FXのやり方は簡単

テクニカル分析の定義

テクニカル分析の定義
3D都市モデルを提供する価値は大きく分けて3つあります。「ビジュアライズ(視覚性)」「シミュレーション(再現性)」「インタラクティブ(双方向性)」です。

ビジュアライズ」は3D都市モデルによって都市空間が立体的に視認できるようになり、説明力や説得力が向上することです。
シミュレーション」は高精度な3Dモデルのバーチャル空間のメリットでは、リアル社会では難しい実験やシミュレーションができて、データが取れることです。また、機械の制御やコントロールもできます。
インタラクティブ」はリアルとバーチャルの空間が相互に情報を交換し、作用し合うためのプラットフォームを提供します。

オンライン参加方法 / How to join

WiDS Tokyo @IBM は、データサイエンスの分野で優れた活動を行っている優秀な女性をフィーチャーした、スタンフォード大学による年次カンファレンス「WiDS Worldwide conference 」の一環として、日本IBMによって開催される独立したイベントです。このイベントは世界中でおよそ200以上の場所で開催されます。この全ての「WiDS Worldwide conference 」には性別を問わずどなたでも参加いただけます

ハッシュタグ: #WiDS2022, #WiDSTokyoIBM Tweet する

Global Women in Data Science (WiDS) Conference

グラレコ枠

2022年より新しく、グラッフィックレコーディング(グラレコ)枠を設けました。 イベント情報をグラッフィックにわかりやすくまとめて公開してくださる方を募集します。 グラレコ枠はKeynoteを主軸にセッション単位でのご担当を予定しています。 事前打ち合わせにて担当割や資料開示など調整させていただきます。

タイムテーブル / Agenda

9:50-10:00 ONLINE OPEN

10:00-10:10 OPENING TALK

10:10-11:00 KEYNOTE
Beyond the Railway - 鉄道会社がデータ分析を始めて気付いた可能性

11:テクニカル分析の定義 00-11:10 BREAK (次回セッションへ切替準備)

11:10-12:00 DATA SCIENTIST TALK#1
データサイエンスの20年以上の歩み:アカデミックから産業界へ

Mindy Fang
データサイエンティスト
日本IBM(株)

12:00-12:10 Lunch Break (各自ランチの準備をしましょう)

12:10-12:50 NETWORKING LUNCH

12:50−13:00 BREAK (次回セッションへ切替準備)

13:00-13:40 DATA SCIENCE × HEALTHCARE TALK
看護師×データサイエンス 価値あるインサイトを届けるために

13:40-13:50 BREAK (次回セッションへ切替準備)

13:50-14:40 QUANTUM COMPUTING TALK #1
量子コンピューターで量子計算にトライ!

14:40-14:50 BREAK (次回セッションへ切替準備)

14:50-15:40 テクニカル分析の定義 QUANTUM COMPUTING TALK #2
量子機械学習でMNIST分類

15:40-15:50 BREAK (次回セッションへ切替準備)

15:50-16:30 DATA SCIENTIST TALK#2
AIの本番適用ブレイクスルー3つの成功要素 -たらこ×AIプロジェクトの舞台裏-

山上 円佳
アドバイザリー Data & AI テクニカルスペシャリスト
日本IBM(株)

16:30-16:40 BREAK (テクニカル分析の定義 次回セッションへ切替準備)

16:40-17:20 DATA SCIENTIST TALK #3
機械学習技術を製造の現場で活用するために

伊藤 優氏
データサイエンティスト
株式会社三菱ケミカルホールディングス

17:20-17:30 CLOSING TALK

行動規範 / Code of Conduct

参加の準備 QUANTUM COMPUTING TALK #1 & #2
量子コンピューターで量子計算を試してみよう

『IBM Quantum Composerへの登録(くわしいバージョン)』 テクニカル分析の定義 をご参考に、IBM Quantum Composer にログインできるようにしておいてください。 ログインの際は、IBMidまたはIBMidまたはSNS認証(Google, github, Linkedin, Twitter)が必要になります。 ハンズオンで使用する ノートPC をご準備ください。

Speakers

隅倉 麻子 氏

目黒 景子 氏

看護師
株式会社JMDC
保険者支援事業本部 /
神奈川県立保健福祉大学大学院
ヘルスイノベーション研究科
博士課程

臨床看護師と並行して、2019年から現在まで社会人大学院で公衆衛生学を基盤にヘルスイノベーションについて学び、ウェラブルデバイスとPHR(Personal Health Record)からのデータを使用して睡眠や生活習慣病に関連した研究活動に取り組んでいる。2021年からは、医療統計データサービスを提供する株式会社JMDCに入社し、ICTを活用した健康増進サービス事業に従事。

伊藤 優 氏

データサイエンティスト
三菱ケミカルホールディングスグループ
データ&先端技術部

2017年の発足期より三菱ケミカルホールディングスのDX推進組織に参画。現場で使われる機械学習モデルを志向して、テクノロジーと人との橋渡しに軸足を置く。画像解析を中心に数々のプロジェクトに従事し、製造や研究の現場で導入・運用実績あり。その経験から、DXプロジェクト推進の方法論の構築にも従事し、『機械学習プロジェクトキャンバス』を発表。

Mindy Fang

アドバイザリーデータサイエンティスト
日本IBM(株)
テクノロジー事業本部
クライアントエンジニアリング

20年以上ヘルス業界におけるデータサイエンス、ビジネス、コンサルティングを経験。 2004年Harvard Universityで生物統計学博士を取得、製薬(Novartis, Bayer)、コンサルティング(Mckinsey & Company)、アカデミック(北里大学薬学部、ヘルスイノベーションスクール)など、様々な領域でヘルスケアにおける研究、ビジネスの推進。 AI、Machine Learning、big dataが得意、Rの元開発者のRobert Gentleman先生のTeaching Assistantを務めた経験を持つ

小林 有里

マネージャー
日本IBM(株)
東京基礎研究所
Qiskit開発者コミュニティー

2019年より量子コンピューターの開発者コミュニティーを担当。 オープンソースの量子コンピューティング用の開発フレームワークQiskitをつかったハンズオンのワークショップ、プログラミングコンテストやハッカソンを主催し、量子ネイティブと呼ばれる量子コンピューターを将来つかいこなせる世代の育成に注力。

沼田 祈史

Qiskit Advocate
日本IBM(株)
東京基礎研究所
Qiskit開発者コミュニティー

IBM入社後、ハードウェア製品の開発に従事。その後、大学連携などを担当し、現在はQiskit Advocateとして、コミュニティー活動を中心に社内外に量子コンピューターを広めるべく活動中。

山上 円佳

アドバイザリー Data & AI テクニカル分析の定義 テクニカルスペシャリスト
日本IBM(株)
テクノロジー事業本部
データサイエンスエリート日本支部

IBM入社後、インフラ系SEとし てクラウドサービスの構築と運用 を担当。2017年からは画像AI テクニカル分析の定義 エンジニアとしてお客様とのAI 共創プロジェクトをリードし、 製造業を中心としたAIのビジネ ス適用をすすめている。 本業のかたわら、デザイン・シン キングを用いたワークショップや コミュニティ活動にも積極的に 従事。また共創をコンセプトとした、日本IBM初となる畳の テクニカル分析の定義 会議室の企画・設計・構築も 手掛けた。

WiDS Ambassadors

西戸 京子

Advisory Data and AI Technical Specialist
Data, AI & Automation
日本IBM(株)
テクノロジー事業本部

日本IBMにて主にIBMの社内システム開発・保守に従事 。要件定義から保守まで、開発者・PM・アーキテクトとして日本、AP各国の生産管理システムや購買システム、IT資産管理システム 等、幅広く経験。その後IBM Developer Adovocateとして、技術セッション実施等の開発者への技術支援・啓蒙活動に従事。2021年1月より現職。

戸倉 彩 @ayatokura

Customer Success Manager (Architect)
日本IBM(株)
テクノロジー事業本部

約17年にわたるセキュリティエンジニア、プロダクトマーケティング、テクニカルエバンジェリスト等の豊富なキャリアに基づく知見を活かし、現在はカスタマーサクセスマネージャーとして、ビジネス案件においてOpen Hybrid Cloud Platform & AI ストラテジーのコアとなる製品やテクノロジーの活用支援を行う。

加藤 典子

Customer Success Manager (Architect)
日本IBM(株)
テクノロジー事業本部

日本IBMにてマーケティングシステム開発に従事、その後、オペレーション・スタッフ(Business analyst)を経験。その後、Developer Advocate として活動、2021年1月より現職。

さまざまな角度からDevRelの歴史を紐解いてみよう

DevRelに関するグローバルなカンファレンスとして「DevRelCon」がありますが、DevRelCon San Francisco 2016において、最初に登壇したJosh Marinacci氏のテーマが「History of developer evangelism」でした。エバンジェリスト(日本語では伝道師の意味)の活動、つまりエバンジェリズム(エバンジェリスト活動)の歴史について振り返るセッションです。

「History of developer evangelism」より。William Sellers氏の紹介

「History of developer evangelism」より。ガイ=カワサキ氏の紹介

コミュニティの歴史

DevRel Meetup in Tokyo #1の様子。今はなき渋谷のConnecting The Dotsにて

「DevRel Meetup in Tokyo テクニカル分析の定義 #1」の様子。今はなき渋谷のConnecting The Dotsにて

DevRel Meetup in Tokyoは日本のコミュニティですが、アジアを中心にDevRelを広めるためシドニー、台北、バンガロール、シンガポールなどでもDevRel Meetupを立ち上げました(筆者が主催しています)。コロナ禍前にはバンガロールでのイベントで現地のAWSにイベントスペースを借りて行っていましたが、それぞれの土地ならではの面白さがあってとても楽しいです。

DevRel Meetup in Bangalore #1の様子

「DevRel Meetup in Bangalore #1」の様子

海外でのDevRelコミュニティ

  • イスラエル「DevRel IL Meetup」
  • ロシア「DevRel SPb」
  • パリ「DevRel Salon」
  • アムステルダム「DevRel Salon」
  • テクニカル分析の定義
  • カナダ「Canadian DevRel」
  • ロンドン「「London Developer Relations Meet-up」

DevRel自体はまだまだ規模も小さく、エバンジェリストやアドボケイトといった職種もありふれたものではありません。それだけにコミュニティメンバーの結びつきは強く、DevRelに関わる職種の方であれば誰でもすぐに打ち解けられる雰囲気があります。多くのエバンジェリストやアドボケイトはコミュニケーションスキルが高いので、あっと言う間に仲良くなれるはずです。私自身、誰も知らない状態でDevRelCon London 2015に参加したところから海外での知り合い作りをはじめましたが、今では様々な国の人たちと交流があります。DevRelを共通コンテキストにすることで、コミュニケーションの敷居がとても下がっているのです。

デジタルツインやメタバース、国交省の「Project PLATEAU」とは何か? 現状と活用事例をアクセンチュアに聞く

デジタルツインやメタバースというキーワードが報道の現場では踊り、トレンドとなっている。どちらも仮想空間に関する技術なので、バーチャル空間に馴染みがなければ懐疑的な読者も多いだろう。
では、「Project PLATEAU」(プラトー)はご存じだろうか。
国土交通省が主導する2020年度からスタートしたプロジェクトで、スマートシティや街づくりのデジタルトランスフォーメーションを進めるため、現実の都市をサイバー空間に再現する3D都市モデルをオープンデータ化(無料で公開)するものだ。既に56都市のデータが公開されている。

「Project PLATEAU」(プラトー)とは

プラトーは、3D都市モデルをオープン化し、誰でも無料で使えるようにすることで、「Society 5.0」や「デジタルツイン」実現のためのデジタル・インフラとなる役割を果たす。東京や大阪、京都など全国56都市の3D都市モデルが既に公開されていて、企業がデータを活用するための素地は用意されている(テクニカル分析の定義 56都市のリスト G空間情報センター)。
すなわち「デジタルツインなんてまだ先の話でしょ?」なんてスルーしていると、国家戦略レベルで進む街の「デジタルツイン」の波に乗り遅れ兼ねない。

2022年度「プラトー」16社のユースケース

2022年度の公募では、このプロジェクトに参画する企業16社が既に決まっている。この16事業者がデジタルツインを先んじてビジネスに活用しようと乗り出した企業というわけだ。そしてそのハンドリングをアクセンチュアが担っている。

アクセンチュアは一昨年度からプラトーを推進するため、企業のマッチングを含めたユースケース開発とそのマネジメント、コンセプトの立案、実証実験の立ち上げ、進行のサポートなどに携わってきた。
では、「デジタルツイン」とは具体的にはどのようなものか?「Project PLATEAU」は、どんなビジネスチャンスを秘めていて、参画している企業はどのような取り組みを始めているのか、アクセンチュアに聞いた。

左が、アクセンチュア株式会社 ビジネス コンサルティング本部 ストラテジーグループ マネジング・ディレクター 藤井 篤之氏、右が同ビジネス コンサルティング本部 テクノロジーストラテジー&アドバイザリーグループ テクノロジー戦略 プラクティス マネジャー テクニカル分析の定義 増田 暁仁氏

デジタルツインが生み出すメリットとは

「デジタルツイン」とは、リアルの街の測量データを素にそのままコンピュータの仮想空間上に再現すること。リアルの世界(フィジカル空間)とほぼ同じ環境の仮想空間上で、データ分析、シミュレーション、あるいは自動運転やドローンなどのモビリティの開発、エンタテインメントなど、幅広い用途で活用することができる。

そこでフィジカル空間とほぼ同じ環境のデジタル空間を創造するためのデータが必要になるが、「デジタル上の地図」を提供するなら国土交通省の役割と受け止めて、オープンデータとして提供することになった、それが「Project PLATEAU」だ。 テクニカル分析の定義 テクニカル分析の定義

DX(デジタルトランスフォーメーション)が注目されていて、デジタルツインは街づくりのDXのひとつで、デジタルツインによって新しいビジネスチャンスが生まれています。例えば下図のように、従来から街づくりに関連してきた企業や組織と言えば、自治体、不動産デベロッパー、設計会社、地質調査、測量、ゼネコン、商業施設等でしたが、DXによって都市計画や設計のデジタルソリューション企業、都市OSやそれに付随したソフト開発会社、衛星やドローン測量、3Dモデリング、自動運転やロボット開発会社、ARやVRなどのバーチャル技術を持った会社など、様々な企業が都市開発や街と関わるビジネスに新規参入するチャンスが生まれています。そして多くのデジタルツイン参画企業は、目先の利益追求だけでなく、長い目で見た新規事業開発として捉えています。

「Project PLATEAU」は都市空間そのものをデータ化する3D都市空間情報プラットフォームです。単なる都市のデジタイズではなく、3D都市モデルによる「街づくりのDX」を目指しています。

3D都市モデルを提供する価値は大きく分けて3つあります。「ビジュアライズ(視覚性)」「シミュレーション(再現性)」「インタラクティブ(双方向性)」です。

ビジュアライズ」は3D都市モデルによって都市空間が立体的に視認できるようになり、説明力や説得力が向上することです。
シミュレーション」は高精度な3Dモデルのバーチャル空間のメリットでは、リアル社会では難しい実験やシミュレーションができて、データが取れることです。また、機械の制御やコントロールもできます。
インタラクティブ」はリアルとバーチャルの空間が相互に情報を交換し、作用し合うためのプラットフォームを提供します。

デジタルツインの活用事例

必ずしも「Project PLATEAU」の事例ではありませんが、既に先行して街のデジタルツインに取り組んでいる企業の例をいくつか見ていただくと解りやすいと思います。
CGコンテンツ制作企業の積木製作が不動産業に活用した事例では、物件の提案や紹介をする際に、従来のCGパースだけでなく、動画やVRウォークスルー、眺望シミュレーションなどのコンテンツを制作しています。

韓国のMORAIは自動運転のシミュレーションとAI学習にデジタルツインを活用しています。実在しない都市でのシミュレーションより、デジタルツイン技術で再現した実在の韓国20都市以上で自動運転の実験を行う方が有効ということで、大規模なプラットフォームを構築している例です。

いま話題の「コモングラウンド」の取り組みも始まっています。コモングラウンドリビングラボの運営委員会では、竹中工務店、日立製作所、三菱総研なども参画しています。
リアル空間とバーチャル空間の間にロボットが日常的に見る共通基盤「コモングラウンド」を作り、ロボットが見る世界をデジタル空間側で共通的に定義し、遠隔操作や自律走行を支援するしくみです。プラトーにもメタデータを配置する機能があるので、「コモングラウンド」の構築にも有効と考えています。

次は竹中工務店のプラトーでの事例です。大阪をデジタルツインで再現し、大型の工事車両の通行をシミュレーションして、通行や回避して最適なルートを導出しています。大型車両は一般の道路でも曲がれない箇所や、進入すると危険な箇所、学校の周辺など、実際には通行できるルートに制限があるためです。また、工事車両の台数や車種による騒音のシミュレーションで分析しています。

都市のデジタルツインとメタバース

三越伊勢丹、NTTドコモなどが既にプラトーを使ってメタバースとしての取り組みを行っています。三越伊勢丹は新宿をバーチャル空間に再現し、世界中から新宿を楽しめるプラットフォームを構築しています。バーチャル空間の新宿店で店員とコミュニケーションしながらショッピングを実現することで今まで培ってきた百貨店としてのノウハウが活かし、ECにはない魅力を提供できると考えています。百貨店内部の詳細なデータは三越伊勢丹が持っているので高精度にデジタルツイン上で再現できます。また、ショッピングだけでなく散策や待ち合わせなど、新宿で過ごす時間を楽しむ付加価値を提供したいと思えば、プラトーが提供する新宿のデータを使って簡単にデジタル化した街を実現することができます。
NTTドコモは銀座エリアの街の魅力と文化をメタバースで発信しつつ、買い物体験も提供しています。

Psychic VR Lab(サイキック)では、東京、大阪、名古屋、札幌、福岡、京都の6都市のデジタルツインの都市空間で拡張現実体験が可能となるプラットフォーム「STYLY」を構築しています。クリエイターのリアルメタバースへ参入を促進し、都市にXRコンテンツが溢れることを目指しています。また、VR空間のように街そのものをバーチャルで構築するだけでなく、リアルな街に広域ARプラットフォームを開発し、景観にコンテンツやキャラクターを重ねるようなコンテンツ管理システムの開発も行っています。


■Real Metaverse Platform「STYLY」:Psychic VR Lab

他に筆者が新しい試みと感じた事例は、リアル空間にいる人と、デジタルツインの同じ場所にいる人がシームレスに会話やコミュニケーションできること。リアル社会の人がARグラスでバーチャル社会のアバター(ユーザー)に話しかけて挨拶を交わしたり情報交換する。まさにリアルとデジタルが融合した世界観が実現し、加速しようとしている。

メタバースの可能性から目を背けるべきではない

アクセンチュアは、メタバース市場が右肩上がりで伸びると予想している。

活用方法によってはデジタル空間の可能性はとても大きい。例えば、筆者はたまに講演を行っているが、フィジカル空間ではせいぜい最大で100人程度収容の会場が多い。しかし、コロナ禍でオンライン講演になってからの観客数は500~800人規模で開催していて、リアルの限界をやすやすと超えていることがわかる。 テクニカル分析の定義
もっとグローバルの視点では、Epic Gamesが開催したTravis Scottのバーチャルライブに集まった観客は全世界規模でなんと1230万人超。売上はわずか9分間で2000万ドルに達したという。デジタルネイティブ世代にとっては、リアルとバーチャルの世界に境界がないことの方が、むしろ自然なのかもしれない。

デジタル都市モデルの課題

ここまで、デジタルツイン、プラトー、メタバースについて解説してきたが、それぞれがどのようなものかが概ね理解してもらえたと思う。
プラトーに限らず、デジタル ツインやメタバースは黎明期にあり、成長していくための今後の課題もある。
例えば、プラトーから提供されるデータは航空測量で生成された3Dモデルだ。街の景観の3Dモデル化によってもたらされるメリットは膨大だが、一方で更に地下鉄や地下道などの地下空間、ビル内部の情報などを都市情報として組み込みたいというニーズもあるだろう。地下鉄のデータは別途オープンデータとして公開されているものの、プラトーとして一元化されたデータとして提供される方が望ましい。また、ビルひとつひとつ、内部のBIMデータは建築・施工会社が持っていて、これはセキュリティ上なかなかオープンにはならない。
例えば、屋外と屋内を行き来するロボットを開発する場合、屋外や行動、歩道はプラトーのデータを使って自律運転システムを学習させることができるが、建物内の自律運転はデータがないので難しい。自社や関連企業が保有・管理する建物であれば、BIMデータを組み合わせて屋内の走行に活用するなど、工夫しつつ利用の範囲を広げていく必要がある。
課題はあるものの、それでもプラトーが提供する3D都市モデルは現時点でビジネス活用に有効であり、それらの課題とは今後、折り合いを付けながら活用が検討されていくだろう。
アクセンチュアはプラトーについて、ユースケースやビジネスマッチング等を支援する活動をおこなっている。デジタルツイン、メタバース、プラトーに興味があれば、相談してみても良いだろう。
■PLATEAU Concept Film

ゲームでストレスが減る!? 『テトリス® エフェクト』がもたらす影響を脳波計測で調べてみた!

ゲームでストレスが減る!? 『テトリス® エフェクト』がもたらす影響を脳波計測で調べてみた!

「テトリス」35周年特別企画! 『テトリス® エフェクト』がプレイヤーにもたらす影響を脳波の観点から探ってみた

「テトリス」世界大会3位のエキスパートを含む5人の参加者が、15分ずつ5日間プレイした脳波を計測

今回の実験には、5人のプレイヤーが参加した。このうち4人は、かつて「テトリス」で遊んだ経験はあるが、普段はあまりゲームをしない初心者であり、『テトリス エフェクト』をプレイするのも初めて。残る1人は2018年に行なわれた「テトリス」の世界大会「Classic Tetris World Championship 2018」で3位入賞したほどのエキスパートで、『テトリス エフェクト』もほぼ毎日、1時間ほどのプレイを楽しんでいるという。

<測定方法>

<参加者データ>

参加者No.1
■初心者
■モニターでプレイ

参加者No.2
■初心者
■モニターでプレイ

参加者No.3
■初心者
■PS VRでプレイ

参加者No.4
■エキスパート
■モニターでプレイ

参加者No.5
■初心者
■モニターでプレイ

脳波分析から見えた『テトリス エフェクト』のプレイがもたらす影響とは?

遊ぶことでストレスが減る?

【データ1】プレイ前後の「ストレス」比較

【データ2】プレイ前とプレイ中の「ストレス」比較

プレイを続けるほどに集中が増していく?

【データ3】プレイ前後の「集中」比較

【データ4】プレイ中の「集中」変化(個人別)

ポジティブな影響が生活に役立つ可能性も!?

ある一定時間テトリスをプレイすると現れるという”テトリス効果”を追ったドキュメンタリー動画 テクニカル分析の定義
「The Tetris Effect – MENTAL BLOCKS – Mini-Documentary /(テトリス効果 〜心を満たすカタチ〜)Subtitled/字幕付き」

PS Storeにてダイナミックテーマの無料配信が開始!

本日11月15日(金)より、PS4用ダイナミックテーマ”再生”の配信がPlayStation™Storeでスタート! テクニカル分析の定義 『テトリス エフェクト』の好きなステージをプレイヤーに投票してもらうコンテスト(Twitterで実施)で1位に輝いたステージ「再生」をテーマにしており、BGMは『テトリス エフェクト』全般の音楽を手がけるユニット”Hydelic”によるもの。ぜひダウンロードしてPS4のホーム画面を『テトリス エフェクト』で彩ろう!

▼『テトリス エフェクト』ダイナミックテーマ”再生”のダウンロードはこちらから

テトリス エフェクト

・発売元:エンハンス (Enhance)
・フォーマット:PlayStation 4
・ジャンル:パズル
・発売日:好評発売中
・価格:パッケージ版 希望小売価格 4,167円+税
ダウンロード版 販売価格 4,584円(税込)
・プレイ人数:1人
・CERO:A(全年齢対象)

Tetris ® & © 1985~2018 Tetris Holding. Tetris テクニカル分析の定義 logos, Tetris theme song and Tetriminos are trademarks of Tetris Holding. The Tetris trade dress is owned by Tetris Holding. Licensed to The Tetris Company. Tetris Game Design by Alexey Pajitnov. Tetris Logo Design by Roger Dean. All Rights Reserved. Tetris Effect produced and published by Enhance, Inc. Developed by Resonair and Monstars Inc. All Rights Reserved. The “PS” Family logo and “PS4” are registered trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc. Unreal, Unreal Engine and the circle-U logo are trademarks or registered テクニカル分析の定義 trademarks of Epic Games, Inc. in the United States and elsewhere.

【DMM Bitcoin】新しいアイドルグループの創造を目的としたIEOに関する3社間の基本合意書締結のお知らせ

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、暗号資産交換業 テクニカル分析の定義 関東財務局長 第00010号、第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号 https://bitcoin.dmm.com/ テクニカル分析の定義 )は、株式会社オーバース(本社:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 義仁 )及び株式会社 coinbook(本社:東京都港区、代表取締役:奥秋 淳)の3社において、IEOのための基本合意書を締結いたしました。
本合意書に基づき、今後受託販売契約を締結後に、2023年初(予定)に株式会社オーバースのIEOによる資金調達及び株式会社DMM Bitcoinにおける取引開始を目指します。

■IEOとは
IEO(Initial Exchange Offering)とは、暗号資産交換業者が開設する暗号資産交換所での取引開始を前提とした新規暗号資産による資金調達の手段です。IEOにおいては、企業あるいはプロジェクトが新規暗号資産を発行し販売することによって対象事業のための資金調達を行いますが、暗号資産交換業者は当該対象事業等の審査(一般社団法人日本暗号資産取引業協会(JVCEA)及び金融当局による審査を含む)を行った上で、新規暗号資産の販売及び取引開始の手続きを実施します。


■新規暗号資産「NIDT」について
新規暗号資産(Nippon Idol Token NIDT)はイーサリアムブロックチェーン上で発行されるユーティリティ・トークンです。新しいアイドルグループの組成及び活動のために発行され、利用者はNIDTを通じてアイドル活動の応援及び支援を行うことができ、活動拠点であるメタバースやその中で展開されるコンサート、イベント、NFT(トレカ・ゲーム)等などのアイドル活動全体において、NIDTエコシステムが形成されます。

▼今後のスケジュール(予定)
2023年初: IEO実施
2023年春: メンバー募集・選考
2023年夏: メンバー最終選考、決定、育成 新アイドルグループ結成
2023年秋: 新アイドルグループお披露目
2023年冬: 新アイドルグループデビュー、メタバース始動

■株式会社DMM Bitcoin 会社概要
会社名: 株式会社DMM Bitcoin
代表者: 田口 仁
設立日: 2016年11月
事業内容: 暗号資産交換業、暗号資産証拠金取引業
所在地: 東京都中央区
資本金: 5,725百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
URL: https://bitcoin.テクニカル分析の定義 dmm.com

■株式会社オーバース 会社概要
会社名: 株式会社オーバース
代表者: 佐藤 義仁
設立日: 2022年3月
事業内容: テクニカル分析の定義 エンターテイメントコンテンツの企画、制作、開発
所在地: 東京都千代田区
資本金: 5,000万円(資本準備金含む)
株主: エンターバース合同会社
株式会社gumi(東証プライム市場上場)
株式会社東京通信(東証グロース上場)
お問合せ先 :[email protected]

■株式会社coinbook 会社概要
会社名: 株式会社coinbook
代表者: 奥秋 淳
設立日: 2018年5月
事業内容: 暗号資産交換業、ブロックチェーン技術を利用したデジタル知的財産の発行・流通市場の運営
所在地: 東京都港区
資本金: 1,322百万円(資本準備金含む)
登録番号: 暗号資産交換業 関東財務局長 第00026号
URL: https://coinbook.co.jp/
お問合せ先: [email protected]

■「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」について
レバレッジ取引の取扱い暗号資産種類数 国内No.1!(※1)
口座申込は最短5分!申込完了から最短1時間以内に取引開始!(※2)
口座維持手数料、ロスカット手数料、暗号資産送付手数料などが0円!
365日サポートで初心者でも安心!
※1:2022年6月現在、国内暗号資産交換業者及び第一種金融商品取引業者のWEBサイト調べ。
※2:『スマホでスピード本人確認』を利用して7:00-22:00の間に口座開設申込をいただいた場合。
[画像4: https://prtimes.jp/i/2581/3954/resize/d2581-3954-fc3838d6509a45f890d0-2.png ]

▼「DMM Bitcoin(DMMビットコイン)」公式サイト
URL: https://bitcoin.dmm.com/

▼口座開設までの流れ
DMM Bitcoinでの口座開設までの流れにつきまして、下記URLをご覧ください。
URL: https://bitcoin.dmm.com/about/opening_flow

▼会社情報
商号:株式会社DMM Bitcoin
暗号資産交換業 関東財務局長 第00010号
第一種金融商品取引業 関東財務局長(金商) 第3189号
加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引業協会

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる