FXのご案内

RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数

RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数
2日や3日などの短期間なら珍しいことではありませんが、流動性が確保された金融商品で、一般的に多用される14日間を使ってRSIがゼロ%や100%になることは、まずありません。一般的には、RSIが70%以上になれば買われすぎ、30%以下になれば売られすぎの目安と判断します。

RSIとは何? 株初心者女子が分かりやすくざっくり解説!

テクニカル分析

ところで、あなたは RSI というものをご存知でしょうか。
RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 R (利食い) S (すごく) I (いい) の略じゃないです。
※何気なく書いてましたけど、これすごく便利そうですよね。「ナイトレード!RSIRSI!」みたいに使えて便利。

RSI とは R elative S trength I ndex RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 の略で、日本語では相対力指数といいます。
読み方はそのまま、あーるえすあい、です。

と言われても、何のことかさっぱり分かりませんよねw
ものすごく簡単に言うと、 【売られすぎなんじゃない?】 と 【買われすぎなんじゃない?】 というのを表すテクニカル指標の一つ なんです。

例えば、何週間も株価が上がり続けている銘柄は、「流石に買われすぎだし、そろそろ売りに反転するんじゃない……?」と考える人は多そうですよね。

この【買われすぎ・売られすぎ】なのでは、というところを判断する助けとなってくれるのがRSIです。

米国のテクニカルアナリストJ・W・ワイルダーさんが開発したテクニカル分析指標で、【売られすぎ・買われすぎ】を測る 【オシレーター系】 と呼ばれる指標に分類されます。
一本の線で表現されるRSIは非常にわかりやすく見やすいチャートなので人気があります。

RSIの見方

SBI_RSI

引用:SBI証券

線がジグザグしていますが、この線は真ん中を50%として、 70~80%以上で買われすぎ、 30~20%以下で売られすぎ を示すものなのです。

例えば、
線が上向きに伸びて70%を超えてきたので、買われすぎているサイン= そろそろ売りに反転する?
線が下向きに伸びて30%を超えてきたので、売られすぎているサイン= そろそろ買いに反転する?

という風に判断するということですね。
売られすぎを見極めて買う、 逆張りの投資法で活用できます。

また、RSIが50%以上で推移していると上昇傾向にあり、50%以下で推移していると下降傾向にあるので、 50%になったタイミングはトレンドの転換点として見ることもできる のです。非常に便利。

あくまで目安なのでご注意を!

一見すると非常に簡単で便利な指標なのですが、あくまでも「そろそろこうなるんじゃない?」という目安だということも覚えておいてくださいませ。

つまり、
30%以下になったからといって、そこからすぐに反転するとは限りません。
逆に70%以上になったからといって、すぐに売りに反転するとは限らないのです。

あくまで目安であり、「この数値になったので反転します!」という強いメッセージというより、 「そろそろ反転するかもよ。わからんけど」 というサインのようなものだと思ってもらえると、上手にお付き合いできそうです。

RSIの算出方法


RSI =
期間中の値上がり幅 (終値) の合計 ÷ (期間中の値上がり幅の合計+値下がり幅の合計) × 100

前日 100円
1日目 120円 (+20円)
2日目 115円 (-5円)
3日目 130円 (+15円)
4日目 140円 (+10円)
5日目 142円 (+2円)
6日目 135円 (-7円)
7日目 140円 (+5円)

値上がり幅の合計
20+15+10+2+5=52

値下がり幅の合計
5+7=12

52 ÷( 52 + 12 )×100=81.25 なので、 RSIは81.25 ということになります!

上記の例でいえば7日間という期間中の場合、52+12で64円の変動がありましたよね。
その中で値上がり幅はどのくらいの割合を占めているのか? ということを、計算しているのです。

RSIだけを使うのは危険!

RSIは非常に見やすくて便利なチャートではありますが、 これだけを見て取引するのはとても危険です。

なぜなら、先程の項目で少しだけ解説したように、RSIは一定期間(大体14日間)に変動した株価に対して、どのくらの値上がり幅があったかを算出しているものなんです。

保ち合い (ボックス・レンジ) 相場で強みを発揮しますが、 強いトレンド(材料が出て極端に株価が上がったり下がったりしているとき)はアテにならないのです。

RSIまとめ

■RSIは 【売られすぎ】 と 【買われすぎ】 を判断するテクニカル指標。
■変動した値幅全体で、値上がり幅がどのくらいあったのか? RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 RSIの解説、テクニカル分析に活用する相対力指数 という数値。
■ 20~30%で売られすぎ、 80~70%で買われすぎ と判断することが多い。
■ボックス相場で非常に役立つ。
■強いトレンドでは役に立たない。
■あくまで目安であり、 「反転しそうじゃない? わからんけど」 というサイン。

もし記事が役に立ったり面白かったら、ブログ村のボタン↓↓押して応援お願いします三└(┐Lε:)┘
(いつも応援有難うございます! 滅茶苦茶励みになっていますm(_ _)m)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる