暗号資産オプション取引の基本

固定スプレッド

固定スプレッド
スプレッドシートの表示固定方法

キャラクター

ただしこのツール、予定表のように簡単なものだったら間違いようがなくすごく便利なのですが
零式をやっている中で一番 大変 で 面倒 固定スプレッド で 揉め事 の種になる
ロット管理表を作るのが面倒で難しい.

皆さんも固定をやっている中で一度は経験されているかと思いますが
私が思いつくだけでも
・~さんの装備だけ優先されていて不公平!
・繊維や硬化薬の優先順位がおかしいからもっとちゃんと管理して!
・あ、これいらないやつなのに誤ロットしちゃった(テヘッ) . (固定スプレッド ブチッ)
・誰が黙示とったのかわからないから繊維誰に配ればイイダヨォ~
これらの問題がだいたい「表がわかりにくい」とか「入力忘れ」とかが理由

このサイトで紹介されているgoogleスプレッドシートは
ほとんど設定をこの紹介してくださっている方がやってらっしゃるので
なんにもいじらずにそのままメンバー情報だけを入れれば使える のが本当に便利!

ここも本当にPC初心者でも扱えるぐらい簡単にロット集計ができる!
繊維等も入手統計のところで誰がどれだけとったか一目でわかるのですぐわかる!
ちなみにダウンロード先にはないのですが、★以外にも 黙示と済という欄 を作って
黙示の入手状況も確認しておくと 繊維とかの分配の時にすごく楽でした!

14日間無料でプレイ! 今すぐ購入!

コミュニティウォール

最新アクティビティ

表示する内容を絞り込むことができます。
※ランキング更新通知は全ワールド共通です。
※PvPチーム結成通知は全言語共通です。
※フリーカンパニー結成通知は全言語共通です。

  • 日記
  • イベント&パーティ募集
  • フリーカンパニー
  • エオルゼアデータベース
  • ランキング
  • PvPチーム
  • コミュニティファインダー関連
データセンター / ホームワールド

「【GaiaDC】今から始める パンデモ辺獄編 零式固定募集【零式初心者さん歓迎♪】」を公開しました。

ランキングピックアップ

クリスタルコンフリクト ランキング

グランドカンパニーランキング

フリーカンパニーランキング

フロントラインランキング

“ ”, “PlayStation”, “ ” and “ ” are registered trademarks 固定スプレッド or trademarks of Sony Interactive Entertainment Inc.
Windows is either a registered trademark or trademark of Microsoft Corporation in the United States and/or other countries.
Mac is a trademark of Apple Inc.
©2021 Valve Corporation. Steam and the Steam logo are trademarks and/or registered trademarks of Valve Corporation in the U.S. and/or other countries.

© 2010 - 2022 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
LOGO ILLUSTRATION: 固定スプレッド 固定スプレッド © 2010, 2014, 2016, 2018, 2021 YOSHITAKA AMANO

スプレッドシートの基本的な使い方〜表示の固定と解除方法〜

固定表示があるスプレッドシート

PC:スプレッドシート行及び列での固定方法

スプレッドシートの表示固定方法

PC: スプレッドシート行の固定方法(行固定)

PC: スプレッドシート列の固定方法(列固定)

PC: スプレッドシートセルの固定方法(セル固定)

セル指定で固定したい場合は、行・列のそれぞれを指定してあげればOK です。

PC:スプレッドシート行及び列の固定解除方法

スマホ:スプレッドシート行及び列での固定方法

  1. 対象の行を選択(行全体を選択)
  2. 選択した状態でタップ
  3. 白矢印(右向き)をクリックして、freeze rowを選択

step3: Freeze rowをクリック

スプレッドシート:列固定する場合

スマホ:スプレッドシート行及び列の固定解除方法

【行の固定解除: 固定スプレッド Unfreeze row】

【列の固定解除: Unfreeze column】

スプレッドシート:セル固定位置の変更(ドラッグで変更する)

グレーの少し太くなった 表示位置固定の線をドラッグすることで固定位置の変更が可能 です。何行目か何列目かを考えるのがめんどくさい人は、画面上で変更できるこの方法が便利かもしれません。

キーボードショートカットで見出し固定する方法

表示タブの選択: ctrl + option + V
固定の選択: R
固定パターンの選択:行なし→R、1行目->O、2行目→W、現在の行まで→U
列なし→C、1列→L、2列→M、現在の列まで→P

固定スプレッド

この表のセル B2 には下記の数式が入っています。

前述 SUMIFS 関数の数式に含まれるアルファベットの前や後ろに「$」マークがあるのがおわかりかとお思います。この「$」マークが入っていることで、

・セル B2 の数式をコピーする
・B2:F4 にペーストする

セル B2 に入っていた数式の「$」マークを外すことで相対参照になってしまい、数式を他のセルにペーストすると参照元が見つからないため、エラー(#REF!)になってしまいました。

【ルール 1】アルファベットの前に「$」マークをつけると、列を固定できる

【ルール 2】アルファベットの後ろに「$」マークをつけると、行を固定できる(= 行の前に「$」マークをつけると、行を固定できる)

【ルール 3】アルファベットの前と後ろの両方に「$」マークをつけると、列と行を固定できる

セル A1 から C3 に文字の入った表を作ります。

セル E1 に「=A1」と入力すると、セル A1 に入力されている「あ」が表示されます。

セル E1 をコピーして、セル F1 にペーストします。すると「=B1」が入力され、セル B1 の「い」が表示されます。セル G1 にペーストすると、「=C1」が入力され「う」が表示されます。セル E1 と セル A1 とは「3列分離れていて同じ行」なので、セル F1 と セル G1 にも「3列分離れていて同じ行」のセルが参照元として入力されます。

今度は、セル E1 をコピーして、セル 固定スプレッド E2 にペーストします。そうすると、「=A2」が入力され、セル A2 の「か」が表示されます。先ほどの例と同じように、ペーストしたセルから見て「3列分離れていて同じ行」が表示されるようになります。

アクセサリーストッカー NuAns CADDY(キャディー)

アクセサリーストッカー NuAns CADDY(キャディー)

【ルール 1】アルファベットの前に「$」マークをつけると、列を固定できる

セル E1 固定スプレッド に「=$A1」と入力します。セル E1 をセル F1 にコピーしても、セル G1 にコピーしても「=$A1」が入力されます。アルファベットの前に「$」マークをつけると、参照する列が固定されるからです。

しかし、セル E1 をセル E2 にコピーすると行がひとつ増えて「=$A2」が入力されます。列は固定されていても、行は増えたり減ったりします。

【ルール 2】アルファベットの後ろに「$」マークをつけると、行を固定できる(= 行の前に「$」マークをつけると、行を固定できる)

セル E1 に「=A$1」と入力します。セル E1 を セル E2 にコピーすると「=B$1」と入力され「い」が表示され、、セル E3 にコピーすると「=C$1」が入力されて「う」が表示されます。

セル E1 を F1 にコピーすると「=B$1」が入力されます。行は固定されて、列は増えたり減ったりします。

【ルール 3】アルファベットの前と後ろの両方に「$」マークをつけると、列と行を固定できる

という価格表があって、別のリストに単価を転記するために VLOOKUP 関数を使います。

セル F1 に「=VLOOKUP(E1,A1:B3,2,false)」と入力しました(ちなみに、数式は「セル E1 に入力されているメロンを範囲 A1:B3 の中から探して、範囲 固定スプレッド 固定スプレッド A1:B3 の左の列から数えて2番目の列から単価を拾い出す」という意味です)。

では、この数式をコピーして、セル F2、F3 にペーストします。すると、エラーが出てしまいました。これは、参照範囲を A1:B3 と設定していたのに、ひとつ下、ふたつ下にペーストすることで、参照範囲が変わってしまったからです。セル F3 の参照範囲は A3:B5 になってしまっています。

セル F3 には、セル E3 の「りんご」を参照範囲 A3:B5 から探し出す数式が入力されていますが(「=VLOOKUP(E3,A3:B5,2,false)」)、「りんご」は参照範囲 固定スプレッド A3:B5 には含まれていないため、エラーが出ています。

参照範囲を動かしたくないので、列も行も固定します。セル F1 に「=VLOOKUP(E1,$A$1:$B$3,2,false)」と入力して、セル F2、F3 にそれをペーストすれば、参照範囲を変更することなく、みかんとりんごの単価を価格表から拾い出すことができます。

ちょっと現実的でない例になりますが、今作った表の見出しに日付をつけて、セル F2 に入力した数式をセル G2、H2 固定スプレッド にペーストしてみます。すると、また、エラーが出てしまいます。

セル H2 には「=VLOOKUP(G2,$A$1:$B$3,2,false)」と入力されてしまいました。ここは「=VLOOKUP(E1,$A$1:$B$3,2,false)」と入力したいところです。価格表から「メロン」(セル E1)の単価を探してほしいのに、セル G2 の「#N/A」を参照範囲 A1:B3から探しだそうとして見つけられないことがエラーの原因です。このときは、前述のルール 1を使って、列を固定します。

セル F2 に「=VLOOKUP($E1,$A$1:$B$3,2,false)」と入力すると、セル G2、H2 にペーストすると、うまく表示されるようになります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる