチベーションが高まる!

チームやカウンセラー/カウンセリー/バディで協力し合って成長していける環境なのですね。その中で、Akikoさん、Leiさんが描くキャリアビジョンについて具体的に教えていただけますか?

短中期的には、マネージャーへのプロモーションを目標としています。前職からエネルギー業界中心に支援をしてきた経験と業務知見を活かし、エネルギー×テクノロジーを専門分野として、プロジェクト推進や課題解決の提案を行っていきたいと考えています。
実際に、エネルギー業界を対象とした案件、かつ、SIerとしてのバックグラウンドを活かせる案件を優先して紹介してもらい、一歩ずつ描くキャリアに近付けていると実感しています。
将来的には、クライアント個々の課題解決のみならず、エネルギー業界に変革をもたらす一員として、EYとエネルギー業界の発展に貢献していきたいです。
また、私は0歳児の息子を持つ母親でもあるのですが、ライフステージの変換点を迎えた女性がより働きやすい環境となるよう、EY、そしてコンサル業界に変革をもたらす存在になりたいと思っています。

私も直近はマネージャープロモーションが目標です。事業会社でIT戦略立案とシステム企画の業務を担っていた経験を活かし、戦略とテクノロジーの両側面からプロジェクトのデリバリー・提案を遂行できるマネージャーを目指しています。特に得意とするデジタルトランスフォーメーション支援は、さらに専門性を高めていきたいです。
現在は、製薬業界向けのプロジェクトにアサインされ、毎日クライアントのオフィスに席を並べています。クライアントの間近で業務を深く理解し、ときにはクライアント社員同様にデジタル企画の業務を行っています。
戦略や長期ビジョンへの理解、それらのテクノロジーでの実現は、私の得意とするソリューションです。今後もデジタルの潮流と最先端のテクノロジーを見据え、「デジタルトランスフォーメーションならEYのLeiさんに頼もう」と指名いただけるようなコンサルタントを目指します。

コンサル業界では少ない女性管理職を育てることが目標

Reimoさんはカウンセラーとして、お二人の成長についてどうお考えですか。

まだコンサル業界では少ない女性管理職を育てることが私の目標の一つでもあるので、マネージャープロモーションに強い意欲を示してくれる二人には大きな期待を寄せています。
Akikoさんは、スキル的な面では、複雑かつ膨大な情報を整理、可視化する能力に長けています。定量データを分析して有意な数値を導出する、定性データを抽象化して理解しやすく可視化する、という点が強みです。「分かりやすく伝える」ことに長けているAkikoさんは、クライアントから業務内外の相談を受けることも多く、将来的にはクライアントの「ファーストコールの相手」になってくれると信じています。
また、仕事と育児の両立で苦労は多いと思いますが、その苦労の一つひとつがEYやコンサル業界全体におけるBuilding a better working worldを実現するための種になると思っています。彼女の経験をよりよい社会への変革につなげてもらえることも期待しています。 Leiさんは、プロジェクト遂行に重要なコミュニケーション能力が突出していますね。過去には6ヵ国に跨るプロジェクトで現地スタッフと多言語でコミュニケーションを取りつつ、プロジェクトの円滑な推進に貢献してくれました。実はLeiさんの採用一次面接は私が担当したのですが、たった1時間の面談でも、自身の主張(=押し)と他者への傾聴(=引き)のバランス感覚が素晴らしく、すぐに一緒に働きたいと感じました。
将来的には、デジタルトランスフォーメーションをグローバルで牽引するLeiさんのチームをEY内に作ってもらえることを期待しています。

株式会社マーキュリアインベストメント

photo08.jpg

【陳】 他のPEはバイアウトやインフラといった特定の分野の投資に特化した会社が殆どですが、Mercuriaにはインフラ投資を含む不動産投資やベンチャー投資など他の投資手法を専門とするチームが社内にあります。チーム間の壁もなく、彼らのナレッジやリソースを活用しながら投資先に価値を提供できます。例えば、私が担当している家具メーカー案件でも、物流を強化するために不動産・物流企業に特化したファンドを運用するチームからアドバイスを受けています。
また、外国人や海外経験の豊富な同僚が多いので、それに起因して積極的に意見が言いやすい空気があります。

最後に候補者へのメッセージをお願いします。

プロフィール

写真:陳 億 氏

陳 億 氏
事業投資部 アソシエイト
慶應義塾大学 経済学部卒業

2014年に三井住友ファイナンス&リース株式会社へ入社。投融資部でLBO のメザニンファイナンスに携わった後、EY トランザクション・アドバイザリー・サービスに参画。事業会社やプロジェクトファイナンス案件でモデリング、バリュエーションを担当。自身のルーツである中国市場に強い点に魅力を感じ、2020年にマーキュリアインベストメントへ入社。

写真:肘井 義淳 氏

肘井 義淳 氏
事業投資部 アソシエイト
早稲田大学 人間科学部卒業

写真:豊島 俊弘 氏

豊島 俊弘 氏
代表取締役
東京大学法学部卒業。M.I.T.不動産修士課程 都市計画修士課程修了

写真:小山 潔人 氏

小山 潔人 氏
取締役 事業投資部長
東北大学法学部卒業。コロンビア大学 Professional Fellow Program修了

ジェンダーイノベーション事業グループ Gender Investment and Innovation Program

2022年3月17日、笹川平和財団とNPO法人ジェンダー・アクション・プラットフォーム(Gender Action Platform:GAP)が共催し、国連グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)の後援でセミナーを開催しました。テーマはジェンダーに関する雇用主の情報開示、その国際的な動向と今後の展望です。国連の提示する枠組みや機関投資家の求める情報について第一線の専門家が解説し、企業などから多数の参加がありました。

――アジアで署名が急増、女性のエンパワーメント原則(WEPs)

―― 男女間賃金格差を測ることはなぜ重要なのか

TAFが「必須報告指標」としているのは、①リーダーシップ・ポジションにおける女性比率、②イコール・ペイ(男女間賃金格差)、③職場での機会平等、④安全でインクルーシブな職場の4つのWEPs原則における進捗指標です。①は日本の職場でも近年、女性管理職をいかに増やすか、関心が集まっているため、理解しやすいでしょう。③は採用、昇進、育休取得後の復帰などに注目した指標で以前から女性支援に取り組む企業が重視していたものです。④はハラスメント対策を含みます。
少し馴染みが薄いかもしれない②を日本語で分かりやすく表現すると「男女間賃金格差の度合い」です。TAFでは「男性の給与に対する女性の給与(固定給与、残業代等の追加給与、ボーナス等の変動給与を含む報酬総額の平均値)の比率」の報告を求めています。この情報が重要な理由として、現在、全世界で女性の報酬は男性より20%少ないこと、女性の仕事が男性の仕事に比べて不安定になりがちで、退職後の経済格差をもたらすと解説しています。在職中は、不当な性差別賃金が女性のやる気を削ぎ、離職につながりやすいなど経営にも悪影響が及ぶ可能性があります。
GAP理事でジェンダー専門家の大崎麻子さんは、男女間賃金格差に関する情報開示を特に重視しています。「実は日本女性の労働参加率は国際的に見て高いです。一方、女性の賃金は男性に比べて低い。つまり日本の女性は働いているのに不安定で低賃金の仕事につく人が圧倒的多数なのです」。要するに男女間賃金格差には、日本のジェンダー課題がよく表れているのです。

―― 女性役員2割前後は当たり前。アジア諸国は日本を引き離す

―― 大事なのは「女性向け研修」ではなく明確な目標設定と分析

日本も近年、何もしてこなかったわけではありません。
2015年の女性活躍推進法成立以降、日本企業の人材マネジメントは変化しています。女性従業員の採用、育成、結婚・出産・育児後の就労継続や管理職登用に取り組む企業は少なくありません。ただ残念なことに、最近7年間で女性役員や管理職の割合が急増した企業はあまりありません。日本政府が掲げた「2020年までに指導的地位に占める女性割合30%」という目標も未達成に終わっています。
日本の女性登用が数字に表れる成果を出せないのは理由があります。持続可能な金融システムの構築を目指した投資と助言業務を手掛けるSDGインパクトジャパン共同CEOの小木曽麻里さんは、企業のジェンダー平等を目指すには「明確な指標を設けて分析することが大切」と述べます。これまで日本企業の「女性活躍」への取り組みは女性従業員向けの研修や育児支援などの制度構築に偏りがちでしたが、それだけでは効果が見込めません。ジェンダー平等を推進するためには、女性従業員の意識や行動変容も必要ですが、それ以上に主体となる企業が、その行動を変える必要があるのです。 投資ストラテジーについて話せます
CNJ土井さんが述べたように、日本企業は法律を遵守します。現状においては、日本の法整備はアジア諸国と比較しても遅れを取っていますが、今後は「女性活躍」に関連した法律や政策にも「ジェンダー平等」の視点が取り入れられるだろうと大崎さんは見ています。例えば、岸田総理は2021年12月6日の第208回国会における施政方針演説で「男女が希望通り働ける社会づくり」と「女性の就労の制約となっている制度の見直し」を掲げ、具体策として男女間賃金格差に関する企業の情報開示ルールの見直しに言及しています。大崎さんは「今後、企業にも本質的な施策が求められるようになるでしょう」と指摘しました。

―― 機関投資家は100年先を見据えてジェンダーに注目

企業のジェンダー関連情報の開示には機関投資家も関心を持っています。セミナーでは年金積立金管理運用独立行政法人(Government Pension Investment Fund:GPIF)で投資戦略部次長チーフストラテジスト兼市場運用部次長ESGチームヘッドを務める塩村賢史さんが登壇しました。
GPIFは世界最大級の年金基金であり、2021年3月末時点で186兆円を運用しています。保有株式5702銘柄、債券1万4829銘柄と多数で市場全体に投資するのが特徴です。年金の特性から100年先を見据えた運用を行っており、短期的な収益ではなく環境や社会、企業のガバナンスなど非財務要因を踏まえたリスクの低減を目指しているのです。
極めて多くの人の老後生活を支えるため、GPIFの積立金運用の方針は3つの法律(厚生年金保険法、国民年金法、年金積立金管理運用独立行政法人法)で定められています。GPIFは長期的な観点からの安全かつ効率的な運用」を行い、運用は「被保険者の利益」のために行わなくてはなりません。
このように高い公共性を持つGPIFが近年はESGに関連した様々な枠組みに参加したり、指数の選定を行ったりしてきたことは見逃せません。例えば2016年11月には上場企業の取締役女性比率3割を目指す「30%Club」の英国と米国における集まりに参加しました。日本では、同様の趣旨で活動する「30%Club Japan」で機関投資家が集まる「インベスター・グループ」に2019年12月から参加しています。
国内株式についてGPIFが採用したESG関連指数には「MSCI日本株女性活躍指数(WIN)」があります。これは女性活躍推進法に基づく開示情報を活用して優良企業を選ぶ指数です。外国株式については「Morning Star先進国(除く日本)ジェンダー・ダイバーシティ指数(GenDi)」があります。これはオランダの調査会社エクイリープによるジェンダー・スコアカードに基づき分析したもので、もとはWEPsを参照しています。
つまり、WEPsの指標に沿った取り組みをすることで、ジェンダー平等の先進企業として調査会社に選定され、結果的に巨大機関投資家からの投資を受けられる可能性が高くなる構図があるというわけです。
GPIFがGenDiに注目した理由のひとつとして塩村さんは「ペイギャップ(男女間賃金格差)の情報が含まれていること」を挙げます。組織の特性上、運用益の向上を至上命題とするGPIFが投資先のジェンダー平等に関心を寄せていること、指標として男女間賃金格差に注目しているのです。
最後に塩村さんは情報開示に関する個人的な意見として「開示する過程で気づくことがあります」と話し、組織としてのGPIFのジェンダー関連情報を見せてくれました。「決して良いとは言えず、このような数字は組織としては開示してほしくないものでしょう。それでも開示しないと対話も対応も進まないと思います」という言葉に長期的視点で広い市場を見つめる専門家としての誠実さが見えた瞬間でした。
今後、日本企業がジェンダー平等推進と国際潮流に追いつくため、TAFに目を通してみると良いでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる