ビットコイン攻略法

デイトレーディングの定義

デイトレーディングの定義
出典:Tradingview – BTCJPY

FXのデイトレードとスキャルトレードの違い&特徴

デイトレードとは

相場経験やトレードの技術がないと安定して稼げない (勝ったり負けたりで、結果マイナスなど)
・チャートを常にチェックするため、 精神的・肉体的・時間的な労力がかかる デイトレーディングの定義
・売買回数が多いので 取引コストがかかる (実質の手数料であるスプレッドがコストになる)
・口座が凍結される可能性がある(FX会社によってはスキャルピングを禁止しているため)
・初心者にありがちなポジポジ病になりやすい(ポジションがないと落ちつかない、ポジションがないときに相場が動くのが耐えられないなど)

スキャルでのFXがデイトレードより儲かる理由

①テクニカルの技術向上が収益に反映されやすい

スキャルはほぼテクニカル分析のみでトレードするので、収益がどれだけ出るかはほとんどテクニカル分析の技術だけに左右されます。

スキャルピングFX大辞典_博士OK

例えば、デイトレードだとテクニカル分析・ファンダメンタル分析の両方を意識する必要があります。 ファンダメンタル分析も経験や知識を増やせば精度を上げることができるが、指標発表の結果は誰にも予想ができないために不確定に なります。

②ファンダメンタルズに左右されない

スキャルはポジションを長期保有しません。 つまり、 ファンダメンタルに左右されにくくなるため、情勢をつかめない人やニュースをこまめにチェックできない人も取り組みやすい といえるでしょう。

スキャルピングFX大辞典_博士NG

③1日の中で何度かある確実なトレンドをつかむだけで良い

30~50pipsを超えるような大きなトレンドは、1日の中でそうそう起こりません。 しかし 10pips程度の小さなトレンドであれば、ボラティリティの少ない通貨ペアでも何回かは見つけることができる でしょう。

スキャルピングFX大辞典_博士マル

仮に予算が10万円だったとします。 この場合は XMのハイレバレッジ口座でドル円5ロットをトレードして、10pipsの値幅を抜ければ5万円の利益に なります。

スキャルピングFX大辞典_お兄さん笑顔

性格診断でわかる儲かるトレード手法

性格診断で儲かるトレード手法がわかる

性格診断で儲かるトレード手法がわかる

<トレード手法がわかる性格診断>

「やかんのお湯が湧いています」あなたはどうする?

1. 目の前でやかんを見ている。すぐ近くで吹きこぼれないか気にしている。
2. 隣の部屋・違う階で他の作業ができる。やかんへの意識はある。
3. 弱火だから大丈夫だろうと少しの外出ならできる。他の部屋で居眠りできる。

1の方は「スキャルピング」に向いています。
チャート画面を常に見ながら売買を繰り返したい、自分がチェックできないときにポジションを持ったままだと落ち着かない方と相性が良いトレード手法です。
保有時間が短いため、短期集中型 になります。

2の方は「デイトレード」あるいは「数分〜10分ほどのスキャルピング」向きです。
仕事や家事などで自分がチャートを見ていなくても気にならない方はデイトレード派
チャート画面は常にチェックできる状態で、 チャンスがあれば取引したい方は少し長めのスキャルピング派

3の方は「スイングトレード」に向いています。
一見すると投資に不向きな行動に思えますが、長期でポジションを保有する場合は少しの変動で動揺しない心持ちが重要です。
エントリーした理由や指値・逆指値が決まっているなら、たまにチャートを確認するだけで十分なため、 慌てずにどっしりと構えられる方と相性が良いトレード手法 です。

仮想通貨のデイトレードとは? 概要・やり方・取引所を徹底解説!

仮想通貨のデイトレード

仮想通貨デイトレードのメリット(外為ボラティリティ)

出典:Tradingview – USDJPY

つまり、 1年間で約8.62% デイトレーディングの定義 の変動率があったことがわかります。

これに対して2019年10月25日のBTCJPYの変動率は、 1日で約16.45% でした。

仮想通貨デイトレードのメリット(ボラティリティ02)

出典:Tradingview – BTCJPY

このように、値動きが大きい仮想通貨は1日あたりの取引の機会が増えるため、デイトレードに適していると考えられます。

ポジション持ち越しの損失リスクがない

株と同じく仮想通貨のデイトレードでは、ポジションの持ち越しによる損失リスクがありません。

ポジションを保有している場合でも、 当日中に決済 するからです。

取引時間に制限がない

株やFXでは取引時間に制限がありますが、仮想通貨の取引では制限がありません。

取引所のシステムメンテナンスを除き、基本的には 24時間365日いつでも取引することが可能 です。

1-3. デメリット

仮想通貨デイトレードのデメリット

取引回数が多く手数料が増える

仮想通貨のデイトレードは、手数料の負担が増えるデメリットがあります。

手数料は 取引の度に発生 するため、スウィングトレードや長期トレードなどと比較すると、取引回数が多くなるデイトレードでは手数料負担が増えてしまうのです。

税金計算が面倒

仮想通貨のデイトレードで得た利益は雑所得に分類され、雑所得は1年間で20万円を超えると税金が発生します。

確定申告の際の利益の計算方法は2通りあり、利確のたびに利益額を計算する方法(移動平均法)にした場合、 利確回数の多いデイトレードは非常に手間がかかります

雑所得は仮想通貨取引だけでなくフリマアプリや講演料など様々な収入を合計するので、年間20万円の利益は意外に到達しやすいもの。

計算ツールを活用するなどして、確定申告に備える必要があります。

チャートの確認などで時間が取られる

1日の間で取引を完結させるため、売買タイミングを探すために より多くチャートをチェック する必要があるからです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる